卓球王国10月号 好評発売中!
Tリーグ応援サイト 開設 !!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 アルゼンチン・ブエノスアイレスで行われている第3回ユース五輪・卓球競技。10月10日に男女シングルス決勝が行われ、張本智和(JOCエリートアカデミー)は王楚欽(中国)に1ー4で敗れ、準優勝。平野美宇(日本生命)も孫穎莎(中国)に1ー4で敗れ、ともに銀メダルとなった。男女シングルス、準決勝以上の記録は下記のとおり。

●男子シングルス準決勝
張本智和 ー6、11、12、4、ー9、ー5、6 林昀儒(チャイニーズタイペイ)
王楚欽(中国) 7、7、5、4 ジャー(アメリカ)
●3位決定戦
ジャー ー6、7、11、3、ー8、ー4、9 林昀儒
●決勝
王楚欽 8、ー5、1、11、9 張本智和

●女子シングルス準決勝
平野美宇 2、7、5、2 ドラゴマン(ルーマニア)
孫穎莎(中国) 3、7、6、ー1、5 カマス(インド)
●3位決定戦
ドラゴマン ー8、11、9、5、9 カマス
●決勝
孫穎莎 11、ー9、9、9、6 平野美宇

 張本は準決勝でチャイニーズタイペイの「天才児」、林昀儒にゲームオールで勝利。決勝で、ともに優勝候補の双璧を成す王楚欽と対戦した。張本は第2ゲームを奪うものの、左腕の王楚欽のコースと回転の読みにくいサービスに苦戦。中国選手独特の初速の速いサービスで、ロングサービスをうまく混ぜられ、なかなかチキータで狙い打てない。一方、王楚欽はフォア前からの強烈なチキータを随所に見せながら、両ハンドの快速カウンターを次々に決めた。

 まだ体の線は細い王楚欽だが、中国代表にデビューした頃から体の使い方のうまさ、柔らかさは光っており、スイングスピードは抜群に速い。台から下がってのラリー戦になれば互角以上に勝負できた張本だが、サービス・レシーブで優位に立てなかった。銀メダルは立派な成績だが、もちろん本人は満足していないだろう。

 平野は準決勝でドラゴマンを一蹴し、こちらも決勝での対戦が確実視されていた孫穎莎と激突。ゲームカウント1ー1の3ゲーム目は6ー3、4ゲーム目は5ー2と序盤でリードを奪い、十分にチャンスはあっただけに惜しまれる。平野のサービスはよく効いていたが、孫穎莎はバック対バックのラリーで緩急を交えながら粘り強く戦い、要所で思い切りの良いパワードライブを決めた。

 日本は大会後半の混合団体で、金メダル獲得に挑むことになる。混合団体は1番女子シングルス、2番男子シングルス、3番混合ダブルスの2単1複(5ゲームズマッチ)。張本、平野、混合団体で中国にリベンジだ!

※写真提供:レミー・グロス/ITTF
  • 張本は3歳年上の王楚欽に敗れ、銀メダル。写真は準決勝でのプレー

  • 平野、サービスはよく効いていたが、惜しくも銀メダル

  • 王楚欽のバックのカウンターは脅威だった

  • 粘り強い戦いぶりを見せた孫穎莎

  • 男子シングルス表彰。アメリカのジャー(右端)がうれしい銅メダル

  • 女子シングルス表彰。銅メダルはドラゴマン(右端)

 広島県東広島市に拠点を置く株式会社ATHERでは、卓球事業強化のため卓球の指導ができる人、また一般の人やスポーツ選手のトレーニング指導のサポートができる人を募集している。11月3日に会社説明会があるので、興味のある人はぜひ参加してみよう。まずは、HPにアクセス! (電話、メールでも申し込みは可能)
 ちなみに、株式会社ATHERのオーナーは、現在、日本卓球協会競技者育成委員で、マッサーを務めていた米澤和洋氏。日本スポーツ協会公認アスレチックトレーナーでありNSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト、NSCA認定パーソナルトレーナーの資格を持つ。

web:http://ather-sports.com
株式会社ATHER
739-0047 広島県東広島市西条下見5-1-24 ラポールこうのす102
TEL (082)424-8172 (担当:藤田,蘇武,米澤)
mail: info@ather-sports.com
 いよいよ卓球の新リーグ「Tリーグ」が10月24・25日に東京の両国国技館で開幕する。男女合わせて、現世界ランキングでトップ10の選手が7人も参戦する、文字通り世界最高峰のリーグの誕生だ。

