卓球王国8月号 6/21発売 !!
Tリーグ応援サイト 開設 !!
サイト内検索

速報・現地リポート

トップニュース速報・現地リポート

リオ五輪

 これまで世界選手権や五輪では、なぜか対戦がなかった宿命のライバルふたり。張継科と馬龍は、リオ五輪男子シングルス決勝という最高の舞台で相まみえたが、その結果は意外なほどのワンサイドゲームに終わった

 第1ゲーム、4ー8のビハインドから9ー8と逆転した張継科が、11ー10、12ー11と2回のゲームポイントを握る。しかし、12ー11の場面で勝負にいった台上バックドライブは空振り。14ー12で馬龍にゲームを先取された。「第1ゲームを取っていれば、試合全体の流れは違ったものになっただろう」と試合後に張継科は語った。

 第2ゲームは馬龍が6ー2から9ー4、11ー5。10ー5から、ネットインした張継科のバックフリックを、目にも留まらぬフォアドライブで打ち抜く。第3ゲームも張継科3ー2のリードから馬龍が5ー4と逆転し、8ー4の場面ではバッククロスの強烈なフォアドライブの打ち合いを制した。抜群の読みとフットワークを見せる馬龍。結局、5ー4からの6点連取で、馬龍が金メダルに王手をかける。

 張継科は心身の状態によって、パフォーマンスが大きく変わる選手だ。総合的な技術力では馬龍が一段上だが、張継科は大舞台になるほどいわゆる「ゾーン」状態に入り、天性の勝負勘と研ぎ澄まされた予測能力で、対戦相手をコントロールしてきた。しかし、決勝での張継科は最後までゾーンに入ることがなかった。右肩や腰など、多くの故障を抱える張継科。どこか古傷が痛むのではないかと思えるほど、動きにキレがなかった。もっとも、馬龍の動きが良すぎて、そう見えた部分もあるのだろうが……。

 第4ゲームに入っても、張継科の返球を完璧に読み、フォアのカウンタードライブを連発する馬龍。3ー0から7ー3、8ー4とリード。9ー4でブロックからバックハンドのパワードライブを振り抜き、勝利を確信したように咆哮。最後は10ー4のチャンピオンシップポイントで、連続フォアドライブからフォアクロスへ強烈なパワードライブで打ち抜いた。

 試合後の記者会見では、「張継科とは小さい頃から一緒に成長してきて、長い間ライバルであり、兄弟のような関係だった。ここ数年、中国チームで最も成績が良かったのは彼だ。ぼくにとっての目標であり、成長するためのパワーの源でもあった」と語った馬龍。水谷戦は中国の首脳陣をヒヤリとさせただろうが、決勝で見せたプレーは完璧だった。ジュニア時代から将来を期待されながら、メンタルの弱さを指摘され続けた男が、五輪決勝という大舞台で最高のプレーを披露した。
  • 会見でしみじみと語る水谷

  • これが最後のオリンピックと言われる張継科

  • 悲願を成就した馬龍

 日本卓球界史上初のシングルスでのメダルを懸けて、3位決定戦に挑んだ水谷隼。相手はサムソノフ(ベラルーシ)。近年は負けていない相手だが、準々決勝でオフチャロフ(ドイツ)を破ってきているだけに、調子の良さが伺える。勝てばお互いに初のメダル、気合いが入らないわけがない。

 試合は序盤から水谷が好調。守備から入るサムソノフは、水谷に打たせてくれる攻めやすい相手だ。準決勝の馬龍のようなボールの厳しさはなく、先手を奪ってラリーにすれば水谷のペースに引き込める。第1ゲームでは9−3と水谷が大きくリード。そのままゲームを奪った。

 第2ゲームに入ると守備一辺倒だった皇帝が牙をむく。水谷のボールを読み、前陣で止めていく。水谷は同じ攻めをしても点数をリードできず、点数が離れない。8−9でロビングを我慢の連打で打ち込み、9−9でバックのプッシュとフォアドライブの速攻を決めて、水谷がゲームポイントを握った。最後はやや長くなったストップに対し、サムソノフがダブルストップミス。このゲームも水谷が奪った。

第2ゲームが終わり、インターバルに両者はウェアを着替えた。一時コートを離れ、冷静になれる時、一体何を模索する。少なくともサムソノフは変えてくるだろう。

第3ゲームはサムソノフの攻撃が多くなっていく。バックで守っているだけではない。押して、伸ばして、水谷のバックサイドを執拗に攻めていく。エッジボールもサムソノフに味方し、水谷はこのゲームを失った。

次のゲームが勝負だろう。2−2になるか、3−1になるか。ここが大きな分かれ道。
攻めの姿勢を崩さず、サービスも変え、水谷が4−1とリードする。
いつものサムソノフならば、このカウントで受け身に回り、やや諦め気味になる。しかしここは五輪の舞台だ。ここから3ポイント連取し、ガッツポーズが飛び出す。4−4、点差はまたも離れない。

