サイト内検索

トピックス

トップニュース トピックス

 8月21日より開幕した全国中学校卓球大会が終了。最終日の今日は男女シングルス決勝までが行われ、男子は張本智和(稲付・東京)、女子は長崎美柚(稲付・東京)のJOCエリートアカデミーのふたりが頂点に立った。入賞者は下記のとおり。

【男子シングルス】
優勝:張本智和(稲付・東京)
準優勝:宇田幸矢(稲付・東京)
3位:曽根翔、横谷晟(ともに愛工大附属・愛知)

【女子シングルス】
優勝:長崎美柚(稲付・東京)
準優勝:皆川優香(昇陽・大阪)
3位:藤田奈子(横浜隼人・神奈川)、相馬夢乃(葛塚・新潟)


 男子優勝の張本は準々決勝で戸上(野田学園・山口)と対戦。上からガンガン攻めてくる戸上に1-2とゲームをリードされる苦しい展開となり、4ゲーム目には8-10とマッチポイントを握られるも、なんとか逆転でフルゲームで準決勝へ進出。準決勝で曽根を下すと、決勝では宇田のチキータを読み切りストレートで快勝、注目が集まりプレッシャーのかかる中、見事初出場・初優勝を決めた。

 女子は長崎がエリートアカデミー女子初の全中制覇。準々決勝で第1シードの出雲(曙川・大阪)を競り合いの末に破り、準決勝では相馬のカットを攻略。皆川との決勝では順調に2ゲームを連取したが、皆川も粘り、勝負は最終ゲームへ。出足から1本奪っては1本奪われる展開だったが、中盤からスパートをかけた長崎が振り切った。大会前から自分に厳しい練習を課してきたという長崎。優勝の瞬間はあふれる涙を抑えきれなかった。


 この大会の模様は卓球王国11月号(9月21日発売予定)に掲載しますのでお楽しみに!

男子シングルス優勝:張本智和

女子シングルス優勝:長崎美柚


スポンサーリンク



本日、全国中学校卓球大会の団体戦決勝トーナメントが行われ、男子は愛工大附が4連覇を、女子は明徳義塾が2連覇を達成した。

●男子準決勝
愛工大附(愛知)3-2野田学園(山口)
出雲北陵(島根)3-1鶴岡ニ(山形)
●男子決勝
愛工大附3-1出雲北陵

●女子準決勝
明徳義塾(高知)3-2四天王寺(大阪)
昇陽(大阪)3-1横浜隼人(神奈川)
●女子決勝
明徳義塾3-1昇陽


 男子団体優勝の愛工大附は準決勝で野田学園と対戦。前半で2本を奪われる苦しい立ち上がりからダブルスを奪うと、4番の横谷が0-2から大逆転勝利。ラストの中村も快勝し、決勝進出を決めた。決勝では初優勝を狙う出雲北陵のエース・津村に1点を奪われたが、他の試合を競り勝ち見事4連覇を達成した。

 女子団体決勝は明徳義塾・里川、昇陽・皆川の両校のエースが前半で1本ずつを奪い合う互角の展開。同時進行となった3、4番ともにフルゲームとなるが、明徳義塾が2試合とも逆転で奪い、昨年の初優勝に続き、歓喜の2連覇となった。

 最終日の明日は男女シングルスのチャンピオンが決定。男子シングルス2回戦から登場となった張本(稲付)は寺尾(大正西)の果敢なカウンターに苦しみ1ゲーム目を奪われたが、その後は相手のミスに乗じて3-1で勝利している。女子シングルスでは皆川(昇陽)、桑原(岡部)ら優勝候補が初戦からフルゲームでの辛勝と苦しんだが3回戦へ進出。優勝候補の一角だったカデット14歳以下優勝の工藤(五所川原第一)は初戦の2回戦で姿を消した。

