卓球王国7月号 好評発売中 !!
Tリーグ応援サイト 開設 !!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 7月23~27日にかけ、シンガポールのトアパヨで第14回アジアジュニア選手権が開催された。日本前回大会においてジュニア男子団体で初優勝。男子ダブルスでも水谷隼・松平賢二が優勝するなど、素晴らしい成績をおさめている。
 第14回となる今大会は、中国が圧倒的な強さを見せ、全10種目中9種目で優勝。唯一男子シングルスを韓国の李尚洙が制し、中国の金メダル独占を阻止した格好となった。しかし、ジュニア男子シングルス、カデット女子シングルス以外の個人戦4種目は、決勝が同国の対決になるなど、中国はジュニア・カデット世代でも相変わらずの選手層の厚さを感じさせた。

 日本は、ジュニア男子団体で準決勝まで駒を進めるも、中国に悔しいストレート負け。ジュニア女子団体も準決勝で中国香港に1-3で敗れ3位となった。
 男子ダブルスでは森本耕平・藤本海統(愛工大名電高・滝川第二高)が、女子ダブルスでは藤井優子・岡崎恵(四天王寺高・武蔵野高)、森薗美咲・谷岡あゆか(青森山田高・エリートアカデミー)がそろって3位に入賞。また、カデット女子シングルスでは谷岡あゆかと佐藤優衣(21クラブ)が3位に入賞するなど活躍をみせた。

各種目優勝は以下の通り
●ジュニア男子団体:中国
●ジュニア女子団体:中国
●男子シングルス:李尚洙(韓国)
●女子シングルス:李暁丹(中国)
●男子ダブルス:閻安/宋鴻遠(中国)
●女子ダブルス:李暁丹/王(中国)
●カデット男子団体:中国
●カデット女子団体:中国
●カデット男子シングルス:張聖伍男(中国)
●カデット女子シングルス:陳夢(中国)

 7月24~27日、北海道・道立総合体育センターにて全日本実業団選手権が行われた。各都道府県から集まった強豪実業団チームが争うこの大会。男子は東京アートが4年ぶりの優勝、女子は日本生命が昨年に続いての連覇を飾った。

優勝に大きく貢献した高木和卓

 男子優勝の東京アートは5回戦から登場すると、TTSタカハシをストレートで撃破。続く準々決勝でもシチズンを、準決勝では日本リーグ前期王者の協和発酵をストレート下し、決勝へ進出。決勝の相手は日産自動車だったが、トップで高木和卓が金恩華をゲームオールで破って流れをつくると、2番韓陽、3番韓陽・遊澤組も続いて、決勝でもストレート勝ちを収め、全試合ストレート勝ちという離れ業をやってのけた。しかし、全試合ストレート勝ちとは言っても、戦力的にズバ抜けているわけではなく、現在はむしろ混戦状態。その中で、このような結果になったのはトップで高木和卓が勝利を重ねたことが大きいだろう。団体戦ではトップで流れを作ることが重要だということを改めて感じた大会だった。

レギュラーとして定着してきた重本幸恵

 女子は日本生命が優勝。こちらは決勝で1点を失ったが、終始安定したゲーム展開を見せた。これで、今季は日本リーグ前期に続いてのタイトル獲得。2年連続のグランドスラムへ向けて、死角は見当たらない。

男子
●優勝:
東京アート
●準優勝:日産自動車
●3位:協和発酵、グランプリ

女子
●優勝:
日本生命
●準優勝:サンリツ
●3位:日立化成、十六銀行

 7月25~27日、兵庫県・グリーンアリーナ神戸にて全日本選手権(ホープス・カブ・バンビの部)が行われ、未来の日本を背負って立つであろう、きらりと光る選手たちがしのぎを削った。

 ホープス男子はカットマンの村松雄斗(平野卓研)が優勝。この優勝で04年バンビ、06年カブに続いての3階級制覇となった。元世界選手権3位で本誌でもおなじみの高島規郎氏も絶賛するその才能が、世界で開花する日も近いかもしれない。女子は今年の全日本選手権で旋風を巻き起こした前田美優(高瀬ク)が2連覇を達成。こちらは05~06年にカブの部で連覇を飾っており、同世代では敵なしの強さだ。
 小学2年生ながら1階級上のカブの部に出場した注目の平野美宇(平野卓研)は決勝で、加藤美優(美鷹ク)に敗れて惜しくも準優勝だった。

 各種目の優勝者は以下の通り

●ホープス男子:村松雄斗(平野卓研/山梨)
●ホープス女子:前田美優(高瀬ク/香川)
●カブ男子:松山祐季(卓伸ク/愛知)
●カブ女子:加藤美優(美鷹ク/東京)
●バンビ男子:金光宏暢(六番卓球ク/岡山)
●バンビ女子:伊藤美誠(豊田町卓球スポーツ少年団/静岡)