息を吹き返した皇帝に対し、水谷は力でねじ伏せていく。甘いボールは見逃さず、6−4のカウントではレシーブからバックハンドを振り抜いた。
優位に進め、9−5とリードを奪ったが、ここからサムソノフが息を吹き返して9−8。ここで邱建新コーチがタイムアウトを取った。しかし、9−9に追いつかれ、そのままサムソノフが逆転し、9−10。5連続ポイントでゲームポイントを握った。10−10、10−11、11−11、11−12。常にサムソノフが王手をかける状況。その都度、水谷はフォアで無理矢理打つのではなく、バックドライブでピンチをしのぐ。かつては連続で打てなかったバックハンド。今ならどこからでも打てる。
13−12、水谷がゲームポイントを握った。しぶとくロビングで返し続け、最後はエッジボールでポイント。台に入れ!と願った執念がボールに乗り移ったのか。

迷いがなくなった水谷。あとは攻めるだけだ。一本決めるたびにメダルへのガッツポーズ。10−7、ついにマッチポイント。
最後のポイントは、3球目フォアドライブがサムソノフのバックミドルに突き刺さった。ゲームセット。
床に倒れ込み、拳を天に挙げ、何度もガッツポーズを見せた水谷。

日本卓球界悲願のメダル。
史上初の五輪シングルスのメダル。
水谷は「卓球を始めた時からの夢だったので本当にうれしい」とコメント。

おめでとう、そして感動をありがとう。
表彰式で胸にかけた銅メダルは水谷の笑顔とともに輝いていた。
 男女シングルスの全試合が終了した。
最終の勝ち上がりは以下のとおり。
●男子シングルス決勝
馬龍(中国) 12、5、4、4 張継科(中国)

 銅メダル決定戦に続いて行われた男子シングルス決勝は、馬龍が宿命のライバル・張継科をストレートで破り、悲願の金メダル獲得!
 第1ゲームをジュースで取った馬龍は、そこから攻撃の手を緩めることなく、一気に突っ走った。張継科は男子初の五輪2連覇はならなかった。
  • 勝った瞬間、両手でハートマークを作る馬龍、ずいぶんとマイルドな演出

  • 五輪2連覇ならず。銀メダルに終わった張継科

●男子シングルス銅メダル決定戦
水谷隼(日本)  4、9、ー6、12、8 サムソノフ(ベラルーシ)

日本卓球界の、歴史の扉を開いた!
水谷隼、五輪では日本選手初となるメダル、銅メダルを獲得!

出足から積極的な両ハンド攻撃で、サムソノフを圧倒した水谷。ゲームカウント2ー1の第4ゲーム、サムソノフに何度もゲームポイントを奪われながら、13ー12で執念のバックの粘りがエッジ。第5ゲームも7ー4という重要な場面で、フォアクロスへ強烈な3球目パワードライブ。

10ー7で迎えた2回目のマッチポイントで、サムソノフのミドルへ3球目フォアドライブを打ち込み、コートに倒れ込んだ水谷。全力でつかみとった銅メダル。

おめでとう! 本当におめでとう!
  • 銅メダルを決めた水谷

  • 脇腹を痛めながら健闘したサムソノフ

 もうひとつの準決勝が終わった。
 前々日に肋骨を痛めたサムソノフはフォアハンドが思うように振れない。ブロッキングゲームと中陣でのフィッシュで相手のミスを誘う作戦しかできなかった。張継科は4ゲーム目を失ったものの完勝。勝利した瞬間、指を口に当て、「シーッ」のポーズに観客はブーイングで応えた。
 しかし、これは「おれはガッツポーズも声も上げないよ。それをやるのは決勝だよ」と言いたげだったのだが、リオの観客は勘違いしたようだ。

 これにより、銅メダル決定戦は水谷vs.サムソノフ、決勝戦は馬龍vs.張継科の対戦が決定した。
 サムソノフは負傷しているとはいえ、水谷は逆にやりにくさを感じないだろうか。最近でも分の良い相手サムソノフだけに、心理面さえぶれなければ銅メダル獲得のチャンスは大きい。しかし、ここの舞台はオリンピック。最後の1本取るまで油断はできないし、何が起きるかわからない場所だ。

 決勝は、張継科対馬龍。最近の調子や成績で言えば、馬龍有利だが、これもオリンピックという舞台が試合を左右する。大舞台になればなるほど強い張継科。そのメンタルと勝負強さを買って、許シンでもなく、樊振東でもなく、張継科を選んだ劉国梁監督。同士討ちではあるが、とんでもない試合になる予感がする。

●男子準決勝
張継科(中国)  4(9、11、10、-6、9)1  サムソノフ(ベラルーシ)


