卓球王国8月号 6/21発売 !!
Tリーグ応援サイト 開設 !!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

欧州リポート

トップニュース欧州リポート
 2018/2019ヨーロッパチャンピオンズリーグはグループリーグ第2戦が開催。各グループの結果は下記のとおり。

【2018/2019 ヨーロッパチャンピオンズリーグ】
◆グループA
<ボルシア・デュッセルドルフ(ドイツ) 3-1 ポントワーズ(フランス)>
○K.カールソン -9、6、-4、5、11 ファルク
○ボル -3、9、9、8 アックズ
 O.アサール -5、-8、8、5、-10 フロール○
○ボル 4、7、-10、6 ファルク

<スポルティング(ポルトガル) 3-2 TTCオストラヴァ2016(チェコ)>
○アルナ 4、5、-5、6 オリバレス
 カルバリョ 5、-1、4、-10、-9 トレグラー○
○アビオドゥン 12、8、-8、5 バジャー
 アルナ -4、8、-9、-8 トレグラー○
○カルバリョ 11、-7、3、4 オリバレス

◆グループB
<UMMC(ロシア) 3-0 ジャウドヴォ(ポーランド)>
○シバエフ 6、6、-10、10 ワン・ヤン
○グルーツ 8、9、8 フェルティコウスキー
○ガチーナ 5、11、8 ウラブリク

<ロマーニュ(フランス) 3-1 ウォルターヴェルス(オーストリア)>
○陳天元 9、8、8 プラットナー
○ゴラク -8、7、8、-9、8 シューディ
 オリビエラ 11、-13、-9、-3 コズル○
○陳天元 -9、4、10、7 シューディ

◆グループC
<アンジェ(フランス) 3-1 ロスキレ(デンマーク)>
○Jon.パーソン 4、4、-6、12 メイス
 ジェラルド 8、-9、-7、-4 ツァイ・ユージア○
○ルンクイスト 6、-9、-11、6、12 ラカトシュ
○Jon.パーソン 4、8、8 ツァイ・ユージア

<ボゴリア(ポーランド) 3-0 ザールブリュッケン(ドイツ)>
○ギオニス 7、-5、7、9 ヨルジッチ
○バドウスキー -7、6、10、-5、5 フランチスカ
○シルチェク -9、4、6、7 廖振珽

◆グループD
<オレンブルク(ロシア) 3-0 エンヌボン(フランス)>
○フレイタス 8、8、5 ファン・シェンペン
○オフチャロフ -9、-11、9、12、12 ピチフォード
○サムソノフ 10、7、-7、9 ニュイティンク

<ミュールハウゼン(ドイツ) 3-2 エースレーブ(スウェーデン)>
○Da.ハベソーン 10、13、-3、5 スベンソン
 ヤンカリク 9、-7、-8、-6 モアガルド○
 イオネスク -3、-4、-9 スゴウロポウロス○
○Da.ハベソーン 2、-5、-6、3、8 モアガルド
○ヤンカリク 5、1、-8、-5、8 スベンソン


 グループAの昨シーズンのチャンピオン、ボルシア・デュッセルドルフは13/14、15/16シーズン優勝のポントワーズの対戦はボルシア・デュッセルドルフが勝利。今季ECL初出場のボル(ドイツ)が2得点の活躍を見せた。王座奪還を目指すグループDのオレンブルクは第1戦に続き第2戦もストレートで勝利。閣安(中国)は出場しなかったが、フレイタス(ポルトガル)、オフチャロフ(ドイツ)、サムソノフ(ベラルーシ)と欧州のスターがそろい踏みでフランスの強豪・エンヌボンを退けた。グループ第3戦は10月25、26日に開催予定。
 また、女子のチャンピオンズリーグも昨日10月12日からスタート。昨シーズン優勝のDr.チャッスル(クロアチア)はブダオルシ(ハンガリー)にストレート勝ちで連覇に向けて好スタートを切った。
【2018/2019 ドイツ・ブンデスリーガ】
<ザールブリュッケン 3-1 フルダ・マーバーツェル>
○フランチスカ 8、-8、5、7 プツァル
○ヨルジッチ 7、5、6 王熹
 廖振珽 -7、-4、-7 フィルス○
○フランチスカ 9、2、4 王熹

