サイト内検索

トピックス

トップニュース トピックス

2月4日に行われたチェコ・エクストラリーグのオストロフvs.セベロツク。
オストロフ所属の森薗政崇(明治大)が、2点をあげチームの勝利に貢献した。

(詳しくは欧州リポートをチェック)
http://world-tt.com/ps_info/ps_report_detail.php?&pg=HEAD&page=BACK&bn=000003&rpcdno=532#532

注目したいのはその試合会場だ。
相手のセベロツクのホームマッチだったのだが、その会場はなんとショッピングモール。吹き抜けの広場にフロアマットを引き、試合会場を設立。
チームのファンや応援団だけではなく、一般客も足を止めて目の前で繰り広げられるレベルの高いプレーに釘付けになった。

セベロツクは常にではないが、時々このように人目に止まるような場所でやるという。卓球を認知してもらう意味でも、一般の人にアピールする意味でも良い取り組みかもしれない。

試合に出場した森薗選手は
「卓球をやる環境的には良いとはとても言えないけど、観客と間近で真剣勝負を味わえるのは海外リーグの特色だと思います。お客さんも多くて、盛り上がりました」とコメント。

日本にもイオンのような巨大ショッピングモールがあるだけに実現できるかもしれない。

多くの人が卓球に釘付けになった

入場はエスカレーター


 昨日行われた世界選手権(団体戦)クアラルンプール大会に出場する日本選手団の記者会見。会場に漂う緊張感を、ふたりの男が吹き飛ばした。

 記者席の中で明らかに浮いていたのが、サンドウィッチマン(お笑いコンビ)の伊達みきおさん。記者会見の司会を務めたテレビ東京の秋元玲奈アナウンサーとともに、スポーツ番組『トラの門スポーツ』のMCを務めている。
 「大島選手が秋元アナのファンだと聞きましたが、どういったところが?」と突っ込んだ伊達さん。動じることなく「とっても良い質問ありがとうございます。全体的にぼくのタイプ。年上の女性がタイプです」と受けた大島選手。「ちょっと熱くなってきました……」という秋元アナに、「ぼくもです」となおも食いつく大島選手。昨年の記者会見では、吉田雅己選手が生歌を披露して会場を沸かせたが、さすがに世界で戦う男たち、度胸が良い。ちなみに大島選手いわく、事前の「仕込み」は一切なく、秋元アナとは「脈」も一切ないとのこと……。

 続いて今年も、テレビ東京の世界卓球中継でキャスターを務める福澤朗アナウンサーが、選手たちに恒例の質問コーナー。今回のお題は、会見当日の節分の日にちなんで「私、マメに○○してます」。

 松平健太選手は、「LINE(ライン)でツムツムっていうゲームがあるんですけど、ハートがないとできないので、そのハートがなくなるとライン友だちに『ハートください』ってマメに送ってます」とコメント。「ハートを求めているのは、あくまでゲームの世界ですね。現実の世界では、ハートはもう十分ですか?」との福澤アナの質問に、「もう十分です!」とキッパリ。女子選手から「おいおい〜〜っ」と感嘆と冷やかしの声が上がった。
 「家族でマメに外食に行く」と答えた水谷隼選手は、「結構お金かかるでしょ……、あ、稼いでるからね〜」とのツッコミに「(お金が)あまってしかたないです」と言い切り、笑いを誘った。出かけるのは和食か、ホテルのブッフェが多いそうですよ。

 最後を締めたのは福原愛選手。洗濯板を手に入れ、遠征時はウェアや靴下をマメに洗濯しているとのこと。「選手の人は基本的に全員手洗いだと思うんですけど、ずっと探していた洗濯板が、ついに手に入ったんです。青森産の桐(きり)の洗濯板で、傷みにくいんです」と力説。遠征先のホテルで、夜な夜な洗濯板を使う福原選手。想像すると、ちょっと面白いですね。

