卓球王国2月号 好評発売中!
Tリーグ応援サイトはこちらから!!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 国際卓球連盟が最新の世界ランキングを大晦日となる12月31日に発表した。
 今回のランキングには世界ジュニアとプロツアーグランドファイナルのポイントが加味されたもので、男女共に大きな変動はなかった。
 ちょっと目を引くトピックスといえば、王励勤(中国)がついにランキングトップ5から落ちたことだ。王励勤が6位以下になったのは03年9月以来。王励勤がトップ5に名を連ねないのは実に5年4カ月ぶりのことだ。女子では日本の福原愛(ANA)が16位→21位と5つランクを落とし05年12月以来の20位台となってしまった。
 プロツアーグランドファイナルU-21女子シングルスで見事に優勝を飾った石垣優香は62位→55位とランキングを7つ上げ、トップ50も視界に入ってきた。今後の一層の活躍に期待したい。
 その他、世界ランク50位以内に位置する日本選手には大きな変動はなく、男子最上位は韓陽(20位)。水谷隼(29位)、吉田海偉(35位)が続いている。女子最上位は福原愛(21位)で、平野早矢香(28位)、福岡春菜(33位)、樋浦令子(46位)という結果になっている。

卓球王国世界ランキングページはコチラ
 

 12月25~27日まで世界選手権横浜大会女子二次選考会が行われた。今選考会は、第1ステージでは6名ずつ5つのグループに分けてリーグ戦を行い、第2ステージではさらに順位別のリーグ戦を行う。そして、1・2位リーグの優勝者には世界選手権代表権が与えられる。

 注目の1・2位リーグだが、残り2戦となった26日終了時で、田勢美貴江(十六銀行)、樋浦令子(タイコウハウス)が6勝1敗で並び、石川佳純(ミキハウスJSC)が5勝2敗で追うという状況。さらに、最終日の結果次第では4勝3敗の平野早矢香(ミキハウス)、藤井寛子(日本生命)、梅村礼(文化シヤッター)にもチャンスがあるという大混戦の様相を呈していた。
 そして迎えた最終日。第1試合で首位タイの樋浦が伊藤みどり(十六銀行)に勝利し、田勢は藤井に敗れた。これで単独首位となった樋浦が、最終試合で森薗美咲(青森山田高)に勝てば代表決定となったのだが、緊張の色が見られ、思い切りの良い森薗の速攻の前にゲームオールで敗れた。そして、田勢が平野に勝ったことで、7勝2敗で樋浦と並んだ。さらに、この日、梅村と藤井を連覇した石川も7勝2敗となり、優勝の行方は三者間のゲーム率の差に委ねられた。その結果、わずか1ゲーム差で田勢美貴江に軍配が上がり、2003年パリ大会以来の世界選手権の切符を手にした。

 「今までの選考会では周りの選手の成績を気にしてしまっていたが、今回は気にしないようにした」と語ったように、日本リーグではエースとしてチームを引っ張る活躍を見せながらも、代表選考会では思ったような成績を残せないでいた。それが、昨年の全日本社会人優勝、そして全日本ベスト8・混合複優勝という実績を挙げるたびに、自身のプレーを出せるようになっていった。そして、今選考会でもベテランらしく落ち着いた試合運びで、安定したバックハンド攻守を見せた。
 若返りが進んでいる日本代表だが、やはりチームには頼れるベテランは必要だ。これまでの経験を活かして、世界の舞台でどのような戦いを見せてくれるのだろうか。今から楽しみだ。
代表権はすぐ目の前にあった樋浦だが…全日本チャンピオンの平野は4勝5敗と苦しみ、
田勢に敗れた後、ベンチで涙を流した
 ミズノが日本卓球協会と09年4月からのスポンサー契約を更新したことを、12月20日の日本卓球協会理事会で報告された。

 これはオフィシャルサプライヤーとして日本代表のウエアの契約で、契約期間は4年間。09年4月の世界選手権では、テレビ放映も決まっており、テレビでの露出を考えると宣伝効果も十分ある。今回の契約では、卓球人気も踏まえ、相当高額なスポンサー料になったとも言われている。
 去る11月24日に国際卓球連盟(ITTF)のアダム・シャララ会長が異例の通達を卓球用具メーカー、各協会に出した。

