卓球王国11月号 9月19日発売!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

欧州リポート

トップニュース欧州リポート
 イタリアでは新型コロナウイルスによる死亡者が5000名を越えるなど、深刻さを増すヨーロッパ。佳境を迎えつつあったヨーロッパの各国内リーグも中断となり、自国を離れてプレーする選手もほとんどが故郷に帰国。外出を控えるように通達されている国家もあり、各選手とも自宅で長い時間を過ごす日々が続いている。

 卓球王国でも卓球元気ネットワーク(https://world-tt.com/blog/)にて日本トップ選手からのコメントなどを掲載中だが、ヨーロッパ卓球連合(ETTU)は各選手がどのように新型コロナウイルスの影響下で生活を送っているのか、練習できない時間をどのように過ごしているのかなどをホームページおよびフェイスブックで伝えている。

 まず、体が資本のアスリートだけあって各選手とも外出は極力控え、その中でも軽いランニングや室内、自宅でできるトレーニングに励んでいる。自宅に卓球台がある場合はそこで練習もできるが、大きく動き回れるスペースがある選手は少ないようで、多球練習やマシンを使った練習が多いようだ。オフチャロフ(ドイツ)は現在、妻と子どもとともに両親の家で生活しており、ガレージにある卓球台で元プロ選手の父・ミカエルさんに球出しをしてもらい、1日2度の練習を実施。
 スペインで暮らすガルドス(オーストリア)も自宅に卓球台があり、子どもたちの宿題のサポートや面倒を見る合間にサービス練習やマシンを使って1時間半ほどの練習を行っている。9歳、4歳、2カ月と3人の子どものパパであるガルドス。色々と不自由の多い生活だが、普段はワールドツアーにフランスリーグなど各地を飛び回って多忙な日々を送っているだけに、家族と過ごす時間をエンジョイしているとETTUのインタビューに対して語っている。
 卓球台がなくとも、ラリーを楽しんでいるのがルーマニアのスッチ兄妹。自宅のテーブルを卓球台に見立て、兄妹でラリーを楽しむ様子がフェイスブックにアップされている。

 とはいえ、限られた環境でのトレーニングだけでは1日は長過ぎるということで、趣味や勉強に時間を費やす選手も多い。Da.ハベソーン(オーストリア)は「この機会に」と新たな趣味として株式投資に挑戦しているそうだ。3月に開催されたヨーロッパU21選手権優勝のシドレンコ(ロシア)も修行中のドイツから家族の暮らすロシア・サンクトペテルブルクに帰省中。サンクトペテルブルクでは新型コロナ対策が強化されているということで、家からは極力出ないように生活しているとのこと。体調管理に注意しつつ、17歳ということもあってスカイプでの勉強に励んでいる。
 ヨーロッパトップ12で準優勝に輝いた21歳のヨルジッチ(スロベニア)はいくつかのエクササイズと外でのランニングでコンディション管理を行っているが、それ以外の時間はテレビゲームに熱中。ドイツのハン・インも旦那様と合間の時間に任天堂のゲームを楽しみ、ノスコワ(ロシア)はこの機会に新しいプレイステーションを購入。ギリシャ・アテネに住むギオニス(ギリシャ)はオンラインゲームだけでなく、実際に友人と会ってバックギャモン(ボードゲームの一種)も嗜む。
 
 選手たちの余暇の過ごし方でゲーム以上に多かったのがネットでの動画ストリーミングサービス「Netflix」での映画&ドラマ鑑賞。何人かの選手のオススメ作品を見ていこう。
 オフチャロフのオススメはアメリカのサスペンスドラマ「Messiah(メシア)」。奥様とは映画やドラマの好みがなかなか合わないそうだが、この作品はともに気に入ったそうだ。サマラ(ルーマニア)も家で過ごす時間の多くをNetflixで楽しんでおり、スペインの学園ドラマ「エリート」を見終え、アメリカの警察コメディドラマ「LUCIFER(ルシファー)」を視聴中とのこと。ヨルジッチは高校教師が家族のため、危険な副業に挑む「ブレイキング・バッド」がイチオシ。「ブレイキング・バッド」はDa.ハベソーンも推薦の作品に挙げた。ギオニスはアメリカの麻薬捜査官を描いた犯罪ドラマ「ナルコス」が再生リストのトップに。
 17歳のシドレンコは読書も好きとのことで「ゲーム・オブ・スローンズ」に「ハリーポッター」、「シャーロック」や「13の理由」などを小説で読んだ後に、Netflixでドラマ、映画化された作品を見るという。読書に関してはDa.ハベソーンもコメントしており、イギリスの理論物理学者、スティーヴン・ホーキング博士の著書「 Brief answers to the big questions(大きな質問に対する簡単な答え)」をオススメの1冊にピックアップ。人類や宇宙、神など壮大かつ難解な疑問にホーキング博士がわかりやすく答えるこの本は「ビッグ・クエスチョン〈人類の難問〉に答えよう」という書籍名で日本語版も発売されている。

 欧州のトッププレーヤーも日本と同様に満足な練習ができない状況が続くが、こんな時だからこその時間の使い方で再び始まる戦いに備えている。読者の皆様も彼ら彼女らの過ごし方を参考にしたり、オススメ作品を楽しんでみてはいかがだろうか?


●ヨーロッパ卓球連合HP
https://www.ettu.org/en/news/

●ヨーロッパ卓球連合facebook
https://www.facebook.com/ETTUofficial/
  • Da.ハベソーンは株式投資にトライ。読書のチョイスも素敵です