卓球王国1月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

王国インフォ

トップニュース王国インフォ
 その男、丹羽孝希は東京・渋谷のT4 TOKYOにBURBERRYのカジュアルウエアをまといながら現れた。
 マスコミにあまり露出しないミステリアスな存在感を放つ五輪代表選手は、そのプレースタイルで圧倒的なインパクトを持っている。
 昨年の五輪代表レースや今年に入ってからの新型コロナ感染拡大の影響によって、彼の取材が延期になっていたが、ようやく撮影とインタビューが実現した。
 最新号でのインタビューと技術ページに「丹羽孝希ファン」はしびれるはずだ。

 高校・大学の先輩でもある水谷隼と争った東京五輪代表レース。その激しい競争を今振り返り、まだ不確実な五輪開催に向けてモチベーションをどう維持するのか、その苦悩を吐露した。「試合で精神的に疲れることもないので、良い意味で回復できたかなと思います。ただラケットを握るとそのモチベーションの向けどころがわからなくなりますね」と丹羽は語る。「今回は運がないと代表にはなれなかったし、自分の力と言うよりもいろんな周りの力が働いていました」。

 最新号に同じく掲載される佐藤瞳のインタビュー。丹羽と同じ号にインタビューが掲載されることを伝えると「えーー! 丹羽さんと同じなんですか。光栄です」と北海道出身の佐藤は喜び、驚いた。

 丹羽孝希と佐藤瞳。北海道という大地は、まるで個性の違う二人のスター選手を生んだ。
 スケールが大きいと言うか、その大きさが誰もつかめない丹羽孝希の久しぶりのインタビューに、五輪代表の素顔と独特の卓球観を垣間見ることができる。

最新号の購入はこちら
https://world-tt.com/ps_book/back.php?lst=2&mcd=AZ283