卓球王国11月号 9月19日発売!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 2021年8月24日に開会式が予定されている東京2020パラリンピック。開会1年前を迎えるにあたり、8月21日、東京都オリンピック・パラリンピック準備局は、「パラアスリート、 パラスポーツを応援しよう!」という趣旨で、東京ゆかりのパラアスリートからのメッセージと、パラバリ懇メンバーからのメッセージ動画を公開した。

 東京ゆかりのパラアスリート(東京アスリート認定選手)で東京2020パラリンピック出場が内定している選手からのメッセージには、10名のパラアスリートからメッセージ動画が寄せられており、卓球競技では、男子クラス9で出場が内定している岩渕幸洋選手がメッセージを寄せている。

●岩渕選手のメッセージ動画はこちら
https://tokyodouga.jp/2gyef1fgz9y.html


 なお、パラアスリートからのメッセージ動画のほか、東京2020パラリンピックの成功とバリアフリー推進に向けた懇談会(パラバリ懇)メンバー(パラ応援大使)による、 アスリートへの応援やパラスポーツへの思いなどについてのメッセージも公開。



 パラリンピック開会1年前、ぜひ動画を見てみよう。


●「オリンピック・パラリンピック準備局」HP(特集ページ)
https://www.2020games.metro.tokyo.lg.jp/taikaijyunbi/paralympics/para_ouen/index.html
  • 岩渕選手のメッセージ動画より

 8月11日、来年3月に開催が予定されていた『TOKYO OPEN 2021 第73回東京選手権大会』の開催中止が、主催の東京都卓球連盟より発表された。新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止と、施設環境を鑑みての判断となった。同大会は、2020年3月の大会に続き2年連続での開催中止。

 開催種目は一般・年代別などを合わせて合計29種目、全国から約2,000人がエントリーし、海外選手も出場する大規模な全国オープン大会として知られる東京選手権。
 2021年3月の大会は、東京オリンピック・パラリンピックの会場と同じ東京体育館で開催予定だったが、東京体育館はオリンピック・パラリンピック用の照明になっているため、フロア全面にコートを設置して行う同大会を開催するには、コートによって明るさが異なるなど公平性に欠けるという点もあり、新型コロナウイルスの感染の収束が見えないということと、上記施設環境を考慮して、中止という判断がくだされた。
 8月10日、都内で「卓球王国多摩カップ」が開催。夏の中体連大会の代替大会として多摩地区卓球連盟が主催した大会で、東京都西部・多摩地区の中学卓球部30チーム、約250名が参加した。

 3月以降、すべての公式戦が中止となり、無念の思いでいる中学3年のために企画され、中学3年生の選手主体で編成できるチーム(中学校)が対象。本大会前の予選も行われ、7シングルス形式で戦われた。

 どの地区も熱い思いの選手、学校が集まっているだけあり、初戦からレベルが高く、競り合いの熱戦が数多く繰り広げられた。この大会をもって、多摩地区の中学3年生の特別な夏は幕を閉じた。

●男子上位順位
①立川七②府中八③府中四④宮上TTC⑤桐朋⑥KDTTC⑦府中六⑧府中二
●女子上位順位
①KDTTC②立川七③日野二④府中二⑤府中八⑥府中四⑦立川四⑧府中六

●男子準決勝
立川七 4-3 宮上TTC
府中八 4-2 府中四
●男子決勝
立川七 4-2 府中八

●女子準決勝
KDTTC 4-3 日野二
立川七 4-3 府中二
●女子決勝
KDTTC 4-1 立川七

※この大会の情報は卓球王国2020年10月号(8月21日発売)にも掲載します。


 卓球王国ではまだまだ同様に地域や地区で大会の開催を予定している協会・連盟からの情報を募集中。賞品提供、本誌および卓球王国WEBでの結果掲載などでサポートさせていただきます。情報のご提供、お問い合わせは「cup@world-tt.com」までご連絡ください。
  • 選手宣誓

  • 閉会式

  • 男子決勝の様子

  • 女子決勝の様子

  • 大会後、多くの学校が会場外で3年生の引退式を行った。写真は府中二中

 8月9日、日本学生卓球連盟は新型コロナウイルス感染症の状況を考慮し、10月21〜25日に愛知・スカイホール豊田で開催予定としていた、第90回全日本大学総合選手権・団体の部(インカレ)と第87回全日本大学総合選手権・個人の部(全日学)の中止を発表した。

 今後、状況が好転した場合には、年内を目処に代替大会の開催を検討していくとのことだ。
 8月5日、株式会社スヴェンソンホールディングス(本社:東京都港区、兒玉義則・代表取締役社長)は、東京五輪の卓球日本代表に内定している丹羽孝希選手と2021年1月1日からの所属契約を更新したことを発表した。併せて、同社のグループ会社である株式会社VICTAS(本社:東京都港区、兒玉義則・代表取締役社長)も、2021年1月1日からのスポンサー契約を更新したことを発表した。

