卓球王国7月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 全中団体戦は準々決勝までが終了。男子は6連覇を目指した愛工大名電がトーナメント1回戦で敗れる波瀾。昨日劇的勝利を収めた明豊が王者をストレートで撃破した。

★男子団体1回戦
<明豊 3-0 愛工大名電>
○田原 -6、9、5、-8、9 濱田
○門脇 9、-6、10、6 谷垣
○坂本・高橋己 -7、-10、3、3、6 岡野・加山
 木塚 ー 篠塚
 高橋希 ー 鈴木

 明豊はトップでエースの田原が濱田をフルゲームで下すと、昨日の野田学園戦でも勝利した門脇が谷垣を下す殊勲の勝利。一気に王手をかけると、坂本・高橋拓己の1年生ダブルスが0-2とゲームをリードされながら大逆転勝利。昨日は同じく1年生の木塚がラストで勝利したが、今日も1年生が大仕事をやってのけた。明豊は続く尾久八幡(東京)も寄せ付けずに準決勝進出。この勢いで14年ぶりの優勝なるか。
 愛工大名電はまさかのストレート負けに意気消沈。ダブルスでリードを奪い、同時進行の4番・篠塚が木塚に圧勝して追い上げムードだったが、明豊のガッツに飲まれたか。現在、シングルスがスタートしているが、9名が出場する愛工大名電。シングルスでのタイトルは逃すわけには行かないだろう。


【男子準々決勝】
・安田学園(東京) 3-0 江別中央(北海道)
・中間東(福岡) 3-0 浜松修学舎(静岡)
・実践学園(東京) 3-2 阪南(大阪)
・明豊(大分) 3-0 尾久八幡(東京)

【女子準々決勝】
・山陽女子(岡山) 3-2 大東(岩手)
・貝塚第二(大阪) 3-1 中間東(福岡)
・明徳義塾(高知) 3-1 郡山第二(福島)
・四天王寺(大阪) 3-0 就実(岡山)
  • 明豊の気合いが王者を飲み込む

  • 逆転勝利の坂本(左)・高橋己。今日も1年生がヒーローに

  • エースの田原も仕事を果たす

  • 観客席も狂喜乱舞

  • 敗戦に肩を落とす3年生。個人戦での巻き返しなるか

 8月24日、木下グループ(本社:東京/木下直哉・グループCEO)が、新たに同グループチームからのTリーグ参戦選手を発表した。木下マイスター東京(男子)の6人目の選手は、リオ五輪団体銀メダル、シングルス銅メダル獲得、全日本選手権9回優勝の水谷隼。

 すでに、張本智和、松平健太、大島祐哉、田添健汰・響兄弟というメンバーを揃えている木下マイスター東京。海外リーグでの経験も豊富で圧倒的な実力を誇る水谷選手の加入により、選手層はさらに厚くなった。日本の卓球界を牽引する水谷選手がTリーグでどんなプレーを見せてくれるのか、今から非常に楽しみだ。


■木下マイスター東京 公式ホームページ
https://kinoshita-meister.com/
 広島・グリーンアリーナにて全国中学校卓球大会、通称「全中」がスタート。昨日は開会式、今日は男女団体の予選リーグが行われ、明日の決勝トーナメント進出チームと組み合わせが決定。台風20号の影響も心配されたが、今のところ予定どおりの日程で進行している。抽選で決定した組み合わせは下記のとおり。

【男子決勝トーナメント】
★1回戦
・出雲北陵(島根)vs.安田学園(東京)
・中間東(福岡)vs.明徳義塾(高知)
・鴨宮(神奈川)vs.浜松修学舎(静岡)
・阪南(大阪)vs.松徳学院(島根)
・愛工大名電(愛知)vs.明豊(大分)
★2回戦(準々決勝)
・江別中央(北海道)vs.(出雲北陵vs.安田学園の勝者)
・(中間東vs.明徳義塾の勝者)vs.(鴨宮vs.浜松修学舎の勝者)
・実践学園(東京)vs.(阪南vs.松徳学院の勝者)
・尾久八幡(東京)vs.(愛工大名電vs.明豊の勝者)

