卓球王国9月号 7/20発売 !!
Tリーグ応援サイト 開設 !!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
最終日のコートに立った平野美宇は無念、劉詩雯の執拗なフォア前へのサービスに対応できず。準決勝で敗退した。

1ゲーム目、平野は「対策を練ってきた」という言葉どおり、劉詩雯と互角の展開を見せる。しかし、2ゲーム目から劉詩雯はサービスの立ち位置を変え、ミドルから平野のフォア前に集めていき、流れは一気に劉詩雯へ傾いた。

このミドルからフォアへの巻き込みサービスに平野は体を入れることができず、チキータで打ち返せない。フォアフリックで持ち上げても次のボールを劉詩雯が狙ってくる。一発強打のフリックも見せたが、ミスも多かった。
後半はガツンと劉詩雯のバックへツッツキを送り、持ち上げさせてからの展開にして活路を見出そうとした平野。しかし、5ゲーム目の10−10で、劉詩雯はそのツッツキをしっかり回り込んでフォアドライブで打ち込み、勝負あり。女王の勝負勘が冴えた1本だった。

「2ゲーム目から相手のサービスが変わった時に対応できなかった」と敗退後に悔やんだ平野。
それにしても、2ゲーム目からは劉詩雯のサービスは徹底していた。まるで「あなたはこのサービスにどれくらいの種類のレシーブができるの?」と問うているかように、フォア前へ出し続けた。

その劉詩雯は決勝で孫穎莎と激戦を展開。序盤はスピードに押されて2ゲームを失うがそこから立て直し、3ゲームを連取。4ゲーム目からは孫穎莎のコースを完全に読み切り、ラリーで優位に立った。
しかし、そこから負けん気を発揮し、ギアを上げたのは孫穎莎。
パワーで押し切り、強打を打ち続けた孫穎莎が逆転勝利。彗星のごとく現れて優勝した17年大会に続き、2度目の優勝を果たした。

男子シングルスは準決勝で樊振東をフルゲームの末に破った許昕が優勝。
天才と称される林昀儒との対戦は注目を集めたが、さすがに経験値では許昕のほうが上だった。
林昀儒の必殺のサービスに戸惑う場面もあったが、要所で3球目攻撃を的確に決めた許昕が優勝をつかんだ。
負けはしたが、非凡な才能を見せた林昀儒。1年前とはまるで別人に成長し、まだまだ底が見えない。今大会は林高遠、孫聞というふたりの中国選手、そしてカルデラノにも勝利。五輪まであと1年ある。一気にメダル候補に名乗りを上げる気がしてならない。

大会日最終日の結果は以下の通り

●女子シングルス準決勝
孫穎莎(中国) −5、8、7、12、6 陳夢(中国)
劉詩雯(中国) −9、5、4、3、10 平野美宇

●女子シングルス決勝
孫穎莎(中国) 4、9、−4、−6、−7、8、3 劉詩雯(中国)

●男子シングルス準決勝
林昀儒(チャイニーズタイペイ) −6、2、4、9、4 孫聞(中国)
許昕(中国) −5、4、7、−5、−6、8、3 樊振東(中国)

●男子シングルス決勝
許昕(中国) 9、12、−8、3、8 林昀儒(チャイニーズタイペイ)

●女子ダブルス決勝
陳夢/劉詩雯(中国) 9、6、−7、9 孫穎莎/王曼昱(中国)

●男子ダブルス決勝
樊振東/許昕 10、9、7 ドゥダ/チウ(ドイツ)
  • 徹底的にフォア前を突かれた平野

  • 威力・スピードともに成長した孫穎莎が優勝

  • 曲がって跳ね上がる。許昕のドライブが唸る!

