卓球王国3月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 今年10月(もしくは11月)に開幕すると言われているTリーグのトップリーグ「Tプレミア」の男女各4チームが2月上旬に発表される見込みだ。
 女子の1チーム以外はほとんどが日本リーグなどの既存のチームではなく、新チームが参戦すると予想されている。

 チームが発表されれば、次に各チームに登録される選手名が気になる。ヨーロッパの強豪クラブでは12月末くらいまでにトップ選手の契約が終わるために、また日本に滞在してプレーすることに躊躇するために、ヨーロッパの選手の参戦は少ないと思われている。
 また体育総局の管理下にある中国卓球協会の動向が読めないために中国からトップ選手が参戦するかどうかもわからない。他はチャイニーズタイペイや香港、シンガポールからの参戦があるかもしれない。

 日本の男子のトップ選手はほぼほぼ参戦する気配はあるが、女子のトップ選手たちの動きは読めない。また、Tリーグから日本リーガーを誘うことはできないが、日本リーガーが自ら会社を辞職、もしくは契約を終えて、Tリーグに参戦するのは許可されているので、プロ卓球選手としてチャレンジしたい選手は日本リーグを辞めて、Tリーグに参戦すると思われる。
 Tリーグ側は日本リーグや学生連盟との掛け持ちはOKとなっているが、日本リーグや学連をそれを了承するかどうかも現時点では不明。ただ、今までも日本リーグの選手がヨーロッパや中国のリーグに参戦したり、学連加盟の選手がブンデスリーガなどの海外リーグにすでにプレーしてきているために、「海外リーグは許してきたけど、Tリーグはだめ」という決定をすると、今までの事実との整合性がとれなくなる。

 参加チームが発表されて、一斉に各チームが選手獲得に動いた場合、この1、2カ月の日本卓球界の中での選手獲得や移籍は相当に激しくなることが予想される。
 
 日本リーガーの中でもとりわけトップ選手は、現時点で所属する安定した企業を選ぶのか、何倍もの報酬が見込めるTリーグに移行するのか。その選手の人生を左右する時期がもうすぐやってくる。 (今野)
ドイツの卓球メーカー・ドニックの日本代理店しているイルマソフト株式会社(代表取締役・瀧澤弘)が、新たに3ブランドの代理店を行うことになったことを発表した。

2月5日より、以下3ブランドを扱うことになる。
●アカディ(台湾)
●ITC(韓国)
●ザ・ワールドコネクト(中国)

ドニックの代理店は今まで通り行うため、イルマソフトは4ブランドの代理店を担うことになった。
また、複数の代理店を務める関係で、「ドニックジャパン事業部」→「スポーツトレーディング事業部」に部署名が変更となる。

新たに加入するメーカーを少し紹介しよう。
アカディはドニックの粒高ラバー「アカディL2」でもおなじみ。粘着ラバーの「アカディタイチ」など、懐かしい人も多いだろう。

韓国ブランドのITCは、デザインセンスが光るラケットや高性能裏ソフトを取り揃えている。04年五輪金メダルの柳承敏がアドバイザーとなり、彼が満足するラバーがすでに完成したという話もあるので楽しみな存在だ。

ザ・ワールドコネクトはトレーニングボールのメーカー。日本はトレ球といえども1球80〜100円とセルボール時代に比べてまだまだ高い。ザ・ワールドコネクトはABS樹脂を使った高品質なトレ球を1球50円程度で取り扱っている。

問い合わせは以下のとおり
イルマソフト株式会社 スポーツトレーディング事業部
TEL:04-2936-4441 FAX:04-2936-1425
 1月16〜21日、全日本選手権と時を同じくしてハンガリー・ブタペストで2018年最初のITTFワールドツアー・ハンガリーオープンが開催された。中国からは若手選手中心の参加で、男子シングルスでは第1シードの樊振東(中国)が決勝で王楚欽(中国)を4-1で下し今年最初のタイトルを獲得。樊振東はまた、于子洋(中国)と組んだダブルスでも優勝し大会2冠を獲得した。

