卓球王国9月号 好評発売中!
Tリーグ応援サイト 開設 !!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 8月1日より東京・港区スポーツセンターにて開催されていたITTF PTT(パラテーブルテニス) ジャパンオープン東京大会。最終日の今日は男女団体の決勝までが開催され、日本は優勝こそならなかったが合計11個のメダルを獲得した。日本チームの入賞は下記のとおり。

※クラス1〜5:車椅子、クラス6〜10:立位、クラス11:知的障がい
【男子クラス4】
準優勝:日本2(齊藤元希、玉津徹也)

【男子クラス5】
3位:日本/オランダ混成(中村亮太、ヴァン-グランスベン)

【男子クラス7】
3位:日本1(八木克勝、井上全悠)

【男子クラス8】
3位:日本1(立石アルファ裕一、宿野部拓海)

【男子クラス10】
準優勝:日本(岩渕幸洋、垣田斉明)

【男子クラス11】
準優勝:日本1(加藤耕也、竹守彪、高橋利也)
3位:日本2(宮内良、竹田隆、木川田優大)

【女子クラス8-10】
準優勝:日本1(竹内望、工藤恭子)
3位:日本/ウクライナ混成(石河惠美、リトフチェンコ、シンカロワ)

【女子クラス11】
準優勝:日本2(伊藤槙紀、櫨山七菜子)
3位:日本1(古川佳奈美、美遠さゆり)


 2人の出場選手による1単2複(1番ダブルス、2・3番シングルス)で行われる団体戦は出場選手のクラスによってはコンバインド(クラス複合)で開催されるケースもあり、海外選手との混成チームでの出場も可能。

 日本勢で最も優勝に近づいたのは男子クラス10。クラス9の岩渕はパラリンピック団体戦がクラス9-10のコンバインドで行われることを見据え、昨日クラス10シングルスで劇的な地元Vを達成した垣田とクラスをひとつ上げて出場。2人は会場の大声援にも後押しされ、順調に決勝まで勝ち上がり、チェコ/イギリス混成チームと対戦。トップのダブルスで大激戦を繰り広げ、最終ゲームは6-10から追いつくも最後は13-15で敗戦と苦しいスタート。しかし2番岩渕が先行されながらも落ち着いたプレーで巻き返し、垣田の3番に回す。デイベル(イギリス)はシングルスで勝利していた相手だったが、後陣での驚異的な粘りに対し「疲れもあって決めに行こうとし過ぎてミスが出た」(垣田)と1-3で敗戦。会場を沸かせたが、優勝にはわずかに届かなかった。

 女子クラス8-10ではサウスポーの竹内とカットマンの工藤の変則ペアが決勝へ。パラリンピックだけでなく、オリンピックにも出場したタッパー率いるオーストラリアに挑んだ。ダブルスで1ゲームを先取したが、相手の丁寧な攻めを崩せず、2番の竹内も昨日フルゲームに持ち込んだタッパーに歯が立たず完敗を喫し、準優勝に終わった。

 男子クラス11ではシングルスでともに3位に入った竹守、加藤が同シングルス種目1位のフォン-アイネム、2位のキム・ギテのオーストラリア/韓国混成チームに決勝でリベンジを目指したが力及ばず。女子クラス11は決勝のロシア戦で2番・伊藤が世界ランキング1位のプロコフェワと好ゲームを展開したが、女王の底力に屈し0-2のストレートで敗れた。

 男子クラス4では最終戦でトップのダブルスが敗れ、2番の玉津もゲームカウント0-2と追い込まれながらも大逆転勝利で日本2が準優勝を決めている。また、男子クラス5でオランダとの混成チームで出場した中村は、初の国際大会で初メダル獲得と健闘を見せた。

 日本では初開催となったパラ卓球の国際ツアー。会場には連日多くの観客が詰めかけ選手に声援を送った。選手からも「日本でこうやって試合を見てもらえるのでうれしいし、良いプレーを見せたかった」との声が多く聞かれた。パラリンピック出場権争いも熾烈な中、日本のファンからの声援は選考レースを戦う選手たちにとって大きなパワーとなったはずだ。
  • 男子クラス10 決勝2番で勝利の岩渕

