カンボジアナショナルチームに行ってきました。

ご無沙汰しております。

現在、ベトナムは、コロナ感染者数も落ち着き、急速に市場が回復してきており、コロナ前とあまり変わらない状況になってきました。

今回はニッタクの温さんと、カンボジアの市場を視察してきました。

カンボジアの首都、プノンペンはホーチミンからバスで6時間、片道16ドルと料金も安く、昔から、カンボジアの選手が、時々ホーチミン市に練習に来ておりました。

カンボジア卓球連盟のトップ、SUNさんとの交流もあり、2010年に行われた東南アジアジュニア選手権以来、久しぶりにプノンペンに行ってきました。

10年以上経つと、街の様子もがらりと変わっており、以前に比べ非常に発展しており、大変驚きました。

ニュースなどでも取り上げられておりますが、中国の国を挙げての投資が、非常に多く、カンボジア人の日々の暮らしとの、格差が激しいと感じました。

今後どのように変わっていくのか、大変興味深く感じました。

2023年5月には東南アジアオリンピック(SEAGAMES)がカンボジアで開催される予定で、競技が行われる会場に連れて行ってもらいました。

競技会場、メインのスタジアム。

卓球会場。

卓球場は大きくありませんが、国際ルールで4台設置できます。

試合後はナショナルチームの練習場になるそうです。

全ての競技場は、中国の支援で建設されているそうです。

スタジアム周辺は、まだ何もなく、今後発展していくのでしょう。

カンボジア、ナショナルチーム練習場。

16時からナショナルチームの練習場に連れて行ってもらいました。

常設6台、以前に比べ、全体的なレベルは上がっていましたが、年間を通して、継続的に練習する選手は少なく、ほとんどが大学を卒業すると、引退してしまいます。

来年のSEAゲームに向けて、強化が始まっているので、今後どのように発展していくのか、楽しみです。

ニッタクのホームページに温さんのレポートが掲載されているので合わせてご覧ください。

https://www.nittaku.com/enjoy-learning/lessons/post-567

 

 

About 富岡武侯

1974年生まれ、東京出身。小学校6年の時より狛江市少年卓球で卓球を始める。1997年、唐橋卓球㈱に入社。2004年4月から2006年8月まで、青年海外協力隊隊員としてベトナムホーチミン市ジュニア選抜チームコーチとし赴任。07年1月にバタフライ、ニッタク、TSP、ヤサカのベトナム輸入総代理店 Take.,Co Ltd設立。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です