卓球王国8月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

王国インフォ

トップニュース王国インフォ
 男子Tリーグでは希少なヨーロッパ選手。T.T彩たまのリアム・ピッチフォード。卓球発祥の地、イングランドからの来日だ。日本選手にめっぽう強いピッチフォードはまさに敵地の日本で腕を磨いている。

 ピッチフォードの強烈なバックハンドが日本のトップ選手を苦しめているが、その打法の仕組を今月号では紹介している。彼ほどのバックハンドの名手はいわゆる「バックハンドグリップ」の握りであるため、バックからフォアへ振られた時にはグリップによる弱点を持つものだが、彼はある工夫をして、克服し、さらにはフォアストレートへのカウンターシュートドライブも得意としているのだ。

「イングランドは日本のように早い年齢から卓球だけをやることはない」と言う彼自身が、本格的に卓球を始めたのは10歳を過ぎてからだ。
 発祥の地イングランドにはもはや卓球選手のプロ的な環境はない。彼は17歳でドイツへ渡り、その後、フランスやデンマークを拠点にして練習をしている。そして、日本での練習と試合をそこに組み込むことになった。
「もちろんどんな選手だって、良い練習環境があればそこを求めるものだ。デュッセルドルフが良いと思えば、1週間でもそこに行って練習するだけ。ぼくは最高の練習ができる場所をいつも探している」(ピッチフォード)。

 取材の日、練習場に小学生の渡部民人(T,T彩たま)と15分間ほどボールを打ってあげたピッチフォード。練習後に、「イングランドのジュニアなら優勝できるよ。シニアでもベスト8かな」と半分冗談交じりにコメント。
 卓球競技が生まれた国には、もはや卓球選手が生活できる場所はなくなっている。ハングリーな26歳。欧州の刺客ピッチフォードは、東京五輪でも要注意。
 ジャパン・キラーは驚くほど真摯に卓球に向き合い、ナイスガイだった。彼のインタビューは最新号でじっくり読んでほしい。

ピッチフォードの超速両ハンドの技術動画はこちらから
https://youtu.be/bVlzR0aRZLw

上記記事が掲載されている「卓球王国2020年2月号」の詳細・購入はこちら↓
https://world-tt.com/ps_book/back.php?lst=2&mcd=AZ274