卓球王国9月号 7/20発売 !!
Tリーグ応援サイト 開設 !!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 11月22~23日、大阪府大阪市舞洲障害者スポーツセンターにて、日本障害者選手権が行われた。日本障害者選手権は、日本障害者卓球連盟主催の全国大会で、国際大会への選手派遣選考も兼ねている。

各種目の優勝記録は以下の通り。北京パラリンピック代表の岡紀彦(岡山)と別所ミキヱ(香川)はともに貫禄を見せつけて優勝した。

〈男子シングルス〉
●クラス1-2:間瀬英樹(愛知)
●クラス3:吉田信一(東京)
●クラス4:中出将男(大阪)
●クラス5:岡紀彦(岡山)
●クラス6:板井淳記(大分)
●クラス7:浜野泰之(栃木)
●クラス8:金子和也(埼玉)
●クラス9:本多利行(愛知)
●クラス10:垣田斉明(熊本)
●クラスS:玉置修司(大阪)
●クラス11:寺澤光一(東京)

〈女子シングルス〉
●クラス3-4:藤原佐登子(愛知)
●クラス5:別所キミヱ(香川)
●クラス6-7:藤本慧子(東京)
●クラス8:伊藤千恵子(東京)
●クラス9:津田昭子(岐阜)
●クラス10-S:工藤恭子(熊本)
●クラス11:伊藤慎紀(神奈川)

〈男子ダブルス〉
●クラス1-5:中出将男・鍋坂勇夫(大阪・香川)
●クラス6-8:二宮仁・森脇賢造(兵庫)
●クラス9-S:立石アルファ裕一・垣田斉明(福岡・熊本)
●クラス11:竹田隆・松本直記(東京・埼玉)

〈女子ダブルス〉
●クラス1-5:佐竹恵・別所キミヱ(大阪・香川)
●クラス6-S:工藤恭子・石河恵美(熊本・神奈川)
●クラス11:伊藤慎紀・上北祐子(神奈川・兵庫)
 11月22~24日、宮崎県宮崎市立体育館にて全日本選手権(カデットの部)が行われた。

 男子14歳以下シングルスは全中チャンピオンの丹羽孝希(青森山田中)が優勝。決勝では昨年優勝の町との同士討ちを制して、06年ホープスに続く全日本タイトルゲットとなった。また、丹羽は町と組んだダブルスで2連覇を達成。見事に2冠王となった。
 女子14歳以下シングルス決勝は06年カデットチャンピオンの谷岡あゆか対鈴木李茄のエリートアカデミー同士の対決となり、ゲームオールで鈴木李茄が優勝。さらに、ふたりで組んだダブルスでは昨年3位の雪辱を晴らして優勝。注目のエリートアカデミーチームが見事にその力を示した格好だ。

 男子13歳以下シングルスは、今年度ホープスチャンピオンの村松雄斗(平野卓研)が優勝。準決勝ではエリートアカデミーの大塚に苦しめられたが、見事な2階級制覇を成し遂げた。同一年度のホープス・カデット制覇は昨年の森薗政崇(現・青森山田中)に続き、4人目の快挙。過去には坂本竜介、野邑大陽が名を連ねる。
 女子13歳以下シングルス決勝は森薗美月(えひめTTC)対前田美優(高瀬クラブ)の小学6年生同士の対決となり、ゲームオールで森薗美月が勝利。前田は05年から、カブ2連覇・ホープス2連覇と全日本タイトルを毎年獲得しており、同世代はもちろんのこと、上の世代とも互角以上の戦いをしてきたが、同学年の選手にまさかの敗戦。しかし、この13歳以下には石川佳純の妹・石川梨良や、松平兄弟の妹・松平志穂も出場しており、非常にレベルが高い世代といえる。

各種目の優勝記録は以下の通り。

●男子14歳以下シングルス:丹羽孝希(青森山田中)
●女子14歳以下シングルス:鈴木李茄(エリートアカデミー)
●男子13歳以下シングルス:村松雄斗(平野卓研)
●女子13歳以下シングルス:森薗美月(えひめTTC)
●男子ダブルス:町飛鳥/丹羽考希(青森山田中)
●女子ダブルス:谷岡あゆか/鈴木李茄(エリートアカデミー)
 11月19~23日、ドイツ・ベルリンにてITTFプロツアー・ドイツオープンが行われた。プレミアム大会のひとつである同大会では、男女シングルス・男女団体の4種目が実施された。