【女子決勝トーナメント】
★1回戦
・浜松修学舎(静岡)vs.山陽女子(岡山)
・益田(島根)vs.中間東(福岡)
・貝塚第二(大阪)vs.土佐女子(高知)
・郡山第二(福島)vs.日南学園(宮崎)
・大東(福井)vs.四天王寺(大阪)
★2回戦(準々決勝)
・大東(岩手)vs.(浜松修学舎vs.山陽女子の勝者)
・(益田vs.中間東の勝者)vs.(貝塚第二vs.土佐女子の勝者)
・明徳義塾(高知)vs.(郡山第二vs.日南学園の勝者)
・就実(岡山)vs.(大東vs.四天王寺の勝者)

 本日の男子予選リーグで大激戦となったのがグループAの明豊(大分)vs野田学園(山口)の対決。5試合中4試合がフルゲームにもつれた死闘の末に明豊が3-2で勝利し決勝トーナメント進出を決めた。  
 ダブルスを競り勝ち2-1とリードを奪った野田学園だが、4番の飯村がフルゲーム9本で門脇に逆転負け。5番は明豊が木塚、野田学園が三木という1年生同士の対決に。2-1と三木がゲームをリードしたが4ゲーム目を9本で落とし、最終ゲームも一時は6−9までリードするも9-9に追いつかれる。次の1本を奪い三木がマッチポイントを握ったが、ここから木塚が3本連取で逆転勝利。カットだけでなくブロックやカウンター、ロビングを織り交ぜた独創プレーの1年生カットマン・木塚が大仕事をやってのけた。
 6連覇を目指す愛工大名電(愛知・昨年度までは愛工大附属)はベンチ入り8人全員を使いながら予選2試合とも5-0で勝利。1試合目の日吉(愛媛)戦ではゲームを落とすなどやや精細を欠いた感があるが、ここから徐々にエンジンがかかってくるか。愛工大名電、明日のトーナメント1回戦の相手は勢いに乗る明豊だ。
 決勝トーナメント1回戦のカードでは中間東(福岡)対明徳義塾(高知)の対戦にも注目が集まる。

 女子は上位常連の横浜隼人(神奈川)が大東(福井)に、武蔵野(東京)が郡山第二(福島)に敗れて予選敗退。連覇がかかる四天王寺(大阪)、今春の選抜を制した明徳義塾(高知)のほか、注目は貝塚第二(大阪)。赤江、由本らジュニアアシストアカデミーで腕を磨く選手が揃っており、予選リーグでは期待の大型カットマン・大久保を擁する札幌大谷を下してトーナメントへ勝ち上がった。

●詳細な記録はこちら
http://zenchu-hiroshima-takkyu.jp

 大会3日目の明日は団体戦が決勝まで、シングルスは2回戦までが行われる。
  • ど根性の明豊が激闘を制する!

  • 小柄な1年生チョッパー・木塚が今日のヒーロー

  • 三木、マッチポイントを握るも逆転負け

  • 4試合がフルゲームの熱戦。野田学園、恥じる負けではない

  • 昨年のホープス王者・中村は愛工大名電に入学

  • 連覇を目指す四天王寺も快勝。写真は菅澤

  • 安田学園は初の予選通過。「ビギナーズTac」技術モデルの伊藤は圧巻のプレー

  • 春夏連覇を狙う明徳義塾も好発進

  • 健闘を見せている鴨宮。2試合連続で接戦をモノにした

  • 旋風を巻き起こすか貝塚第二。写真は大久保を破った東川

 今、日本のスポーツ界とメディアはアジア競技大会に目が向いている。まるで、それが来る2020年東京五輪の前哨戦であるかのように。
 ところが、東京五輪でメダルが有望視される卓球は、全日本チャンピオンの張本智和(JOCエリートアカデミー)、伊藤美誠(スターツSC)、五輪メダリストの石川佳純(全農)、丹羽孝希(スヴェンソン)、吉村真晴(名古屋ダイハツ)、さらに大島祐哉(木下グループ)、平野美宇(日本生命)、早田ひな(日本生命)という日本代表クラスがアジア競技大会ではなく、ITTF(国際卓球連盟)ワールドツアーのチェコオープンに出場するという卓球界でも過去に例のない状況になっている。
 水谷隼(木下グループ)は8月に鼻の手術をしているために国際大会を回避した。アジア競技大会に上田仁、吉田雅己(ともに岡山リベッツ)、加藤美優(日本ペイントHD)などの日本代表が参戦しているが、「トップ選手を欠いているメンバー」と言われても仕方がないだろう。

