卓球王国12月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

速報・現地リポート

トップニュース速報・現地リポート

全日本卓球選手権大会

●男子シングルス準々決勝
吉田雅己(FPC) 3、8、9、−6、−7、7  神巧也(T.T彩たま)

吉田は出足からミスのない攻撃で先手攻撃とカウンター攻撃を決めていく。
3−0となったが、そこから神が徐々に攻め返し、11−6で4ゲーム目を取り返す。神の凡ミスが少なくなり、5ゲーム目を神が連取。こうなると、完全に神のペースだ。6ゲーム目も神がリードするも、6−6と並ぶ。7−7から吉田が4本連取して、11−7で吉田が勝利を収め、準決勝進出を決めた。
神に試合の流れが行きかけたが、7−7からバック対バックからの吉田の攻撃が、流れを自分に引き要せた。

ベスト4を決めた吉田のコメント
「相手のことを考えてプレーしていたけど、今回は自分のプレーをすれば結果はついてくると思ってプレーしている。今回は久しぶりにケガもなく体調も良く、良いコンディションで全日本に臨めた。今年でもう26歳、ベスト4では何も残らないので、優勝しか狙っていない」


敗れた神のコメント
「相手の状態が良くて、頭ではわかっていたのに戦術転換が思い切って出来なかった。
ベスト8は自分の中で納得いかない。世界選手権の代表を逃してしまい悔しいし、絶望です」
  • 神を破った吉田。準決勝は宇田との対戦

  • 神は好調・吉田に一歩及ばず

  • 青森山田の先輩・神とがっちり握手