 7月3~6日、関東学生選手権が行われ、男子シングルスは水野裕哉(明治大)が2連覇を達成。女子シングルスは小野思保(淑徳大)が初優勝した。

 男子シングルス優勝の水野は、6回戦で大森(筑波大)相手に苦しんだが、準々決勝では小野との同士討ちをストレートで制すと、続く準決勝でも笠原(早稲田大)をストレートで下し、決勝進出。決勝では早稲田大の足立との対戦となり、互いにゲームを奪い合う好ゲームを展開。ゲームオールとなった死闘は13-11で水野に軍配。見事に2連覇の偉業を達成した。
 女子シングルスで優勝した小野は4回戦から登場すると、危なげなく勝ち上がり、決勝に進出。決勝の相手は同じ淑徳大の後輩・スーパー1年生の石垣だったが、ここでもなんとストレートでの快勝。失ったゲームはわずか2と、終始安定した戦いぶりで初優勝を決めた。
 また男子ダブルスは第1シードの小野/水野組(明治大)を準決勝で破った徳増/森田組(専修大)が、女子ダブルスは井上/小山内里組(大正大)が制した。

各種目の優勝者は以下の通り

●男子シングルス:水野裕哉(明治大)
●女子シングルス:小野思保(淑徳大)
●男子ダブルス:徳増信弥/森田翔樹(専修大)
●女子ダブルス:井上朋美/小山内里紗(大正大)

詳しくは関東学生卓球連盟HPをご覧ください
http://kanto-sttf.jp/index.html
 28日に終了した平成20年度前期日本リーグ東京大会(東京武道館)。男子は協和発酵が5年ぶりの優勝を飾り、女子は日本生命が7連覇を達成した。
 協和発酵は、新加入の下山隆敬がグランプリ戦でセン健を破るなど大活躍。新人賞とともに最高殊勲選手賞も獲得した。東京アートとの決勝は、リーグ戦に続いて倉嶋洋介・田勢邦史が韓陽・田中雄仁を破って流れを引き寄せ、ラストで倉嶋が田中を下して優勝を決めた。
 女子は今期も日本生命が優勝。リーグ最終戦で中国電力に敗れはしたものの、結局リーグは1位。決勝で対戦した日立化成には今期より藤沼亜衣が加入し、王輝も帰化するなど戦力が大幅にアップしていたが、トップで李佳(日本生命)が藤沼をゲームオールの末に下した1勝が功を奏し、金沢咲希も完璧な試合運びで単複で勝ち星を挙げ、3-2で勝利し優勝となった。ライバルの十六銀行は、メンバーが大幅に入れ替わって若返ったが、6位に転落していた。

●男子決勝
協和発酵 3-2 東京アート
 下山 -5、-8、-7 張一博○
○坂本 7、-4、5、14 大森
○倉嶋・田勢 7、-5、8、10 韓陽・田中
 木方 -8、-4、-3 韓陽○
○倉嶋 10、8、9 田中

●女子決勝
日本生命 3-2 日立化成
○李佳 -3、13、8、-10、-4 藤沼
 重本 -7、9、-4、-6 馮暁雲○
○金沢・藤井 -4、10、5、3 藤沼・島田
 藤井 -9、-8、11、-5 王輝○
○金沢 3、7、5 島田


写真左:優勝を決めた協和発酵
写真中央:日本生命はラストで金沢が島田に勝利
写真右:最高殊勲選手賞と新人賞をW受賞した下山隆敬
 6月20~22日、京都府京都市体育館にて関西学生選手権が行われた。男子シングルスは関西高校出身の有田洋巳(近畿大)が初優勝。女子は昨年インターハイチャンピオンで全日本ランカーの若宮三紗子(立命館大)が1年生ながら見事に優勝を飾った。
 本命不在の男子ダブルスは李昴/中村組(龍谷大)が、決勝で松本/中野組をゲームオールで下して優勝。女子ダブルスは、準決勝でインターハイチャンピオン同士ペアの宇土/若宮組を破った花田/岡本(立命館大)が優勝した。各種目の優勝者は以下の通り

●男子シングルス:有田洋巳(近畿大)
●女子シングルス:若宮三紗子(立命館大)
●男子ダブルス:李昴/中村謙太(龍谷大)
●女子ダブルス:花田麻里/岡本真由子(立命館大)

詳しくは関西学生卓球連盟HPをご覧ください
http://homepage2.nifty.com/ksttf/

photo:シングルス優勝の有田洋巳と若宮三紗子(写真提供 関西学生卓球連盟)
 6月19日、日本卓球協会からアジアジュニア選手権日本代表選手団が発表された。男子はU-18世界ランキング1位の松平健太(青森山田高)をはじめ、平成19年度全日本選手権ジュニアの部優勝の上田仁(青森李山田高)、準優勝の平野友樹(秀光中等教育)らがエントリー。
 女子はNT選手の石川佳純(ミキハウスJSC)を中心とし、エリートアカデミーからも谷岡あゆか鈴木李茄の2名が選出された。

 本大会は7月23~27日にシンガポールにて行われる。日本は、01年には男子ダブルスで森田・高木和健組が優勝し、06年は大矢・松平賢組、07年には水谷・松平健組が優勝しており男子ダブルスを2連覇中。また、昨年は男子団体も制しており、こちらも連覇がかかっている。