 4年に一度の「アジアオリンピック」と言われるアジア競技大会は、各競技団体にとっては「オリンピック」「世界選手権」に次ぐ、重要な大会だ。卓球界でも、過去にアジア競技大会と別に2年に一度のアジア選手権が日程が近かったりすると、アジア競技大会に主力メンバーを送るのが慣例だった。
 それはアジア・オリンピック評議会(OCA)が主催し、JOC(日本オリンピック委員会)が選手派遣する大会だからだ。そこでのメダル獲得数は、各競技団体への評価にもつながる。

 ところが、卓球の男女ナショナルチームの主力選手はアジア大会ではなく、同じ時期に開かれるチェコオープンに主力が参加することになった。チェコオープンはワールドツアー最上位のプラチナ大会ではなく、レギュラー大会である。その大会に日本のトップ選手がエントリーし、かつ男女の全日本監督も同行する。スタッフと選手(自費参加を含む)を入れると総勢63名がチェコに入る。
 まるで世界選手権並みの選手、スタッフが現地入りするのには理由がある。
 ITTFが設定した新しい世界ランキングのランキングポイントの格付けにおいて、チェコオープンでもし優勝すると1800点が獲得できるが、アジア大会は格付けが低く、優勝しても1050点にしかならない。これはチェコオープンのベスト16(1080点)とほぼ同じ。世界ランキングだけを考えれば、アジア大会で優勝するよりはチェコでベスト16に入るほうがはるかに難易度が低い。
 
 つまり、日本はアジア大会に選ばれる可能性のある選手も可能性がない選手も世界ランキングを優先して、チェコオープンを選んだと言える。協会もその選考に関しては強制権を行使しなかったのだろう。

 その背景には、当然のことながら2020年東京五輪の選手選考が大きく影響を与えている。ITTFは2020年1月の世界ランキングによって、その上位者を五輪に推薦出場させることを発表している。一国のシングルス枠は最大2名までで、団体戦(もしくは混合ダブルス)に出場できる3番目の選手は協会が決定するが、世界ランキングで3番目に付けた選手が選ばれる可能性は高い。
 シングルスの2名枠、そして団体メンバーを含めた3名の枠に入るべく、すでに日本のトップ選手間では熾烈な戦いが始まっているのだ。男子では張本・水谷・丹羽の3名に、松平健太、上田、吉村、大島などが続く。
 女子は、伊藤・石川・平野の3人に、佐藤瞳(ミキハウス)、早田、加藤、芝田沙希(ミキハウス)などが続く。もし代表の可能性が1%でもあれば、そこに挑もうと選手本人も母体チームも考えるからこそ、国際大会に出場し、ポイントを取りにいく。
 それはリオ五輪の代表選手が決まる1年前に世界ランキング90位、半年前に43位くらいでノーマークだった吉村真晴が最後の半年間で急激にランキングを上げ、3番目の選手に決まったという事例を目のあたりにしたことも関係しているのだろう。

 しかし、ちょっと考えてみよう。
 現在の世界ランキングの計算システムは新しくなり、過去1年間の中からポイントの高い8大会の合計で世界ランキングが決まる。2020年1月が最終決定とすると、2019年1月からの成績が重要視されるはず。それなのに、すでに18年8月のチェコオープンにこぞって日本選手は向かう。なぜなのだろう。
 これは来年1月からのワールドツアーを見据えて、各選手が少しでも世界ランキングの上位に付け、シードされるポジションにつこうとしているからだ。

 卓球の場合は、種目別や体重による階級があるわけではない。これだけ世界的に競技人口の多いスポーツであるにもかかわらず、一国から3名しか五輪に参加できない「超競争率の高いスポーツ」なのだ。
 すでに本気で五輪を狙う選手たちは胃の痛むような日々に突入している。
 それがアジア大会であろうが、ワールドツアーであろうが、彼らは目の前のランキングポイントを貪欲に狙いに行く。すでに五輪の代表選考レースは始まっている。リオ五輪でメダルを獲得した水谷、石川、伊藤であっても安閑とした時間を過ごせない。
 2020年8月の五輪本大会の前に、彼らが目指すゴールは2020年1月の世界ランキング発表の日なのだ。 (今野)
  • 全日本チャンピオンの伊藤美誠はチェコオープンにエントリー

  • ジャパンオープン優勝の張本智和もアジア大会ではなく、チェコに参戦

 すでにごぞんじの方も多いだろう。世界のカリスマ・サムソノフと美人プレーヤーのスッチがこの秋、来日! 彼らにリコー卓球部の面々を加えた豪華メンバーと、実際にボールを打ち合うことが出来るイベントが東京・渋谷で行われる。ただ今、参加者を募集中だ!