  • 女子クラス8-10 竹内(右)・工藤はオーストラリアに歯が立たず

  • 男子クラス11 決勝進出を決め、勝利を噛み締める加藤

  • 女子クラス11 伊藤が独創的プレーで強者に迫る

  • 男子クラス4 逆転の口火を切った玉津

  • 男子クラス8 3番で勝利しメダルを決めた宿野部

  • 石河(左)は混合チームでメダル獲得

  • 国際大会デビューで見事メダル獲得の中村(右)

  • 今大会の日本代表選手、全員集合!

 昨日より東京・港区スポーツセンターで開催されているITTF PTT(パラテーブルテニス) ジャパンオープン東京大会。大会2日目の今日は男女シングルスのクラス別全22種目が終了し、日本勢では男子クラス10で垣田斉明、女子クラス8で友野有理が見事地元優勝を果たした。各クラスでの日本勢の入賞は下記のとおり。

【男子クラス4】
3位:齊藤元希

【男子クラス5】
3位:中本亨

【男子クラス9】
3位:岩渕幸洋

【男子クラス10】
優勝:垣田斉明

【男子クラス11】
3位:加藤耕也、竹守彪

【女子クラス2-3】
3位:茶田ゆきみ

【女子クラス5】
準優勝:別所キミヱ

【女子クラス8】
優勝:友野有理
3位:廣兼めぐみ

【女子クラス10】
3位:竹内望、工藤恭子

【女子クラス11】
3位:古川佳奈美、伊藤槙紀


 男子クラス10優勝の垣田は予選リーグを2位通過も、トーナメント準決勝でフルゲームの接戦をものにして決勝進出。決勝では予選リーグで敗れていたシラパコーン(タイ)にリベンジを果たし優勝を飾った。日本体育大1年生の友野は丁寧にコースを突くラリーでクラス8制覇。準決勝ではライバルでもある廣兼に勝利し、決勝ではメディナ(フィリピン)を振り切った。

 知的障がいのクラス11では男女ともに2つの銅メダルを獲得。女子の古川は予選リーグでロンドンパラリンピック銅メダルのコサチェワ(ロシア)、準々決勝でリオパラリンピック金メダルのコスミナ(ウクライナ)に勝利。準決勝でも現在世界ランキング1位のプロコフェワ(ロシア)相手にゲームカウント1-2の6-10から挽回し、最終ゲームまで持ち込むなど健闘を見せた。リオパラリンピック代表の竹守彪は同大会銅メダルのフォンエネム(オーストラリア)と接戦を展開したが、惜しくも及ばず。

 女子クラス10の竹内はリオでオリンピック、パラリンピックの両方に出場した実力者のタッパー(オーストラリア)相手に2-0とゲームをリードしたが、惜しくも逆転負け。それでも「バック面を表ソフトに変えて、それを効果的に使えた」と手応えを口にした。上位進出が期待された男子クラス9の岩渕は北京、ロンドンパラリンピック王者のマ・リン(オーストラリア)の回転量のあるドライブに苦しみ準決勝敗退。別所はジャン・ヨンア(韓国)の広角なコース取りの前に1-3で敗れ優勝を逃した。

 各国から集った選手たちの見せる個性的かつ多彩なプレーは必見。障がいを乗り越えた、むしろ障がいがあるからこその独創的なプレーは驚きの連続だ。現在、男女団体戦が進行中で、最終日の明日に各クラスの順位が決定する。ぜひとも会場に足を運んで、見たことのない、自由で可能性に満ちた卓球の世界を堪能してほしい。
  • 垣田、予選2位通過から逆襲の地元優勝