記者席で目立ちまくっていた伊達さん

世界卓球中継ではもうお馴染み、福澤アナ(左)と秋元アナ

展開される健太ワールドに、男子選手も爆笑

マメにまゆ毛を手入れしている大島選手

理想の洗濯板を手に入れた福原選手


 今日2月3日の午後1時半から、NTC(ナショナルトレーニングセンター)の卓球場で、世界選手権(団体戦)クアラルンプール大会に出場する日本代表選手団の記者会見が開催。日本チームは代表メンバー10名全員が出席した。

 08年広州大会から4大会連続で銅メダルを獲得している日本男子の倉嶋洋介監督は、「前回の東京大会でメダルを獲得した立役者3人(水谷・丹羽・松平)と、大島・吉村という勢いのある若武者2人を加え、前回のチーム力を上回る布陣で世界選手権に臨むことができる。狙うはもちろんひとつ上のステージです」とコメント。一方で、前回の東京大会では予選リーグ初戦でギリシャに敗れた反省を踏まえ、「あまり先を見すぎてしまうと、前回大会の初戦のように足をすくわれてしまうこともある。一歩一歩、その目標に向かって前進していきたい」と語っている。

 一方、日本女子の村上恭和監督は、「女子チームはロンドン五輪で銀メダルを獲得して以降、国際大会ではすべて銀メダル。しかし、その中には過密日程で福原や石川が参加できない苦しい状況の大会もあった。本番までの期間で体調を整え、万全な状態で試合に臨みたい」とコメント。ベストの状態で大会に臨めるよう、各選手の調整に心を配る構えだ。予選グループには北朝鮮という難敵が控えているが、「リオ五輪でメダルを狙ううえでは、いろいろな情報が収集できるので、今回対戦できることは良かったと思う」と村上監督。勝っても負けても激戦必至。予選リーグのヤマ場となることは間違いない。

 日本男子の不動のエース、水谷隼は「世界選手権は3位決定戦がないので、メダルを獲得する可能性は高いけど、逆に世界選手権で3位であっては、五輪でメダルを取れる可能性が低い。今大会は決勝まで進出したい」とコメント。ともにリオ五輪代表である丹羽孝希も、「4大会連続銅メダルなので、どうしたらそれ以上を取れるか、すごく考えています」と語った。

 2大会ぶり6回目の世界選手権団体戦出場となる福原は、気づいてみれば今大会の日本選手団で最年長。昨年のアジア選手権では若手選手を引っ張り、チームの銀メダルに大きく貢献した。「チーム一丸となって、それぞれの役割を果たしていきたい。10代の選手がふたりいるけど、私がアドバイスをもらうこともあるし、あまり年齢は関係ないですね」(福原)。記者会見後、ウェアのオフィシャルサプライヤーであるミズノから新作の代表ウェアが発表され、袖を通した福原は「(着心地は)抜群です!」と笑顔。

 また、記者会見の後は15時から壮行会も開催。JOC(日本オリンピック委員会)の福井烈常務理事をはじめ、日本卓球協会のスポンサー企業からの来賓や、卓球界の往年の名選手も数多く出席。会場に入りきれないほど盛況で、代表選手たちに激励の言葉が送られた。

4大会連続銅メダルからステップアップを目指す倉嶋洋介・男子監督

世界団体は4大会目の采配となる村上恭和・女子監督

静かに力強く、抱負を語った水谷隼

ドイツオープンの疲れも見せず、笑顔の福原(左)と石川


絶賛発売中のDVD『進化するチキータ』のモデルをつとめる、上田仁選手(協和発酵キリン)の講習会が、2月13日(土)、東京・自由が丘にある卓球場「TACTIVE 自由が丘」で行われる。

講習会では、チキータはもちろん、様々な技術についてレクチャーしてくれる予定。現役選手屈指の「技術解説上手」と評判の上田選手の講習会にぜひ参加してみよう。

DVDの販売会、サイン会もあり!

