卓球王国12月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

速報・現地リポート

トップニュース速報・現地リポート

全日本卓球選手権大会

●男子シングルス準々決勝
宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園) 8、7、10、−4、−8,3 吉村和弘(東京アート)

接戦の試合をものにして準々決勝に進んだ吉村和弘(東京アート)対ベテランの吉田海偉(東京アート)に快勝して、初のベスト8入りを果たした高校生の宇田幸矢(JOCエリートアカデミー)。第1ゲームから激しい打ち合いを展開するも宇田が11−8でゲームを先取。
 2ゲーム目、宇田が6−6から9−6とリードし、11−7でゲームを連取。吉村の強打が炸裂する場面が少ない。
 3ゲーム目、吉村が前半からリードするも宇田が逆転して12−10。3ゲームを連取する。このまま一気に宇田が押し切るかと思いきや、そこから吉村が2ゲームを連取し、巻き返しを図る。しかし、6ゲーム目は宇田が主導権を取り、出足から終始リードして、11−3で取り、4−2で高校生の宇田がベスト4入りを決めた。

敗れた吉村のコメント
「先手をとって仕掛けて行こうと思ったけど、序盤は受け身になってしまった。宇田のボールの質が高校生とは思えないくらい高くて、押されてしまった。タイミングを外して戦おうと思ったが、バックハンドのレベルが上がっていて崩せなかった。0-3になってサービスをハイトスにしたり、出てもいいサービスにして3球目を狙ったりしてゲーム返したけど最後は対応された」
  • 「相手より前でプレーできたのが良かった」(宇田)

  • 初の準決勝進出を決めた宇田

  • ベスト8に終わった吉村和弘