  • 高い集中力でVをつかんだ友野

  • 古川は強豪相手に堂々渡り合った

  • ゲームをリードした竹内だったが、タッパーの執念に屈す

  • 注目の岩渕は元パラ王者に屈す

  • 好プレーの竹守だったが、最後は相手のパワーに押された

  • 2位に終わった別所。髪飾りの数は「感謝を込めて」の39(サンキュー)個

  • 茶田は3位入賞も上位勢に及ばず

ITTF(国際卓球連盟)より、本日、2019年8月の世界ランキングが発表された。
日本男女とも首位は先月と変わらず、男子・張本智和、女子・石川佳純だったが、張本は先月から1ランクダウンの5位、石川は先月と同様の6位だった。
中国の男子・王楚欽が先月の71位から一気に26位にランクアップ。日本選手は丹羽孝希(12位→10位)、吉村和弘(50位→43位)、早田ひな(39位→34位)が少しずつランクを上げた。

その他の気になる選手の結果は↓ をクリック
http://world-tt.com/ps_player/worldrank.php
 7月25〜26日に大阪・守口市民体育館で開催された「大阪中学校優勝大会」にて、女子決勝で貝塚第二中が四天王寺中に3-0で勝利して優勝を飾った。例年、大阪および近畿大会では圧倒的な強さを誇る四天王寺中に、ついに土がついたことになる。

 両校は大阪、近畿、そして全国中学校大会(全中)で優勝を争うライバル校。この後、8月6〜7日に行われる近畿中学校大会の上位校が、20〜23日に行われる全中に出場することになるが、近畿大会や全中でも、両校のハイレベルな頂上決戦が見られるかも知れない。
  • 大阪大会を制した貝塚第二中(写真提供:皆川顕一氏)

 明日、8月1日から3日までの3日間、東京・港区スポーツセンター(5・6階)にてITTF PTT(パラテーブルテニス)ジャパンオープン 2019 東京大会が開催される。パラ卓球におけるワールドツアー的な位置づけの大会で、日本では初開催となる。

 競技は男女個人戦、男女団体戦(ともにクラス1~11)の4種目が行われ、日本からも先日のアジアパラ選手権でともにシングルス銀メダル、団体戦銅メダルを獲得した岩渕幸洋、八木克勝、リオパラリンピック代表の別所キミヱ、吉田信一、竹守彪、伊藤槙紀、日本パラ卓球のパイオニア・岡紀彦ら錚々たる顔ぶれがエントリー。オリンピック同様に、来年のパラリンピックへの出場権争いも佳境を迎えており、世界から参戦する選手たちも並々ならぬモチベーションで大会に臨むはず。ロンドン、リオパラリンピックのメダリストも多数出場する予定で、まさにワールドクラスの戦いが繰り広げられる。

 大会は3日間ともに入場無料。会場は駅からのアクセスも良いので、「パラ卓球を見たことがない」という方にも、ぜひ会場に足を運んでいただき、選手に声援を送ってもらいたい。


【ITTF PTT(パラテーブルテニス) ジャパンオープン 2019 東京大会】
◆日程:8月1日(木)〜8月3日(土)
◆会場:東京・港区スポーツセンター(5・6階)
◆種目:男女個人戦(クラス1〜11)、男女団体戦(クラス1〜11)
◆競技スケジュール(各日とも9時30分試合開始予定)
・8月1日(木):男女個人戦/予選リーグ〜決勝トーナメント
・8月2日(金):男女個人戦/決勝トーナメント(決勝まで)、男女団体戦/予選リーグ〜決勝トーナメント
・8月3日(土):男女団体戦/決勝トーナメント(決勝まで)、表彰式
◆入場料:無料

●大会HP(ITTFホームページ内)
https://www.ittf.com/tournament/5086/japan-para-open-2019/
  • 上位進出が期待される岩渕幸洋

7月26日〜28日に、全日本選手権(ホープス・カブ・バンビの部)が、グリーンアリーナ神戸で開催された。

ホープス男子では、大会5連覇中の松島がライバルの吉山を下して、張本智和以来となる6連覇を達成。
またホープス女子では、張本の妹・美和が小学5年ながら圧倒的な実力を見せて、バンビ・カブに続く三階級制覇を成し遂げた。