 これは9月1日からの「後加工禁止」「スピードグルー、補助剤禁止」を説明、確認するとともに、あとを絶たない「検査機器に検知されないブースター(スピード補助剤)が一部の選手で使用されている疑惑」に答える内容となっている。もし、選手がこのルールを守らない場合、また卓球メーカーや販売店が禁止接着剤、補助剤等を販売した場合は非常に厳しい処置を下すことを通達した。
そんな折り、世界選手権日本代表選考会で、東京アートの張一博がリーグ戦の途中で、規定以上の揮発性有機化合物の 数値が検知され、ラケットコントロールで失格となる事態が発生した。この時の検査機器は高精度のRAEが使われていた。1月の全日本選手権でも同様に、厳しい検査が行われるだろう。


 12月21~24日まで行われた世界選手権横浜大会男子選考会(東京・ナショナルトレーニングセンター)で、大矢英俊(青森大)と松平賢二(青森大)が代表権を獲得した。今選考会は、第1ステージで12名ずつのリーグ戦を行い、各リーグ上位3選手が第2ステージのトーナメントに進出。そのトーナメントの勝者が第1代表に決定する。そして、準決勝で敗退した選手同士の対戦の勝者が、決勝で敗れた選手と代表決定戦を行い、勝者が第二代表となる。

 最終日の24日は第2ステージ準決勝~決勝が行われ、松平賢二、松平健太(青森山田高)をともにゲームオールで下した大矢が世界選手権代表権を獲得した。大矢はどちらも試合も押され気味で、得意のフォアをフルスイングできる状況があまりなかったが、進境を見せたバックハンドを使い、我慢の卓球で徐々に盛り返していった。そして決勝では、「吠えるのをあえて封印」し、「松平健太の動揺を誘った」という戦術も見せ、念願の代表権を勝ち取った。

 そして第2代表決定戦では、下山(協和発酵キリン)を破った松平賢二と松平健太との兄弟対決が実現。昨年のインターハイでは弟・健太に軍配が上がっているが、今回の対戦では終始攻めきった兄・賢二が4-1で勝利。自身初の世界選手権代表を決めた。

一方の敗れた健太は、準決勝では下山を完全にシャットアウト。そして決勝でも4ゲーム目までは大矢の強打を封じ込める抜群のテクニックを見せたものの、後半はやや受けに回ってしまい、流れを失った。そして第2代表決定戦でも淡泊な試合運びになってしまった。第1ステージを1位通過するなど、日本のトップレベルのテクニックを持ち、今季はドイツ・ブンデスリーガでもまれてタフさも身につけてきているだけに、惜しまれる結果となった。
 また、北京五輪代表の岸川聖也(スヴェンソン)も代表権には手が届かなかったように、今回の選考会は非常にハードなものとなった。そのハードな闘いを勝ち抜いたふたりだけに、世界戦でも大いに羽ばたくだろう。
日本の野獣王子から世界の野獣王子へ!
世界戦で大矢が吠える!
準決勝での敗退から気持ちを切り替えて代表権を獲得した松平賢二
決して折れない精神力も武器のひとつ
 

 昨年、関東学生卓球連盟創立80周年を記念して新設された関東学生チームカップ。その最高位であるAブロックの試合が12月20~21日に行われ、男子は専修大学A、女子は東京富士大Aが優勝した。

 軽部、甲斐を擁する優勝候補の明治大Aが予選で敗れるという波乱の幕開けとなった男子。決勝は専修大A(徳増、森田、星野、下川)と早稲田A(原田、浅沼、高岡)の対戦になり、徳増が2点を奪う活躍を見せて、嬉しい優勝を飾った。
 惜しくも準優勝に終わった早稲田Aだが、準決勝の中央大A戦では、高岡が学生選抜準優勝の森田と全日学ベスト8の瀬山を破り、大ブレーク。決勝でも強烈なフォアハンドで星野のカットを打ちぬき、専修大Aから一矢報いた。

 女子は昨年優勝の東京富士大A(唐沢、劉ティン、原田、高石、加藤)が2連覇を達成。2位には学生選抜チャンピオンの高瑜瑶擁する専修大A、照井擁する早稲田大Aを下して勝ち上がった東京富士大B(加能、徐珍、園田、石川、村松)が入り、ワンツーを決めた。1チーム3人で組める同大会だが、東京富士大は昨年同様に5人ずつで組み、ベンチを含めた全員のチームワークが原動力となった。
 