 9月23日に水谷隼が自ら監修したDVDの発売記念サイン会にTリーグの松下浩二チェアマンも参加し、70名ほどのお客さんにTリーグをアピールした。このように地道なプロモーションにもチェアマン自ら足を運んでいた。
 五輪メダリストの水谷隼はこのTリーグを代表する「選手の顔」である。「日本でのプロリーグは楽しみにしていた。心待ちにしていたリーグの誕生です。ようやく実現されることがうれしいですね」と期待に胸を膨らませている。

 一方、Tリーグの「組織の顔」は松下浩二である。
 2017年3月に組織ができたが、その前のインタビューで、「18年秋のスタートは時間がなさ過ぎではないか」と質問をぶつけると、当時の松下はこう答えた。
 「スタートする時期を延ばしても同じです。人間、明日必ずやらなければいけないと思えば、今日始めるじゃないですか。あえてスケジュールをタイトにして優先順位を一番に持ってこなければいけない。だから、ゴールを決めて、そこに到達するためのスケジュールを決めたいと思っています」

 しかし、現実的に、テレビでの放映やネットでのストリーミングの権利問題、スポンサー獲得の問題、そして参加チームの募集は難航を極めた。途中でこのプロジェクトを投げ出したくなる衝動に襲われたのは一度や二度ではないだろう。
 Bリーグなどと違うのは、女子の日本生命レッドエルフ以外は、既存のクラブチームもなく、ほぼゼロからのチーム作りが始まったことだ。
 
 泣いても笑っても無茶な開幕と言われた10月24日はやってくる。松下浩二は「卓球新リーグ」を告げ、水谷隼がコート上で舞い、観客を魅了するだろう。
 だが、それは卓球の新しい時代の最初の一歩にしか過ぎない。本格的なリーグ作りはこれから始まるのだ。 (今野)
---------------------------------------------------
Tリーグチケット情報

Tリーグオフィシャルサイト チケットページ
(Tリーグ会員の登録(無料)が必要)
https://tleague.jp/ticket/
---------------------------------------------------
一般販売
(Tリーグ会員なしで購入を希望される方)

■ローソンチケット
インターネット予約: http://l-tike.com/sports/tleague
電話予約: 0570-000-732 (10:00~20:00/オペレーター対応)
店頭販売: ローソン・ミニストップ店頭「Loppi」

■e+(イープラス)
・インターネット予約:http://eplus.jp/tleague/
・店頭販売:ファミリーマート店内設置「Famiポート」

■CNプレイガイド
・インターネット予約:http://www.cnplayguide.com/tabletennis/
・電話予約:0570-08-9999(10:00~18:00/オペレーター対応)
・店頭販売:セブンイレブン店内設置「マルチコピー機」、ファミリーマート店内設置「Famiポート」

■チケットお問い合わせ窓口
0570-000-732
※10:00~20:00 オペレーター対応
  • 日本の卓球界を代表する顔。右は松下浩二、左が水谷隼

 ヨーロッパトップ16で優勝し、昨年のT2 APACのシングルスで優勝し、脚光を浴びているルーマニアのスッチ(23)。美人プレーヤーとしても有名だ。
 今週、卓球のメーカーのティバー社、三英社、卓球王国との共同イベントのために来日し、日本の卓球ファンをその美貌で魅了した。

 日本がTリーグで盛り上がっているのは知っていて、月刊卓球王国の最新号の表紙に同じルーマニアのサマラ(世界ランキング17位)がいるのを見つけ、指さしながら「本当は私がここにいたかった」と打ち明けた。

 「半年以上前かしら、Tリーグの関係者からメールをもらい、打ち合わせまでしてTリーグでプレーすることを考えていたんだけど、ある日からプツッと連絡がなくなった。驚いたし、とても残念だった」
 同僚のサマラはTOP名古屋に加入したのだが、この美人プレーヤーにその後、声がかかることはなかった。現在、兄もプレーをしているドイツのブレーメンで練習を続け、試合の時だけフランスリーグに駆けつける形を取っているが、練習環境や試合のレベルを考えればスッチにとってTリーグは憧れの場所でもある。

「大好きな日本でプレーしたい!」と美人選手はラブコール
 
 チャンスがあればTリーグに参戦したいか、と聞くと「もちろんよ。日本は大好きな国だし、日本のファンも好き。Tリーグでプレーすることは自分の夢でもあり、目標なんです」と熱く語るスッチ。
「ヨーロッパの選手が日本に住むのは大変かもしれないけど、日本なら大丈夫だと思う。今私は世界ランキング24位なので、20位以内に入って、早くトップ10に近づきたい。もちろん東京五輪は大きな目標です」