結果は以下のとおり。

【各種目ベスト4】
●ホープス男子
優勝:松島輝空(木下グループ)
2位:吉山和希(TC中原)
ベスト4:岡本智心(TEAM ZERO 1Jr)、谷本拓海(卓栄kid’s)

●ホープス女子
優勝:張本美和(木下グループ)
2位:青木咲智(石田卓球クラブ)
ベスト4:面手凛(T.Cマルカワ)、小塩悠菜(石田卓球クラブ)

●カブ男子
優勝:岩井田駿斗(誠卓球CL.)
2位:川上流星(新発田ジュニア)
ベスト4:郡司景斗(スマイルTC)、伊藤佑太(ヴィスポことひら)

●カブ女子
優勝:佐藤希未(マイダス)
2位:吉田璃乃(KYOWA KIRIN TTS)
ベスト4:香取悠珠子(卓桜会栃木卓球センター)、安藤海凜(明野ジュニア)

●バンビ男子
優勝:大野颯真(ABBEY )
2位:小林右京(ピンテック)
ベスト4:木方瑛介(T.T彩たま)、柴田洸(STライトニング)

●バンビ女子
優勝:石田心美(石田卓球クラブ)
2位:佐久間結生(卓桜会栃木卓球センター)
ベスト4:吉岡咲(マイダス)、木村朱里(さくら組ジュニア)

詳しい報道は、8月発売の卓球王国10月号に掲載いたします!
  • 各種目優勝者。後列左から松島、岩井田、大野、前列左から張本、佐藤、石田

 東京・大塚に昨年オープンした「星野リゾート OMO5 東京大塚」。この施設の地下スペースに、明日7月26日(金)、卓球コミュニティースペース『ping-pong ba(ピン・ポン・バ)』がオープンする。オープン前日の今日はメディア向けのオープニングイベントが行われた。

 プロデュースと運営サポートは、(株)スヴェンソンスポーツマーケティングが展開する複合型卓球施設 “T4 TOKYO”。、「卓球を通して“大塚の街”と“人”を繋ぐ」コミュニティ・ラウンジ(café&bar)で、フロア内では、「ガストロパブ」×「卓球」をテーマに、パブの本場・ロンドンで人気のビールや本格的な食事が提供される。また、5台の卓球台とDJブースも設置し、落ち着いた雰囲気の照明と心地よい音楽が包み込む空間で、お酒や食事&卓球を楽しめるスペースとなる。

 今日のイベントにはゲストとして高野之夫豊島区長、デザイナーのコシノジュンコさん、星野一朗日本卓球協会専務理事、宮﨑義仁日本卓球協会常務理事、Tリーグの松下浩二チェアマン、MCとして福澤朗アナウンサー、そして選手ゲストとして丹羽孝希選手、木原美悠選手が参加。さらに、スペシャルゲストとして小池百合子東京都知事も出席し、丹羽、木原両選手とエキシビションマッチを行うなど会場を盛り上げた。また、一般の参加者とゲストによる卓球交流会も行われ、明日のオープンに向けて盛況で幕を閉じた。

【ゲストコメント】
◆高野之夫豊島区長
「大塚は今、東京で一番注目されていると言っても過言でない街だと思います。昨日、オリンピックのちょうど1年前と言うことで、国際フォーラムで大きなイベントを行いました。これからいよいよ盛り上がっていく中で、豊島区も大きく盛り上がっていきたいと思っています」

◆コシノジュンコさん
「卓球というのは、小さな台で、大きなコミュニケーションが生まれるもの。卓球もコミュニケーションも打たないと返ってこないし、相手がいて初めて成り立つもの。そういう意味で素晴らしいものだと思います」

◆星野一朗 日本卓球協会専務理事
「我々は卓球を通じて社会貢献をしたいと思っています。強化の部分が注目されがちですが、こういう町おこしですとか、ラリーをとおして人がつながっていくのは素晴らしいこと。卓球を通じて街がより盛り上がってくれたらうれしく思います」

