卓球王国1月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 本日10月18日、東京・調布にある明治大卓球部の練習場で、『明治大卓球部90周年記念事業・ドリームゲーム』が開催。明治大学卓球部のOB会である明治大学駿台卓球会が企画したもので、「明治がやらねば誰がやる」という明治大卓球部のスローガンに相応しく、非常に豪華な顔ぶれを揃えたOBと現役の対抗戦が実現した。1・2番は3ゲームズマッチ、3〜5番は5ゲームズマッチで行われた対抗戦の結果は下記のとおり。

〈明治大卓球部・現役チーム 3ー2 明治大卓球部・OBチーム〉
 西康洋 ー6、ー6 平野友樹○
○宮川昌大 ー5、9、9 神巧也
○龍崎東寅 9、ー3、9、ー3、8 森薗政崇
 戸上隼輔 ー8、ー7、11、8、ー8 丹羽孝希○
○宇田幸矢 8、8、7 水谷隼

 1・2番に商学部3年の西康洋、新入生である情報コミュニケーション学部1年の宮川昌大(しょうだい)という左腕ふたりを起用した現役チームに対し、OBチームは平野友樹と神巧也という2014年度卒の同期コンビを揃えた。

 トップはサービス・レシーブから、豪打・西の待ちを外す巧みな緩急が光った平野が先制。一方、2番は神がフォアのパワードライブで1ゲームを先取しながらも、宮川が1ー1のタイに追いつく。3ゲーム目10ー9の宮川のマッチポイントで、宮川が一撃のチキータでレシーブエースを奪い、1年生が大仕事を成し遂げた。「負けたとしても自分のプレーをしようと思っていた。神選手はすごく強くて、自分の憧れの選手でもあるので、勝てたことは今後自信になります」(宮川)。

 ここから5ゲームズマッチになる3番、現役チームは商学部4年の龍崎東寅、OBチームは2017年度卒の森薗政崇。龍崎が1年生で入学した時の4年生が森薗だ。互いに強烈なチキータが持ち味で、互いに相手のチキータを狙いながら、逆にチキータでレシーブした時は次の一本の対応に知恵を絞る。試合はゲームオールにもつれたが、龍崎が最後まで動き切り、打ち切った。
 「今年は新型コロナの影響で試合がほとんどなくなってしまったので、このような場を用意してくださって本当にありがたいです。試合ができて本当に良かったです」。悲運のキャプテン・龍崎は感謝の言葉を述べた。

 そして随一の好試合となったのが、4番に出場した政治経済学部1年の戸上隼輔と丹羽孝希の一戦だ。体つきからは相当トレーニングをしていることが伺われた丹羽は、戸上の豪打にたびたび打ち抜かれながらも、質の高い台上技術で戸上のプレーを縛り、最小の手数で得点。3ゲーム目に11ー10で一度マッチポイントを握ったが、1月の全日本で丹羽に完勝した戸上もこのままでは終わらない。カミソリ強打に加えて、巧みな緩急と中陣での粘りを見せ、ゲームオールまで盛り返す。最終ゲームも丹羽8ー4のリードから8ー8まで競り合ったが、丹羽9ー8のリードで丹羽がバックストレートのロングサービスでエースを奪い、11ー8で戸上を振り切った。
 「非常に難しい場面で回ってきたんですけど、自分で終わらせたくないと思ってプレーした。1月の全日本の時は初対戦で、戸上選手のチキータやバックハンドにやられたので、今回はそれをいかに封じるかという戦いでした」(丹羽)

 そして5番ラストは、全日本「V10」の水谷隼と、現・全日本チャンピオンの商学部1年・宇田幸矢のビッグマッチ。宇田は得意のチキータと振り始めたら止まらないフォアドライブ連打に、非常に回転量の多いフォアのループドライブを加え、主導権を握る。水谷のサービスからの攻守とテクニックはさすが、3ゲーム目には強烈なチキータでレシーブエースを連発したが、宇田の勢いは止まらずに驚きのストレート勝ち。「2ー2の場面で回ってくる中で、自分の持っているパワーを出し切ることができた」と充実の表情を見せた。