 男子シングルスはボル(ドイツ)がオーストリアオープンに続いて2連勝。地元の声援を味方につけ、失ったゲームは、決勝で荘智淵(チャイニーズタイペイ)に許した「1」のみという圧倒的な勝利だった。
 女子シングルスは元ヨーロッパ女王のリュウ・ジャ(オーストリア)が優勝。04年ブラジルオープン以来のプロツアー優勝となった。第1シードのリ・ジャウェイは3回戦でタン・ウェンリン(イタリア)に、第2シードの馮天薇は準々決勝で呉佳多(ドイツ)に敗れるなど、強力なシンガポール勢との対戦がなく、恵まれた感もあるが、そこをきっちり勝ち切るのはベテランならではだろう。

 男子団体は、チャイニーズタイペイ、中国香港、ドイツといった強豪国を下したポーランドが優勝。どこの国もベストメンバーを揃えてきたわけではなかったが、ポーランドはブラシュチックを中心に、ワン・ツォンイとコソウスキーの頑張りが光った。
 女子はシンガポールが地力を見せつけての優勝。

 日本勢は、男子団体が準々決勝で中国香港に敗れた。岸川が棄権して実質0-2からのゲームだったので苦しかった。なお、岸川はシングルスも棄権している。女子団体は、準決勝でドイツに2-3で敗れて3位。
 シングルスでは、男子の吉田海偉(グランプリ大阪)が準々決勝に進出するもボルに敗れた。北京五輪代表の水谷隼(明治大/スヴェンソン)、韓陽(東京アート)はともに2回戦で、それぞれ梁柱恩(中国香港)、コルベル(チェコ)に敗れた。女子は福原愛(ANA)が準々決勝でリュウ・ジャに敗れてベスト8。2回戦で福岡春菜(中国電力)との同士討ちを制して勝ち上がった石垣優香(淑徳大)は、3回戦でカット打ちの名手・トート(ハンガリー)の前に敗れた。

 また、男子シングルス3回戦のボルvs.クリサン(ルーマニア)の試合で、クリサンが失格になるという事態が起こった。これは、クリサンのラケットのラバーの厚さが4mmを超えていたというもの。しかも、試合前のラケット検査で合格したラケットとは別のラケットを使用しようとしていたという。

 各種目の優勝記録は以下のとおり。

●男子団体:ポーランド
●女子団体:シンガポール
●男子シングルス:ボル(ドイツ)
●女子シングルス:リュウ・ジャ(オーストリア)
 11月13日(木)~16日(日)にかけ、大阪・大阪市中央体育館にて平成20年度後期日本リーグ大阪大会が行われた。
 男子1部は前期に続き協和発酵キリンが優勝、2連覇を飾った。女子1部は日本生命が8連覇を達成した。
 男子優勝の協和発酵キリンはリーグ戦こそ2位だったものの、リーグ1位のグランプリ大阪に唯一黒星をつけていた。決勝戦はラスト5番まで回る熱戦となったが、ラストで倉嶋が前期決勝と同様ストレートで勝利。頼れるベテランがチームを優勝へと導いた。
 女子は日本生命がサンリツを3-1で下し今期も優勝。これで連続優勝記録を“8”まで伸ばした。リーグ戦もラスト5番まで試合を回すことはなく7戦全勝で1位に。先日行われた全日本団体では準優勝となり2年連続グランドスラムは逃したものの、団体戦では揺るぎのない強さを見せつけた。

●男子1部決勝
 協和発酵キリン  3-2  グランプリ大阪
 木方    -4、-4、-7    吉田○
○坂本    8、-7、12、8   時吉
○倉嶋・田勢 10、2、9      時吉・横山
 下山  -7、4、-14、9、-5 セン健○
○倉嶋      8、4、7    横山

●女子1部決勝
    日本生命   3-1   サンリツ
○金沢      7、6、-7、3   山崎
 李佳    8、-5、-8、7、-6  侯琳○
○金沢・藤井   4、7、-7、3   坂本・阿部
○藤井    4、-9、-8、2、4   阿部
 重本      一一一       坂本

●男女1部リーグ戦順位
   男子      女子
1位 グランプリ大阪 日本生命
2位 協和発酵キリン サンリツ
3位 日産自動車   日立化成
4位 シチズン    十六銀行
5位 東京アート   アスモ
6位 リコー     中国電力
7位 住友金属物流  神戸松蔭女子学院大
8位 信号器材    NEC SKY
 現在発売している『文藝春秋12月号』(株式会社文藝春秋)の「死ぬまでに絶対読みたい本」という特集で、陸上ハードルの為末大選手が城島充著『ピンポンさん』(講談社)を挙げている。