詳しくは日本卓球協会HPをご覧ください
http://www.jtta.or.jp/
 6月4日~8日にかけてシンガポールで行われたITTFプロツアー・TMSオープン。
 男子シングルスを制したのは、前回の韓国大会に続き馬龍(2連勝、通算4勝)。準決勝でボル(ドイツ)、決勝でサムソノフ(ベラルーシ)と、アジア勢以外で世界ランキングトップ10に入っている2人を立て続けに撃破した。女子シングルスは李暁霞が、07スウェーデンオープン以来となる5勝目をあげた。
 今回はちょっとした波乱があった。王励勤が2回戦で早々と姿を消したのだ。その波乱を演じたのは中国香港の張ユク。先に行われたジャパンオープンでは韓国の柳承敏を破り、6月4日発表の最新世界ランキングでは35位 → 17位とジャンプアップしてきた。今回のポイントによって、次回ランキングも上げてくることは必至だ。
 また、U-21男子シングルスを制したポルトガルの左腕フレイタスは、ITTFプロツアーのU-21シングルスを、チリ・韓国・シンガポールと3連勝中。06ヨーロッパユース選手権ジュニアの部の優勝者だ。

 日本選手は、水谷隼(明治大)が3回戦で馬龍と激突。ゲームオールデュースまでもつれたものの、最後は10-12で振り切られ悔しい敗戦を喫した。女子シングルスでは、福岡春菜(中国電力)が2回戦でリ・ジャウェイ(シンガポール)に勝利。続く3回戦ではリュウ・ジャ(オーストリア)にゲームオールの末敗れた。

各種目の優勝者は以下の通り
●男子シングルス:馬龍(中国)
●女子シングルス:李暁霞(中国)
●男子ダブルス:陳杞/李平(中国)
●女子ダブルス:リ・ジャウェイ/スン・ベイベイ(シンガポール)
●U-21男子シングルス:フレイタス(ポルトガル)
●U-21女子シングルス:バーテル(ドイツ)
 5月29日~6月1日にかけ、ITTFプロツアー・Volkswagenオープン韓国大会(於:韓国・大田)が開催された。
 男子シングルスを制したのは馬龍(中国、07ドイツオープン以来、通算3勝)。準決勝で王皓、決勝で馬琳と、同国対決を勝ち上がった。
 女子シングルスはベスト4を中国勢が締め(郭躍、王楠、郭炎、范瑛)、選手層の厚さを改めて示した結果となった。優勝は王楠、郭炎を下した郭躍(07中国オープン以来、通算9勝)。

 今大会目を引いたのはオフチャロフ(ドイツ)。アジア勢に対抗できる可能性を秘めた、数少ないヨーロッパの若手選手だ。オフチャロフは3回戦で現世界王者・王励勤(中国)を、続く準々決勝では同国の先輩ボルを下す活躍を見せた。むかえた準決勝では馬琳(中国)にストレートで敗れたものの、世界ランク1桁台の2選手から立て続けに勝利をあげ、次回発表の世界ランキングは、現在の20位から上がってくることは間違いないだろう。

 日本選手は、男子シングルスでは韓陽(東京アート)と水谷隼(明治大)がともに3回戦まで進出するものの、それぞれ馬龍、ボルに敗れた。女子シングルスでは、平野早矢香(ミキハウス)が3回戦で王楠に敗れ、日本勢はここで姿を消した。

各種目の優勝者は以下の通り
●男子シングルス:馬龍(中国)
●女子シングルス:郭躍(中国)
●男子ダブルス:王皓/王励勤(中国)
●女子ダブルス:郭躍/劉詩ウェイ(中国)
●U-21男子シングルス:フレイタス(ポルトガル)
●U-21女子シングルス:サマラ(ルーマニア)
 日本では荻村杯が行われていた5月22~25日、ヨーロッパではベラルーシオープンが開催された。世界ランキング上位選手の多くはプレミアム大会である荻村杯に参戦していたため、やや大会のレベルは落ちたが、地元ベラルーシのサムソノフや中国の侯英超といった実力者も参加した。
 男子シングルスを制したのはそのサムソノフ(08年クウェートオープン以来、プロツアー通算18勝目)。失ったゲームはわずか2つ。決勝では侯英超を破って勝ち上がってきた左ペンドライブ型の許シン(中国)と対戦したが、4-1で勝利した。
 女子は第2シードのViパブロビッチ(ベラルーシ)がプロツアー初優勝。男女シングルスはベラルーシ勢のアベック優勝となった。団体ではベラルーシ男子は惜しくも2位だったが、女子はパブロビッチ姉妹を中心に戦い、見事優勝した。

各種目の優勝者は以下の通り

●男子団体:中国
●女子団体:ベラルーシ
●男子シングルス:サムソノフ(ベラルーシ)
●女子シングルス:Vi.パブロビッチ(ベラルーシ)