卓球王国11月号 好評発売中!
Tリーグ応援サイト 開設 !!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 記念すべき第40回大会となる、平成21年度全国中学校卓球大会が福岡・北九州市立総合体育館で開催。全国のブロック予選を勝ち抜いた選手たちが、夢のステージで勝利を目指して戦った。

 男子団体優勝は、個人戦でもベスト4を独占した青森山田(青森)。予選2試合、決勝トーナメント4試合をすべて3-0のストレートで勝ち抜き、韓国オープン出場のため欠場したエース丹羽孝希の不在を感じさせない強さで、大会5連覇を決めた。女子団体優勝は、こちらも6連覇の偉業を達成した四天王寺羽曳丘(大阪)。大型新人の前田美優が入学して戦力がアップし、決勝では最大のライバルである青森山田を3-1で下した。

 男子シングルスは昨年準優勝の町飛鳥(青森山田)を準決勝で破った吉田雅己(青森山田/下写真左)が、決勝でも森薗政崇(青森山田)との同士討ちを制して優勝。昨年3回戦で敗れた悔しさをバネに、06年全日本カデット13歳以下に続くタイトルを獲得した。女子シングルスは、前田美優(四天王寺羽曳丘/下写真右)が1年生でいきなり優勝。決勝では昨年3位に入ったカットの佐藤風薫(就実)をストレートで下した。
 詳しい大会報道は9月19日(土)発売の卓球王国11月号に掲載します!

★男子団体
優勝:青森山田(青森)
準優勝:長森(岐阜)
3位:明徳義塾(高知)、愛知工業大学附属(愛知)

☆女子団体
優勝:四天王寺羽曳丘(大阪)
準優勝:青森山田(青森)
3位:就実(岡山)、長森(岐阜)

★男子シングルス
優勝:吉田雅己(青森・青森山田)
準優勝:森薗政崇(青森・青森山田)
3位:町飛鳥(青森・青森山田)、野澤龍也(青森・青森山田)

☆女子シングルス
優勝:前田美優(大阪・四天王寺羽曳丘)
準優勝:佐藤風薫(岡山・就実)
3位:加藤知秋(岐阜・高富)、成本綾海(大阪・四天王寺羽曳丘)
 8月19~23日、韓国にてITTFプロツアー・韓国オープンが行われ、男子シングルスで水谷隼(明治大/スヴェンソン)が自身初のプロツアー制覇を成し遂げた。

 水谷は準々決勝で格上の朱世赫(韓国)をゲームオールで撃破。準決勝ではオフチャロフ(ドイツ)をストレートで下して、決勝戦ではハオ帥(中国)と対戦。各ゲーム競り合いながらもハオ帥(中国)を4-1で下し、優勝。日本人選手としては07年チリオープンの韓陽以来のプロツアー優勝となった。水谷は、2回戦でも03年世界選手権ベスト8の邱貽可(中国)を下しており、今大会では中国選手2人と、韓国・ドイツの主力に勝利。かなり価値がある優勝となった。

 女子ダブルスでは石垣優香/山梨有理(淑徳大)組と福原愛/若宮三紗子(ANA/日本生命)組がともに3位入賞。U-21種目でも男子で丹羽孝希(青森山田中)が3位、女子で森薗美咲(青森山田高)がユー・モンユー(シンガポール)を下して2位に入るなど、活躍を見せた。

各種目の優勝記録は以下の通り
●男子シングルス:水谷隼(日本)
●女子シングルス:馮天薇(シンガポール)
●男子ダブルス:ハオ帥/王皓(中国)
●女子ダブルス:金キョン娥/朴美英(韓国)
●U-21男子シングルス:丁祥恩(韓国)
●U-21女子シングルス:梁夏銀(韓国)
 8月12~16日、韓国にてWJC(ワールドジュニアサーキット)・韓国ジュニアオープンが行われた。

 日本勢は、香港ジュニアオープンに続いて男女エリートアカデミー生が参加。ジュニア女子団体(森薗美咲、谷岡あゆか、鈴木李茄)では、予選で韓国B、韓国Dに勝利し、準決勝は韓国Aを、決勝は再び韓国Bを下して優勝。カデット種目ではシングルスで鈴木李茄が、ダブルスでは国際ペアとなった森薗美月/サウェータブット組が優勝した。

各種目の優勝記録は以下の通り

【ジュニア種目】
●男子団体:韓国A
●女子団体:日本
●男子シングルス:金ミン鉐(韓国)
●女子シングルス:梁夏銀(韓国)
●男子コンソレーション:金デウン(韓国)
●女子コンソレーション:朴ジュヒョン(韓国)
●男子ダブルス:鄭栄植/徐賢徳(韓国)
●女子ダブルス:李ヒュン/ソン・マウム(韓国)