◆宮﨑義仁 日本卓球協会常務理事
「私は強化を担当していますが、その拠点は北区にある味の素ナショナルトレーニングセンターです。練習後には『ちょっと一杯』ということもありますが、大塚ならすぐに来れる。ナショナルチームのメンバーをどんどん連れてくるというのは難しいかもしれないけど(笑)、楽しみが増えましたね」

◆松下浩二 Tリーグチェアマン
「Tリーグとしましても、このような卓球を楽しめる場所が増えるのは良いことだと思います。家族や友だち、職場の方々がこの場所でコミュニケーションを深めていってほしいです。Tリーグの目標は全国すべての市区町村にTリーグのチームを作ること。ぜひ豊島区にもチームを作っていただいて、卓球で大塚を盛り上げていってもらいたいなと思っています」


 この『ping-pong ba』は豊島区大塚に本社を置く山口不動産株式会社が手掛ける建築ブランド「ba」シリーズのひとつとしてオープン。「ba」には「場」、そして「being&association」の意味が込められており、大塚で人と街をつなぐ場所を創ることを目指している。「ping-pong ba」のある「星野リゾート OMO5 東京大塚」が「ba01(泊まる場)」、そこからほど近いところにある「東京大塚のれん街」が「ba02(集う場)」、「ba03(住まう場)」として高級賃貸マンションの「ba apartment」があり、2020年には「ba05(繋ぐ場)」として駅ビルをオープン予定。
 また夏季限定(7月26日〜9月30日)で足湯ならぬ「足水」に浸かりながらドリンクやフードを楽しめる「水ba」もオープン。こちらはping-pong baからすぐのところにあり、卓球から水baや、のれん街から卓球、なんて楽しみ方もできる。
 「『ba』には人々がつながる場を提供したい、そして街の成長につながってほしいという我々の願いと思い、意思が込められています。『ping-pong ba』は大塚と人をつなげるコミュニティスペースを創りたい、そして卓球とおして様々な交流が生まれる場を創りたいという気持ちで生まれました。我々が生み出す『ba』をきっかけに、大塚に住む人や訪れる人に『最近大塚って面白くなってきたね』と言われる街を創っていきたいと思います」(山口不動産株式会社・武藤浩司 代表取締役CEO)

 ここ数日、本格的な夏の暑さを感じるようになってきた東京。この夏は今注目の街・大塚でアクティブに過ごしてみてはいかがだろうか。

■『ping-pong ba』 店舗概要
【住      所】東京都豊島区北大塚2-26-1 ba01 B1F
【アクセス】JR大塚駅より徒歩1分
【電      話】080-7171-5744 (※7月26日(金)までは03-6452-5743(T4 TOKYO)へお問い合わせください)
【アドレス】ppba@svensonsm.co
【 U  R  L 】https://ppba.t-4.jp
【営業時間】11:30~23:30 / L.O23:00 (※営業時間は変更になる場合があります)
【定 休 日 】火曜日(年末年始を除く) 

■オープニングパーティー
日時:7月26日(金) 19:00~23:30 (18:30より受付開始/L.O 23:00)
料金:2,000円(税込) フード・ドリンク(2杯)付
  • イベントに参加したゲストの皆さん。ポロシャツはコシノさんのデザイン

  • サービスで始球式!