 『文藝春秋』は1923年に創刊した伝統のある月刊誌。400ページを超える豊富な誌面に、多彩なジャンルの論文や評論が掲載されている。また芥川賞を主催していることでも有名だ。12月号では「死ぬまでに絶対読みたい本」という特集を掲載。政治家、作家、研究者など総勢52人の読書家が、“もう一度読みなおしたい本”“死ぬまでにいつか読みたいと願いつづけた本”を紹介している。
 その中で、日本陸上ハードル界の第一人者で、01・05年世界選手権400mハードル銅メダリストの為末大選手が城島充著『ピンポンさん』を紹介。北京五輪後、世界各地を旅していたときに読み、今後の進退について悩んでいたが、励みにもなり、これからも何度も読みたいとコメントしている。卓球、陸上と競技は違えども、世界を舞台に戦った者として共感できる部分があったのだろう。

 『ピンポンさん』はご存知、荻村伊智朗の伝記である。体質の弱かった荻村が世界チャンピオンになり、チャンピオンになった後も歩みを止めることなく、卓球という競技の素晴らしさを伝え続けた荻村の人生を、ノンフィクションライターの城島茂が取材に取材を重ねて見事に描いた。卓球ファンはもちろん、読書家にはぜひ読んでもらいたい。
 11月7~9日の3日間、香川・坂出市立体育館にて行われ、各年代のチャンピオンを賭けて熱い戦いが繰り広げられた。
 男子サーティは昨年優勝の藤本貴史(丸善ク・東京)が2連覇を達成。女子サーティは河田佳子(H・P・C)が初優勝。

 藤本のほかに連覇を飾った選手は、男子エイティの関川知男(サンピア高崎)、女子フォーティの大津絵美子(丸亀SC)、女子エイティの大塚徳子(大阪ベテラン会)の3人。通算13度のマスターズ優勝を誇る、男子フィフティの坂本憲一(日産自動車)は連覇ならなかった。

各種目の優勝者は以下の通り

●男子サーティ:藤本貴史(丸善ク・東京)
●女子サーティ:河田佳子(H・P・C・大阪)
●男子フォーティ:原晃(東京電力・福島)
●女子フォーティ:大津絵美子(丸亀SC・香川)
●男子フィフティ:旅田和彦(坂出卓研・香川)
●女子フィフティ:鶴田昌枝(湘南ク・神奈川)
●男子ローシックスティ:上野晴人(トキワクラブ・東京)
●女子シックスティ:村川治子(大宮スカット・埼玉)
●男子ハイシックスティ:奥田昭和(代々木ク・東京)
●女子ハイシックスティ:池田章子(翡翠・大阪)
●男子ローセブンティ:澤田秀夫(ドンペリ・富山)
●女子ローセブンティ:原田哲子(柳友ク・山口)
●男子ハイセブンティ:利根川亘(白井マスターズ・千葉)
●女子ハイセブンティ:崔花子(練馬茜・東京)
●男子ローエイティ:関川知男(サンピア高崎・群馬)
●女子ローエイティ:大塚徳子(大阪ベテラン会・大阪)
●男子ハイエイティ:富田正男(小金井卓連・東京)
●女子ハイエイティ:松田きみ子(豊橋市愛豊ク・愛知)
 11月5日、国際卓球連盟が11月度の世界ランキングを発表した。今回発表になったランキングで、まず目を引くのは女子のランキング1位だ。李暁霞(中国)は今年に入ってから2位と3位を行ったり来たりの状態であったが、遂に今回自身初となる1位に輝いた。
 また、10月14日に本トピックスにてお伝えしたヨーロッパ選手権で活躍した選手が軒並みランキングを上げてきた。女子シングルスで並み居る強豪を連破し、見事優勝を勝ちとったパスカウスキーン(リトアニア)は前回から42位ランクを上昇させ50位に。その他の選手では、男子でベスト4に入ったガルドス(オーストリア 37→28位)、ベスト8のモンテイロ(ポルトガル 59→47位)、ルンクイスト(スウェーデン 60→48位)。女子では準優勝だったリュウジャ(オーストリア 24→14位)、ベスト8のポータ(ハンガリー 46位→39位)、ベスト4のタン・ウェンリン(イタリア 63→49位)などがランキングを大きく上昇させた。また、ヨーロッパ選手権ベスト4、オーストリアオープン準優勝のトート(ハンガリー)は42位から25位へとジャンプアップさせた。

 上位にランキングする日本選手のなかでは、オーストリアオープンで王越古(シンガポール)、Vi.パブロビッチ(ベラルーシ)を連破し、見事3位に入賞した樋浦令子(タイコウハウス)が、53位から45位にランクアップした。

卓球王国世界ランキングページはコチラ
 10月28日~11月2日、スウェーデンのヘルシンボリにてWJC(ワールドジュニアサーキット)・ファイナルと、カデットチャレンジが行われ、この大会で日本は5種目で優勝という好成績をおさめた。