【カデット種目】
●男子団体:韓国A
●女子団体:韓国A
●男子シングルス:ジャン・ウジン(韓国)
●女子シングルス:鈴木李茄(日本)
●男子ダブルス:ハム・ソリ/金東賢(韓国)
●女子ダブルス:森薗/サウェータブット(日本/タイ)
 8月12~16日まで中国・天津にてITTFプロツアー・中国オープンが行われた。

 男子シングルスは王皓(中国)が優勝。準決勝の王励勤(中国)戦、決勝のハオ帥(中国)戦はともにゲームオールとなったが、世界チャンピオンの意地を見せた。
 女子は世界ランクトップ3が出場せず、世界ランク4位の劉詩ウェン(中国)が優勝。丁寧と組んだダブルスでも優勝し、2冠を達成した。

 日本選手は、U-21男子シングルスで大矢英俊(東京アート)が優勝したが、一般では男子の松平健太(青森山田高)と女子の福原愛(ANA)の3回戦進出が最高成績だった。

各種目の優勝記録は以下の通り

●男子シングルス:王皓(中国)
●女子シングルス:劉詩ウェン(中国)
●男子ダブルス:ハオ帥/李平(中国)
●女子ダブルス:丁寧/劉詩ウェン(中国)
●U-21男子シングルス:大矢英俊(日本)
●U-21女子シングルス:鄭怡静(チャイニーズタイペイ)
8月の10~12日に京都・京都市体育館で全日本大学対抗選手権大会、いわゆるインカレが行われた。
男子では明治大学が11年ぶりの優勝、女子は淑徳大が3年ぶりの優勝を飾った。

その他の結果は下記のとおり。

男子
優勝:明治大学
準優勝:早稲田大学
3位:筑波大学、大正大学

女子
優勝:淑徳大学
準優勝:東京富士大学
3位:朝日大学、近畿大学

殊勲賞:水谷隼、山梨有理
8月5~10日にかけて、兵庫県のグリーンアリーナ神戸にて開催されていた09年度のインターハイが終了した。

男子シングルスの決勝は昨年と同じ顔合わせとなり、松平健太(青森山田)が上田仁(青森山田)を4-1で破って優勝。松平はシングルス2連覇を達成し、団体、ダブルスと合わせて3冠に輝いた。
女子シングルスは石川佳純(四天王寺)が全7試合で1ゲームも落とさない完璧なプレーで優勝。石川は、男子の松平同様にシングルス2連覇、そして今年はダブルスとの2冠を達成した。

写真は松平健太と石川佳純
その他の結果は下記のとおり。
詳細は9月19日発売の卓球王国11月号にて掲載しますので、お楽しみに!



●男子学校対抗
優勝:青森山田(青森)
準優勝:愛工大名電(愛知)
3位:遊学館(石川)、希望が丘(福岡)

●女子学校対抗
優勝:青森山田(青森)
準優勝:四天王寺(大阪)
3位:正智深谷(埼玉)、中村学園女子(福岡)

●男子シングルス
優勝:松平健太(青森山田・青森)
準優勝:上田仁(青森山田・青森)
3位:藤本海統(滝川第二・兵庫)、野邑大陽(青森山田・青森)

●女子シングルス
優勝:石川佳純(四天王寺・大阪)
準優勝:劉莉莎(日南学園・宮崎)
3位:岡崎恵(武蔵野・東京)、森薗美咲(青森山田・青森)

●男子ダブルス
優勝:松平健太・上田仁(青森山田・青森)
準優勝:板倉健信・橋本唯史(希望が丘・福岡)
3位:神巧也・野邑大陽(青森山田・青森)、森聡詩・大島祐哉(東山・京都)

●女子ダブルス
優勝:酒井春香・石川佳純(四天王寺・大阪)
準優勝:森薗美咲・秦詩■(青森山田・青森) ■は「王偏に其」
3位:亀石藍・趙■■(岩国商業・山口) ■は「女偏に青」と「示偏に韋」
 8月5~9日まで、香港にてWJC(ワールドジュニアサーキット)・香港ジュニアオープンが行われた。

 日本からはエリートアカデミー生の男女9名が参加。優勝を飾ることは出来なかったが、男子団体で日本/エジプト混成チーム(松田、東、O.アサール)が3位、女子団体(谷岡、鈴木、森薗、佐藤)が3位、ジュニア女子シングルスで谷岡が3位という成績を残した。

