卓球王国7月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
●08超級・男子第1節〈10.4/浙江省・杭州市体育館〉

浙商銀行 3-2 魯能中超電纜
○馬琳 7、11、5 唐鵬
 水谷 -9、-9、-10 張継科○
○水谷/張超 1、12、-4、5 柳洋/周シン
 馬琳 -5、-9、-7 張継科○
○張超 8、3、-9、10 周シン

 全日本選手権2連覇の水谷隼(スヴェンソン/明治大)は、ホームである浙江省杭州市で超級リーグデビュー戦を迎えた。2番シングルスに出場した水谷は、魯能中超電纜のエースである張継科に競り合いながらもストレート負け。しかし、05年全中国運動会複2位の張超と組んだダブルスでは、第1ゲームを11-1で破るなど、相手ペアに格の違いを見せつけ、記念すべき超級リーグ初勝利を挙げた。
 チームは4番でエース馬琳が張継科に破れたが、ラスト張超が接戦を制して開幕戦勝利を収めた。

★水谷隼選手のコメント
「中国リーグの試合に初めて出場をしましたが、とても緊張をして思うようなプレーをすることができませんでした。 しかしチームが勝つことができたので良かったです。次の試合では是非シングルスで勝ちたいと思います」