卓球王国7月号 好評発売中!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
【男子】
◆決勝
森薗政崇(BOBSON) 4-3 神巧也(T.T彩たま)

【女子】
◆決勝
平野美宇(日本生命) 4-2 早田ひな(日本生命)

 男子決勝は森薗がゲームカウント0-3からの大逆転で優勝。序盤は思うようなプレーができず、いら立つようなシーンもあった森薗。しかし、4ゲーム目以降は読みがズバズバ当たり、電光石火の回り込みフォアハンドで得点を量産。ラリーでもうまく神の予想を外し、4ゲームを連取。前回の選考会に続く優勝で、初の世界選手権団体戦代表を決めた。
 女子は世界ランキング11位の底力を見せた平野が初の選考会優勝。チキータで積極的に先手を奪い、早田の両サイドを打ち抜いた平野。3-1と王手をかけた4ゲーム目に早田が好プレーを連発、1ゲームを奪い返されたが、6ゲーム目は序盤からアグレッシブにフォアで攻め込み、一気にリードを広げて勝利を収めた。五輪シングルス代表を逃したばかりだが、自力で勝ち取った代表権にホッとしたような笑顔を見せた。
 優勝した森薗、平野と、惜しくも決勝で敗れた神、早田は明日の最終トーナメントに進出。張本智和、伊藤美誠らと優勝を争う。

 両選手のコメントは後ほど掲載します!
【女子】
◆準決勝
平野美宇(日本生命) 4-2 加藤美優(日本ペイントホールディングス)
早田ひな(日本生命) 4-0 佐藤瞳(ミキハウス)

 女子の代表決定戦は平野と早田の対戦に決定。平野と加藤の試合は激しいラリー戦。平野がゲームカウント3-1とリードした5ゲーム目、10-9とマッチポイントを奪うも決めきれず。6ゲーム目も平野が10-8でマッチポイントを握ったが、加藤が追いつく展開が続き、最後は17-15で平野が勝利。この試合7度目のマッチポイントで勝利を決めた。加藤は平野相手に真っ向から打ち合いで得点するなど、プレーの成長を感じさせたが惜敗。試合後は大粒の涙を流した。
 早田は2試合続けてカットに豪打を浴びせ、快勝で決定戦進出を決めた。佐藤は3ゲーム目、早田の打ちミスに乗じてリードを奪ったが、追い上げられてタイムアウト。しかし、このゲームを奪いきれずにストレートで敗北を喫した。
【男子】
◆準決勝
神巧也(T.T彩たま) 4-2 吉村和弘(東京アート)
森薗政崇(BOBSON) 4-3 吉村真晴(名古屋ダイハツ)

 初日の男子決勝は森薗と神の闘魂対決に。神は序盤から気合い全開。足を使って攻め込み、ゲームカウント1-2から3ゲームを連取し決勝進出を決めた。吉村和もバックストレートへのドライブで応戦するも、神が逃げ切った。
 森薗は序盤、吉村真に読みを外され、苦しい展開。しかし、持ち前の集中力は切れず、ジワジワと追い上げ、勝負は最終ゲームへ。7ゲーム目序盤は吉村真がリードしたが、ロビングを痛恨のスマッシュミス。ここから吉村真は精細を欠いたプレーが目立ち、一方の森薗はボールに食らいついて好プレーを連発。逆転で準決勝突破を決めた。
【男子】
◆準々決勝
神巧也(T.T彩たま) 4−3 木造勇人(愛知工業大)
森薗政崇(BOBSON) 4-1 及川瑞基(専修大)
吉村真晴(名古屋ダイハツ) 4-3 戸上隼輔(野田学園高)
吉村和弘(東京アート) 4-3 宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)

 男子準々決勝は3試合がフルゲーム。宇田、戸上のジュニア勢はフルゲームの競り合いをものにできず、準々決勝で姿を消した。神は木造の追い上げを魂のプレーで振り切り、拳を握りしめた。昨年、選考会を制した森薗は中学・高校の後輩、及川を落ち着いて下す。無理に打ち合わずにうまく間合いを計ったラリーで、初戦突破を決めた。