男子団体優勝:愛工大附中

女子団体優勝:明徳義塾中


スポンサーリンク



 昨日より富山・高岡市竹平記念体育館で全国中学校卓球大会が開幕。昨日は開会式が行われ、本日より競技がスタートした。
 
 今日は男女団体予選リーグが行われ、決勝トーナメントに進出する男女13チームが決定。男女ともに大きな波乱はなく、強豪校が順当に勝ち上がっている。
 会場の注目を集めたのは、女子の明徳義塾(高知)対玖珂(山口)。昨年の優勝校・明徳義塾に対し、前半に河野、梅森のツインエースを並べた玖珂が1、2番を奪い、王手をかける。3番のダブルスも玖珂ペアが2ゲームを連取し、3ゲーム目も途中まで大量リード。追い詰められた明徳義塾だったが、驚異的な粘りで追いつきダブルスをフルゲームで奪い返すと4番も快勝し、勝負はラストへ。ラストの明徳義塾・三村、玖珂・山本の対戦も最終ゲームまでもつれたが、最後は三村が山本を振り切って明徳義塾が大逆転で決勝トーナメント進出を決めた。敗れた玖珂も涙、勝利した明徳義塾も涙の大激戦だった。

 明日は男女団体の決勝まで、男女シングルスの2回戦までが行われる。男子シングルス2回戦からは注目の張本智和(JOCエリートアカデミー)が登場する。

最後は三村(手前)が振り切り明徳義塾が逆転勝利

悔しすぎる敗戦に涙の玖珂メンバー

男子団体決勝トーナメント組み合わせ

女子団体決勝トーナメント組み合わせ


 8月18日(日本時間19日)、IOC(国際オリンピック委員会)はIOCアスリート委員選挙の投票結果を発表し、新たに選ばれた4人の委員を公表。その4人のひとりとして、2004年アテネ五輪男子シングルス金メダリストの柳承敏(韓国)が選出されたことがわかった。

 23名の選手・元選手らが立候補した今回の選挙には、卓球競技では柳承敏とJ-M.セイブ(ベルギー)が立候補。同一競技からは1名しか選出されない中、柳承敏は1,544票を獲得。全体で2番目の得票数で当選を果たした。

 柳承敏のほか、フェンシングのハイデマン氏(ドイツ)、水泳のダニエル・ジュルタ選手(ハンガリー)、棒高跳びのエレーナ・イシンバエワ選手(ロシア)が選ばれた。任期はリオ五輪閉会後から8年間となる。

 IOCアスリート委員会は、五輪出場選手・元選手など19名で構成されており、今回は、2008年に選ばれた4名の委員の任期満了により、投票で4名を選出。
 選挙はリオのオリンピック選手村において25日間にわたり行われ、合計5,185人のスポーツ選手が投票した。


 リオ五輪で男子シングルス銅メダル、男子団体で銀メダルを獲得した水谷隼選手(beacon.LAB)。今やメディアでも引っ張りだこの水谷選手が、8月24日(水)、(株)バタフライ・所沢バタフライテックを訪問することがわかった。当日は、山田俊策社長らと会談しメダル獲得の報告、スピーチをする予定だ。

 リオ五輪でのメダル獲得で、毎日さまざまなメディアに登場している水谷選手。27〜28日には日本テレビ系列「24時間テレビ」で人気アイドルグループ・嵐との競演が予定されており、帰国後は卓球以外でも大忙しのスケジュールのようだ。下写真は20日、丹羽・吉村とともに帰国会見に臨んだ水谷選手(写真中央)。2枚のメダルがまぶしい!


 8月20日、リオデジャネイロ五輪での戦いを終えた五輪日本選手団が、ドイツ・フランクフルト経由で羽田空港に帰国。到着ロビーでは多数の報道陣、そしてファンが出迎えた。そのまま空港に隣接したロイヤルパークホテル ザ 羽田で会見が行われ、凱旋した選手たちはメダルを手に弾けるような笑顔を見せた。

 日本女子の村上恭和監督は、「年齢がバラバラでまとまりづらいこともたくさんあったけど、ドイツ戦で敗れた後はメダルを獲りたいという気持ちがひとつになった。シンガポール戦では最高のチームワークを見せてくれた」とコメント。初の五輪で日本男子を銀メダルに導いた倉嶋洋介監督は、「次はいよいよ東京五輪に向けて、打倒中国で頑張っていきたい。水谷はこれまで五輪や世界選手権でシングルスのメダルがなかったけど、今回のメダルでプレッシャーが取れて、団体戦では抜群の集中力・気力・技術力を見せてくれた。丹羽と吉村も重圧の中でよく戦ってくれたし、次に生かしていってほしい」と語った。各選手の主なコメントは下記のとおり。