  • 恐ろしい存在になった林昀儒。日本にとっても怖い存在だ

LIONジャパンオープン荻村杯
●女子シングルス準々決勝
平野美宇 10、6、5、8 佐藤瞳

なんと見事なカット打ちなのか。力をつけた平野が地元の声援を受けて勝ち上がってきた佐藤を力でねじ伏せて完封。
まるでカット打ち名人・劉詩雯を彷彿とさせる鋭い打球を連発し、佐藤の粘りを封じた。

昨日の丁寧戦は相手がループから入ってきて、ラリーの展開にしてくれたから佐藤は自分の得意のフィールドに持ち込めた。しかし、今日の平野は打球点の早さで、一発目から強烈な打球を打ち込んできた。

「相手の打球タイミングが早くて、十分な体勢でのカットができなかった。カットが浅く入ってしまい、そこからワイドに打たれた。パワーとタイミングの早さに圧倒されて、何もできずに終わってしまいました」と佐藤は悔しさあふれるコメント。

早い打球点でとらえるには、打つ方にもリスクがある。打球点が落ちて持ち上げるほうが安定し、ラリーの起点は作りやすい。しかし、平野はリスクをおかしてもスピードを追求した。1ゲーム目こそ平野に打ちミスがあったが、その後は打球点を譲らず。「手も足も出なかった」と佐藤は完敗の弁。

また、中国選手との用具の違いにも戸惑ったという。「中国選手とは違った威力がありました。用具が違うので、平野選手のほうが重くて台についてから伸びるというか浮き上がる打球なって対応できなかった」(佐藤)

ミキハウスの選手は中国ラバーとドイツラバーが多いので、平野が使うテナジーのボールを受ける機会が減っていることもあるだろう。強烈な回転量で台についてからホップするような打球にラケット角度が合わない場面も多く見た。
プレーの対策はもちろんだが用具の対策も必要になるだろう。

勝利した平野は明日の準決勝で劉詩雯と対戦予定だ。
最終日に大きな花火をあげてほしい。

大会4日目の後半戦結果は以下の通り

●女子シングルス準々決勝
平野美宇 4−0 佐藤瞳
孫穎莎(中国) 4−0 王曼昱(中国)

●男子シングルス準々決勝
樊振東(中国)4−1 馬龍(中国)
許昕(中国)4−0 張禹珍(韓国)
  • 一発目から打ち込まれて、粘りが活かせなかった佐藤

  • 平野のカット打ちは目に見えて進化していた

  • 馬龍は樊振東のバックに押され、力なく敗れる

  • 次世代女王対決は孫穎莎が圧倒した

LIONジャパンオープン荻村杯
●混合ダブルス決勝
許昕/朱雨玲(中国)10、6、5 張本/早田

混合ダブルス決勝に臨んだ張本智和/早田ひなは惜しくも準優勝。
またもダブルスキング・許昕が行く手を阻んだ。混合ダブルスにおいて、許昕はまさにジョーカー的な存在だ。

「許昕選手のボールを初めて取りました。今までにないボールでした」と試合後に語った早田。それでも早田は前陣でよく対応していたが、ゴムまりのように高く跳ね上がる許昕のボールをすべてシャットアウトすることは難しい。ブロックミス、カウンターミスの1〜2点が後半じわじわと効いてくる。
許昕とはシングルスでの対戦経験がある張本だが、混合ダブルスでは男子選手の立ち位置が変わるため、ボールの印象も違うのだろう。やや台から距離を取ってしまうと、伸びてくるボールをとらえることが難しく、ラリーでのミスを重ねた。

東京五輪で新種目に登録された混合ダブルス。金メダルを目指すには許昕攻略が必須だろう。
「今日は初めてだったから難しかったですが、1度取ったボールなので次はもっと対応できると思います」(早田)。

また、女子ダブルス準決勝では木原美悠/長崎美柚が孫穎莎/王曼昱(中国)と対戦。ふたりの速攻がよく効き、ゲームオールまで持ち込んだが、最後はレシーブのコースを読まれた。

大会4日目のここまでの結果は以下の通り
●混合ダブルス準決勝
張本智和/早田ひな 3−1 樊振東/丁寧(中国)
許昕/朱雨玲 3−0 林昀儒/鄭怡静(チャイニーズタイペイ)

