卓球王国1月号 好評発売中!
サイト内検索

速報・現地リポート

トップニュース速報・現地リポート

世界卓球蘇州大会WEB速報

●混合ダブルス決勝 
許シン/梁夏銀(中国/韓国) 7、8、4、6 吉村真晴/石川佳純(日本)

混合ダブルス決勝に挑んだ吉村/石川は銀メダル…!

許シン/梁夏銀は、左肩を傷めた影響が心配された許シンが、気合いの入ったプレー。シングルスで敗れたことで、この混合ダブルス決勝の重要度が増した部分もあるだろう。試合の序盤、許シンの回転量の多いフォアドライブに、吉村/石川はミスが多くなり、ペースをつかめなかった。
そして梁夏銀は一発の強打はないものの、吉村の変化サービスも手堅くレシーブ。昨日の準決勝でキム・ジョン(北朝鮮)がレシーブミスを連発していたが、梁夏銀のレシーブは安定していた。吉村/石川としては、1ー5のビハインドから5点連取で6ー5と逆転して第2ゲームを取りたかったが、許シンのフォアドライブにしてやられた。

それでも試合後のプレスカンファレンス(記者発表)で、吉村は世界中のメディアを前にこう語った。「この世界戦にむけて、自分でどうすればより良いプレーができるかを考えてきて、NT合宿がはじまって1カ月みっちり石川さんと練習してきた。今回38年ぶりに銀メダルがとれたのはすごくうれしく思いますし、この先の卓球人生にとってもターニングポイントになると思っています」。世界で活躍する石川も、個人戦では初のメダル。ここからふたりの、より一層の飛躍に期待しよう。
  • 世界選手権で堂々の銀メダル!

  • 表彰式では中国・韓国両方の国歌が流れた許シン/梁夏銀

●女子シングルス準々決勝
劉詩ウェン(中国) 3、-8、5、7、3  朱雨玲(中国)
木子(中国) 5、2、9、5 馮天薇(シンガポール)
丁寧(中国) 8、7、5、-7、-6、-8、8 武楊(中国)
李暁霞(中国) -9、-14、2、7、11、2  伊藤美誠(日本)

李暁霞から2ゲームを奪い、観客をどよめかせた伊藤美誠。第4ゲームは5ー2でリード、第5ゲームも10ー8、11ー10でゲームポイントを奪うなど、五輪女王をあと一歩というところまで追い詰めたが、及ばず……。

「李暁霞選手との試合が一番緊張しなかったです」と試合後に語った伊藤。アウェーの大観衆を前にしても堂々のプレー。バック表ソフトで多彩な球種を使い分け、フォアのスマッシュを合わせ打つ。中国の回転量の多いツッツキ、強烈なループドライブに対して、小柄でバック表ソフトの伊藤が、ここまで多彩で魅力的なプレーができる。世界の卓球関係者に、強烈なインパクトを残したはずだ。

試合後の伊藤のコメントがまたふるっている。「試合前はわくわくしてました。中国選手のとこまでいったら誰と当たるかなと思っていた。李暁霞選手と朱雨玲選手しかやったことがなかったので、他の人ともやってみたかった」。世界選手権の大舞台で、もっと中国選手とやりたかったと言うのだ。「美誠は試合の中で成長できる子」とベンチに入った松崎太佑コーチ。14歳のミマはまだまだ化けるのか。

伊藤の健闘は大いに光ったが、女子シングルスのベスト4は中国が独占。明日の準決勝の対戦カードは丁寧対木子、李暁霞対劉詩ウェンだ。
  • ミマ、世界に大きな足跡を残した

  • 第1ゲームから油断はなかった李暁霞

  • 同じ李隼コーチの門下生、李暁霞を見守る元世界女王・張怡寧

●女子シングルス準々決勝
木子(中国) 5、2、9、5 馮天薇(シンガポール)
劉詩ウェン(中国) 3、ー8、5、7、3 朱雨玲(中国)