 今日の試合の模様は、明治大卓球部の公式youtubeチャンネルで生配信。試合後にOBを代表して挨拶した水谷は、「今日試合をしてみて改めて本当に卓球が好きだなあ、卓球って楽しいなあという気持ちになりました。今日の試合を視聴してくださった皆さんにとって、少しでも元気や勇気の一部になってくれたら、ぼくたちは今日試合をしてよかったなと思います」と語った。OBチームのハイレベルなテクニックと、そのOBチームの実績にも臆すことのない現役チームの頑張り。明治大卓球部の底力を見せつけられた一戦だった。
  • 試合開始に先立ち、明治大学駿台体育会の兒玉圭司名誉会長が挨拶

  • トップでOBの貫禄を見せた平野

  • 1年生ながら勝負強さを見せた宮川

  • 高い身体能力で、森薗との打撃戦を制したキャプテン龍崎

  • 男子NTの倉嶋洋介監督も「勝負勘を失っていない」と賞賛した丹羽

  • 丹羽に全日本のリベンジを喫したが、戸上のプレーは確実に進化している

  • 持ち前のテクニックを見せた水谷だが、「仕上がる」のはまだ先か

  • 思うように練習できない中でも、宇田のプレーは冴えていた

  • ドリームゲームに出場した現役5名・OB5名の選手たち

 前Tリーグチェアマンの松下浩二さんの書籍『卓球超観戦術』が10月17日に株式会社カンゼンより発売となる。卓球の基本となる回転の仕組みや戦型に始まり、中国の強さの理由、その中国に勝つために求められるポイントまで、世界の卓球を内外から見てきた松下さんが独自の視点で解説。さらに松下さんと水谷隼選手(木下グループ)との対談も収録とボリューム満点の内容となっている。卓球観戦をより深く楽しむだけでなく、選手や指導者にとっては戦術指南書ともなる一冊、ぜひ秋の夜長のお供に選んでみてはいかがだろうか?

【松下浩二 著『卓球超観戦術』】
●発売元:カンゼン
●価格:¥1,600+税
●判型/ページ数:四六判/208ページ
●目次
第1章 回転の仕組みと卓球の基礎知識
第2章 日本選手と戦型
第3章 中国はなぜ最強なのか? 日本の立ち位置とライバル国
第4章 中国に勝利した名勝負を分析 日本はどうすれば中国に勝てるのか?
特別対談 松下浩二×水谷隼


↓カンゼンHP内『卓球超観戦術』の詳細はこちら
http://www.kanzen.jp/book/b531821.html
 ITTF(国際卓球連盟)とポルトガル卓球協会は、新型コロナウイルス感染症の影響により、11月29日〜12月6日にポルトガル・ギマランイスで開催予定だった世界ジュニア選手権を中止することを発表した。

 世界ジュニア選手権は2003年にスタートした、18歳以下のジュニア選手による世界大会。各国の有望な若手選手の登竜門であり、現在世界のトップで活躍する選手たちのほとんどが世界ジュニア選手権を経験している。昨年、タイ・コラートで行われた2019年大会では、女子シングルスで長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)が優勝。女子ダブルスと混合ダブルスも日本が制し、7種目中3種目を制した。

 ITTFは今回の中止を受け、2021年にチュニジアで開催予定だった新たなジュニア以下の国際大会、『ITTF世界ユース選手権』の第1回大会の開催地をポルトガルとすること、チュニジアを2022年の第2回大会の開催地にスライドさせることを11月の理事会で提案するという。
 東京五輪代表の平野美宇選手(日本生命)が、11月19〜22日に中国・鄭州で開催予定のITTFファイナルを欠場することになった。平野選手とマネジメント契約を結ぶ株式会社クロス・ビーから、以下のようにプレスリリースが発表された。

 「ITTF(国際卓球連盟)より発表されていました、『ITTFファイナル』への平野美宇選手(日本生命)の出場に関してですが、今回は腰痛の為、欠場となりますことをお知らせ申し上げます。大舞台を控えている来シーズンに向け、大事をとっての判断となります。大変ご心配をおかけ致しますが、今後ともご声援よろしくお願い致します」