詳細&予約は、TACTIVEのホームページで↓↓↓
http://www.tactive.co.jp/blog/archives/1018

DVD『進化するチキータ』詳細↓↓↓
http://world-tt.com/ps_book/dvd.php?lst=2&sbct=0&dis=1&mcd=CZ053&pgno=1


 1月27〜31日にドイツのベルリンでITTFワールドツアー・ドイツオープンが開催され、女子シングルスで石川佳純(全農)が準優勝、男子ダブルスでは森薗政崇/大島祐哉(明治大/早稲田大)が、アンダー21では村松雄斗(東京アート)と浜本由惟(JOCエリートアカデミー/大原学園)がそれぞれタイトルを獲得した。

 女子シングルスで第2シードの石川は準々決勝で伊藤美誠(スターツSC)、準決勝で李皓晴(香港)をそれぞれ4-1で下し決勝へ進出。決勝では準々決勝で福原愛(ANA)を破ったカットの武楊(中国)に1-4で敗れたが準優勝を果たした。
 男子シングルスでは吉田海偉(Global Athlete Project)が李尚洙(韓国)、フレイタス(ポルトガル)を破る金星を上げ準々決勝に進出。馬龍(中国)にはストレートで敗れたものの日本選手で唯一ベスト8に入った。男子の優勝は馬龍。準決勝で張継科(中国)をストレートで、決勝でサムソノフ(ベラルーシ)を4-1でくだし2016年のツアー初勝利をあげた。

 男子ダブルスでは第1シードの森薗/大島が決勝で何鈞傑/唐鵬(香港)を破り優勝を決めた。
各種目の優勝と日本選手の上位記録は以下のとおり。

【ドイツオープン記録】
● 男子シングルス優勝:馬龍(中国)
● 女子シングルス優勝:武楊(中国) ※2位:石川佳純
● 男子ダブルス優勝:森薗政崇/大島祐哉
● 女子ダブルス優勝:田志希/梁夏銀(韓国)
● 男子アンダー21:村松雄斗 ※3位:三部航平
● 女子アンダー21:浜本由惟 ※2位:早田ひな、3位:佐藤瞳


 1月22〜24日にインドのインドールで開催された2015ワールドジュニアサーキットファイナル。日本からは出雲卓斗(遊学館高)、張本智和(仙台ジュニアクラブ)、木原美悠(ALL STAR)の3選手が出場し、ジュニア男子シングルスで出雲が決勝でベドリエル(スペイン)を4-0のストレートで下し男子シングルスを制した。小学6年生の張本は準々決勝でアン・ジェヒュン(韓国)にゲームオールで敗れベスト8に終わった。

 また、ジュニア女子では木原が準々決勝で朱成竹(香港)に敗れベスト8。木原に勝利した朱成竹が準決勝でドラゴマン(ルーマニア)を決勝でパク・セリ(韓国)を下し女子シングルスを制した。

【ジュニアサーキットファイナル優勝記録】
● ジュニア男子シングルス優勝:出雲卓斗
●ジュニア女子シングルス優勝:朱成竹(香港)


 1月20〜24日にハンガリー・ブダペストで開催されたハンガリーオープン。女子アンダー21で加藤美優(礼武道場)が決勝で早田ひな(石田卓球クラブ)を破り優勝を果たした。

 また、15名の日本選手が出場した女子シングルスでは2回戦で第2シードの石川佳純(全農)がチェ・ヒョジュ(韓国)に、3回戦で第1シードの福原愛(ANA)が帖雅娜(香港)に、準々決勝で第4シードの伊藤美誠(スターツSC)が杜凱琹(香港)にそれぞれ敗れ上位進出はならなかった。
 しかし、橋本帆乃香(四天王寺高)が1回戦でゾルヤ(ドイツ)をストレートで、2回戦で李皓晴(香港)を4-1で破るという活躍。中畑夏海(愛知工業大)も1回戦で第3シードの馮天薇(シンガポール)をゲームオールで下す金星をあげ、日本選手の層の厚さをみせた。
 波乱が多かった女子シングルスを制したのは帖雅娜(香港)。決勝で梁夏銀(韓国)を破り2010年ハンガリー・ブダエルシュ大会以来のツアー優勝を果たした。
 