<グレンツァオ 3-1 グリューンヴェッターズバッハ>
○ゲラシメンコ 6、-7、8、8 チウ・ダン
 リンド 4、-6、-6、-4 グナナセカラン○
○ボボチーカ -6、4、9、-8、8 トキッチ
○ゲラシメンコ 10、-8、10、6 グナナセカラン

<ミュールハウゼン 3-1 ケーニヒスホーフェン>
○Da.ハベソーン 8、8、9 マジョロス
 イオネスク -4、−4、-8 及川○
○メンゲル 6、6、6 ゼリコ
○Da.ハベソーン 11、1、4 及川
★及川瑞基通算成績:単6勝3敗/複0勝1敗

<ブレーメン 3-0 ユーリッヒ>
○スッチ 7、12、-12、5 アレグロ
○シュテガー 9、5、3 クレイン
○ランビエ 2、9、-3、-10、3 デヴォス

<ベルクノイシュタッド 3-2 ボルシア・デュッセルドルフ>
○ロブレス 12、5、5 シェルベリ
 ドリンコール -3、8、-8、9、-12 O.アサール○
 ドゥダ -9、7、-5、-6 K.カールソン○
○ロブレス 10、6、-4、-10、7 O.アサール
○ドゥダ/ドリンコール -9、4、10、8 K.カールソン/シェルベリ

◆順位表(10月7日時点)
1位:ボルシア・デュッセルドルフ(5勝1敗)
2位:ミュールハウゼン(4勝1敗)
3位:オクセンハウゼン(4勝1敗)
4位:ベルクノイシュタッド(3勝2敗)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜上位4チームがプレーオフへ
5位:ザールブリュッケン(3勝2敗)
6位:フルダ・マーバーツェル(3勝3敗)
7位:ブレーメン(3勝3敗)
8位:グレンツァオ(2勝3敗)
9位:ケーニヒスホーフェン(2勝4敗)
10位:グリューンヴェッターズバッハ(1勝5敗)
11位:ユーリッヒ(0勝5敗)

 昨日開催されたブンデスリーガ1部の試合に及川瑞基(専修大)が出場。及川は先日のヨーロッパ選手権で準優勝と躍進したイオネスク(ルーマニア)にストレートで勝利したが、4番ではDa.ハベソーンに完敗。これで個人成績は6勝3敗となった。ケーニヒスホーフェンは6試合を消化して2勝4敗の9位。
 他の試合ではここまで負け無しだったボルシア・デュッセルドルフが今シーズン初黒星。好調のベルクノイシュタッドが金星をあげた。現在、各チーム6、5節までを消化しているが、昨シーズンまでプレーオフ常連だったフルダ・マーバーツェルが6位、ザールブリュッケンが5位とやや苦戦中。ミュールハウゼンは2位と健闘を見せている。今シーズンから1部に昇格したユーリッヒはここまで勝ち星なしと苦しい戦いになっている。
  • 今季6勝目をあげた及川(写真は2018年秋季関東学生リーグ)

 ヨーロッパ選手権が終了し、次は2018/2019シーズンの男子ヨーロッパチャンピオンズリーグ(ECL)が開幕。日本選手では吉田雅己(岡山リベッツ)と吉田海偉(東京アート)がポーランドのボゴリア、高木和卓(東京アート)も同じくポーランドのジャルドヴォでエントリーしている。開幕戦には吉田雅己が出場し、ロスキレ(デンマーク)戦でメイス(デンマーク)に完勝。チームもストレート勝ちでシーズンのスタートを切った。
 連覇を狙うボルシア・デュッセルドルフ(ドイツ)はエースのボルを温存しながらも昨シーズン3位のスポルティング(ポルトガル)に快勝。王座奪還に燃えるオレンブルク(ロシア)は新加入のフレイタス(ポルトガル)と閣安(中国)が競り合いを制してストレート勝ちを収めた。同じロシアのUMMCは2015年世界選手権2位の方博が復帰。グルーツ(デンマーク)、ガチーナ(クロアチア)の布陣で上位進出もおおいに期待できる。グループDでは15/16シーズンの準Vチーム・エースレーブ(スウェーデン)が強豪のエンヌボン(フランス)に競り勝つ。この試合のヒーローはモアガルド(スウェーデン)。ピチフォード(イングランド)を下すなど2得点の活躍でチームを勝利に導いた。16歳の風雲児は大会の主役となるか。