 女子シングルスでは準々決勝で第1シードの陳夢(中国)を4-1で破った王曼昱(中国)が決勝で孫穎莎(中国)とのゲームオールの接戦を制し優勝。女子ダブルスではシングルスの決勝で敗れた孫穎莎が陳幸同(中国)とのペアで陳可/王曼昱との同士討ちを制し優勝を決めた。
 日本からは浜本由惟(日本生命)が女子シングルスに出場したが、トーナメント1回戦でカットのミハイロワ(ロシア)に敗れ上位進出はならなかった。

優勝者の記録は以下のとおり。

ITTFワールドツアー・ハンガリーオープン優勝記録
● 男子シングルス:樊振東(中国)
● 女子シングルス:王曼昱(中国)
●男子ダブルス:樊振東/于子洋(中国)
● 女子ダブルス:陳幸同/孫穎莎(中国)
●男子アンダー21:林昀儒(チャイニーズタイペイ)
● 女子アンダー21:陳可(中国)
 1月23日、木下グループ(本社:東京都新宿区/グループCEO:木下直哉)は、邱建新(チウ・ジェンシン)氏が木下グループ卓球部の監督に就任したことを発表した。

 元中国ナショナルチームの邱建新氏は、選手時代は巧みなサービスを操る右ペン表ソフト速攻型として、ドイツ・ブンデスリーガでも活躍。現役引退後はドイツでコーチとしてのキャリアを積み、日本の青森山田学園で指導したり、水谷隼選手のプライベートコーチとしても活動。名コーチとしてヨーロッパや日本で高い評価を得ており、水谷隼選手をはじめ多くの強豪選手が所属する木下グループ卓球部の監督として、辣腕(らつわん)を振るうことが期待される。下写真は17年世界選手権個人戦で、松平健太選手(木下グループ)のベンチに入った邱建新氏。
 1月15〜21日に東京・東京体育館で行われた平成29年度全日本選手権大会が終了した。
最終結果は以下のとおり。

大会の詳細は速報ページをご覧ください。

http://world-tt.com/ps_info/ps_report.php?bn=185&md=1

報道は卓球王国4月号(2月21日発売号)に掲載します。
ご期待下さい!


平成29年度全日本卓球選手権・最終結果

★男子シングルス
優勝:張本智和(JOCエリートアカデミー)
2位:水谷隼(木下グループ)
3位:森薗政崇(明治大)
3位:松平健太(木下グループ)

☆女子シングルス
優勝:伊藤美誠(スターツSC)
2位:平野美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園)
3位:石川佳純(全農)
3位:永尾尭子(アスモ)

★男子ダブルス
優勝:水谷隼/大島祐哉(木下グループ)
2位:上田仁/吉田雅己(協和発酵キリン)
3位:宇田幸矢/張本智和(JOCエリートアカデミー/大原学園・JOCエリートアカデミー)
3位:藤村友也/吉村和弘(日鉄住金物流/愛知工業大)

☆女子ダブルス
優勝:早田ひな/伊藤美誠(日本生命/スターツSC)
2位:梅村優香/塩見真希(四天王寺高)
3位:田代早紀/前田美優(日本生命)
3位:佐藤瞳/橋本帆乃香(ミキハウス)

★混合ダブルス
優勝:森薗政崇/伊藤美誠(明治大/スターツSC)
2位:軽部隆介/松本優希(シチズン時計/サンリツ)
3位:大島祐哉/早田ひな(木下グループ/日本生命)
3位:吉村真晴/石川佳純(名古屋ダイハツ/全農)

★ジュニア男子シングルス
優勝:張本智和(JOCエリートアカデミー)
2位:宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)
3位:戸上隼輔(野田学園高)
3位:金光宏暢(大原学園高)

☆ジュニア女子シングルス
優勝:長崎美柚(JOCエリートアカデミー)
2位:塩見真希(四天王寺高)
3位:大藤沙月(ミキハウスJSC)
3位:木原美悠(JOCエリートアカデミー)


いよいよ今日から1/21(日)まで全日本卓球選手権大会が開催されます。

卓球王国WEB 全日本速報
http://world-tt.com/ps_info/ps_report.php?bn=185&md=1
のほか以下のホームページをチェックしてみよう!

