卓球王国11月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

速報・現地リポート

トップニュース速報・現地リポート

世界ジュニア選手権大会

●女子ダブルス準決勝
木原/長崎 4、6、2 Ca.ルッツ/パヴァデ(フランス)
蒯曼/石洵瑶(中国) 9、8、7 A.ヴェグジン/K.ヴェグジン(ポーランド)

●男子ダブルス準決勝
劉夜泊/徐英彬(中国) 8、−8、11、8 チュア・シャオハン/パンイエウエン(シンガポール)
シドレンコ/ティホノフ(ロシア) 8、5、10 向鵬/曾蓓勲(中国)

男女シングルス準決勝に続いて、男女ダブルスも準決勝が行われ、女子ダブルスで木原/長崎が決勝進出。驚異の身体能力を誇る左腕パヴァデを擁し、ラリーになると強いフランスペアに対し、サービス・レシーブからの速攻で圧倒した。長崎は女子シングルスとダブルスの2種目で決勝進出。2冠に向けて突き進んでいる。

男子ダブルスは中国ペアとロシアペアが決勝進出。ロシアペアに敗れた向鵬/曾蓓勲は、向鵬のシングルス決勝が控えているからか、消極的なプレーに終始した。