 グループリーグは各チームが2度対戦するホーム&アウェー制で12月上旬まで開催。上位2チームが決勝トーナメントへ進出する。


【2017/2018 男子ヨーロッパチャンピオンズリーグ】
◆グループA
<ポントワーズ(フランス) 3-0 TTCオストラヴァ2016(チェコ)>
○アックズ 5、4、-11、-8、4 トレグラー
○ファルク 9、6、11 オリバレス
○フロール 9、6、8 バジャー

<ボルシア・デュッセルドルフ(ドイツ) 3-0 スポルティング(ポルトガル)>
○O.アサール 3、4、-7、11 カルバリョ
○K.カールソン 7、-9、10、9 アルナ
○シェルベリ 12、5、-7、4 アビオドゥン

◆グループB
<ジャルドヴォ(ポーランド) 3-0 ウォルターヴェルス(オーストリア)>
○黃鎮廷 8、8、2 シューディ
○ワン・ヤン 9、-9、7、4 朴康賢
○ウラブリク 10、-2、7、-9、4 コズル

<UMMC(ロシア) 3-0 ロマーニュ(フランス)>
○方博 7、6、-8、11 ゴラク
○グルーツ 10、9、-9、11 陳天元
○ガチーナ 5、5、5 オリベイラ

◆グループC
<ボゴリア(ポーランド) 3-0 ロスキレ(デンマーク)>
○シルチェク 7、-13、-8、3、9 ツァイ・ユージア
○吉田雅己 8、4、4 メイス
○ギオニス -8、5、8、11 ラカトシュ

<ザールブリュッケン(ドイツ) 3-0 アンジェ(フランス)>
○フランチスカ 5、9、6 ルンクイスト
○ヨルジッチ 8、-2、-5、8、7 Jon.パーソン
○プレテア -6、9、7、-4、9 ランドリュー

◆グループD
<オレンブルク(ロシア) 3-0ミュールハウゼン(ドイツ)>
○フレイタス 6、-9、4、-4、3 Da.ハベソーン
○閣安 13、-8、5、-8、7 イオネスク
○オフチャロフ -10、3、11、6 メンゲル

<エースレーブ(スウェーデン) 3-1 エンヌボン(フランス)>
○モアガルド 5、9、9 ファン・シェンペン
 スゴウロポウロス -3、-9、-7 ピチフォード○
○スベンソン -15、-5、11、8、3 ニュイティンク
○モアガルド 7、7、9 ピチフォード
 昨日行われたスウェーデン・エリートリーグ第3節で英田理志(青嵐クラブ)所属のスパルバーゲンと木造勇人(愛知工業大)所属のハルムスタッドが対戦。日本人対決も実現した。

【2017/2018 スウェーデン・エリートリーグ】
<ハルムスタッド 4-2 スパルバーゲン>
○ジャーヴィス 3、-12、8、5 フリス
○木造 6、5、8 英田
 ラーネフール -6、-8、10、11、-9 ベリルンド○
 ジャーヴィス 11、-8、-11、-8 英田○
○木造 12、8、-6、8 ベリルンド
○ラーネフール 4、9、11 シャッファー
☆木造勇人通算成績:7勝2敗
☆英田理志通算成績:1勝1敗

 今シーズン初出場となった英田は木造にストレート負けも、ジャーヴィス(イングランド)に勝利し1勝1敗。昨シーズンは22勝6敗の好成績を残し、個人成績2位に輝いた英田。今シーズンのさらなる飛躍に期待したい。木造はこの日も2勝をあげて通算7勝2敗。5勝0敗のモアガルド(スウェーデン)、7勝3敗のタンビリヤベチャクル(タイ)を抑えて現在個人成績1位に立っている。
 スペイン・アリカンテにて開催されていたリープヘル・2018ヨーロッパ選手権(個人戦)が終了。男子シングルスではボル(ドイツ)が7度目の優勝、女子シングルスではリー・チェン(ポーランド)が初優勝を飾った。

【男子シングルス】※ファルク=M.カールソン
●1回戦
リンド(デンマーク) 8、-8、10、-12、-4、7、11 ファルク(スウェーデン)
●2回戦
ドゥダ(ドイツ) -6、8、-9、6、4、-10、10 ゴーズィ(フランス)
イオネスク(ルーマニア) 9、9、10、-7、7 ルベッソン(フランス)
●3回戦
サムソノフ(ベラルーシ) -9、5、9、-5、5、5 オフチャロフ(ドイツ)
●準々決勝
ボル(ドイツ)3、4、4、9 Da.ハベソーン(オーストリア)
フランチスカ(ドイツ) 7、3、-7、5、9 ドゥダ
K.カールソン(スウェーデン) 8、-5、9、5、-10、-6、8 フレイタス(ポルトガル)
イオネスク 7、-8、-10、13、11、-6、9 サムソノフ
●準決勝
ボル -8、12、-9、-8、9、5、7 フランチスカ
イオネスク 10、6、-3、9、9 K.カールソン
●決勝
ボル -6、7、9、6、5 イオネスク

