卓球王国1月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 9月6日、北海道・札幌市美香保体育館において、北海道学生連盟主催の『会長杯争奪卓球大会』が開催。男子84名、女子23名が参加し行われた今大会。長い自粛期間を経て、試合勘が戻らない選手が多い中、男子シングルスの決勝は新一年生同士のフレッシュな対決となり、斎藤怜吏(札幌大)が国田広也(札幌国際大)にゲームカウント0-2から逆転で勝利し優勝を飾った。 
 女子シングルスは過去に優勝経験のある3年生同士の決勝となり、須藤未羽(札幌大)が山田愛里(札幌国際大)をこちらも0-2から3ゲームを連取し優勝を決めた。

 大会当日は、マスク着用はもちろんのこと、健康調査票の提出や消毒など、新型コロナウィルス感染症の予防対策を最大限に行い大会を運営。参加者は久しぶりの大会で、試合ができることに感謝しながら、楽しんで試合に臨んでいた。

★男子シングルス
優勝:斎藤怜吏(札幌大)
準優勝:国田広也(札幌国際大)
3位:丸谷舜也(札幌大)
3位:寺井聡志(札幌国際大)

●準決勝
国田 5、8、6 寺井
斎藤 -7、-10、1、7、8 丸谷
●決勝
斎藤 -12、-7、8、12、10 国田

☆女子シングルス
優勝:須藤未羽(札幌大)
準優勝:山田愛里(札幌国際大)
3位:荻野晶(札幌大)
3位:石井美紗(札幌大)

●準決勝
山田 -7、7、-5、5、9 石井
須藤 8、4、6 荻野
●決勝
須藤未羽 -8、-5、10、10、9 山田愛里

  • 男子優勝の斎藤(右)と女子優勝の須藤