TIBHAR(ティバー)×三英×卓球王国 トリプル共同企画
●日時:10月8日(月・祝日)10:30~15:30(予定)
●場所:渋谷卓球倶楽部(東京都渋谷区) http://www.shibuyaest.co.jp/pingpong

 同日、同時間、同じ場所で2タイプのイベントが実施される。

【イベント★PART1】では、リオ五輪の公式卓球台「infinity」で「サムソノフ、スッチとラリーを体験したり、彼らと握手・記念撮影ができる。こちらは、ティバーのラバー(7種限定/詳しくは本誌10月号99ページもしくは下記URL参照)を1枚以上購入が応募条件。

【イベント★PART2】では、ティバー製品をリコー卓球部のメンバー相手に試打したり、彼らからアドバイスを受けることができる。PART1の様子も、自由に見学できる。さらに、我が編集部のグッズ担当・佐藤祐記者がティバー製品の解説を行う。PART2については、必要条件がなく、誰でも応募できる。

 イベントの最後には、サイン、限定グッズなどが当たる大抽選会が行われる。参加者の募集は9月9日まで。興味のある人は、今すぐ応募しよう!

http://www.sanei-net.co.jp/brand/tibhar/event/index.html
  • 世界のカリスマ・サムソノフ(ベラルーシ)

  • 女子力高い美人プレーヤーのスッチ(ルーマニア)

 木下グループ(本社・東京/木下直哉・グループCEO)が、Tリーグ参戦男女チームの5人目の選手を発表した

 男子チーム「木下マイスター東京」の5人目の選手は、田添響。専修大学卓球部のエースとして活躍中で、先日のインカレでは専修大学の優勝に大きく貢献。2017年にはドイツ・ブンデスリーグ2部で22勝3敗という好成績を収めており、兄・健汰とともに木下マイスター東京での活躍が期待される。

 そして女子チーム「木下アビエル神奈川」には、若手のホープ・中学2年生の木原美悠がエントリー。全日本選手権のバンビ・カブ・ホープス・カデット(13歳以下)の各部門で優勝。17年全中優勝。世界ジュニア選手権代表。先日のアジアジュニアでは女子ジュニアシングルス3位に入賞した。

■木下マイスター東京 公式ホームページ
https://kinoshita-meister.com/

■木下アビエル神奈川 公式ホームページ
https://kinoshita-abyell.com/
 8月13〜18日にミャンマー・ネピドーで開催されたアジアジュニア選手権大会。日本は男女あわせて銀メダル3個、銅メダル3個の計6個のメダルを獲得した。

 シングルス種目で唯一メダルを獲得したのが、女子ジュニアシングルスの木原美悠(JOCエリートアカデミー)。準決勝で銭天一(中国)にストレートで敗れたものの3位入賞を果たした。また、中国が唯一金メダルを逃したジュニア女子ダブルスでは相馬夢乃/小塩遥菜(遊学館高/JOCエリートアカデミー)のカットペアが決勝でシン・ユビン/ユ・ハンナ(韓国)に敗れたものの準優勝。準決勝では郭雨涵/張繽月(中国)ペアも破った。

 団体戦で日本はジュニアでは男子が3位、女子が2位、カデットでは男子が2位、女子が3位とそれぞれメダルを獲得した。
 今大会、やはり中国が圧倒的な強さを見せ11種目中10種目で金メダルを獲得。ジュニア男子シングルスではベスト4全てを独占する強さを見せた。

日本代表選手と大会記録は以下のとおり。

■ 日本代表選手
男子:宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)、戸上隼輔(野田学園高)・田中佑汰(愛工大名電高)、金光宏暢(大原学園)、篠塚大登(愛工大名電中)、濵田一輝(愛工大名電中)、原田春輝(中間東中)