【女子シングルス】
●1回戦
ペソツカ(ウクライナ) 8、10、-9、10、7 サマラ(ルーマニア)
ルプレスク(セルビア) 6、-8、9、8、12 倪夏莲(ルクセンブルク)
●2回戦
グルジボウスカ-フランク(ポーランド) -8、8、8、-9、4、9 リュウ・ジャ(オーストリア)
●3回戦
ハン・イン(ドイツ) 7、7、6、3 エクホルム(スウェーデン)
ヴィンター(ドイツ) 3、10、-7、-9、8、9 リー・ジエ(オランダ)
●準々決勝
ポルカノバ(オーストリア) -10、6、9、8、7 ゾルヤ(ドイツ)
ペソツカ 10、9、9、-4、11 ハン・イン
リー・チェン(ポーランド) 9、6、-14、6、7 スッチ(ルーマニア)
グルジボウスカ-フランク 3、8、8、8 ヴィンター
●準決勝
ペソツカ -7、14、10、-11、4、5 ポルカノバ 
リー・チェン 11、6、6、-10、10 グルジボウスカ-フランク
●決勝
リー・チェン -8、-10、6、6、2、2 ペソツカ

【男子ダブルス】
●準決勝
Da.ハベソーン/ガルドス(オーストリア) -8、-8、8、-8、6、13、2 フランチスカ/グルーツ(ドイツ/デンマーク)
ファルク/K.カールソン(スウェーデン) 7、6、9、8 フィルス/ワルサー(ドイツ)
●決勝
Da.ハベソーン/ガルドス 9、-6、4、9、9 ファルク/K.カールソン

【女子ダブルス】※ラング=ジルベライゼン
●準決勝
ポルカノバ/ノスコワ(オーストリア/ロシア) -9、-1、6、-6、6、2、8 エクホルム/ポータ(スウェーデン/ハンガリー)
ミッテルハム/ラング(ドイツ) -8、8、5、6、-6、10 倪夏蓮/デヌッテ(ルクセンブルク)
●決勝
ミッテルハム/ラング 10、-8、-6、4、-9、7、12 ポルカノバ/ノスコワ

【混合ダブルス】
●準決勝
フェガール/ポルカノバ(オーストリア) 7、-1、11、9 フランチスカ/ゾルヤ(ドイツ)
フィルス/ハン・イン(ドイツ) 6、-9、7、-13、10 カラカセビッチ/パスカウスキーン(セルビア/リトアニア)
●決勝
フィルス/ハン・イン 7、-9、4、-9、8 フェガール/ポルカノバ


 男子シングルスはボルが自身の持つ最多優勝記録を更新する7度目の優勝。2回戦でアックズ(フランス)にフルゲーム11本で辛勝、準決勝では同僚のフランチスカにゲームを1-3とリードされ、最終ゲームも3-7まで追いつめられたがここから8本連取で逆転勝利。決勝では伏兵・イオネスクに1ゲーム目を奪われたが、その後は危なげない試合運びで勝利し、2012年大会ぶりの優勝を飾った。一時は故障が続いていたボルだが、ここ最近は「何度目の全盛期?」と思うほどの強さを見せている。優勝後には「とても良い気分だ。成功することも重要だけど、ゲームを楽しめなくなったり、喜びを感じなくなったら終わるとき。ぼくにはまだまだその気持ちがあるし、勝ちたい気持ちがある。まだまだ現役は続けるよ」と37歳になってもモチベーションは衰えない。
 準優勝のイオネスクは29歳の中堅選手で、これまで目立った実績はないが今大会で爆発。2回戦で前回王者のルベッソンを破ったのを皮切りに、3回戦でグルーツ(デンマーク)、準々決勝でサムソノフ、準決勝でK.カールソンと世界ランキング50位以内の強豪を次々に破って決勝へ。クレバーさも兼ね備えた両ハンドで、今大会でブレークを果たした。