  • 小池都知事、丹羽・木原から得点しガッツポーズ

  • コシノさんもナイスプレーを披露

  • 一般参加者とゲストの交流会も開催された

  • テーマはガストロパブ×卓球。シャレオツです

  • フィッシュ&チップスなど、イギリスの文化を楽しめるメニューを揃えている

〜アジアのホープが東京に集結!!〜
「2019ジュニアスポーツアジア交流大会」
卓球交流試合:8/30(金)〜9/1(日)入場無料
会場:駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場(東京都世田谷区駒沢公園1-1)

 国内外都市からのジュニア世代が卓球で対戦する「2019ジュニアスポーツアジア交流大会」(主催:東京都ほか)が、東京(駒沢オリンピック公園総合運動場[屋内球技場])で行われる。障害者アスリートの交流試合も開催される。
卓球の他には、バドミントンの交流試合(駒沢オリンピック公園総合運動場[体育館])が行われ、楽しいイベント(卓球教室は事前申込制・参加無料)や家族で楽しめるイベントなども予定されている。


※8/31(土)開催の卓球教室は参加者募集中!(申込期限8/6 ※詳しくはホームページを)
https://jsa2019.jp
 9月1日(日)に千葉県流山市民総合体育館(キッコーマンアリーナ)において、流山アストロズ卓球クラブ主催の公開練習と講習会が開催される。第1部の公開練習では、プロコーチと流山アストロズのトップ選手たちの公開練習を見学。また、第2部の講習会では卓球台を16台使用し、グループに分けて行われる。トップ選手の練習見学&指導を受けるチャンス! 興味のある方はぜひご参加ください。

★ 流山アストロズ公開練習&講習会

日時:9月1日(日) 10時〜15時
開催場所:流山市民総合体育館(キッコーマンアリーナ)サブアリーナ
第1部:公開練習(10〜12時)
第2部:講習会(13〜15時)
申し込み締切り:8月18日(日) ※予約制になります

主な選手・コーチ
① 時吉佑一(LaVIESプロコーチ/東山高→早稲田大→グランプリ)
② 森下雄太(東山高→中央大→リコー)
③ 大塚裕貴(卓球三昧プロコーチ/千葉経済大附属高→明治大)
④ 竹之内亮佑(千葉経済大附属高→明治大)
⑤ 川久保直哉(千葉経済大附属高→明治大)
※他、流山アストロズの選手がお手伝いします

流山アストロズのHPはコチラ
※What’s Newよりご確認ください

申し込み先等の詳細はコチラでもご確認できます

 東京・大塚にある話題のホテル「星野リゾート OMO5 東京大塚」に、7月26日(金)19:00〜、卓球コミュニティースペース『ping-pong ba』がオープンする。
 
 プロデュースと運営サポートは、(株)スヴェンソンスポーツマーケティング(本部:東京都港区、山下亮・代表取締役社長)が展開する複合型卓球施設 “T4 TOKYO”(東京都渋谷区)。

 『ping-pong ba』のコンセプトは、「卓球を通して“大塚の街”と“人”を繋ぐ」コミュニティ・ラウンジ(café&bar)で、フロア内では、「ガストロパブ」×「卓球」をテーマに、パブの本場・ロンドンで人気のビールや本格的な食事が提供される。また、5台の卓球台とDJブースも設置し、落ち着いた雰囲気の照明と心地よい音楽が包み込む空間で、お酒や食事&卓球を楽しめるスペースとなる。

 オープン初日の7月26日(金)は、オープンを記念したお客様参加型のオープニングパーティとなり、当日は入場時の料金(2,000円)で、食事や飲み物(2杯)を楽しめるほか、フリーで卓球台を利用できる。(下記参照/通常の営業は27日より)

 新しいコンセプトの卓球コミュニティースペースへ、ぜひ行ってみよう。


■『ping-pong ba』 店舗概要
【住      所】東京都豊島区北大塚2-26-1 ba01 B1F
【アクセス】JR大塚駅より徒歩1分
【電      話】080-7171-5744 (※7月26日(金)までは03-6452-5743(T4 TOKYO)へお問い合わせください。)
【アドレス】ppba@svensonsm.co
【 U  R  L 】https://ppba.t-4.jp
【営業時間】11:30~23:30 / L.O23:00 (※営業時間は変更になる場合があります)
【定 休 日 】火曜日(年末年始を除く) 

■オープニングパーティー
日時:7月26日(金) 19:00~23:30 (18:30より受付開始/L.O 23:00)
料金:2,000円(税込) フード・ドリンク(2杯)付