●混合ダブルス決勝
許昕/朱雨玲(中国)3−0 張本/早田

●女子ダブルス準決勝
孫穎莎/王曼昱(中国) 3−2 木原美悠/長崎美柚
陳夢/劉詩雯(中国) 3−1 陳思羽/鄭先知(チャイニーズタイペイ)

●男子ダブルス準決勝
樊振東/許昕(中国) 3−0 梁靖崑/林高遠(中国)
ドゥダ/チウ(ドイツ) 3−1 陳建安/荘智淵(チャイニーズタイペイ)

●女子シングルス準々決勝
陳夢(中国)4−3 顧玉婷(中国)
劉詩雯(中国) 4−1 劉斐(中国)

●男子シングルス準々決勝
孫聞(中国)4−2 梁靖崑(中国)
林昀儒(チャイニーズタイペイ)4−0 カルデラノ(ブラジル)
  • 悔しさ残る準優勝

  • 「幸運が味方をしてくれた。この幸運が東京五輪まで続くと良いね」と許昕

  • 攻めている時は良かったが、許昕の攻撃に対する守備に課題を残した

  • 優勝を決めた瞬間、中国首脳陣たちにアピール

  • 木原/長崎は3位。ペアリングの良さを感じる

  • 今大会の台風の目となっている孫聞は梁靖崑にも勝利した

LION卓球ジャパンオープン荻村杯も3日目に突入。土日のアリーナ席はすでに売り切れとの情報もあり、なんとかひとりでも多くの日本選手が勝ち残ってほしいところだが、中国選手の壁はやはり高い。

シングルスは1回戦で波乱が起こる。昨年、劇的な優勝を遂げ、今大会でも上位進出が期待されていた張本智和が中国の孫聞(中国)にストレート負けを喫した。これを皮切りに1〜2回戦で日本男子のシングルスは次々に敗退してしまう。明日の準々決勝にひとりも進むことができなかったというのは、かなり厳しい結果だろう。

女子も石川佳純が孫穎莎(中国)、伊藤美誠が顧玉ティン(中国)に敗退。五輪前だけあって中国の状態は良く、ライバル日本への対策はより細かくなっている。

しかし、不穏な空気を一変させたのは地元北海道出身の佐藤瞳だ。11・15・17年世界選手権優勝の丁寧(中国)を渾身のカットで粘りきり、金星を掴んだ。会場からはどの選手よりも大きな声援を受けた佐藤。最後の1本が決まった時には、今まで見たことがないほどの大きなガッツポーズを何度も見せた。

「信じられない気持ち。私にとって北海道は地元だし特別な場所です。とにかく粘る、丁寧選手にぶつかっていきました。観客席からの応援もすごかったし、ここで(北海道)なら勝てるんじゃないかと思いました」(佐藤)

彼女にとってのパワースポットが今までにない力をくれたに違いない。
日本選手は佐藤瞳に加え、平野美宇が勝ち上がっている。そのふたりが明日の準々決勝で対決することになった。

また、女子ダブルスでは木原美悠/長崎美柚が明日の準決勝に挑む。相手は世界チャンピオンの孫穎莎/王曼昱だ。
  • やった!ひとみ!丁寧超えだ!

  • 初戦敗退した張本。中国は張本対策も入念だ

  • これが五輪への試練か。伊藤は波に乗れぬまま敗退

  • もうひとりの中国超えは長崎。朱雨玲を下した

  • 鄭栄植は馬龍を追い詰めながらも逆転負け。惜しい試合だった

  • 持久戦と頭脳戦。頭をかかえた丁寧

大会2日目は混合ダブルスの予選から始まり、男女シングルスの予選3回戦へ。このラウンドで勝てば明日の本戦へと進むことができる。

日本のシングルス通過者は以下の通り。
男子:大島祐哉、平野友樹、吉田雅己、吉村和弘、神巧也、及川瑞基
女子:早田ひな、森さくら、長崎美柚、木原美悠

張本智和、水谷隼、丹羽孝希、石川佳純、伊藤美誠、平野美宇、佐藤瞳、芝田沙季は世界ランキングによりシード。
46人いた日本選手は、予選の3ラウンドで18人(内8人がシード)まで絞られている。4月の世界選手権でベスト8に入った加藤美優も予選で姿を消すなど、例年以上のレベルの高さを感じた。