女子:木原美悠(JOCエリートアカデミー)、相馬夢乃(遊学館高)、出雲美空(遊学館高)、野村萌(愛み大瑞穂高)、小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)、大久保ひかり(札幌大谷中)、赤江夏星(貝塚第二中)

■優勝記録&日本選手上位記録
●ジュニア男子シングルス優勝:向鵬(中国)
●ジュニア女子シングルス優勝:石洵瑶(中国) 3位:木原美悠 
●ジュニア男子ダブルス優勝:徐瑛彬/于何一(中国)
● ジュニア女子ダブルス優勝:シン・ユビン/ユ・ハンナ(韓国) 2位:相馬夢乃/小塩遥菜
●ジュニア混合ダブルス優勝:于何一/銭天一(中国)
●ジュニア男子団体優勝:中国 3位:日本(宇田、戸上、田中、金光)
●ジュニア女子団体優勝:中国 2位:日本(木原・相馬・出雲・野村) 
●カデット男子シングルス優勝:曾蓓勛(中国) 
●カデット女子シングルス優勝:蒯曼(中国)
● カデット男子団体優勝:中国 2位:日本(篠塚、濵田、原田)
● カデット女子団体優勝:中国 3位:日本(小塩、大久保、赤江)
 8月14〜19日にブルガリア・パナギュリシテでITTFワールドツアー・ブルガリアオープンが開催され、女子ダブルスで石川佳純/伊藤美誠(全農/スターツSC)が優勝、男子シングルスで松平健太(木下グループ)が準優勝を果たした。

 女子ダブルス、石川/伊藤は準決勝で早田ひな/平野美宇(日本生命)との同士打ちを逆転で制し、決勝に進出。決勝では劉高陽/張瑞(中国)に1ゲームを奪われるも、その後3ゲーム連取でタイトルを獲得。昨年の優勝に続き大会2連覇を達成した。

 男子シングルスでは松平は準々決勝で第1シードのオフチャロフ(ドイツ)を破った鄭培鋒(中国)とのゲームオールの接戦を制すると、準決勝では張本智和(JOCエリートアカデミー)を4-2で下し決勝へ。決勝では大島祐哉(木下グループ)、丹羽孝希(スヴェンソン)らを下して勝ち上がってきた許昕(中国)から1ゲームを奪うにとどまったが準優勝という結果を残した。

 また、女子シングルスの優勝は丁寧(中国)。王芸迪(中国)とのゲームオールとなった決勝を最終ゲーム2点で振り切り優勝を決めた。日本選手では佐藤瞳(ミキハウス)が3位入賞を果たしたものの王芸迪に、準々決勝では石川佳純が丁寧、平野美宇が劉高陽に、1回戦では伊藤美誠が王芸迪、早田ひなが劉曦にとそれぞれ中国選手の前に敗退。中国の壁の高さを実感する大会となった。

大会優勝者と日本選手の上位記録は以下のとおり。

■ブルガリアオープン記録
●男子シングルス優勝: 許昕(中国) 2位:松平健太 3位:張本智和
●女子シングルス優勝:丁寧(中国) 3位:佐藤瞳
● 男子ダブルス優勝:馬龍/許昕(中国) 2位:森薗政崇/大島祐哉
● 女子ダブルス優勝:石川佳純/伊藤美誠 3位:早田ひな/平野美宇、橋本帆乃香/佐藤瞳
●男子アンダー21優勝:林昀儒(チャイニーズタイペイ)
●女子アンダー21優勝:王芸迪(中国)
 8月14日からブルガリア・パナギュリシテで開催中のITTFワールドツアー・ブルガリアオープン。18日(土)と19日(日)の2日間、テレビ東京のウェブサイト(テレビ東京卓球チャンネル/YouTube)で大会の模様をライブストリーミング配信する。ぜひご覧ください。

■配信内容
8月18日(土) 16時〜 男女シングルス準々決勝・準決勝
8月19日(日) 18時〜 男女ダブルス決勝、男女シングルス決勝

※テレビ東京チャンネル(YouTube)で配信予定。時間は日本時間。
※配信時間、内容は試合状況により変更となる場合がありますので、予めご了承ください。

配信情報詳細↓
http://www.tv-tokyo.co.jp/tabletennis/2018/bulgaria_op/

テレビ東京卓球チャンネル↓
https://www.youtube.com/user/tabletennis/
 第36回全国ホープスは大会最終日を迎え、男子団体は岡山のT.Cマルカワ、女子団体は卓伸クラブが優勝を飾った。