コース取りがうまく、ラリーに強い徳増(専修大)徐珍との留学生対決を制して、優勝を決めた劉ティン(東京富士大)。死角のないプレーを見せた

 また、21日には、20日の予選で敗れたチームと関東強豪高校による交流戦トーナメントが行われ、女子では武蔵野高が準優勝。エースの岡崎(写真下)は決勝の中央大戦で2点を奪い、インターハイベスト8の力を存分に発揮した。


 関東学生チームカップの模様は1月21日発売の卓球王国3月号で詳しくお伝えします!
 年明け2009年1月4日、東京・池袋のサンシャインシティに先日引退を発表した松下浩二選手、現全日本社会人王者の中野祐介選手が登場する。
  これは『新春!エンタメスポーツ最前線! ~自己表現の絵の具箱~』というサンシャインシティが開催するスポーツイベントの一環で、1月2日にはバトントワリング、3日にはダブルダッチ、そして4日には卓球と日替わりで各スポーツイベントが行われる。
 当日は松下選手と中野選手によるエキシビジョンマッチのほか、一般参加を募った「スリッパ卓球」の体験マッチが計画されている。会場を盛り上げるMCは、北京五輪日本代表壮行イベントと同じくK-1リングアナとしてお馴染みのボンバー森尾氏が担当。年明け早々世界レベルの卓球を体感しよう!


=スリッパ卓球で「世界レベルの卓球」を体験しよう!= ※観戦無料

日時:2009年1月4日(日) ・14:00~ ・16:00~
出演:松下浩二(グランプリ大阪)、中野祐介(シチズン) MC:ボンバー森尾
会場:池袋サンシャインシティ アルパB1F 噴水広場
問い合わせ先:株式会社サンシャインシティ総合案内 TEL.03-3989-3331
 12月11~14日にかけ、フォルクスワーゲン・プロツアーグランドファイナルがマカオにて開催された。
 今大会、日本から唯一の参加となった石垣優香がU-21女子で優勝! また1人日本人選手が世界に大きなインパクトを与えた。
 石垣は第1ステージとなるリーグ戦で強豪ドデアン(ルーマニア)をフルセットの末下すと、トロシネワ(ロシア)を4-1、ユー・モンユー(シンガポール)を4-0と危なげなく退け1位で通過。決勝トーナメント準々決勝でプロホロワ(ロシア)にフルセット11-9で競り勝つと、続く決勝は再びユー・モンユーと対戦。第1ステージ同様、相手を寄せ付けず4-0のストレートで勝利し、見事な優勝を飾った。

 男子シングルスは馬龍(中国)が陳杞、馬琳、王皓と先輩中国選手を連破し優勝。特に決勝の王皓戦はストレートで勝利を収めるなど、もはや“次世代の”という冠を付けずともエースと呼ぶにふさわしい戦いぶりを見せた。
 女子シングルスは郭炎(中国)が男子顔負けの力強いプレーを展開しグランドファイナル初優勝。1回戦の金キョン娥(韓国)、続く準々決勝のリ・ジャウェイ(シンガポール)にストレートで勝利。準決勝の王越古(シンガポール)を4-1、決勝の郭躍(中国)も4-2で下し、初の栄冠に輝いた。

●各種目優勝者は以下の通り
男子シングルス:馬龍(中国)
女子シングルス:郭炎(中国)
男子ダブルス:ガオ・ニン/ヤン・ツー(シンガポール)
女子ダブルス:リ・ジャウェイ/スン・ベイベイ(シンガポール)
U-21男子シングルス:江宏傑(タイペイ)
U-21女子シングルス:石垣優香(日本)