 ヨーロッパの女子の卓球選手は、プロフェッショナルとしてプレーを続けていくことは相当に難しい。男子は職業としての卓球選手が成り立つが、女子は長く続けることが難しく、さらに中国からの帰化選手も多いためにプロリーグである程度の報酬を得るのは容易ではない。
 一方、アジアでは中国でも日本でも女子選手がCMに使われたり、スポンサーが多くつくなど、ヨーロッパでは考えられない逆転現象が現実としてある。特に卓球では福原愛、石川佳純、伊藤美誠、平野美宇クラスになると、男子以上にスポンサーがつく。

 その美貌だけでなく、卓球の強さでもスッチはTリーグでプレーするに値する選手と言えるだろう。彼女自身のTリーグへのラブコールに応えるチームが現れれば、日本のファンはその美しい姿を見ることができるのだが……。 (今野)
  • 美人の誉れ高きスッチ

  • ティバー・三英・卓球王国の共同イベントでのスッチとサムソノフ

 リオ五輪でオフチャロフ(ドイツ・ロンドン五輪メダリスト)を破り、準決勝に進出。メダル決定戦では日本の水谷隼に敗れたものの、40歳という年齢ながら最高のパフォーマンスを見せたブラディミル・サムソノフ(ベラルーシ)が、女子のヨーロッパトップ16優勝者のベルナデッテ・スッチ(ルーマニア)とともに、昨日、東京・渋谷(渋谷卓球倶楽部)で行われたティバー・三英・卓球王国の共同イベントに参加した。

 これが彼の人間性なのだろう。
 日本の卓球ファンに対して、笑顔でボールを打ち合い、気軽にサインをして、カメラに収まっていた。「こういうイベントはヨーロッパにもあまりないし、ぼくの好きな日本でファンとこれだけ触れあったことはない。楽しい体験だね。このイベントを見ただけでも日本での卓球人気がわかるよ」とコメントしつつ、「今卓球の人気はどのくらいあるんだろ?」「テレビにも卓球はよく出るの?」と質問をしてきた。日本の卓球事情に興味津々だった。

かつてチームメイトだった松下浩二にエールを送る

 Tリーグの松下浩二チェアマンとは、1998年から同じドイツのボルシア・デュッセルドルフのクラブで一緒にプレーし、ヨーロッパチャンピオンズリーグで優勝カップをともに掲げた仲だ。また昨シーズンまでは水谷隼とロシアリーグのオレンブルグでチームメイトとしてプレーしている。
「(松下)コウジは頑張ってるよね。ヨーロッパの選手にとっても日本のTリーグは興味深いリーグだし、みんなが注目している。ぼくが出るかどうか? もちろんリーグには興味はあるよ。フル参戦は難しいかもしれないけど、日本は好きな国だからチャンスがあれば嬉しい」「アジア、とりわけ中国と日本は卓球人気が高いし、世界の中でも注目すべき国になっている。Tリーグはヨーロッパを刺激すると思うよ。それによって世界の卓球界が発展していったら嬉しいね」と語った。

 1993年世界選手権に16歳でデビューし、いきなりベスト16まで進み、「天才サムソノフ」と呼ばれた。1996年にはアトランタ五輪に初出場し、準々決勝で中国の王涛と対戦し、停電による2度の中断がなければ、ひょっとしたら……という大激戦を演じた。その後、1997年世界選手権では4人の中国選手を連破し、決勝に進出したが、もう一人の天才、ワルドナー(スウェーデン)に敗れた。ヨーロッパ選手権では3度、チャンピオンに輝いている。まさに生けるレジェンド。
 2000年の世界選手権では、心臓病に苦しむ子どもの新聞記事を読み、病院を訪れ、お金を寄付するなど、慈善活動も行っている。

 低迷するヨーロッパの卓球を憂慮しながら、世界の卓球の発展に目を向けるサムソノフは、松下浩二チェアマンとTリーグを気にかけていた。
 そして最後に「好きな日本で行われる東京五輪に出場することが今の目標だよ。そしてそれがぼくの最後の国際大会になるかもしれない」と語った。 (今野)
  • リオ五輪でオフチャロフに勝った時のサムソノフ

  • ティバー×三英×卓球王国のイベントでのサムソノフとスッチ

 Tリーグ男子の岡山リベッツに韓国の張禹珍が加入することが発表された。すでに岡山は2017年世界3位の韓国の李尚洙に、日本の上田仁、吉田雅己、森薗政崇、吉村和弘を登録。張禹珍の加入で層が一段と厚くなった。

