卓球王国11月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

速報・現地リポート

トップニュース速報・現地リポート

世界ジュニア選手権大会

●混合ダブルス決勝
宇田/木原 9、1、7 徐英彬/石洵瑶(中国)

 やりました!
 混合ダブルス決勝で宇田幸矢/木原美悠ペアが、中国の徐英彬/石洵瑶にストレートで完勝。この種目で日本勢初の優勝を成し遂げた!!

 宇田/木原は宇田の変化のあるチキータと、木原の強烈な変化サービスが中国ペアにも存分に威力を発揮。1ゲーム目を5−7から9−7と逆転し、宇田がチキータを決めて11−9で競り勝つと、2ゲーム目は意気消沈した中国ペアから8−0までリードを広げる。3ゲーム目も4−1から一時は4−4に追いつかれたが、6−4、8−5と突き放した。
最後は10−7から、宇田が鮮やかなバックドライブをバッククロスに突き刺して勝負あり。宇田幸矢、3大会を戦った世界ジュニアのラストを飾るに相応しい、鮮やかな一撃だった。

 ともにシングルスで敗れている徐英彬と石洵瑶はプレーに精細を欠き、観客席の中国選手団の応援もまばら。対照的に日本は、観客席の日本選手団から大きな声援が送られ、宇田/木原を後押しした。