卓球王国11月号 9月19日発売!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

王国インフォ

トップニュース王国インフォ
本日発売の最新号の卓球王国のメイン特集は「卓球王 水谷隼 終わりなき戦略」だ。
8月に予定されている水谷隼三冊目の書籍からの抜粋だ。
この特集の中で、水谷隼はTリーグで満足する若手を痛烈に批判しつつ、日本男子は「水谷隼という選手がいなかったら、今までの世界団体でのメダル、五輪でのメダルは難しかったはずだ。世界の中で強くなっていると勘違いしないでほしい」と奢りとも言える記述をしている。

また、日本のエースに成長した張本智和の「世界で最も、勝ちたい、負けたくない、強くなりたいというモチベーションが高い選手」と評価しながらも、彼が世界の頂点に立つための課題も指摘している。独特な視点で張本の弱点を指摘できるのは卓球王の水谷隼しかいない。

そして、今回の特集の締めは、日本の有望な若手の名前を挙げている。それは全日本選手権で優勝した宇田幸矢でも、戸上隼輔でもなく、高校3年生の横谷晟(よこたに・じょう)だった。
今年に入ってからの全日本合宿で初めて一緒に練習をした相手。それまで、顔も名前も知らなかったという選手の名前を挙げた。「私が持つ感覚は100%間違えない」とまで豪語する水谷。
その理由は最新号で読んでほしい。

https://world-tt.com/ps_book/back.php?lst=2&mcd=AZ280

  • 特集では全日本選手権で10度優勝した水谷隼だから書ける内容ばかりだ