女子シングルス準々決勝は、木子と劉詩ウェンが勝ち上がった。
大会序盤は硬さが見えた木子は、馮天薇に完勝。ゴリゴリの強打者というイメージが強かったが、その強打のイメージを利用して、バック表ソフトの連続攻撃やストップなど、細かいテクニックで得点を稼ぐ場面も目立つ。国際大会への出場は少ないが、試合経験の豊富さを感じさせた。馮天薇はいつものような闘志が感じられず。
劉詩ウェンは朱雨玲に完勝。よく似たスタイルのふたり、しかしピッチの早さで上回る劉詩ウェンが常に先手を取った。さあ、続いてはいよいよ伊藤美誠対李暁霞。


★明日の男子シングルス準々決勝の対戦カード ※試合時間は日本時間
15:00〜 馬龍(中国) vs. 唐鵬(香港)
16:00〜 フランチスカ(ドイツ) vs. 方博(中国)
17:00〜 ボル(ドイツ) vs. 樊振東(中国)
19:45〜 水谷隼(日本) vs. 張継科(中国)
  • 中国のライバル・馮天薇、ベスト8に終わる

  • 劉詩ウェン、同じスタイルの朱雨玲に完勝

●男子シングルス4回戦
水谷 ー8、7、7、ー8、3、3 ガオ・ニン(シンガポール)
唐鵬(香港) ー1、7、8、12、9 李尚洙(韓国)
ボル(ドイツ) 9、8、ー3、10、13 黄鎮廷(香港)
張継科(中国) 14、8、6、ー5、3 サムソノフ(ベラルーシ)

2回戦のカルデラノ(ブラジル)戦、3回戦の鄭栄植(韓国)戦と苦戦が続いていた水谷が、ようやく本来のリズムを取り戻した。ガオ・ニンを下し、11年ロッテルダム大会以来、2大会ぶりのベスト8進出。
バックハンドでの打球点の早いバックストレートへの攻守、そしてフォアストレートへの3球目強打を有効に使った水谷。要所では大柄なガオ・ニンのフォアミドルへ強打を打ち込み、試合の終盤はガオ・ニンを台の中央に釘付けにした。精密なプレーが持ち味のガオ・ニンだが、水谷の巧みな攻めに思考回路がショートしたか、5・6ゲーム目は完全に足が止まっていた。

「先月もガオ・ニンとやって3−0で勝っていたけど、序盤はその時とは別人のような卓球で結構危ないと感じた。その中でサービス、レシーブを変えて自分のペースにしました」と試合後の水谷。「やっとスタート地点に立った気持ちです。世界ランキング5位だし、準々決勝で(張継科戦)やっと格上の選手と当たる。これからが本当の勝負です。大事なのはサービス、レシーブ。それで先手を取れれば勝機はあるかな。彼のYGサービスとチキータを何とか封じていきたい」(水谷)。

4回戦のその他の試合では、唐鵬、ボル、そして張継科が勝利してベスト8入り。張継科は1ゲーム目にサムソノフにゲームポイントを握られたが、ここを積極的な回り込み攻撃で制して、自分のペースに持ち込んだ。ボルは苦しみながらも、さすがのベスト8入り。そして唐鵬は、バック表ソフトながら中陣に下がっても粘り強く、カットも交えて李尚洙のミスを誘った。
  • 観客をうならせるプレーを見せた水谷

  • 張継科に挑んだサムソノフ、1ゲーム目を取りたかった

  • 張継科、静かに、しかし確実に勝ち上がっている

●女子シングルス4回戦
丁寧(中国) 4,7,9,8  イバンチャン(ドイツ)
武楊(中国) 9,-9、4、3、1  鄭怡静(チャイニーズタイペイ) 
伊藤美誠(日本) 5、8,-10、9,10 ビレンコ(ウクライナ)
李暁霞(中国) 6,3,6,10  姜華君(香港)

伊藤美誠が、カットのビレンコを4ー1で下し、ベスト8入りを決めた!
03年パリ大会での福原愛の14歳203日を上回る、14歳192日でのベスト8入り。日本選手の史上最年少記録を更新!