 ITTFファイナルは例年行われている「ITTFワールドツアー・グランドファイナル」の代替大会。平野選手は伊藤美誠選手(スターツ)、石川佳純選手(全農)とともに女子シングルスの招待選手にリストアップされていたが、9月に行われた「2020 JAPAN オールスタードリームマッチ」も出場を回避しており、今回も大事をとって欠場することが決まった。

 ITTFファイナルには平野選手に代わり、加藤美優選手(日本ペイントホールディングス)が出場する予定。加藤選手は昨年7月に行われたT2ダイヤモンドで、伊藤選手や世界ランキング1位の陳夢選手(中国)を破ってベスト4に進出しており、ITTFファイナルでも活躍が期待される。
  • 昨年12月に行われた、ITTFワールドツアー・グランドファイナルでの平野選手のプレー

 10月10日、福原愛/江宏傑夫妻 vs. 張本智和/平野美宇ペアという夢の競演が実現!! といっても、ビデオゲーム上でですが……

 日本オリンピック委員会(JOC)のJOCアスリート委員会が、東京2020オリンピック公式ビデオゲーム※を用いて行うチャリティーマッチ『ドリームチャリティーバトル2020』を開催し、10月10日の夜8時より、その対戦模様をストリーミングで配信する。

 参加選手は、現役選手(男女各6名)とレジェンド選手(6名)、そして今話題のYOASOBIやFischer’sなどのスペシャルゲスト(4組)が参戦。卓球をはじめ柔道や陸上、水泳など10試合が行われ、現実には不可能な、ゲームならではの対戦カードが楽しめそうだ。

 対戦のトリを飾る10試合目の卓球競技(ダブルス)に、福原愛/江宏傑夫妻と張本智和/平野美宇ペアが登場。解説は平野早矢香さんが担当。なお、平野さんは第2試合のビーチバレーボールには選手として登場予定だ。

 ゲーム上とはいえ、どのような試合が展開されるのか……非常に気になる対戦、ぜひチェックしよう。

※使用ゲームは『東京2020オリンピック The Official Video Game™』


■配信日時
2020年10月10日(土)20:20~22:00(予定)
※ストリーミング配信

※動画は2021年10月10日まで公開予定

【配信チャンネル】
JOC公式チャンネル
・YouTube https://www.youtube.com/user/JapanOlympicTeam
・Facebook https://www.facebook.com/JapanOlympicTeam

東京2020組織委員会公式チャンネル
・LINE https://line.me/R/ti/p/%40tokyo2020
・Facebook https://www.facebook.com/tokyo2020/

■JOCサイト内「ドリームチャリティーバトル2020」ページ
https://www.joc.or.jp/games/olympic/tokyo/officialvideogame/
 Tリーグは本日理事会を開き、年明けのリーグ後半戦は新型コロナ感染状況を見ながら、としたうえで、有観客で行う方向で進めていくことを確認した。
「ファンの方々に会場に足を運んでもらい、選手と一緒に盛り上げてもらう。そのためにもシーズン後半戦はホーム&アウェイで観客を入れて行う。国や自治体の指針に従い、観客数の制限をしていく」と星野一朗・Tリーグ理事長はコメントした。シーズン前半は予定通りに無観客で行う。

また海外選手の入国問題もあり、本来4名で成立する試合のレギュレーション(規則)を変更する可能性も示唆した。
 10月18日、リオ五輪メダリストで東京五輪代表に内定している水谷隼、丹羽孝希をはじめとする明治大学OBオールスター軍団と、現全日本チャンプ・宇田幸矢を筆頭とする明治大学現役学生による夢の対戦、「明治大学卓球部90周年記念事業・ドリームゲーム」が開催される。

 日本男子のトッププレーヤーが顔を揃える明治大学のOB&現役選手によるこの試合を明治大学卓球部の公式youtubeチャンネルで配信予定。実況・解説も豪華で、明治大学OBの松下浩二氏(前Tリーグチェアマン) & 倉嶋洋介氏(男子ナショナルチーム監督)が担当する予定だ。

 豪華な顔ぶれが揃う、まさにドリームゲーム。画面をとおして観戦しよう!