しかし、そこを抜けていく選手がいることも確かだ。今年からプロ宣言をした神巧也はワン・ヤン(スロバキア)、劉丁碩(中国)を連破して、本戦への切符を掴んだ。
「相手は中国選手だったが、負けてたまるかという気持ちだった」と神。今までは実業団に所属し、国内の舞台で戦っていた神だが、プロになることでTリーグとワールドツアーが彼のメインの舞台となる。

「正直、それまではトップ選手アレルギーというか、海外で強い選手とやると萎縮してしまっていました。Tリーグでの経験や、最近のワールドツアーで自分も意外とやれるんだという気持ちになって、そのフィルターを取り外せたのが大きな要因です。プラチナシリーズのトーナメントに出れることは大きい。世界ランキングを上げていきたい」(神)

勝って存在を証明した神。試合後には中国メディアも神にインタビューをしており、「これっていつも水谷さんとかが受けるやつですよね。ぼくでいいんですか?」と笑わせてみせたが、そこのアレルギーも次第に溶けていくだろう。

明日からはついに本戦が始まる。世界のトップはもちろんだが、そこにぶつかる神のような選手にも注目してもらいたい。
  • 神の「やってやる」という気持ちが中国超えを果たした

  • 今日も好調の平野。アポロニアを下した

  • 吉村和弘もしっかり勝利!

  • 若いがいぶし銀の及川、実力をつけている

北海道・札幌市の北海きたえーる(北海道立総合体育センター)でLIONジャパンオープン荻村杯が開幕した。
初日は男女シングルスの予選1〜2回戦が行われたが、予選とは思えないほどの高レベルな戦いが展開されている。

ヨーロッパ勢は来週から行われるヨーロッパ競技大会に出場するためにほとんどの選手が回避したものの、それ以上に中国選手、韓国選手のエントリーが多い。五輪前のプラチナ大会は各選手とも気合いが違う。

日本は総勢46人の選手がエントリー。男子は張本智和、丹羽孝希、水谷隼、女子は石川佳純、伊藤美誠、平野美宇、芝田沙季、佐藤瞳の8人のみが本戦シード。その他の選手は予選から出場になる厳しい戦いだ。世界ランキングは持っていないが実力高い中国選手と予選で当たることも多く、男子では吉村真晴や松平健太、上田仁などが敗退するなど、やや厳しい結果となった。

明日の予選3回戦を突破できれば本戦へ出場できるが、その切符を手にするための山は想像以上に高い。
  • 0-3から2ゲームを返した吉村だが、孫聞(中国)に悔しい敗退

  • 平野友樹は曲者のピシュテイに勝利!

  • ベテランのカラカセビッチの攻守に翻弄された木造

  • 全日本ジュニア女王の出澤は1回戦でシャン・シャオナから金星を挙げる

 大阪市にある卓球場『ミズノ卓球プラザ淀屋橋』で、ミズノの注目のラバー「Qシリーズ」の試打会&講習会が行われる。
 このイベントは3部に分かれ、試打をはじめ、練習会や苦手克服講習会などが行われる予定だ。同社のアドバイザリースタッフ・坂本竜介氏(元日本代表・現T.T彩たま監督)も参加。新製品の『Q5』を体感できるこのチャンスをお見逃しなく。定員制なので、近くの人は今すぐ申し込もう!
 ちなみに、『ミズノ卓球プラザ淀屋橋』は総合スポーツーメーカー・ミズノが運営・管理する卓球施設。2018年秋にオープンした『ミズノ卓球プラザ北千里』(大阪府吹田市)に続き、2店舗めとして今年4月にオープンした。

