卓球王国11月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

欧州リポート

トップニュース欧州リポート
 ドイツ・ブンデスリーガは第21節が終了。プレーオフに進出する4チームが決定した。レギュラーシーズンは残り1節、第22節は本来ならば4月に開催予定だったが、世界選手権が延期となったため、3月23日に開催される。

【2019/2020 ドイツ・ブンデスリーガ】
<ノイ・ウルム 3-2 ユーリッヒ>
○アポロニア 10、-5、-10、1、9 コズル
 サリフ -12、-9、-4 クレイン○
○ツボイ 7、7、10 オーストワウダー
 サリフ 4、-11、-5、10、-7 コズル○
○アポロニア/ツボイ 7、7、3 R.デヴォス/オーストワウダー

<グリューンヴェッターズバッハ 3-2 グレンツァオ>
○チウ・ダン -11、6、-9、9、6 ジャー
○王熹 1、2、5 シュウィカート
 ラスムッセン -10、-4、-5 リンド○
 王熹 6、-4、9、-6、-11 ジャー○
○チウ・ダン/ラスムッセン 4、9、4 シュウィカート/リンド

<ブレーメン 3-0 フルダ・マーバーツェル>
○スッチ -4、11、8、6 フィルス
○ファルク 6、11、6 ムン・ファンボー
○ゲラシメンコ -3、-9、7、10、11 プツァル

<ザールブリュッケン 3-0 ケーニヒスホーフェン>
○尚坤 -10、6、8、5 及川
○ポランスキー -6、8、7、5 シュテガー
○ヨルジッチ 9、-5、6、7 ゼリコ
★及川瑞基通算成績:単11勝7敗/複1勝2敗

<ミュールハウゼン 3-2 ベルクノイシュタッド>
 Da.ハベソーン -6、-7、5、-5 ドリンコール○
 メンゲル 9、-8、-14、-11 ドゥダ○
○ヤンカリク -11、7、-11、2、4 ミノ
○イオネスク 5、-7、9、6 ドゥダ
○イオネスク/ヤンカリク 14、9、11 ドリンコール/ミノ

<ボルシア・デュッセルドルフ 3-2 オクセンハウゼン>
○ボル 6、-9、6、2 フェガール
 K.カールソン -9、-7、7、-9 カルデラノ○
 O.アサール 8、-7、-7、-7 ゴーズィ○
○ボル 4、-9、6、-9、3 カルデラノ
○ワルサー/K.カールソン 12、6、7 フェガール/ゴーズィ

◆順位表(第21節終了時点)
1位:ザールブリュッケン(17勝4敗)
2位:ボルシア・デュッセルドルフ(17勝4敗)
3位:オクセンハウゼン(15勝6敗)
4位:ブレーメン(15勝6敗)
~~~~~~プレーオフ進出~~~~~~
5位:ミュールハウゼン(13勝8敗)
6位:ベルクノイシュタッド(11勝10敗)
7位:グリュンヴェッターズバッハ(10勝11敗)
8位:ノイ・ウルム(9勝12敗)
9位:ケーニヒスホーフェン(9勝12敗)
10位:フルダ・マーバーツェル(6勝15敗)
11位:グレンツァオ(3勝18敗)
12位:ユーリッヒ(1勝20敗)

 ザールブリュッケン、ボルシア・デュッセルドルフ、オクセンハウゼンに続き、今節の勝利でブレーメンの4位以上が確定。プレーオフ進出4チームが決定した。残り1節を残し、1位のザールブリュッケンと2位のボルシア・デュッセルドルフ、3位のオクセンハウゼンと4位のブレーメンが並んでおり、プレーオフ準決勝の対戦カード決定は最終節に委ねられた。
 
  • ゲラシメンコの勝利でブレーメンがプレーオフを決めた(写真は2019年アジアカップ)