■「明治大学卓球部90周年記念事業 ・ドリームゲーム」
日時:2020年10月18日(日)13時試合開始(12時30分より配信)
試合内容:明治大学現役学生 対 OBオールスターによる団体戦
試合方式:5シングルス
配信方法:明治大学卓球部公式youtubeチャンネル(予定)
https://www.youtube.com/channel/UCACQzKM5OP12NFUXmm4gezA?view_as=subscriber

出場メンバー:
(現役学生)
龍崎東寅(2019年東京選手権単複優勝)
宇田幸矢(2020年全日本選手権優勝)
戸上隼輔(2020年全日本選手権3位、 インターハイ2連覇)
他2名

(OB)
水谷隼(東京五輪日本代表、 リオ五輪団体銀メダル、 シングルス銅メダル)
丹羽孝希(東京五輪日本代表、 リオ五輪団体銀メダル)
森薗政崇(2017年世界卓球男子ダブルス銀メダル、 2019年世界選手権日本代表)
神巧也(2014年度全日本選手権準優勝)
平野友樹(2016年度全日本選手権3位)

(実況・解説)※予定
松下浩二(前Tリーグチェアマン、 オリンピック4大会出場)
倉嶋洋介(日本男子ナショナルチーム監督)

■公式ホームページ
https://meiji-tt-dreamgame.jp/

 おめでたいニュースが飛び込んできました!

 2016年リオ五輪メダリストの丹羽孝希選手(スヴェンソン)が、10月1日に一般女性と入籍したことが、同選手所属先の㈱スヴェンソンホールディングスより発表された。

 丹羽選手はスヴェンソンを通じて以下のコメントを発表。
「私事ですが5年間交際していました、一般女性の方と2020年10月1日に入籍いたしました。2人で幸せな家庭を築くとともに、プロの卓球選手としても目標に向かって頑張っていきます。今後とも、皆様の変わらぬご声援をよろしくお願いいたします。」

 来夏に予定されている東京オリンピックの日本代表にも内定している丹羽選手。人生のパートナーを得た同選手のさらなる活躍に期待しよう!


■丹羽孝希 OFFICIAL WEB SITE
https://t-4.jp/management/koki-niwa

■スヴェンソンホールディングス
http://svensongroup.co.jp

 株式会社VICTASが、本日15時に以下の発表をリリースした。

 「この度、弊社取り扱いブランドである『TSP』は2021年春シーズンより『VICTAS』へ統合する運びとなりました。
 2つのブランドがこれまで歩み得てきたそれぞれの強みを活かし、より良い製品を皆様に提供できるよう尽力して参る所存でございます」(VICTAS)

 この発表にともない、長く続いたTSPブランドが終了し、来春からはVICTASブランドとしてラバーやラケットが新たにリリースされていくようだ。
 惜しまれつつもTSPというブランドはなくなるが、TSPの人気商品は来春以降にVICTASから新たにリリースされていくことが予想できる。

詳細はVICTASのウェブサイトで
https://www.victas.com
 フィットネス業界大手で、全国に175店舗を展開する株式会社ティップネス(本社:東京都港区)が、0~15歳の子どもたちを対象とした『ティップネス・キッズ』の新たなプログラムとして、今年7月から卓球を導入。東京・東中野と西日暮里で卓球場を運営する『YOYO TAKKYU』と提携し、ラケットを握ったことのない子どもたちに、卓球との出会いの場を提供している。
 現在、ティップネス・キッズで卓球を導入しているのは、東京都内の国領店と下井草店の2店舗。今年でオープンから33年目を迎えるという国領店を取材に訪れた。