◎日本女子チーム
「振り返ってみると短い2週間だったけど、終わった直後はすごく長くて苦しい2週間に感じました。チームの団結力は日本が一番だし、やっぱり世界一だなと思いました。被災地の子たちにメダルを約束していたので、早くメダルを持って仙台と熊本に行きたい」(福原)

「今日帰ってきて、たくさんの方に出迎えていただいて、すごくホッとした気持ちです。シングルスで負けたのは残念ですが、団体では練習の成果が出せてすごくうれしかった。(今何をしたいですか?)目覚ましをかけずに、寝れるところまで寝たいです(笑)」(石川)

「オリンピックはすごく楽しかったです。『楽しい』が第一印象です。本当に心強い、引っ張っていってくれる先輩たちでした。(五輪で心に残っているのは?)選手村はこんなに広いんだ、メダルはこんなに重いんだと思いました」(伊藤)

◎日本男子チーム
「ロンドンで負けたその瞬間から、このリオで絶対に結果を残すと心に決めた。この4年、大きい大会もいろいろあったけど、本当の気迫や集中力はこのリオにとってあった。それを解放することができました。五輪でのメダルは夢であり、目標だったけど、口では言っていても正直厳しいと思ってもいた。今回獲得することができて幸せです。娘は今回はまだ小さいけれど、4年後の東京で頑張っている姿を見せたい」(水谷)

「ロンドンからの4年間、リオでのメダルのために毎日練習してきたので、すごくうれしい。今年は国際大会でもなかなか勝てなかったけど、『五輪に勝てばみんな忘れてくれる』と周りから励まされた。ロンドンは初めてで、雰囲気を楽しむところもあったけど、今回は本当に勝つことだけに集中しました。4年後の東京で中国に勝てるように、また4年間必死でやりたい」(丹羽)

「すなおにうれしいし、ホッとしています。五輪では緊張感が半端ではないと言われていたけど、世界卓球とは違う異様な空間で、初戦はすごく緊張した。だけど2試合目からは自分のプレーができました。4年後はシングルスも出られるように強い気持ちを持って、水谷さんと同じようにメダルを獲りたい」(吉村)

2枚のメダルを胸に帰国した水谷、4年後の東京でも活躍を誓った

笑顔の福原(左)と石川。4年前は銀、今回は銅、……4年後は金だ!

6人全員がメダルを胸にかけた。この並びの順番は決まってるそうです


 9月に開催されるリオデジャネイロ・パラリンピックに、男子クラス3の吉田信一選手、女子クラス5の別所キミヱ選手、男子クラス9の岩渕幸洋選手の3名が出場する日本肢体不自由者卓球協会ナショナルチーム(以下:パラ卓球NT)。
 このパラ卓球NTの愛称が〝RISING SUN(ライジング サン)〟に決定。合わせて、絶大な人気を誇るダンス&ボーカルユニット『EXILE』の大ヒット曲『Rising Sun』が公式応援ソングとなることが発表された。同曲は今後、パラ卓球NTの応援ソングとして、パラリンピック終了後も継続的に使用される。

 「障がい者アスリートの生きる力は、今までになかった感動や気づき、そして勇気という光を与えてくれます。万物に光を与える太陽のように、障がい者アスリートは様々な人々に光を射す存在になろう。そんな熱い想いを込めて決まったナショナルチームの愛称が〝RISING SUN〟です。そのチーム愛称にぴったりの楽曲『Rising Sun』が応援ソングとなり、私たちパラ卓球はさらにパワーアップしていきます」

 そう語るのは、日本肢体不自由者卓球協会の広報担当である立石イオタ良二さん(専修大卒/元全日本男子複ベスト8)。コーチとしてリオデジャネイロ・パラリンピックにも帯同する立石さんは、卓球&パラ卓球を盛り上げるために日本中を飛び回り、「超」がつくほど精力的に活動している。今回の応援ソング決定の立役者だ。
 先月、卓球日本代表の公式応援ソングとしてMISIAの『SUPER RAINBOW』が発表され、話題を集めた。卓球NTは大空に架かる虹、パラ卓球NTは昇りゆく太陽。力強い応援ソングとともに、2020年東京オリンピック&パラリンピックへと進んでいく。

 「日出づる国の戦士たちがリオで奮闘する姿を、4年後の活躍を、そしてその未来を是非応援してください」(立石さん)。リオパラリンピック・卓球競技は9月8〜17日に行われる。パラリンピックにもぜひ注目してください!