 スヴェンソングループはスポーツ事業として、卓球用品メーカー「VICTAS」、卓球スクールの運営を行う「タクティブ」、卓球の施設運営・マネジメント事業を担当する「スヴェンソンスポーツマーケティング」を展開している。
 丹羽選手は、競技面はもちろん、様々な部分から同グループのサポートを受け、来年の東京五輪に挑む。


丹羽孝希選手コメント
「スヴェンソングループは卓球の普及や卓球選手の育成など、今後の卓球界が良くなるための支援を様々な事業を通じて行っている企業だと思いました。そういった部分から、自分が所属選手としてプレーを行い、選手としての力をつけるための良きパートナーになると思い所属契約更新を決定しました。プロ選手として、より一層努力し良い結果が残せるよう頑張って参ります。」


■スヴェンソンホールディングス http://svensongroup.co.jp
  • 丹羽孝希選手(写真提供/スヴェンソンホールディングス)

 現在、JA全農で実施している「響け!大地のエール『#農家の皆さんありがとう』プロジェクト」に全農所属の石川佳純選手が登場している。動画内で石川選手が農家の皆さんへの感謝の想いを語っている。
ぜひご覧ください。

 また、同プロジェクトでは石川選手が出演する全農のCMソング「大地のエール」を活用。8月中旬には、この想いに賛同の高校の吹奏楽部の皆さんと「大地のエール」を演奏する動画を公開予定とのことだ。

 「響け!大地のエール『#農家の皆さんありがとう』プロジェクト」の動画は以下のリンクよりご覧ください。

★ 全農広報部スポーツ応援公式Twitter
https://twitter.com/zennoh_sports

★ 『#農家の皆さんありがとう』第一弾動画
https://youtu.be/F6_ilg2feWo
 日本卓球協会は2021年1月に開催が予定されている『2021年全日本選手権(一般・ジュニアの部)』に関する情報を新たに発表。
 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、例年開催されていた男子、女子、混合のダブルス3種目を行わず、シングルス4種目(一般男女・ジュニア男女)のみで大会を行う方針で準備を進めることを発表した。

【開催種目】
男子シングルス、女子シングルス、ジュニア男子シングルス、ジュニア女子シングルス

【開催中止種目】
男子ダブルス、女子ダブルス、混合ダブルス
  • 2020年全日本選手権の様子

 卓球王国9月号の全国各地の大会カレンダー(p.194)に掲載の以下の市川市卓球連盟主催大会が新型コロナ感染症感染拡大を受け、中止となりましたのでお知らせいたします。
 市川市卓球連盟では、2020年度の全ての大会の中止を決定しホームページで発表している。

■ 9月20日 千葉・市川市連盟会長杯オープン大会
■ 9月21日 千葉・市川市高校オープン大会
■ 9月26日 千葉・市川市VICTASオープン混成団体ダブルス大会

市川市卓球連盟HP:http://www7.plala.or.jp/ichikawa_takuren/
 卓球王国9月号の全国各地の大会カレンダー(p.194)に掲載の以下の大会が新型コロナウイルス感染拡大を受け、中止となりましたのでお知らせいたします。

■9月12日(土)  千葉・鎌ケ谷市梨狩り大会(鎌ケ谷市福太郎アリーナ)

鎌ケ谷市卓球連盟HP:https://kama-taku.jimdofree.com/
 新型コロナウイルス感染拡大による各種卓球大会の中止を受けて、全農とシスコの共同主催による「石川佳純オンライン卓球教室」が、8月2日(日)、13時〜15時に開催される。

  石川選手と全国の卓球クラブや小・中学生がオンライン上で交流。SNSにて石川選手への質問も募集し、当選者は直接指導を受けられる企画もある。

 卓球教室は2部制で行われ、第1部は小・中学生を対象に、SNS(インスタグラム、ツイッター)上で一般募集した「卓球に関する質問」に石川選手本人が実技により答える。

 第2部は全国から選抜された小・中学生所属の2チームをオンラインでつなぎ、石川選手が実践形式で指導。1部、2部ともYouTubeにて生配信される。卓球経験に関わらず、どなたでも気軽に視聴可能とのこと。シスコのWeb会議ツール「Cisco WebexMeetings 」を用いて、石川選手のいる東京会場と小・中学生のいる全国の会場をリアルタイムでつなげる。

ライブ配信へのアクセス方法及び、その他の最新の情報については公式サイトで確認しよう。
https://kasumi-online-school.info