ミズノ
http://www.mizuno.jp/tabletennis/

卓球ショップ「国際卓球」
http://www.kokusaitakkyu.com

ニッタク(日本卓球)
http://www.nittaku.com

WEB SHOP 卓球屋
http://www.takkyuya.com/

卓レポ.com(タマス)
http://www.takurepo.com/

全日本卓球(公式ページ)
http://japantabletennis.com/zennihon2018/
 国際卓球連盟(ITTF)とT2APACが12月のグランドファイナルで今後、協力関係を結ぶことに合意したと発表した。
 この合意は今後、ITTFのワールドツアーとT2が世界の卓球界の中で協力関係を作り、発展させることを意味している。

 T2の代表で、ITTFワールドツアーのスポンサーの『Seamaster』社長でもあるフランク・ジーはコメントを発表した。
「私の目指していることは、卓球選手が多くの人、卓球ファンだけではなく一般の人からも尊敬され、愛される環境を作ることです。しかも、その環境が、この卓球というスポーツに、もっとメディアの関心が集め、テレビで放映され、さらなるファン、お金が注がれることにつながっていくと思います。私は卓球がこの地球上で最大のスポーツになることを願っているし、選手たちがもっと裕福になり、もっと有名になってほしい。それが私がT2を作り、ITTFのワールドツアーをスポンサーしている理由です。
 ITTFとT2が親密な関係で一緒にやっていけば、さらなるシナジー効果が発揮されるでしょう。その時に前述したような私のゴールが達成されます」

 フランク・ジーはITTFのバイカート会長のコマーシャル・ビジネス部門での特別顧問にもなっている。
 協力関係の中で、T2が作り出した新ルールが一つの改革としてワールドツアーに採用される可能性もあり、それはテレビ放映をも変えるかもしれない。またこの両者の合意で特筆すべきは、試合中のボールのスピンやスピードのトラッキングシステム(追跡システム)や他競技にあるような審判のジャッジへのチャレンジシステム(ビデオ判定)。このような試みをT2をとおして実現していくかもしれない。

 ITTFのバイカート会長はコメントした。
「フランク・ジーのような人が協力してくれることはとてもハッピーなことだ。我々はもっと情熱とエネルギーを注いでいき、卓球をより魅力的なものにしていきたい。2018年は重要な年になる。このT2との協力合意によって、ITTFのワールドツアーがより高いレベルに上がっていくことになるだろう」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 T2は今まで卓球王国の誌面でも紹介してきたように、革新的なやり方で観客やテレビの前の人をひきつけるルールを作っている。時間制限ルールや「ジュース無しゲーム」、キルゾーンシステム、ボールボーイによる試合の短縮、などだ。
 それらのルールが今後ワールドツアー、ひいては一般のルールにも一部採用される可能性があることをこのITTFの発表はにおわせている。

 T2の代表、『Seamaster』社長でもあるフランク・ジーは、ITTFのビッグスポンサーになることで巧妙にT2を普及させ、ITTFとの協力を取り付けた。ガチガチの卓球人でない、ビジネスマンのアイデアが卓球界を変えようとしている。 (今野)
  • 左がITTF会長のトーマス・バイカート、右がT2代表のフランク・ジー

 日本の卓球界全体は活況を呈している。世界のトップクラスを維持し、いかに中国に勝つのかが大きなテーマになっている。プラス要素だけが見える日本卓球界において「Tプレミア」は苦しみながら進んでいる。
 この状況は1993年にスタートしたサッカーのJリーグや、2016年に開幕したバスケットボールのBリーグと比較するとわかりやすい。