 ジュニア男子シングルスでは丹羽孝希(青森山田中)が優勝。WJCではタヒチ大会で平野友樹に決勝で敗れ準優勝が最高成績だった丹羽が、ファイナルで初となる栄冠を手に入れた。
 ジュニア女子では藤井優子(四天王寺高)が森薗美咲(青森山田高)との決勝戦を制し優勝。ジュニアは日本が男女アベック優勝を飾った。
 カデット女子団体戦で日本は第1ステージを2位で通過すると、第2ステージではアジア、ヨーロッパを連破し優勝。女子シングルスでも谷岡あゆか(エリートアカデミー)は優勝。準決勝で同士討ちとなった鈴木李茄(エリートアカデミー)をフルセットの末退けると、決勝は李清韻(中国香港)を4-1で下した。また、谷岡は鈴木と組んだダブルスでも見事に優勝し、カデット種目3冠を達成した。

各種目の結果は以下の通り。

【ジュニア種目】
●男子シングルス:丹羽孝希(青森山田中)
●女子シングルス:藤井優子(四天王寺高) ※準優勝:森薗美咲(青森山田高) 

【カデット種目】
●男子団体:ヨーロッパ
●女子団体:日本
●男子シングルス:ロレンツ(フランス)
●女子シングルス:谷岡あゆか(エリートアカデミー)
●男子ダブルス:ゴジ/エバンス(フランス) ※準優勝:有延大夢/大塚大寛(野田学園中/エリートアカデミー)
●女子ダブルス:谷岡あゆか/鈴木李茄(エリートアカデミー) ※準優勝:佐藤優衣/前田美優(21クラブ/高瀬クラブ)
 10月29日~11月2日、オーストリアのザルツブルクにてERKEオーストリアオープンが行われた。プレミアム大会として位置づけられているため、男女団体・男女シングルスの4種目が行われ、日本勢は男子団体が準優勝、女子シングルスで樋浦令子(タイコウハウス)が3位に入る活躍をみせた。

 男子団体で準優勝に輝いた日本チームは、岸川聖也(スヴェンソン)、高木和卓(東京アート)、松平健太(青森山田高)のブンデスリーガー3人という布陣。1回戦でチェコを辛くも3-2で退けると、準々決勝はポーランドにストレート勝ちして準決勝進出。準決勝ではチャイニーズタイペイと対戦した。
 1番で高木和が江宏傑に、2番で松平が荘智淵に敗れて2-0と崖っぷちに立たされた日本だったが、3番ダブルスで岸川/松平が呉志祺/江宏傑をゲームオールで破ると、続く4番高木和も呉志祺をゲームオールで下して、2-2のタイに。ラストは岸川vs.荘智淵のエース対決となった。格上の荘智淵に対し、1ゲーム目を14-13のデュースで奪った岸川は、2ゲーム目を奪われるものの、3・4ゲームをともに8本で取り、荘智淵に勝利。団体戦に強い岸川が、日本を決勝へと導いた。決勝ではオーストリアにストレートで敗れてしまったが、大健闘の準優勝といえるだろう。

 日本女子は樋浦のみの参戦だったため、シングルスのみの出場となったが、そのシングルスでは3回戦で王越古(シンガポール)、準々決勝でVi.パブロビッチ(ベラルーシ)を破って3位入賞。準決勝ではベテラン・トート(ハンガリー)にうまくいなされてしまったが、こちらも大健闘の3位だ。
 なお、男子は岸川の3回戦進出が最高。3回戦では、団体戦で勝利していた荘智淵に競り合いながらも1-4で敗れた。

各種目の優勝者は以下の通り

●男子団体:オーストリア
●女子団体:ハンガリー
●男子シングルス:ボル(ドイツ)
●女子シングルス:リー・チェン(ポーランド)
 昨年、福原愛選手以来12年ぶりとなる小学1年生での全日本選手権バンビの部(小学2年生以下)優勝。今年はカブの部(小学4年生以下)で2年生ながら見事決勝に進出し、準優勝に輝いた平野美宇ちゃん(平野卓研)が2つのメディアに登場。

 1つ目は10月18日に発売された雑誌「プレジデントファミリー」12月号(プレジデント社発行)。「子供を元気にする。親も元気になる」をテーマに、子供の教育を中心に豊かなライフスタイルを提案する。12月号では巻頭で8ページに渡り平野美宇ちゃんを特集。美宇ちゃんの誕生、卓球との出会いから現在までを両親のコメントをもとに紹介。美宇ちゃんは12月号の表紙も飾っている! 気になる方は全国の書店にてお買い求め下さい。

プレジデント社公式HP:http://www.president.co.jp/

 2つ目はテレビ。TBS系で好評放送中の「ひみつのアラシちゃん!」の10月30日(木)放送回に妹の世和ちゃんと揃って出演。コチラの情報は卓球王国テレビ情報をご覧下さい。

テレビ情報ページはコチラ