●テレビ放送予定
12日(金)8:15〜 NHK総合 男子シングルス銅メダル決定戦
  • 肋骨を痛めたサムソノフはフォアを振れなかったが気合は十分だった

  • クールに戦った張継科。攻めてこないサムソノフに戸惑った

  • 2個のメダルを決めた劉国梁監督はガッツポーズ

 水谷隼の準決勝の相手は、現・世界チャンピオンの馬龍。水谷はいきなり3ゲームを奪われ万事休すと思われたが、4ゲーム目を取り返し、その良い流れのまま、5ゲーム目も連取。これには、さすがの馬龍もあせっていた。それまでの自信に満ちた余裕の表情が、明らかに変わった。

 だが、そこはやはり世界チャンピオン。6ゲーム目はしっかり立て直し、本来のスピード、パワーを取り戻して一気に勝利へと駆け上がった。
 それにしても壮絶なラリーの応酬には、目を見張るものがあった。二人は、現代卓球のおもしろさを十二分に伝えてくれた。テレビではTBS系列やNHK BS1でLIVE放送。多くの人が、「卓球って、こんなに迫力のあるスポーツなのか」と思ったに違いない。
 水谷はこのあと、銅メダル決定戦へ。日本時間12日午前8:30から。
「銅メダル決定戦では絶対勝って、メダルを日本に持ち帰りたい」と語った水谷。実現できることを心から願う。

●男子準決勝
馬龍(中国) 4(5、5、5、-7、-10、5)2 水谷隼(日本)
  • 馬龍は強かったが、水谷の追い上げにたじろいだ

  • ラリー戦に持ち込み馬龍から2ゲーム奪った水谷

  • 気合十分。最後まであきらめない姿を見せた水谷

  • 馬龍の勝利の瞬間

  • お互いの健闘をたたえ合う両者は力を出し切った

 本日夜10時(日本時間)からスタートする男子シングルス準決勝。
 我らが水谷隼は、現世界チャンピオンの馬龍(中国)に挑む。
 準決勝からの試合予定とテレビ放送の予定は以下のとおり

〈男子シングルス準決勝〉
 8/11 22:00〜 水谷隼(日本) vs. 馬龍(中国)
 8/11 23:00〜 張継科(中国) vs. サムソノフ(ベラルーシ)
〈銅メダル決定戦〉
 8/12 8:30〜
〈決勝〉
  8/12 9:30〜

●8/11、8/12のテレビ放送予定
8/11 20:00〜24:00 TBS 男子シングルス準決勝 LIVE
   (卓球は22:00頃〜)
8/11 21:55〜24:00 NHKBS1  男子シングルス準決勝 LIVE
8/12  8 :15〜10:45 NHK総合 男子シングルス銅メダル決定戦・決勝 LIVE
●女子シングルス決勝
丁寧(中国) 9、ー5、12、ー9、ー8、7、7 李暁霞(中国)

 女子シングルス決勝は、丁寧が李暁霞をゲームオールで破り、悲願の優勝!
 壮絶なラリーと気迫は、同士討ちのそれではなかった。
 李暁霞に敗れ、大粒の涙を流したロンドン五輪決勝。丁寧は4年越しでその雪辱を果たした。優勝を決めると感極まり、コート上で丁寧は泣き出した。

 会見で4年前の決勝でサービスをフォールトに取られ、崩れたことに質問が及ぶと「いつもそのことをこの4年間インタビューで質問された。そして私自身あの敗北を忘れることはなかった。いろいろな人にアドバイスをもらって支えてもらった」と応える丁寧。
 
 一方、李暁霞は「まず丁寧におめでとうと言いたい。私自身はこの4年間故障が多く、2013年には4回ほど入院していた。苦しかったし、リオにでれただけでも幸せだった。あとは団体戦での優勝を狙う。このオリンピックがおそらく最後のオリンピックになると思う」と語った。
  • ロンドン金メダリストの李暁霞は素晴らしいプレーを連発した

  • 優勝への執念はすさまじかった丁寧は、勝利を決め泣き崩れた

  • 観客席にいたコーチの元へ泣きながら駆け寄る

  • 表彰台で金色のスマイルを見せる丁寧

●女子シングルス銅メダル決定戦
キム・ソンイ(北朝鮮) 4(7、7、5、-12、5)1 福原愛(日本)

 福原は銅メダル決定戦でキム・ソンイに敗れ、惜しくも4位…!

 正確無比なバックカット、そしてカットマンとは思えない連続攻撃。初めて対戦するというキム・ソンイに対し、福原は第4ゲームを返したものの、最後までキム・ソンイの攻撃に苦しんだ。「戦術の変更をもう少し早くすべきだった」と福原。
 シングルスのメダルは逃したものの、気持ちを切り替えて団体戦に全力投球してくれるはずだ。
  • 試合序盤で攻撃を多用し、福原を崩したキム・ソンイ

  • 台のそばで揺さぶりたかったが、キムの攻撃に崩れた福原