『ミズノ卓球ラバー Qシリーズ試打会&講習会・コミュ卓』
●日時 6月23日(日) 10:00〜16:00
●場所 ミズノ卓球プラザ淀屋橋 TEL.06-6223-7325(6月12日休業) 
大阪市中央区北浜4丁目1-23ミズノ淀屋橋店4F
●イベント内容(各イベントとも定員は30名の予定) 
1部 10:00〜11:30 Qシリーズ試打会&特別練習会 参加無料
2部 12:30〜14:00 苦手克服講習会〜はじめてのチキータ〜 有料 
3部 14:30〜16:00 コミュ卓 有料  
 
※申し込みは、ミズノ卓球プラザ店頭か電話、ネットから
https://sports-service.mizuno.jp/tabletennis/yodoyabashi/
  • 会場となるミズノ卓球プラザ淀屋橋 内観

 6月4〜9日に中国・香港でITTFワールドツアー・香港オープンが開催され、男子シングルスで張本智和(木下グループ)が、女子シングルスで伊藤美誠(スターツ)が準優勝を果たした。女子シングルスでは平野美宇(日本生命)も3位にはいった。

 日本選手の同士討ちが多く見られた今大会。男子シングルスでは第2シードの張本が、準々決勝で丹羽孝希(スヴェンソン)を下して勝ち上がってきた水谷隼(木下グループ)に対しゲームカウント1-1から3ゲームを連取し勝利。準決勝では周雨(中国)に4-1で勝利するも、決勝では馬特、王楚欽、梁靖崑と同士討ちに3連勝し決勝進出を決めた林高遠(中国)にゲームカウント2-1から逆転され、頂点には手が届かず。準優勝の結果に終わった。
 
 女子シングルスでは伊藤と平野が2回戦で伊藤は孫銘陽、平野は馮亜蘭とそれぞれ中国選手に勝利し、準決勝まで進出。直接対決となった準決勝では1、2ゲームを伊藤がジュースで奪うと3ゲーム目も連取。平野もそこから2ゲームを奪うも4-2で伊藤が勝利し決勝に進出を決めた。伊藤の決勝の相手は王芸迪(中国)。前週に行われた中国オープンでは、伊藤がゲームオールで勝利していたが、今大会は1ゲームも奪えず、ストレートで敗れる結果に終わった。

 また、混合ダブルスでは林昀儒/鄭怡静(チャイニーズタイペイ)が中国オープンに続き2連覇。日本からは張本/早田ひな(/日本生命)が出場するも初戦敗退に終わった。
 
 各種目の優勝記録と日本選手の上位記録は以下のとおり。

☆ITTFワールドツアー・香港オープン記録
●男子シングルス優勝:林高遠(中国) 2位:張本智和
●女子シングルス優勝:王芸迪(中国) 2位:伊藤美誠 3位:平野美宇
●男子ダブルス優勝:梁靖崑/林高遠(中国)
●女子ダブルス優勝:陳可/木子(中国) 3位:木原美悠/長崎美優
●混合ダブルス優勝:林昀儒/鄭怡静(チャイニーズタイペイ)


ITTF大会サイト
https://www.ittf.com/tournament/5004/2019/2019-ittf-world-tour-hong-kong-open/
 6月6日より埼玉・和光市総合体育館で開催されていた関東学生選手権。最終日の今日は男女シングルス決勝までが行われ、男子は五十嵐史弥(早稲田大)、女子は瀬山咲希(中央大)は優勝となった。

【男子シングルス】
優勝:五十嵐史弥(早稲田大)
準優勝:中橋敬人(駒澤大)
3位:出雲卓斗(明治大)、金光宏暢(日本大)
ベスト8:青山昇太(法政大)、遠藤竜馬(明治大)、小野寺翔平(中央大)、遠藤碧人(専修大)
◆決勝
五十嵐史弥 5、9、9、8 中橋敬人

【女子シングルス】
優勝:瀬山咲希(中央大)
準優勝:加藤結有子(早稲田大)
3位:松岡優香(東京富士大)、笹尾明日香(早稲田大)
ベスト8:中澤紬(中央大)、三輪咲里南(大正大)、千葉菜月(東京富士大)、木村香純(専修大)
◆決勝
瀬山咲希 -9、-8、9、8、-5、6、8 加藤結有子