ミドル攻めやバック表ソフトのツッツキから、コースを突いて打ち分けるスマッシュは抜群の決定率。3月にスペインオープンで対戦して4ー2で勝っているため、逆に少し嫌な部分もあったというが、「前回負けたつもりで試合をしていたので、プレッシャーよりも向かっていく気持ちのほうが大きかったです」と試合後のコメント。メンタルを見事にコントロールしていた。フォアスマッシュやバック強打にミスが出ても、試合態度は冷静そのもの。「ミスは相手が工夫しているボールもあるし、ミスを誘われたという感じ。すぐに次に切り替えられる」(伊藤)。

快挙達成に沸き立つのは、周囲の大人だけかもしれない。試合後、「すごくうれしいです。ベスト8に入れたのは自分にとって、すごい自信になったかなと思います」と語った伊藤だが、浮かれるところはまったくない。ミックスゾーンでも、報道陣に対してわかりやすく、丁寧に言葉を選んでいく。

この驚異の14歳が次に対戦するのは、世界女王の李暁霞。手の内がある程度わかっている福原や石川より、よほど嫌な相手かもしれない。前回の対戦は0ー4で敗れているが、何が起きるかわからない。
  • スマッシュ連発、伊藤の見事なカット打ち

  • ビレンコはラケットを反転する間もなかった?

  • 試合後、ようやくちょっとだけ笑顔

●男子シングルス4回戦
樊振東(中国) 5、ー12、2、2、9 丹羽
フランチスカ(ドイツ) ー7、ー8、8、6、9、8 コウ・レイ(ウクライナ)

世界ランキング4位の樊振東に挑んだ丹羽は、1ー4で敗れた。誰もが手こずる丹羽の回転量の多いチキータを、フォアのカウンタードライブで狙い打つ樊振東。逆に樊振東のチキータと、独特の上から叩きつけるように振り抜くバックドライブが、厳しいコースに飛んできた。第4ゲーム2ー9からは、丹羽のブッツリ切った横下回転のバックショートを、樊振東が打球点を落とし、ネットの外からフォアストレートに打ち抜いた。観る者をあぜんとさせるスーパープレーだった。

「サービス、レシーブの差があった。あのチキータ対策をしたけど、やはり難しかった。ちょっとオーバーミスしたりしてラリーにならなかったです」と試合後の丹羽。「収穫はなかったですね」と言い切った。「シングルスはシード通り勝てたけど、自分よりも上のシードの選手にどうやって勝っていくのかを考えていきたい。中国の質の高いボールを台から下がらないでさばいていかないといけない」(丹羽)。

 馬龍は朱世爀の反撃をブロックでシャットアウトし、フルスイングのパワードライブで攻略。朱世爀は第4ゲーム、早めにフォアの反撃を仕掛け、取り返したのがせめてもの意地だった。ドイツのフランチスカは帰化選手のコウ・レイを破り、うれしい初のベスト8入り。先輩のオフチャロフが去った世界戦を盛り上げている。
  • 丹羽孝希は2大会連続のベスト16

  • 樊振東は丹羽の速攻にも動じず

  • 初のベスト8入り、フランチスカ

●男子シングルス4回戦
馬龍(中国) 4、3、9、ー10、6 朱世赫(韓国)
方博(中国) ー10、ー7、8、2、ー8、9、11 許シン(中国)

 男子シングルスに波乱。前回3位、今大会の有力な優勝候補のひとりだった許シンが、後輩の方博にゲームオールジュースで敗れた。

 昨日に混合ダブルス準決勝で、左肩を傷めたようなしぐさを見せていた許シン。方博戦でも、方博が思い切り良くフォアに打ち込んでくるドライブに反撃できない。最終ゲーム1ー4となったところで、許シンがタイムアウト。中国チームのドクターが入り、治療のための休憩が取られる。左肩に氷のうを当て、アイシングを受ける許シン。それでも裏面でのフリックや、決め打ちのフォアドライブでジュースに持ち込んだが、最後は方博のドライブがエッジをかすめて入り、終戦。

 果たして今夜の混合ダブルス決勝ではプレーができるのか。パートナーを組むのが強打の少ない梁夏銀で、許シンが決定打を打つペアリングだけに、出場できたとしても厳しい戦いになりそうだ。
  • 許シン、大会にピークを合わせられず

  • 左肩の状態が心配。混合ダブルス決勝の行方は…

  • 後輩・方博も手放しでは喜べず

●女子シングルス4回戦
朱雨玲(中国) 5、3、6、2 リー・ジエ(オランダ)
馮天薇(シンガポール) 9、9、−9、10、9 ユー・モンユ(シンガポール)
木子(中国) 10、11、5、3 エクホルム(スウェーデン)
劉詩ウェン(中国) 5、4、6、3 梁夏銀(韓国)