各種目の優勝記録は以下の通り

●ジュニア男子団体:中国
●ジュニア女子団体:中国
●ジュニア男子シングルス:周雨(中国)
●ジュニア女子シングルス:鄭怡静(チャイニーズタイペイ)
●ジュニア男子ダブルス:陳曦/周雨(中国)
●ジュニア女子ダブルス:羅ユエ/熊欣芸(中国)
 8月4~6日まで、東京・東京体育館にて全国ホープス大会が行われた。男子は昨年優勝の城山ひのくにジュニア(熊本)が2連覇。昨年の優勝メンバーの3人が残っていた城山ひのくにジュニア。決勝トーナメント1回戦で、全日本ホープス準優勝の及川率いる仙台ジュニアクラブに苦しんだが、昨年と同じ対戦となった決勝では、3-1で稗原クラブを振り切った。


男子優勝:城山ひのくにジュニア

優勝を決めた硴塚

●男子最終順位
優勝:城山ひのくにジュニア(熊本)
準優勝:稗原クラブ(島根)
3位:益子卓球ジュニアクラブ(栃木)、卓伸クラブ(愛知)

 女子は美鷹クラブ(東京)がこちらも2連覇。昨年の優勝メンバーが全員残り、オールストレートでの圧勝劇だった。
 準優勝のヒゴ鏡卓球クラブ(熊本)は昨年ベスト16から躍進したが、今年も美鷹クラブに敗れてリベンジはならず。しかし、監督を中心に非常に雰囲気の良いチームだ。


女子優勝:美鷹クラブ

ともに思い切りの良いフォアハンドを放つ澁谷/加藤ペア

●女子最終順位
優勝:美鷹クラブ(東京)
準優勝:ヒゴ鏡卓球クラブ(熊本)
3位:ピンテック(愛知)、日産ジュニアクラブ(神奈川)
 7月30日~8月2日まで、静岡・浜松アリーナにて全日本実業団選手権が行われた。

 男子は東京アートがオールストレートでの完全優勝で2連覇。韓陽と張一博の2点使いに加え、世界選手権代表の大矢、ブンデスリーガーの高木和卓を揃えた布陣はあまりにも強力だ。

 女子は日本生命が苦しみながらも3連覇。日本生命は決勝まではストレートで勝ち上がったが、決勝の日立化成戦ではラストまでもつれる接戦に。ラストは藤井が3-1で渡辺を下し、優勝を決めた。日本リーグ前期では準優勝だったため、グランドスラムの夢は消えてしまったが、今回のタイトルをきっかけに“常勝ニッセイ”が帰ってくるに違いない。
7月24~26日 埼玉県のさいたま市記念総合体育館で第一三共ヘルスケアレディース2009。いわゆる全国レディースが行われた。

種目は団体戦と年齢別ダブルス3つの4種目だが、一番盛り上がるのはやはり団体戦。
全72チーム中、地元埼玉勢が7チーム参加した。大会の方式が、3チームのリーグで順位を決め、それぞれのトーナメントへ移行するので、リーグを1位抜けしなければ優勝できない厳しいものだ。埼玉勢は4チームが1位トーナメントへ。

そして迎えた決勝は狭山フレンズ(埼玉)とホークス(東京)の関東同士の戦いになった。

3台同時進行で始まった決勝だが、狭山フレンズの2番小澤と3番小宮・ペイトンが力の差を見せて、圧勝。
狭山フレンズ1番の宍戸は予選リーグから全試合出場でまだ1勝しかできておらず、「うちは-1から始まる。60歳代の一番は落としてしまう」とチームメイトが言うほど他チームと実力の差があった。

しかし、決勝はまさに宍戸のひとり舞台であった。今まで見せたことのない大きなラリーを展開し、勝負所ではスマッシュを連発。大舞台で覚醒した宍戸は、値千金の活躍でホークスの山本を下し優勝を決めた。


他優勝チーム、優勝者は以下の通り
団体1位トーナメント:狭山フレンズ(埼玉)
団体2位トーナメント:ふきのとう(宮崎)
団体3位トーナメント:トラストT・C(新潟)

ダブルスa(60~109歳)1位トーナメント:井ノ口博子・下山田寿子(花野井クラブ)
ダブルスa(60~109歳)2位トーナメント:新谷美恵子・安部香織(長吉卓球センター)
ダブルスa(60~109歳)3位トーナメント:稲美るみ子・原田亜矢子(豊中卓球クラブ)

ダブルスb(110~125歳)1位トーナメント:持田恵子・船ヶ山昌子(サクセス)
ダブルスb(110~125歳)2位トーナメント:渡邊みち子・橋本寿美(兵庫卓研)
ダブルスb(110~125歳)3、4位トーナメント:高島登喜子・上野栄子(ネクサス・ファイト)

ダブルスC(126歳以上)1位トーナメント:前田澄子・仁井田さよ子(伊卓連)
ダブルスC(126歳以上)2位トーナメント:浜田キヱ・高塚多美子(エムクラブ)
ダブルスC(126歳以上)3位トーナメント:大浦幸子・小野峰子(あみん)