 国領店で卓球が行われるのは毎週水曜日の15:30~16:30(小学1・2年生)と16:30~17:30(小学3年生以上)の2クラスで、日本リーガーとしても活躍した大串春文さんが指導。天井が高く、広々としたスタジオに3台の卓球台が設置され、子どもたちは「コーチが球出しをする台」「サービス練習をする台」「マシン練習をする台」、そしてブロックを連続ジャンプで飛び越えるトレーニングという4つのエリアを回っていく。

 笑顔を絶やさず、良いところはどんどん褒めていく大串さんの丁寧な指導に加え、取り組む内容が次々に変わるので、子どもたちも飽きることなく、目の前のボールに集中できる。「ピリピリ」ではないが、「ダラダラ」でもない、実に楽しい雰囲気でボールを打ち合っている。「今までぼくが指導してきた子は、アスリートの上級レベルを目指すというのがスタートラインでした。今回は『卓球を知ってもらう』ことがコンセプト。ぼくの中では新しい経験で、自分の新しい世界を広げながらやらせてもらっています」(大串さん)
 
 ちなみに国領店では、スイミングをはじめ体操にストリートダンス、チアダンスやフットサルなど様々なスポーツ・運動のプログラムがあり、卓球を受講している子どもたちも他に様々なスポーツ・運動を楽しんでいる。ヨーロッパ式の「マルチスポーツ」の世界がそこにはある。国領店のティップネス・キッズのチーフである浅野智啓さん曰く、ティップネス・キッズのコンセプトは子どもたちにより多くの選択肢を提供する「OPEN MANY DOORS!」。「ティップネスはトップアスリートを目指すのではなく、スポーツや運動に対する間口(まぐち)となって地域に展開していくことを目指しています」と語る。

 「国領店はスポーツや習い事が全店で最も多い店舗ですが、子どもたちの選択肢を増やすうえで卓球の導入という意見が出てきた。オリンピックを前に卓球には注目が集まっていましたし、屋内スポーツなので組み込みやすい部分もある。施設面でも可能ではないかということで、去年の10月くらいから検討していきました」(浅野さん)。ティップネスの本部でも卓球の導入が検討されており、委託先を探す中で『YOYO TAKKYU』に白羽の矢が立ち、2店舗での導入が実現した。

 「ティップネスさんは知名度も高いし、国領店ではキッズだけで2000人近い会員さんがいる。そのうちの1割でも卓球をやってもらえれば、卓球人口が大きく増えますよね。そのチャンスをいただけるのはありがたい」。そう語るのは『YOYO TAKKYU』代表の川口陽陽さん。
 「仕事を受ける時には、常に『どうすれば卓球界に恩返しできるか』ということを考えているし、卓球のコーチに新たな労働環境を提供できるという点でもプラスになると思います。現在は下井草店は弊社の舘岡俊矢コーチ(東北学生複優勝)、国領店は大串コーチに業務委託して2店舗での導入ですが、今後もプログラムを導入する店舗が増えてくれば、その場所や人に合わせて適切な人員を派遣していく予定です」(川口さん)。

 今後はティップネス・キッズで卓球の楽しさを感じた子どもたちが、本格的に卓球に取り組むために卓球場に通ったり、中学の卓球部に入るケースも出てくるだろう。子どもたちが卓球に触れる「ドア(入り口)」として、これまでは児童館が大きな役割を果たしてきたが、現在は各自治体で廃止・再編が進み、その数を減らしている。一般やシニア層向けのプログラムとしても、卓球の導入を視野に入れているというティップネス。希望の光が差し込む、卓球界の新たな「ドア」に注目だ。
  • 国領店のティップネス・キッズの浅野智啓チーフ。「子どもたちがスポーツに触れるきっかけを作りたい」と語る

  • 練習メニューのシステム化にも取り組む『YOYO TAKKYU』代表の川口陽陽さん

  • 笑顔での指導が印象的、国領店で指導する大串春文コーチ

  • 子どもたちを飽きさせないシステムの工夫で、「楽しく・集中して」練習できる

  • 卓球台3台を置いたスタジオは天井が高く、広々している

  • キッズだけで2千人近い会員がいるティップネス国領店。キッズ向けの巡回バスも運行