 張禹珍は1995年9月生まれの23歳。ロングサービスからの両ハンドドライブの超攻撃型卓球。2018年世界団体では、日本戦の3番で当時世界ランク14位の松平健太を破り、チームの勝利に貢献した。
 13年には世界ジュニアで優勝、今年の韓国オープンでシングルス・ダブルス・混合ダブルスで優勝した。10月現在の世界ランキングは20位。
  • 岡山リベッツに加入する張禹珍

 10月24日に男子、25日に女子の開幕戦を迎える卓球の新リーグ、Tリーグ。日本男子のすべてのトップ選手、女子では平野美宇、早田ひな、そして石川佳純が参戦を発表した。
 唯一、世界選手権の日本代表クラスでTリーグへの参戦を表明していなかった伊藤美誠(リオ五輪メダリスト・全日本チャンピオン)が「参戦を見送る」ことを今日、所属先のスターツがマスコミにリリースした。

伊藤美誠選手のコメント
「いつもたくさんの応援、ありがとうございます。Tリーグ開幕にあたり、参戦要請をいただいたことはとても嬉しく、大変光栄に思っています。参戦に関してはとても悩みましたが、私は小学生からの夢『オリンピックで金メダル』を実現させるため、またこれまで私を育ててくださった卓球界へ恩返しするためにも、2020年の東京オリンピックで金メダルという結果を出すことが一番と考え、それまでの限られた時間を強化に専念すると決めました。この決断をご理解いただき、あたたく見守り応援してくださる日本卓球協会様、そしてスポンサー各社の皆様にも大変感謝しています。Tリーグ発足は卓球界にとって新たな一歩で、私も大変嬉しく思っています。近い将来、私もTリーグに参戦させてもらう機会がありましたら、皆様に私のプレーを見ていただきたいと思います。
  いよいよ、年明けから東京五輪の選考レースが始まります。応援してくださる皆様の期待に応えるためにも、自分らしく頑張ります。これからも応援よろしくお願いします」

 本人のコメントではオリンピックでの金メダルを実現に向けて強化に専念するため、年明けから始まる五輪選考レースで頑張るため、という理由が挙げられている。
 ただ、五輪への出場やメダル獲得というのは、同じく選考レースを戦っていく石川佳純や平野美宇なども同じ状況。石川佳純はTリーグへの参戦は「自分が強くなるため」と位置づけながら、「卓球ファンや一般の方に卓球の面白さを見てほしい」という卓球界への貢献も口している。ネットなどでは伊藤美誠がTリーグに出ないのはおかしい、という声が挙がっており、今回そういったネガティブな声に応える形のプレスリリースとなった。

 これでようやくTリーグに参加するトップ選手が決まった。五輪選考レースはともかく、このTリーグは5年後、10年後の卓球界を形成していく大事な新リーグになっていくことを考えれば、まずはこのリーグのスタートダッシュに注目していきたい。
 そしていつの日か、伊藤がTリーグに参戦する日が来ることを卓球ファンは待っている。 (今野)
  • Tリーグ参戦見送りを決めた全日本チャンピオンの伊藤美誠

 体育の日の10月8日、東京・渋谷で心温まるイベントが開催された。
 卓球王国誌上で紹介した、「ティバー×三英×卓球王国」三社共同企画の卓球イベントだ。
 なんと言っても目玉は、ティバー契約選手であり、世界で活躍するサムソノフ選手(ベラルーシ)&スッチ選手(ルーマニア)と球を打ち合うことが出来るというもの。これは予め抽選で当たった人にだけ与えられた特権だったが、実際に彼らと2分間のラリーを経験した参加者は、皆、頰を紅潮させ、夢のような体験に大満足の様子だった。

 そしてもうひとつ、三英とTIBHAR製品の用具提供契約を結んでいるリコー卓球部リコー卓球部のイケメン6名を相手にティバー製品の試打が出来るというスペシャルなコーナーも大人気! 常に長蛇の列が出来たが、3台の卓球台を使い、ひとり2分という制限時間が設けられているため、すぐに自分の番が回ってくる。参加者の中には、製品や相手の選手を変えて体験できるため、何度も列に並ぶ人も多かった。

 最後に行われた大抽選会では、ティバー本社の社長・ローランド氏やサムソノフ&スッチ選手からの提供品もあり、彼らとのジャンケンに勝った人がプレゼントしてもらえるという趣向。日本語で「ジャン! ケン! ポン!」と発しながら会場の全員とジャンケンをする姿はなんとも微笑ましいものだった。

 参加者に感想を聞くと、口々に「楽しかった!」「来て良かった」「トップ選手の球が打てて夢のようだった」と話してくれた。閉会式の挨拶で弊誌・今野編集長が「卓球イベントは数々あれど、こんなに国際色豊かで、国際的なトップ選手と一般参加者が密着したイベントも珍しい」と話したように、この日参加した卓球ファンにとって特別な1日になったことは間違いない。

※この模様は。10月20日(土)発売の卓球王国12月号に掲載します。お楽しみに。
  • サムソノフとスッチによる、スペシャルラリーにギャラリー釘付け

  • サムソノフのサービスを受ける幸運な参加者

  • 本誌でもお馴染みの渡辺貴史氏も当選。スッチと2分間ラリー!