 T.Cマルカワはツインエースの丸川と田畑を軸に、接戦になっても最後はきっちり締めて決勝進出。しかし、2台進行の決勝では、勢いに乗る川嶋ジュニアに前半2試合とも大接戦に持ち込まれる。しかし、トップ丸川がゲームオール9−10で先にマッチポイントを取られながら、3点連取で逆転して先制点。4番でも石山との打撃戦をゲームオールで制し、2点取りでチームに初の全国ホープスでのタイトルをもたらした。

 「2年前から今大会での優勝を目標に掲げてきたので、目標を達成できてうれしく思います。昨日のフェニックス卓球クラブ戦がひとつのヤマ。相手は常勝チームなので、そこに勝ててヤマを乗り越えられた。今回は息子がチームにいて、扱いが結構難しいんですけど、チームのキーになる選手だから、どれだけ乗せていけるかが大事だった。最後勝ってくれて最高でした」(丸川監督)

 一方、女子は名門・卓伸クラブが、意外にも女子では初のタイトル獲得。左シェーク異質攻撃型の伊藤が、決勝4番での面手とのエース対決で0−2から大逆転勝ち。序盤はバックの粒高面のボールを面手に狙い打たれたが、中盤から思い切って面手のフォアを突き、左右に大きく動かした。最後まであきらめず、集中力の高いプレーを見せた。

 「本当に優勝できてうれしいですね。まさか優勝できるとは思っていなかった。選手が一戦一戦頑張ってくれたおかげだと思います。まずはメダルを獲ろうと選手たちとは話をしていました。決勝トーナメントは厳しい試合の連続で、一つひとつの試合がヤマでした。決勝は4番で伊藤が面手選手に勝てたのが一番のポイント。伊藤は過去0勝3敗でしたが、思い切って当てにいきました」(橋本監督)

 大会の詳細な報道は9月21日発売の卓球王国11月号に掲載します。男女団体・準々決勝以降の記録は下記のとおり。

●男子団体準々決勝
21クラブ(三重) 3−2 アシュラ(愛知)
T.Cマルカワ(岡山) 3−2 育徳クラブ(大阪)
岸田クラブ(神奈川) 3−1 新発田ジュニア(新潟)
川嶋ジュニア(大阪) 3−1 卓伸クラブ(愛知)
●準決勝
T.Cマルカワ 3−1 21クラブ
川嶋ジュニア 3−2 岸田クラブ

●決勝
〈T.Cマルカワ 3−1 川嶋ジュニア〉
○丸川 −9、5、3、−7、10 登尾
 田畑 8、6、−9、−7、−8 石山○
○田畑/金光 8、7、8 登尾/竹島
○丸川 4、−5、7、−5、8 石山

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◎女子団体準々決勝
新発田ジュニア(新潟) 3−1 松山卓球教室A(愛媛)
T.Cマルカワ(岡山) 3−1 ニシダ・コハマ(兵庫)
糸魚川ジュニア(新潟) 3−0 ヴィスポことひら(香川)
卓伸クラブ(愛知) 3−2 卓桜会栃木卓球センター(栃木)
◎準決勝
T.Cマルカワ 3−1 新発田ジュニア
卓伸クラブ 3−0 糸魚川ジュニア

◎決勝
〈卓伸クラブ 3−1 T.Cマルカワ〉
○伊藤 5、3、2 小橋
 内藤 −7、−5、−10 面手○
○内藤/姚 12、−9、12、5 近藤/高森
○伊藤 −4、−7、7、3、9 面手
  • T.Cマルカワ、男子で全国ホープス初のタイトル!

  • 強打者揃いの川嶋ジュニアは2位。強烈なインパクトを残した

  • 卓伸クラブ、女子では意外にも初優勝

  • T.Cマルカワの女子は2位。史上初の男女アベックVは惜しくも成らず

  • 抜群の勝負強さで優勝に大きく貢献した丸川

  • 卓伸クラブの守護神となった伊藤