 サッカーは当時の日本リーグで観客も入らず、ワールドカップには一度も行けないサッカー後進国の日本を何とか変えたいと川淵三郎さん(元Jリーグチェアマン)を中心に、サッカー協会も一致団結した。そして、アジアに誇るプロリーグを作り上げた。
 一方、バスケットボールもbjリーグとNBLという二つのリーグが存在して、実質的な分裂状態で国際バスケットボール連盟から国際大会に参加できないという制裁を受けていた。日本代表の実力も世界的には低いものだった。それをサッカーの川淵さんが短期間で統合し、新リーグを作り上げた。
 このサッカーとバスケットに共通していたのは、「負の環境」があったことだ。彼らは変えなければ自分たちの競技団体に未来はない、ことを重々承知していた。マイナス要因が多かったからこそ、変えたいという強い意志が働き、変えやすかった。

 卓球はどうなのか。
 リオ五輪以降、ある種の「卓球ブーム」が訪れている。多くの卓球関係者が今のまま卓球ブームが続いてほしいと思っている。危機感はさほど持っていない。かつてのサッカーやバスケットボールのようにお尻が火がついているわけではない。
 つまり、「変えないと未来はない」という競技団体の対極に卓球があり、「変えなくても未来は安泰」と感じている節があるのだ。

 しかし、Tリーグの松下浩二代表理事 専務理事は「未来は必ずしも安泰ではありません。今は素晴らしい環境ですが、そんな今だからこそ、この環境を継続していけるよう新リーグを立ち上げるのです」と言う。
 スポンサー集め、新規チームとの協議、海外選手への対応に追われている日々も卓球界の未来を思ってのことだ。
 現在、卓球界は「正の環境」だが、Tリーグ自体は「本当に大丈夫か!?」といぶかしがられ、チームが確定しないとプロ選手も動きようがない。ヨーロッパのトップ選手はほぼ12月中には翌シーズンのチームも決まる。
 そんな「負の環境」の中で彼はもがいている。

 いろいろな卓球界のしがらみに縛られ、まさに産みの苦しみのど真ん中でもがいている松下氏。そして、自分の活躍の場を探しながら、じっとTプレミアの進展を待つ日本のトップ選手たち。
 日本の卓球愛好者や関係者の人にはこう問いたい。
「5年後の卓球界、10年後の卓球界にとってTリーグはプラスですか、マイナスですか」と。
 ほとんどの人は「プラス」と答えるだろう。トップ選手の活躍の場、セカンドキャリアの場が作られ、彼らの試合を定期的に見ることができ、さらに卓球がマスコミに取り上げられる。

 ところが、残念ながら、卓球界が一致団結してTリーグを推進しているようには見えない。
 「Tリーグが日本の将来にとってプラスですか?」という問いに、「卓球界にとってプラス」と答えるならば、卓球界の人たちはTリーグをポジティブにとらえて、松下氏の背中を押してほしいと切に願う。
 彼を「孤高の代表理事」にしてはいけない。  (今野)
 本日、新潟・長岡市南部体育館にて全国ろうあ者選手権が開催され、男女一般の部、そして今回が初開催となる男女ユースの部で優勝者が決定した。各種目の上位入賞者は下記のとおり。

【男子一般】
1位:井藤博和(千葉)
2位:亀澤史憲(東京)
3位:灘光晋太郎(東京)

【女子一般】
1位:川崎瑞恵(東京)
2位:椋田愛梨(千葉)
3位:高岡里吏(東京)

【男子ユース】
1位:川口功人(横浜市立ろう特別支援学校)
2位:金田力正(静岡県立沼津聴覚特別支援学校)
3位:潟岡京介(広島県立広島南特別支援学校)

【女子ユース】
1位:杉山愛美(静岡県立沼津聴覚特別支援学校)
2位:國島佳純(愛知県立一宮聾学校)
3位:影山光輝(神奈川県立平塚ろう学校)