  • 試打をしてくれる相手が、リコー選手!スペシャル感100%

 11月3日(土)、東京・お台場にある宿泊もできる温泉テーマパーク「大江戸温泉物語」において、『大江戸温泉卓球杯』の開催が決定。現在、エントリーを受付中だ。

 「大江戸温泉杯」は、卓球スクールを展開する㈱タクティブ(本部:東京都港区、代表取締役社長:佐藤司)と、大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ㈱(本社:東京都中央区、代表取締役:森田満昌)と共同で開催。独自のルールを採用し、いつもの卓球とはひと味もふた味も違う楽しさを味わえる大会となりそうだ。【独自ルール:①ユニフォームは浴衣②会場は宴会場の畳③ダブルスは交互に打つ必要なし④7点先取3ゲーム制⑤ラケットは、専用のラバーなし日本式ペンラケット】

 参加費はひとり5,500円(施設入館料込み/1ドリンク付き)

 温泉も卓球も存分に楽しめるイベント、興味のある方は以下からエントリーをしよう。


■「大江戸温泉杯」概要
日時:2018年11月3日(土) 11:00-20:00(時間は変更の可能性があります。)
会場:東京お台場大江戸温泉物語(東京都江東区青海2丁目6番3号)
応募資格:2人1組※男女混合チーム可※企業チームとしての参加可
参加費:5,500円/1名(大江戸温泉入館料(2,580円程度)含む、アルコール・ソフトドリンク1杯無料券付)
エントリー方法:https://www.t-plus.life/event/998
(サイトよりエントリーをお願いいたします。)
※エントリー上限数になりしだい、エントリーを締め切ります。エントリーはお早めにお願いします。

賞品:
・優勝:熱海温泉あたみ(大江戸温泉物語グループ)ペア宿泊券
・準優勝:お台場大江戸温泉物語ペア入場券&館内利用券5,000円分
・2位ブロック〜4位ブロックの優勝:アルコール・ソフトドリンク1杯無料券
 最後の最後に大物がTリーグ入りを決めた。これから2019年12月までは世界ランキングが関係してくるワールドツアーが石川佳純選手にとって最も重要な試合となる。そして、2020年1月発表の国際卓球連盟(ITTF)の世界ランキングで日本人の上位2名に入れば、東京五輪のシングルス枠に入ることがほぼ確定する。

 日本女子は10月現在、4位の石川、8位の伊藤美誠、9位の平野美宇が僅差の状態。その下には14位の佐藤瞳もいる。これからの1年3カ月間が重要で、ツアーでのシード権を維持することもコンスタントにツアーで上位に入るためには大切だ。

 卓球王国としてはTリーグ参戦を前提にすでに写真撮影と取材を行っていたが、正式発表まで待っていた。
 取材の際に「Tリーグでの私の仕事は高いレベルのプレーを観客にお見せすることです。さらに、一般の人も卓球の試合、Tリーグの試合を気軽に観に行こうと思ってもらえるようなアピールをしたいですね。私自身はプロ選手として持っている力を最大限発揮して、『卓球が面白い!』という熱気を伝えられたらうれしいですね。もちろん、1年目は全力で優勝を狙います」と石川はコメントをしている。

 石川のTリーグでのフル参戦はないだろうが、彼女の中にはTリーグに参戦しないでワールドツアーだけに専念する選択肢もあったはずだ。だが、そこで日本のエースはあえて決断した。
「自分がリーグ参戦を決断したのは、自分のレベルアップにつながること、また日本でプレーできるので、卓球ファンにも、また卓球を見たことがない人にも,卓球を生で観てもらう良い機会になると思ったからです」(石川)

 準備不足が否めないTリーグに対して懐疑的な目を向ける関係者は多い。しかし、「何もやらない人が松下(チェアマン)やリーグを批判することで何が生まれるのだろう」という声もある。
 開幕まであと20日と迫ったTリーグ。日本のエース、石川佳純は「自身が強くなるために」、そして「日本の卓球界」のために「T参戦」の行動に移した。(今野)