 女子シングルスではリー・チェンがポーランド女子初の優勝。準々決勝ではカット打ちに進境を見せているスッチを振り切り、準決勝ではグルジボウスカ-フランクとの同士討ちを制して決勝へ。今大会当たっていたペソツカに2ゲームを先行される苦しい展開も、ここから巻き返して初の栄冠に輝いた。
 2009年大会でも快進撃を見せて決勝へ進んだペソツカは、今大会でも大物食いを連発。まずはトーナメント1回戦で2015年大会女王のサマラを撃破すると、ハン・イン、ポルカノバという優勝候補たちを強打でノックアウト。決勝ではリードを守れず2度目の準優勝に終わるも、予選リーグを勝ち抜いての決勝進出は大きなインパクトを残した。

 ダブルスではドイツペアが2種目で優勝。現在ヨーロッパ女子で世界ランキング最高位に立つポルカノバは出場した3種目で入賞と大活躍を見せた。またヨーロッパ選手権で4度の優勝を誇る42歳・カラカセビッチと41歳・パスカウスキーンのペアが混合ダブルスで3位に入賞し、優勝のフィルス/ハン・インにもフルゲームまで迫った。その2人よりもさらにベテランである55歳・倪夏蓮も女子ダブルスで3位に入賞。準々決勝ではリー・チェン/リー・ジエ(ポーランド/オランダ)の実力派ペアに完勝している。

写真提供:ITTF
  • ボル様、最多優勝を更新する7度目のV

  • リー・チェンは笑顔の初優勝

  • 伏兵・イオネスクが快進撃

  • ペソツカは9年ぶりの決勝進出

 ブンデスリーガ男子1部は第4節が行われ、及川瑞基(専修大)が出場。2部でも宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)が今シーズン初出場している。

【2018/2019 ドイツ・ブンデスリーガ】
男子1部
<オクセンハウゼン 3-1 ユーリッヒ>
○ゴーズィ 9、4、-5、9 アレグロ
○ディヤス 10、6、9 クレイン
 カルデラノ -9、-6、-12 デヴォス○
○ディヤス 9、9、-13、11 アレグロ

<ザールブリュッケン 3-2 ブレーメン>
○ヨルジッチ 7、-4、7、-9、3 ランビエ
 ザトウカ -3、-2、-7 シュテガー○
○フランチスカ -16、3、5、-9、3 ツボイ
 ヨルジッチ -9、-8、-9 シュテガー○
○フランチスカ/ラスムッセン 5、8、-6、-11、5 ツボイ/ランビエ

<フルダ・マーバーツェル 3-0 グレンツァオ>
○フィルス 9、6、-7、9 ゲラシメンコ
○王熹 5、8、8 アギーレ
○プツァル -9、8、4、8 ボボチーカ

<グリューンヴェッターズバッハ 3-2 ケーニヒスホーフェン>
 ワルサー -8、-8、-13 及川○
 チウ・ダン 6、10、-8、-7、-9 オルト○
○グナナセカラン 8、10、12 マジョロス
○トキッチ -7、-7、6、8、6 オルト
○グナナセカラン/チウ・ダン -11、7、2、11 及川/マジョロス
★及川瑞基通算成績:単3勝2敗/複0勝1敗

<ボルシア・デュッセルドルフ 3-2 ミュールハウゼン>
 K.カールソン -8、-9、6、-5 イオネスク○
○O.アサール 9、-8、-5、6、11 ヤンカリク
 シェルベリ -3、6、-9、-5 Da.ハベソーン○
○O.アサール 7、13、-9、11 イオネスク
○K.カールソン/シェルベリ 6、7、-10、6 Da.ハベソーン/ヤンカリク

男子2部
<ボルシア・ドルトムント 6-1 バート・ハム>
○ボトロフ/ファデーヴ -8、7、7、7 エロワ/宇田
○ミノ 9、-7、4、-4、7 宇田
★宇田幸矢通算成績:単0勝1敗/複0勝1敗
 ドイツ・ブンデスリーガに続き、スウェーデン・エリートリーグでも新シーズンが開幕。今シーズンは2シーズン目となる英田理志、そして初の海外リーグ参戦となる木造勇人の2人がプレーする。