 男子一般は上位常連の井藤が初優勝。勝敗で亀澤と並んだが、直接対決で勝利し優勝を決めた。女子一般優勝は大正大4年の川崎。全勝で大学1年時以来2度目の優勝となった。
 今回から初開催となった中・高校生年代で争われるユースの部は川口と杉山がともに全勝で初代王者に輝く。また、今回ユースの部でベスト4に入った男女8名は2019年1・2月に開催される第1回ユースデフリンピック(開催地・アルゼンチン)の日本代表に内定。本大会での活躍にも期待したい。

 この大会の模様は卓球王国3月号(1月20日)に掲載しますのでお楽しみに!
  • 男子一般1位:井藤博和

  • 女子一般1位:川崎瑞恵

  • 男子ユース1位:川口功人

  • 女子ユース1位:杉山愛美

 先月、12月のある日、松下浩二氏はこうつぶやいた。
「今まで生きてきて、こんなにしんどいのは初めてです」
 Tリーグの松下浩二代表理事 専務理事はさまざまな問題に直面していた。彼の人生の中では、プロ第一号の卓球選手として自ら苦しんで歩いても、道は開けて成功した。ヤマト卓球の社長になった時も、彼が歩けば多くの人が支えてくれた。そして会社の業績もV字回復した。

 ところが、Tリーグだけは規模が違いすぎる。卓球界だけの話ではなく、チーム編成で卓球界以外の人との交渉を重ねていくしかない。しかも、誰もが知っているようなトップ企業との交渉なのだ。
 彼の個人プレーだけでは立ち向かえない。「チーム・Tリーグ」としてのチームパワーが必要とされているのだが……。

 今年の10月(もしくは11月)に開幕を予定しているTリーグのトップリーグ「Tプレミア」。今月の末に男女4チームずつが決定し、発表される予定になっているが、チーム選定において苦慮しているとの情報も漏れ聞こえる。
 現時点で、松下浩二氏はチーム編成に奔走しているが、1月末、もしくは2月にでもチームの発表があることを期待しよう。
 
 日本卓球リーグ実業団連盟(日本リーグ)は、Tリーグ加入を先送りしつつ、2021年以降の加入への検討に入った。
 「(日本リーグのチームのTリーグ参戦は)妨げないし、日本リーグとしても各チームに募集をかけていくし、個々のチームがTプレミアに出ることは自由です。各チームが判断することです」と昨年9月の卓球王国のインタビューで佐藤真二・日本リーグ専務理事は答えている。

 女子では日本リーグからTプレミアに参戦するチームもあると聞いているが、スムーズに移行できるだろうか。
 各チームにとって、最大のハードルは1億数千万円とも言われる予算がひとつと、リーグ側が求めているような世界級の登録選手をスカウトできるのかという点だろう。
 
 なぜこれほどTリーグ設立への動きが遅くなってしまったのか。この何年間のTリーグ設立へ向けての動きを振り返ると、見えてくるものがある。
 現存する日本リーグへの配慮と、日本リーグとの共存共栄という理想に引きずられたとも言える。結果、前述したように日本リーグからの回答は「2021年以降の加入への検討」だった。
 もしもTリーグがスタートし、マスコミも注目し、成功への道を歩むことができるならば、その時に日本リーグは「Tリーグへの加盟」を表明するのだろうか。Tリーグでトップ選手たちが世界レベルで激しく戦う時に、日本リーグの優勝チームはそれをどのような思いで見つめるのだろうか。
 
 サッカーのJリーグやバスケットボールのBリーグは、それが国内最高峰の戦いの場になっている。卓球ではTプレミアと日本リーグとの二重構造が発生してしまうのだろうか。
 そのからみ合った「しがらみ」というヒモを解きほぐすような作業をしつつ、大きな絵を描くために松下氏は戦っている。この大きなプロジェクトで必要なのは松下氏の個人プレーではない。実は卓球界全体のチームプレーなのだ。 (今野)