【女子】
◆準々決勝
平野美宇(日本生命) 4-2 成本綾海(中国電力)
早田ひな(日本生命) 4-0 橋本帆乃香(ミキハウス)
加藤美優(日本ペイントホールディングス) 4-2 芝田沙季(ミキハウス)
佐藤瞳(ミキハウス) 4-2 森田彩音(中央大)

 1回戦を勝ち上がった成本が平野相手に健闘。序盤はサービスとバックの変化で平野のミスを誘い、2-1とゲームをリード。しかし平野も変化を見極めながら懐の深い両ハンドで対応。最後は平野が攻め勝ったが、成本、堂々のプレーを見せた。加藤と芝田の試合は加藤のリズムに芝田が対応できず、自分のペースで試合を進めた加藤が勝利。早田は圧巻のカット打ちで橋本を完封。森田はミート打りを織り交ぜたカット打ちで佐藤を苦しめたが、最後は地力を見せた佐藤が準決勝進出を決めた。
 本日より宮城・カメイアリーナ仙台で第24回ジャパントップ12がスタート。初日の今日は男女各10名によるトーナメント。2020年世界選手権(団体戦)の選考会を兼ねており、今日の優勝者は世界戦代表に内定し、1、2位の選手が明日の最終トーナメントに進出できる。オリンピック代表に確定している張本智和(木下グループ)、丹羽孝希(スヴェンソン)、伊藤美誠(スターツ)、石川佳純(全農)は明日からの出場。
 男子では水谷隼(木下グループ)が出場予定だったが、直前に腰痛の悪化で出場キャンセル。木造勇人(愛知工業大)が繰り上げで出場となった。

【男子】
◆1回戦
木造勇人(愛知工業大) 4-1 吉山僚一(愛工大名電中)
及川瑞基(専修大) 4-2 平野友樹(協和キリン)

 愛工大勢の同士打ちは木造に軍配。お互いサービス・レシーブから短いラリーで点を奪い合ったが、要所をきっちり抑えた木造が勝利した。及川と平野、粘りが身上の両者の対戦ももつれたが、随所で思い切りの良いコース取りを見せた及川が勝利し、準々決勝に勝ち進んだ。


【女子】
◆1回戦
成本綾海(中国電力) 4-0 長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)
森田彩音(中央大) 4-1 出澤杏佳(大成女子高)

 注目の世界ジュニア女王・長﨑は成本にストレート負けで大会を去った。成本のバックの変化に惑わされる展開が目立ち、持ち前のドライブを放つ展開に持ち込めず。成本はこの1年間の成長ぶりを見せつける試合運びを見せた。ともにトップおとめピンポンズ名古屋に所属する森田、出澤の試合は森田が出澤のバックサイドを厳しくえぐって勝利。全日学女王の意地を見せた。
ノジマTリーグ2019-2020シーズンを全試合生配信するdTVチャンネルが、「dTVチャンネル会員限定」で、ノジマTリーグ選手サイン入り「ユニフォーム」&「色紙」をプレゼントするキャンペーンを実施中だ!
応募期間:12月20日(金)〜2020年1月20日(月)

プレゼントの詳細や申し込み方法など、「dTVチャンネルTリーグ特設サイト」で確認してみよう!
https://dch.dmkt-sp.jp/special/tleague
 12月12日、大山(だいせん)乳業農業協同組合が、松平賢二選手(協和キリン)とスポンサー契約を締結したことを発表。
 大山乳業農協は、鳥取県の酪農家で組織した専門農協で、西日本では「白バラ」ブランドで有名。牛乳をはじめ、バター、生クリーム、アイスクリーム、お菓子などを開発、製造、販売している。
 以下は、記者発表の席での松平選手のコメント。
 「一年前に初めて白バラ牛乳を飲んで以来、ファンになった。白バラ牛乳をしっかり飲み結果を残したい。大会で良い成績を出し、白バラ牛乳の名を広めたい」
日本リーグに所属し、数々の大会で優勝を果たしている協和キリン卓球部が、台風により被災した地域に卓球用具を寄贈する活動を実施している。
今回は台風15号で被害が大きかった館山市へ館山市卓球連盟を通して卓球用具が送られた。