 また、男子の優勝は荘智淵(チャイニーズタイペイ)。陳建安(チャイニーズタイペイ)との同士討ちとなった決勝を制し優勝を決めた。

各種目の優勝と日本選手の上位記録は以下のとおり。

【ハンガリーオープン記録】
● 男子シングルス優勝:荘智淵(チャイニーズタイペイ)
● 女子シングルス優勝:帖雅娜(香港)
● 男子ダブルス優勝:荘智淵/黄聖盛(チャイニーズタイペイ)
● 女子ダブルス優勝:田志希/梁夏銀(韓国)
● 男子アンダー21:リム・ジョンフン(韓国)
● 女子アンダー21:加藤美優 ※2位:早田ひな


 1月15日、ITTF(国際卓球連盟)・PTT(パラ・テーブル・テニス)は、リオデジャネイロ・パラリンピックの出場資格獲得者のリスト「2016リオ・プレセレクション」を発表。日本からは各クラスのパラ世界ランキングの上位者である、男子クラス3(車いす)の吉田信一選手、男子クラス9(立位)の岩渕幸洋選手、女子クラス5(車いす)の別所キミヱ選手が出場資格を獲得した。
 
 男子クラス3のパラ世界ランキングで15位の吉田選手は、国内のクラス3では無類の強さを誇る。昨年12月末のコパ・コスタリカ大会でシングルス・団体の2冠。パラ世界ランキングを上げ、出場権の獲得県内に入る勝負強さを見せた。フォア粒高・バック表ソフトの異質攻撃で、巧みなラリー展開で相手を翻弄する。

 男子クラス9・パラ世界ランキング11位の岩渕選手は、早稲田大卓球部で腕を磨く大学3年生。右シェークバック表ソフトの異質攻撃型。早稲田実業高時代からパラの国内大会で頭角を現し、バックハンドの強化などに取り組んで国際大会でも活躍。昨年11月の国際クラス別パラ選手権では全試合ストレート勝ちで優勝を果たしている。

 女子クラス5・パラ世界ランキング8位の別所選手は、ロンドンパラリンピックでは日本選手団最年長の64歳。それをさらに更新する68歳での出場で、リオパラリンピックでも最年長となる可能性が高い。積極的に国際大会に出場し、常に世界ランキングの上位をキープ。体幹トレーニングにも取り組み、身のこなしはまだまだ若い。

 代表資格を獲得した岩渕選手は、昨日の全日本選手権の会場で以下のようにコメントしてくれた。
 「ランキングで代表資格の獲得はほぼ確信していましたが、ホッとした気持ちです。ここで気を引き締めるとともに、9月のパラリンピックに向けて良い準備をしていきたい。目標はやはりメダル獲得です。
 世界の上位にも昨シーズンから少しずつ勝てているし、自分にもチャンスはあると思う。大学でもたくさんの方にお世話になっているので、期待に応えたいですね。サービスが慣れられてきているので、これからサービスをもっと強化して、世界ランキング1位の中国選手(馬麟選手)をはじめ、今まで勝ったことのない選手に勝てるよう頑張ります」。

 リオパラリンピックには、他にワイルドカード(推薦枠)で日本選手が出場資格を獲得する可能性がある。各国の強化が進む中で、2000年シドニーパラリンピックを最後にメダル獲得がない日本。2020年の東京パラリンピックに向け、メダル獲得で弾みをつけたい。

男子クラス3の吉田信一選手

男子クラス9の岩渕幸洋選手

女子クラス5の別所キミヱ選手


 1月11〜17日まで行われた平成27年度の全日本選手権大会。17日(日)に水谷隼(beacon.LAB)と石川佳純(全農)のシングルス優勝で7日間の熱戦が幕を閉じた。各種目の入賞者は以下のとおり。

※詳細は「速報 全日本2016.1」(有料)をご覧ください。
http://world-tt.com/ps_info/ps_report_sokuhou.php?bn=168&md=1

★平成27年度全日本選手権大会・メダリスト一覧



●男子シングルス

優勝:水谷隼(beacon. LAB)

準優勝:張一博(東京アート)
3位:笠原弘光(協和発酵キリン)、吉村真晴(愛知工業大)


●女子シングルス

優勝:石川佳純(全農)

準優勝:平野美宇(JOCエリートアカデミー)
3位:加藤杏華(十六銀行)、伊藤美誠(スターツSC)