【2018/2019 スウェーデン・エリートリーグ】
9月4日
<エースレーブ 4-1 ハルムスタッド>
 コシバ -4、5、8、-3、-9 木造○
○モアガルド 7、-5、-9、9、3 ジャーヴィス
○スゴウロポウロス -11、9、-9、13、4 ラーネフール
○モアガルド 5、-6、4、7 木造
○スゴウロポウロス -9、9、-9、6、6 ジャーヴィス
★木造勇人通算成績:1勝1敗

 昨シーズンのチャンピオンチーム、ハルムスタッドに加入した木造。デビュー戦は1番でコシバ(ハンガリー)を下すも、4番では世界ジュニア2位のモアガルド(スウェーデン)に敗戦。チームも1-4で敗れ、白星スタートとはいかなかった。ハルムスタッドはエースだったファルク(M.カールソン/スウェーデン)が今シーズンよりフランスのポントワーズに移籍。木造にはその穴を埋める活躍が期待される。
 各チームのラインナップを見てみると、中心は若手のモアガルドやラーネフールに、元世界選手権代表のスベンソンらスウェーデンの若手&中堅選手。徐輝はじめ中国選手も数名参戦している。また、タンビリヤベチャクル(タイ)、スゴウロポウロス(ギリシャ)、ジャーヴィス(イングランド)、チウ・リャン(ドイツ)ら地域を問わず海外からの若手選手の参戦が多いのも特徴。廖振珽(チャイニーズタイペイ)、O.アサール(エジプト)、アギーレ(パラグアイ)など、スウェーデンリーグでのプレーを経験し、ブンデスリーガでプレーする選手もここ最近目立っている。

写真提供(右):クリスチャン・ヘイドール
  • 木造、デビュー戦は1勝1敗(写真は2018前期日本リーグ)

  • ウルフ-ティッキャン・カールソン監督からアドバイスを受ける木造

 週末に2018/2019シーズンのブンデスリーガ1部の第2、3節が開催。日本選手では及川瑞基(専修大)が出場した。

【18/19 ドイツ・ブンデスリーガ男子1部】
8月31日
<ボルシア・デュッセルドルフ 3-1 グリューンヴェッターズバッハ>
○O.アサール -8、-1、11、9、7 トキッチ
 シェルベリ 14、-6、-8、-8 ワルサー○
○K.カールソン -7、9、11、-4、9 チウ・ダン
○O.アサール 10、5、3 ワルサー

<ケーニヒスホーフェン 3-2 グレンツァオ>
○オルト 6、9、7 ゲラシメンコ
○及川 10、-5、6、-3、5 リンド
 マジョロス -3、7、-9、3、-5 ボボチーカ○
 及川 -9、-8、10、3、-7 ゲラシメンコ○
○マジョロス/オルト 10、4、-6、8 ボボチーカ/リンド

<ブレーメン 3-2 フルダ・マーバーツェル>
 ツボイ -9、-3、-9 フィルス○
○シュテガー 7、9、5 王熹
 スッチ -8、-8、5、9、-6 プツァル○
○シュテガー 5、7、6 フィルス
○ツボイ/ランビエ 6、-11、-7、7、6 プツァル/メン・ファンボ

<オクセンハウゼン 3-2 ザールブリュッケン>
○ゴーズィ 4、9、-4、9 ヨルジッチ
 カルデラノ 9、-12、7、-8、-11 フランチスカ○
○フェガール 9、10、8 ラスムッセン
 ゴーズィ -8、11、-7、8、-5 フランチスカ○
○カルデラノ/フェガール 4、7、9 ヨルジッチ/ラスムッセン

9月1日
<ベルクノイシュタッド 3-1 ユーリッヒ>
 シドレンコ -8、-8、8、-9 デヴォス○
○ドゥダ 4、6、2 クレイン
○ロブレス -10、8、10、-10、8 アレグロ
○ドゥダ 5、7、7 デヴォス

9月2日
<ベルクノシュタッド 3-0 グレンツァオ>
○ドゥダ 5、4、7 リンド
○ドリンコール 8、-9、9、6 ゲラシメンコ
○ロブレス 5、7、8 ボボチーカ

<ボルシア・デュッセルドルフ 3-1 ザールブリュッケン>
 シェルベリ -7、-5、11、-6 フランチスカ○
○O.アサール 9、12、-9、4 ラスムッセン
○K.カールソン 7、-10、9、-9、7 ヨルジッチ
○O.アサール -8、-8、9、3、9 フランチスカ