『Rising Sun』(2011年9月発売)は、東日本大震災のチャリティソングとして大ヒット

パラ卓球NTのパラリンピック代表3名(左から吉田、岩渕、別所)。リオは目の前だ!

パラ卓球NTの皆さん。日出づる国から、世界へ羽ばたく!


〜アジア18都市からジュニアアスリートが参加〜
「2016ジュニアスポーツアジア交流大会」
卓球交流試合:8/26(金)〜8/28(日)入場無料
会場:東京武道館 大武道場(東京都足立区綾瀬3-20-1)
主催:東京都、公益財団法人東京都スポーツ文化事業団ほか



 日本とアジアの18都市からのジュニア世代の参加者による卓球交流大会が、今年も東京で行われる。卓球の他には、バドミントンの交流試合(駒沢オリンピック公園総合運動場[体育館])が行われ、楽しいイベントや東北物産展なども予定されている。



詳しい情報は、下記ホームページでチェック!
http://www.metro.tokyo.jp/INET/EVENT/2016/07/21q7f200.htm


8月13〜15日、東京体育館で行われた全国ホープス。最終日となる本日は、準々決勝から決勝が行われ、優勝チームが決定した。

男子は、ねや卓球クラブが初優勝。絶対的エースはいないものの、3人が要所で活躍。決勝では松生TTCの本格派ペンドラ・前出を、道広が激戦の末に下し、優勝を決めた。

女子は、フェニックス卓球クラブが堂々の2連覇。全日本ホープス2位の大藤が単複できっちり2勝をあげ、脇を固める直江と寺下も実力を出し切り、危なげない勝ち上がりを見せた。

詳しい報道は、卓球王国11月号(9月発売)に掲載します!

〈男子〉
優勝:ねや卓球クラブ(岡山)
2位:松生TTC(三重)
3位:新発田ジュニア(新潟)、田阪卓研(京都)

〈女子〉
優勝:フェニックス卓球クラブ(福井)
2位:卓栄kid’s(兵庫)
3位:石田卓球クラブ(福岡)、ヒゴ鏡卓球クラブ(熊本)

男子優勝・ねや卓球クラブ

女子優勝・フェニックス卓球クラブ


 8月13日から始まった全国ホープス卓球大会。全国から男女各64チームが東京体育館に集まり、熱戦を繰り広げている。
 14日までに予選リーグが終了、各リーグ上位2チームによる決勝トーナメントも2回戦までが終わり、ベスト8進出チームが決まった。
 明日は、9時半から準々決勝がスタートし決勝までが行われ、今年度の小学生日本一チームが決定する。

 全国ホープス大会、男女準々決勝の組み合わせは以下のとおり。

〈男子〉
マイダス(千葉) vs. 新発田ジュニア(新潟)
松生TTC(三重) vs. 卓伸クラブ(愛知)
畳和卓球(大分) vs. 田阪卓研(京都)
ねや卓球クラブ(岡山) vs. ヒロタクスポーツ(広島)

〈女子〉
フェニックス卓球クラブ(福井) vs. 卓研ジュニアクラブ(岐阜)
TSIジュニア(東京) vs. 石田卓球クラブ(福岡)
卓栄kid’s(兵庫) vs. 卓桜会 栃木卓球センター(栃木)
YHGアスリートクラブ(京都) vs. ヒゴ鏡卓球クラブ(熊本)


記録の詳細は、東京都卓球連盟Twitterに掲載
https://twitter.com/TOKYO_TTF
https://twitter.com/TOKYO_TTF2
https://twitter.com/TOKYO_TTF3