 女子シングルス4回戦の4試合が終了し、中国勢が順当に勝ち上がった。前回2位の劉詩ウェンは、梁夏銀とのラリー戦に完勝。同じ右シェークドライブ型で、前陣での両ハンド攻守を展開するスタイルだが、ピッチの早さ、コースの厳しさ、ともに劉詩ウェンが二段、三段は上。

 前回3位の朱雨玲はカットのリー・ジエにストレート勝ち。速報担当が13年全中国運動会を取材した時、CCTV(中国中央電視台)のインタビューに答えて「女子シングルス優勝は朱雨玲!」と予想したのだが、2回戦でカットの胡麗梅を相手に撃沈。ちょっと恥ずかしい思いをした。今日の試合で見る限り、対カットはまだ打ちミスが多いが、それでも負けない技術力はついてきている。中国の若手は、カットの洗礼をくぐり抜けなければならない。
  • 朱雨玲、対カットはまだ今ひとつ?

  • 馮天薇は同士討ちを制す

 今大会の会場である蘇州国際博覧センターのそばには、金鶏湖という湖がある。湖の周りには西欧風のレストランやショッピングモールが建ち並び、たくさんの人で賑わっている。
拙政園や留園という、中国を代表する庭園や、「東洋のベニス」と形容される水郷の風景を訪れる時間はなさそうだが、これもまた蘇州の新しい顔のひとつ。蘇州は中国で満足度ナンバーワンの観光地なんです。
★大会第6日目・5月1日のタイムテーブル ※日本時間

11:00〜 ●女子シングルス4回戦 
ユ・モンユ(シンガポール) vs. 馮天薇(シンガポール)
朱雨玲(中国) vs. リー・ジエ(オランダ)
12:00〜 ●女子シングルス4回戦
木子(中国) vs. エクホルム(スウェーデン)
梁夏銀(韓国) vs. 劉詩ウェン(中国)
 
13:00〜 ●男子シングルス4回戦
馬龍(中国) vs. 朱世赫(韓国)
方博(中国) vs. 許昕(中国)

14:00〜 ●男子シングルス4回戦
丹羽孝希(日本) vs. 樊振東(中国)
フランチスカ(ドイツ) vs. コウ・レイ(ウクライナ)
 
15:00〜 ●女子シングルス4回戦
丁寧(中国) vs. イバンチャン(ドイツ)
鄭怡静(チャイニーズタイペイ) vs. 武楊(中国)
16:00〜 ●女子シングルス4回戦
李暁霞(中国) vs. 姜華君(香港)
伊藤美誠(日本) vs. ビレンコ(ウクライナ)
 
17:00〜 ●男子シングルス4回戦
唐鵬(香港) vs.  李尚洙(韓国)
ボル(ドイツ) vs. 黄鎮廷(香港)
17:45〜 ●男子シングルス4回戦
張継科(中国) vs. サムソノフ(ベラルーシ)
水谷隼(日本) vs. ガオ・ニン(シンガポール)
 
19:45〜 ●女子シングルス準々決勝
22:15〜 ●混合ダブルス決勝
吉村/石川(日本) vs. 許昕/梁夏銀(中国/韓国)

 早くも大会第6日目を迎えた蘇州国際博覧センター。コートは2台だけになり、男女シングルス4回戦、女子シングルス準々決勝、そして混合ダブルス決勝が行われる。男女ダブルスは今日は試合がないので、松平健太/丹羽孝希ペアの登場は明日の11時(日本時間)だ。混合ダブルスでは吉村真晴/石川佳純が金メダル獲りに挑む。

 今日からプレストリビューン(メディア席)の入場制限が厳しくなり、基本として1社1枚限りのクーポンを持っていないと、プレストリビューンに入れなくなった。このシステムが告知されたのは、取材班が蘇州に入ってから。「今さら言われても……」と思いましたが、しかたない。
卓球王国ではフリークーポンと合わせて2枚貰っているが、カメラ部隊とは離ればなれになり、撮影した画像の受け渡しも大変な状況。画像のアップが少し遅れると思いますが、ご容赦ください。
全国のオススメ卓球場&ショップ

※上記リンクは2015年4月時点のものです。