●男子ダブルス

優勝:水谷隼/吉田雅己(beacon.LAB/愛知工業大)

準優勝:松生直明/鹿屋良平(リコー)

3位:大島祐哉/上村慶哉(早稲田大)、山本勝也/平野晃生(早稲田大)



●女子ダブルス

優勝:天野優/中島未早希(サンリツ)

準優勝:土井みなみ/土田美紀(中国電力)

3位: 平野早矢香/石川佳純(ミキハウス/全農)、池田好美/北岡エリ子(日立化成)



●混合ダブルス

優勝: 田添健汰/前田美優(専修大/日本生命)
準優勝:宮本幸典/高橋真梨子(中央大/同志社大)
3位:千葉悠平/平真由香(埼玉工業大/正智深谷高)、平野友樹/鈴木李茄(協和発酵キリン/専修大)



●ジュニア男子

優勝:木造勇人(愛工大名電高)

準優勝:緒方遼太郎(JOCエリートアカデミー/帝京) 

3位: 伊丹雄飛(野田学園高)、張本智和(仙台ジュニアクラブ)

●ジュニア女子

優勝:浜本由惟(JOCエリートアカデミー/大原学園)
準優勝:橋本帆乃香(四天王寺高)
3位:梅村優香(四天王寺高)、平野美宇(JOCエリートアカデミー)

男子シングルス優勝:水谷隼

女子シングルス優勝:石川佳純

男子ダブルス優勝:水谷隼/吉田雅己

女子ダブルス優勝:天野優/中島未早希

混合ダブルス優勝:田添健汰/前田美優

ジュニア男子優勝:木造勇人

ジュニア女子優勝:浜本由惟


 村上恭和・女子NT監督の若宮三紗子選手を推薦した理由
「5番目の選手は若宮です。女子NTでは勝利ポイント制というものを作り、世界ランキング50位以内を破った選手をポイント制で評価することになっています。これをきっかけになったのは前回の蘇州大会で選手選考のことで一部の方から指摘されたからです。
 次の世界大会では明確に説明できるように、事前に選手、母体チームに選考基準の内規を伝えて、この内規をクリアした人を理事会に推薦しますという形を4月21日のコーチ会議で決めて、5月から運用しています。ワールドツアーに参戦し、毎月集計したものをNT選手と母体チームに毎月送信しています。
 その結果を踏まえて選手を推薦し、この理事会で認めてもらえなければ今後強化活動はできないと思っておりました。それ(勝利ポイント制)を理事会でかみ砕いて説明し、若宮を推薦し、承認され、決定しました。
 ただ、みなさんは平野美宇のイメージが強いです。大会を見た直後ですから。ただし、勝利獲得ポイントでは以下の通りです」

1位 福原愛   80ポイント
2位 石川佳純  77ポイント
3位 若宮三紗子 45ポイント
4位 伊藤美誠  43ポイント
5位 佐藤瞳   13ポイント
6位 森薗美咲  10ポイント
7位 平野美宇  9ポイント
8位 石垣優香  7ポイント

 「直前の全日本選手権で頑張った平野美宇でいいいんじゃないかと言われる方も理事会で多くいました。しかし、全日本選手権はチャンピオンのみが世界大会に推薦される。これのみです。大会のイメージが残っているから、その選手にしようというのではなく、1年間の戦いを考えて自信を持って推薦しました。1年前も森薗美咲が全日本選手権2位でも代表からははずれています。若宮はあくまでも勝利ポイントで選ばれた。特別なお思い入れはありませんが、上の3人に次ぐ選手として期待しています。
 平野美宇は男性のコーチに変わり、本当に中国に勝ちたかったら入れるだけのコントロールショットでは勝てないと常々言ってました。自分から仕掛けて早い打球点でパワーをつけていくしかないと。それで一時、取りこぼしもしていた。そこを上手く修正して、この大会は活躍しました。本当は選んでやりたい。平野は成長している。ただ、この勝利ポイント制を設けたのに、それを破棄して選ぶことは立場上できません」

記者会見で説明する村上恭和・女子NT監督