<ブレーメン 3-1 グリューンヴェッターズバッハ>
 スッチ -10、4、-6、-11 グナナセカラン○
○シュテガー 8、9、8 トキッチ
○ツボイ 10、11、7 ワルサー
○シュテガー 6、-8、8、7 グナナセカラン

<フルダ・マーバーツェル 3-0 ケーニヒスホーフェン>
○王熹 8、4、-7、-9、9 オルト
○フィルス 6、9、7 マジョロス
○プツァル -7、5、5、7 及川
★及川瑞基通算成績:単2勝2敗

<ミュールハウゼン 3-1 オクセンハウゼン>
 Da.ハベソーン -7、-5、10、-10 カルデラノ○
○イオネスク 10、10、-9、7 ゴーズィ
○ヤンカリク -8、-17、9、8、6 フェガール
○Da.ハベソーン 4、9、12 ゴーズィ


 及川は2試合を戦い、シングルス1勝2敗。チームは第3節を終えた時点で2勝1敗で4位につけている。昨シーズンは10チーム中9位に終わったケーニヒスホーフェンだが、今シーズンは躍進なるか。現在の首位は5連覇中のボルシア・デュッセルドルフ。第2、3節ではボル(ドイツ)を温存しながら勝利と、充実の戦力で開幕3連勝を飾っている。
 2018/2019シーズンのブンデスリーガ男子1部が開幕。1部で2シーズン目を迎えた及川瑞基(専修大)が出場し、チームの勝利に貢献した。開幕戦は下記のような結果となった。

【2018/2019 ドイツ・ブンデスリーガ男子1部】
<ボルシア・デュッセルドルフ 3-2 フルダ・マーバーツェル>
 O.アサール -8、5、-8、9、-8 フィルス○
○ボル 8、7、5 王熹
○K.カールソン 5、-9、9、7 プツァル
 O.アサール 9、-9、9、-7、-4 王熹○
○K.カールソン/シェルベリ 7、6、-7、11 フィルス/プツァル

<グレンツァオ 3-1 ユーリッヒ>
○ボボチーカ 8、11、9、5 クレイン
○ゲラシメンコ -7、10、-10、5、7 アレグロ
 アギーレ -6、-6、7、-4 デヴォス○
○ゲラシメンコ 10、7、7 クレイン

<ミュールハウゼン 3-2 ベルクノイシュタッド>
 メンゲル -7、-5、-6 ドゥダ○
○イオネスク 6、-11、5、-4、8 ロブレス
○Da.ハベソーン 5、-9、6、-11、7 ドリンコール
 イオネスク 7、-2、-7、-5 ドゥダ○
○Da.ハベソーン/ヤンカリク 8、9、-6、6 ロブレス/ドリンコール

<オクセンハウゼン 3-2 グリューンヴェッターズバッハ>
 ゴーズィ -6、12、-7、-9 チウ・ダン○
 フェガール -10、-13、7、8、-9 ワルサー○
○ディヤス 9、9、8 トキッチ
○ゴーズィ 9、-4、6、-7、10 ワルサー
○フェガール/ディヤス 9、-7、-10、6、7 トキッチ/チウ・ダン

<ケーニヒスホーフェン 3-0 ブレーメン>
○オルト 8、7、9 シュテガー
○及川 2、5、-4、8 ツボイ
○マジョロス 10、-11、9、10 スッチ
★及川瑞基通算成績:1勝0敗


 2部からユーリッヒが昇格し、11チームで争われる今季のブンデスリーガ男子1部。試合方式も変更となり、5シングルスから4シングルス+ラストの1ダブルスで行われることとなった。
 及川はツボイ(ブラジル)に勝利し、シーズンを白星でスタート。初の1部挑戦となった昨シーズンは9勝17敗と大きく負け越してしまったが、今シーズンはどこまで勝利を重ねられるか。昨シーズンまでドイツでプレーした森薗政崇(岡山リベッツ)、村松雄斗(東京アート)が帰国し、今シーズン、ブンデスリーガ1部でプレーするのは及川のみとなったが、ドイツで存在感を見せてほしい。
  • 2年目の開幕を白星で飾った及川(写真は2018年インカレ)

 7月15日から24日まで、ルーマニア・クルジュ=ナポカで2018 STAGヨーロッパユース選手権が開催され、全14種目で優勝が争われた。各種目の入賞者は下記のとおり。

【ジュニア男子シングルス】
優勝:スゴウロポウロス(ギリシャ)
準優勝:モアガルド(スウェーデン)
3位:シポシュ(ルーマニア)、グレブネフ(ロシア)

