卓球王国12月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

速報・現地リポート

トップニュース速報・現地リポート

全日本卓球選手権大会

●男子ダブルス準決勝
三部航平/及川瑞基(専修大) 8、−10、8、5 江藤慧/松下大星(クローバー歯科カスピッズ)
戸上隼輔/宮川昌大(野田学園高) 11、7、8 笠原弘光/上村慶哉(シチズン時計)

男子ダブルス準決勝は、専修大の三部/及川と野田学園高の戸上/宮川が勝利し、決勝に勝ち上がった!

三部/及川は後陣に下げられても粘り強く対応し、安定性抜群の連続フォアドライブでラリー戦を制した。江藤/松下は一発の球威では上回っていたが、松下は「ぼくが力が入ってしまって、持ち味が出せずに負けてしまって悔しい」とコメント。江藤は「結果には満足していない、優勝を狙っていたから悔しい」と語り、大健闘の3位入賞にも無念さをのぞかせた。

戸上/宮川は、戸上が丹羽を破った勢いそのままに、強烈な両ハンドドライブを連発。試合の序盤はややミスが多かった左腕・宮川も持ち味のカウンターに切れ味が戻り、常に試合の主導権を握った。このまま頂点まで上り詰めるのか?
  • 決勝進出に笑顔の戸上(左)/宮川

  • 笠原(右)/上村は3位

  • 及川(右)/三部、競り合いを制して決勝へ

  • 江藤(右)/松下、大健闘の3位も悔しさを隠せず