「被災された方々に何かできないかと考え、そこで卓球用品を送り、少しでも力になれればと思い、こういった形で支援していきたいと思いました。日頃私たちは毎日練習できる環境にいますが、テレビなどで被害に遭われた映像をみて、これを当たり前の環境だと思ってはいけないと思いました。
私たちは不自由なく生活や練習出来ることに感謝してこれからも頑張っていき、そして被災地にエールを送り続けていきたいと思います」(協和キリン卓球部)

協和キリンは今後も様々な場所で復興支援をしていくという。
 樊振東(中国)の男子シングルス優勝を持って幕を閉じた、中国・鄭州で行われたITTFワールドツアー・グランドファイナル(12/12〜12/15)。日本選手では女子ダブルスの木原美悠/長﨑美柚が初出場、初優勝という快挙を達成し金メダルを獲得。また、混合ダブルスでは水谷隼/伊藤美誠が決勝で許シン/劉詩ウェン(中国)にゲームカウント2-0から逆転でタイトルは逃したが銀メダルを獲得した。
 白熱した戦いの模様は卓球王国2020年3月号(1月21日発売)に掲載します。お楽しみに!

各種目の上位の結果は以下のとおり。
 
■ITTFワールドツアー・グランドファイナル結果
● 男子シングルス
優勝:樊振東(中国)
2位:馬龍(中国)
3位:林高遠(中国)、許昕(中国)

● 女子シングルス
優勝:陳夢(中国)
2位:王曼昱(中国)
3位:伊藤美誠(日本)、王芸迪(中国)

● 男子ダブルス
優勝:樊振東/許昕(中国)
2位:廖振珽/林昀儒(チャイニーズタイペイ)
3位:梁靖崑/林高遠(中国)、ボル/フランチスカ(ドイツ)

● 女子ダブルス
優勝:木原美悠/長﨑美柚(日本)
2位:田志希/梁夏銀(韓国)
3位:孫穎莎/王曼昱(中国)、陳思羽/鄭先知(チャイニーズタイペイ)

● 混合ダブルス
優勝:許昕/劉詩雯(中国)
2位:水谷隼/伊藤美誠(日本)
3位:林昀儒/鄭怡静(チャイニーズタイペイ)、黃鎮廷/杜凱琹(香港)

ITTF大会サイト
https://www.ittf.com/tournament/5013/2019-ittf-world-tour-grand-finals/

 坂本龍馬の妻・おりょうさんが眠る神奈川県横須賀市大津町。第5回となる「〜おりょうと龍馬の〜 全日本わらじ卓球大会」が令和2年2月2日(日)に神奈川・横須賀市大津行政センターで今年も開催される。仮装も大歓迎!という大会。前日の1日(土)には「わらじ卓球体験会」も開催される。お近くの方、興味のある方はわらじ卓球に挑戦してみよう!

★第5回〜おりょうと龍馬の〜 全日本わらじ卓球大会
■日時:令和2年2月2日(日)10〜14時
■開催場所:横須賀市大津行政センター2階体育室
■種目:ダブルス(男女問わず)
■参加費:1ペア1,000円(保険料含む)
■参加資格:小学生以上(卓球初心者大歓迎!)
■申し込み方法:往復はがき又はメールで①代表者の住所・氏名・年齢・電話番号②参加者の氏名・年齢③ペア名(フリガナ)④仮装の有無 を記入しお申し込みください
※ メールでのお申し込みには受付確認メールを返信いたします。
■ 申し込み/問い合わせ先:
〒239-0808 神奈川県横須賀市大津町3-34-40
大津地域運営協議会・わらじ卓球係(大津行政センター内)
TEL. 046-836-3531
Eメール. ota-ci@city.yokosuka.kanagawa.jp
■ 募集人員:32組(64名)※定員を超えた場合は抽選
■ 申し込み締め切り:1月10日(金) 
※期限後も定員に達していない場合は参加可能ですのでお問い合せください
※ わらじ卓球体験会は2月1日(土)18〜20時に開催