【ジュニア男子ダブルス】
優勝:カツマン/グレブネフ(ロシア)
準優勝:ヤン・シンユ/ユ・ヒンハン(アゼルバイジャン)
3位:プレテア/ベルトラン(ルーマニア/フランス)、シポシュ/オプレア(ルーマニア)

【ジュニア男子団体】
優勝:フランス
準優勝:ロシア
3位:ルーマニア、ドイツ

【ジュニア女子シングルス】
優勝:ニン・チン(アゼルバイジャン)
準優勝:プライアン(ルーマニア)
3位:シェルベリ(スウェーデン)、ジロノワ(ロシア)

【ジュニア女子ダブルス】
優勝:コリシュ/ゴーチェ(ロシア/フランス)
準優勝:ニン・チン/チェン・シンタイ(アゼルバイジャン)
3位:スルジャン/ヨキッチ(セルビア)、プライアン/ジロノワ(ルーマニア/ロシア)

【ジュニア女子団体】
優勝:アゼルバイジャン
準優勝:ロシア
3位:フランス、ルーマニア

【ジュニア混合ダブルス】
優勝:ロラン/ゴーチェ(フランス)
準優勝:クルツィツキ/ウェグリズン(ポーランド)
3位:グレブネフ/マリニナ(ロシア)、デノドレスト/ルッツ(フランス)

【カデット男子シングルス】
優勝:キュビク(ポーランド)
準優勝:サビー(フランス)
3位:ベリク(チェコ)、ホッロ(ドイツ)

【カデット男子ダブルス】
優勝:キュビク/バン(ポーランド/クロアチア)
準優勝:トミカ/モヴィランヌ(ルーマニア)
3位:サビー/ラコトアリマナナ(フランス)、クライバー/デリンカク(スロバキア)

【カデット男子団体】
優勝:フランス
準優勝:ベルギー
3位:ロシア、ポーランド

【カデット女子シングルス】
優勝:ザハリア(ルーマニア)
準優勝:アブラミアン(ロシア)
3位:パヴァデ(フランス)、ムスカントル(スウェーデン)

【カデット女子ダブルス】
優勝:パヴァデ/ショミス(フランス)
準優勝:アブラミアン/テントセル(ロシア)
3位:トミニャク/ベゼク(セルビア)、アラポビッチ/ザデロバ(クロアチア/チェコ)

【カデット女子団体】
優勝:ルーマニア
準優勝:ロシア
3位:セルビア、フランス

【カデット混合ダブルス】
優勝:プッポ/スラウティナ(イタリア/ロシア)
準優勝:ラコトアリマナナ/パヴァデ(フランス)
3位:スタルザー/ザデロバ(チェコ)、トミカ/ザハリア(ルーマニア)


 ジュニア男子シングルスでは昨年優勝のスゴウロポウロスが、スウェーデンリーグ・エースレーブの同僚でもある世界ジュニア2位・モアガルドをフルゲームの末に下して2連覇達成。上背はさほど高くないが、筋骨隆々の体格のスゴウロポウロス。体格だけ聞くとギリシャの先輩、クレアンガのようなプレーをイメージしそうだが、前陣で堅いブロックと安定したフォアドライブが武器の堅実派。クレアンガ、ギオニス以降、なかなか若手の現れないギリシャにとっては、このスゴウロポウロスは久々に現れた期待の新星だ。

 ジュニア女子シングルスでもアゼルバイジャンのニン・チンが大会2連覇。ニン・チンは女子団体ではアゼルバイジャンを初優勝に導き、ジュニア女子ダブルスでも準優勝と3冠にこそ届かなかったものの大会の主役とも言える大活躍。カスピ海に面し、北はロシア、南はイランと国境を接する南コーカサスの1国であるアゼルバイジャン。これまで卓球で話題に上がることはほとんどなかった国家だが、ここ数年で中国からジュニア世代の選手が移住し、2015年からITTFジュニアサーキットに出場。自国だけでなく中国での合宿も行いながら強化を図っており、出場数こそ少ないがジュニアサーキットでは度々上位に顔を出すようになっている。これまで卓球界では無名だったアゼルバイジャンがヨーロッパを席巻する日も近いかもしれない。

写真提供:ITTF
  • ジュニア男子シングルスV2のスゴウロポウロス

  • ジュニア女子2冠のニン・チン