【男子ダブルス】
優勝:硴塚将人/緒方遼太郎(早稲田大)
準優勝:石山慎/吉田聖斗(専修大)
3位:村田聖/熊本竜己(筑波大)、浅津碧利/小野寺翔平(中央大)
◆決勝
硴塚将人/緒方遼太郎 12、-6、-9、8、8 石山慎/吉田聖斗

【女子ダブルス】
優勝:笹尾明日香/岩越帆香(早稲田大)
準優勝:瀬山咲希/山本笙子(中央大)
3位:松岡優香/千葉菜月、小村歩未/畠山ひなの(ともに東京富士大)
◆決勝
笹尾明日香/岩越帆香 4、-5、-9、6、6 瀬山咲希/山本笙子


 男子シングルスはパワフルな両ハンドドライブを炸裂させた五十嵐が戴冠。五十嵐は準決勝で高校時代の同僚、出雲に勝利。1年生ながら快進撃を見せて決勝へ勝ちあがってきた中橋に対し、各ゲーム競り合いながらも勝負どころをきっちり抑えてストレートで優勝を決めた。早稲田大の男子シングルスは平成25年大会の大島祐哉以来6年ぶり。男子ダブルスでも硴塚将人/緒方遼太郎が優勝を果たし、早稲田大が2位に終わった春季リーグの鬱憤を晴らした。
 準優勝の中橋は2回戦からの登場ながら、破竹の勢いで決勝進出。準々決勝、準決勝と1年生との対戦を制し、駒澤大初の優勝を狙ったが、頂点には届かなかった。

 女子シングルスはダブルスで準優勝に終わった瀬山が優勝。決勝の加藤戦は2ゲームを先取されるなどリードを許したが、フルゲームで逆転勝利。最終ゲーム終盤は粘りのラリーでネットインなどの運も見方につけた。派手さはないが、驚異的な安定感の前陣連打で頂点に立った。これで女子シングルスは伊藤佑里子、山本笙子に続き3年連続で中央大が優勝となった。ちなみに瀬山の兄・辰男は中央大時代に平成21年度大会男子シングルスで準優勝。
 加藤は得意のサービスからの両ハンドが絶好調で準優勝。ミート打ちも織り交ぜたプレーで準決勝では笹尾との同士討ちにフルゲーム15-13で勝利。決勝でも緩急をつけた攻めで瀬山を苦しめ、最終ゲームも最後まで食らいついたがわずかに及ばなかった。

 シングルス優勝の五十嵐、瀬山ともに7月にイタリアで開催されるユニバーシアードの日本代表。同大会での活躍にも期待したい。
  • 男子シングルス優勝:五十嵐史弥

  • 女子シングルス優勝:瀬山咲希

  • 男子シングルス準優勝:中橋敬人

  • 女子シングルス準優勝:加藤結有子

  • 男子シングルス3位:出雲卓斗

  • 女子シングルス3位:笹尾明日香

  • 男子シングルス3位:金光宏暢

  • 女子シングルス3位:松岡優香

 2004年アテネ五輪金メダリストの柳承敏氏(韓国)が、韓国卓球協会の会長に就任した。

 趙亮鎬・前会長の逝去に伴う会長選挙には柳承敏氏と元韓国男子チームコーチの尹吉重氏が立候補し、5月31日に選挙が行われた。柳承敏氏は119票を獲得し、38票獲得の尹吉重氏を大きく引き離し、36歳という若さでの新会長就任となった。任期は、前会長の任期である2020年12月まで。

 2016年に国際オリンピック委員会(IOC)の委員となり、先日の世界選手権ブダペスト大会において国際卓球連盟(ITTF)の執行役員にも就任した柳承敏氏。韓国卓球協会の会長就任に際し、「まだ未熟ではありますが、多くの機関と良好なコミュニケーションをとれることを武器に、韓国卓球界の発展のために尽力していきたい」と語った。
  • 韓国卓球協会会長に就任した柳承敏氏(写真は19年世界選手権大会時)