大会の詳報は1月発売の卓球王国09年3月号でお伝えします。お楽しみに
 

 日本リーグ総合優勝を決めるプレーオフ大会「JTTLファイナル4」が12月9~11日に行われ、男子は東京アート、女子は日本生命が優勝した。

 昨年、ファイナル4を制した東京アートだが、今季の日本リーグは前期が2位、後期は5位とブレーキ。今大会には総合3位でなんとか出場を果たした形だった。しかし、準々決勝では日産自動車を、準決勝はグランプリ大阪をともに3-1で破って見事に決勝進出。昨年と同じく協和発酵キリンとの決勝を迎えた。
 トップで遊澤が坂本の攻撃を止めきれずに競り負けたが、2番では張が木方の伸びのあるドライブに苦しみながらも勝利し、1-1のタイに。しかし、勝負所となるダブルスでは、ビッグプレーを連発する倉嶋/田勢の前に敗れてあとがなくなった。俄然、協和発酵ペースとなったこの窮地に、頼れる男・韓陽が倉嶋をストレートで完封して、流れを引き戻す。ラストは大森vs.下山の早稲田大OB対決となった。
 「かぶっていた(同時期に在学していた)わけではないので、特に意識してなかった」と、試合後にコメントしたように、大舞台のラストでも大森は落ち着いていた。対照的に下山には緊張の色がみえ、硬さが見られる。それを察知してか、大森はロングサービスを多用し、下山を崩していく。さらには「気合いを出さないと力が出せない」と、得点を重ねるごとにガッツポーズを出して自らを鼓舞する大森が、最後までペースを握り続けて、ストレートで勝利。東京アートの連覇となった。

  
 左から、張一博、韓陽、大森隆弘


応援団の声援を受けて、スーパープレーを連発した協和だったが…

  女子も昨年優勝の日本生命が連覇を達成。昨年は団体のタイトルを総なめにした“ニッセイ”だったが、今年は全日本団体のタイトルを日立化成に奪われた。そして、決勝の相手はその日立化成だった。1番、馮暁雲のショートを打ち抜けずに重本が敗れ、2番は李佳vs.王輝。全日本団体では王輝に2点を取られたが、その難敵に対して村上監督は「李佳を当てにいった」。第1ゲームを奪われたが、第2ゲーム以降は王輝のカットに対応。回転量、長短、放物線の高さなど変化をつけたドライブで王輝のカットを狂わせた。「5ゲームマッチで、第1ゲームを取られてから逆転するのは地力がある証拠」と、監督が全幅の信頼を寄せる李佳が期待に応えた。
 そしてもう一つのポイントであったダブルス。硬さが見られる金沢/藤井であったが、1-1で迎えた第3ゲーム目、10-9となった場面でタイムアウトを取り、このゲームを11-9できっちり奪うなど、平成18年度全日本優勝ペアの地力を見せて、藤沼/島田を破った。続く4番は元日本代表対決で、藤井が藤沼に敗れるも、ラストは金沢がパワーのある河村を封じ込めて完勝。試合後にはチームで金沢を胴上げしたが、選手を胴上げするのは初めてだったという。村上監督はNT監督に就任したため、日本リーグの前から練習を見られなかったというが、選手からは「体育館に監督がいないのは寂しいが、試合でいいプレーを見せたい」という声から、「監督の体が心配」と、多忙な監督を気遣う声も。対する村上監督も「ニッセイの選手もNTに入って、一緒に世界と戦いたい」と、監督と選手が信頼を寄せ合うニッセイが“ファイナル4”連覇を達成した。

  
左から、李佳、金沢/藤井、金沢


元日本代表対決に勝利した日立化成・藤沼
 国際卓球連盟が12月度の世界ランキングを12月2日付で発表した。
 男子では江天一(中国香港)が35→21位とジャンプアップ。ドイツオープン、ポーランドオープンの2大会連続で格上のガオ・ニン(シンガポール)を破りベスト4に進出している。また、ドイツオープンで韓陽に勝ったコルベル(チェコ)が50→39位。ポーランドオープンで吉田海偉、韓陽を破りベスト4まで勝ち上がったクズミン(ロシア)が63→47位などが大きく順位を伸ばした。
 女子は、前回遂にランキング1位に位置した李暁霞(中国)だったが、今回のランキングでは約30ポイントの差を付け張怡寧(中国)が1位に返り咲き。順位を大きく上げた選手は呉佳多(ドイツ)が33→23位。ドイツオープンで団体戦ではリ・ジャウェイ(シンガポール)に、準優勝したシングルスでは馮天薇(シンガポール)に土をつける活躍を見せた。また、ステファノバ(イタリア)も68→48位へと一気にランクアップ。ドイツオープンでスン・ベイベイ(シンガポール)を、ポーランドオープンでもスン・ベイベイ、ボロス(クロアチア)といった格上選手に勝利を収めた。

 世界ランク100位以内に位置する日本選手に大きな変動はなく、男子最上位の韓陽は18→20位。女子最上位の福原愛は17→16位だった。ドイツオープンで福岡春菜との同士討ちに競り勝った石垣優香が78→62位と、100位以内の日本選手の中では最もランキングを上昇させた。

卓球王国世界ランキングページはコチラ