第31回ゴールデンラケット大会、男子結果

男子は残念ながら、入賞することはできませんでした。

日本は予選リーグ、6チーム中、3位でした。リーグ内では韓国Aがとびぬけて強く、全勝。ベトナムナショナルチーム、日本、インドと3者間の得失点率となりましたが、ベトナムに0-3で負けてしまったため3位です。インドには3-1で勝利しましたが、最終戦、ベトナムも日本に勝てば勝ち上れるということで、必死でした。会場も盛り上がり、ベトナムNTは観客の前で何とか面目が保てた感じです。

優勝、韓国A、2位韓国B、3位ベトナムNT、タイ。

韓国は毎年、実業団チームが参加しており、皆太ももの筋肉がすごかったです。

吉田選手。予選リーグは準優勝した韓国のカットマンの選手に負け、2位上がりでしたが、その後インドの選手に4-3で勝ち、準々決勝で優勝した韓国のPARK CHAN HYEOK選手に1-4で負けベスト8。

渡井選手。予選リーグで優勝した韓国の選手に負け2位上がり、決勝トーナメント1回戦で、準優勝の韓国KANG DONG SOO選手に3-0リードまで押しましたが、4-3で惜しくも敗れベスト16。

吉田選手、予選リーグでベトナム、香港、インドの選手に負け4位。ベトナムのQUYNH選手との対戦は大いに会場を沸かせましたが、パワーに押し切られました。

岩永選手。予選リーグで香港、ベトナム、韓国の選手に負け4位。2年生ながら頑張りましたが、あと1本が遠かったです。来年に期待です。

男子藤井監督。

優勝、韓国PARK CHAN HYEOK、2位韓国KANG DONG SOO、3位ベトナムセメントチームNGUYEN DUC TUAN、3位香港LAM SIU HANG。

日本選手たち、あとちょっとでしたが、入賞の壁は厚かったです。

 

第31回ゴールデンラケット大会、女子結果

7月15日から18日まで4日間、ゴールデンラケット大会が開催されました。

開催種目は団体戦とシングルス。

日本女子は毎年良い結果を残しておりますが、今年も頑張りました。

女子団体戦、準優勝。

各5チーム、2ブロックで予選リーグが行われましたが、日本のブロックにはタイと香港が入っており、激戦となりました。

まず、タイと対戦し、3-2で何とか勝利しましたが、タイが強豪香港に3-2で勝利したため、決勝トーナメントに上がるためには、香港に最低でも2-3にもっていかないと、勝ち上がれない状況になりました。香港には昨年優勝した、NG WING NAM選手と世界ランク150位前後の選手を2名揃え、優勝候補です。

厳しい状況でしたが、梅村選手が世界ランク158位の選手にトップで3-1で勝利、2番青木選手がNG WING NAM選手に0-3、3番で三村選手が世界ランク146位の選手に3-1、4番で梅村選手がNG WING NAM選手に3-1で勝利し3-1で香港に勝つことができました。

結果1位日本。2位タイ、3位香港で、決勝トーナメントに進出することができました。今回の香港に勝利することは非常に素晴らしいことと思います。

準決勝、香港Bに3-1で勝利し、決勝は再びタイと対戦です。

タイはT2リーグに参加しているサウェータブット選手が欠場していますが、世界ランク、74位、99位、193位と粒ぞろいです。

予選リーグでは梅村選手が2点勝ち星を挙げ、2-2ラストで三村選手がセットオールジュースで何とか勝利することができましたが、決勝では1-3で敗れてしまいました。決勝はテレビ中継も入り、日本選手たちも頑張りましたが、惜しくも準優勝です。

タイの若手選手2名、2014年のタイジュニアサーキットに出場していましたが、ここ数年で非常に上達しているように感じました。

三村選手。予選リーグを1位で通過し、ベトナムのエースに勝利しましたが、準決勝でペトロベトナムチーム、助っ人中国人のカットマンに1-4で敗れ3位。

梅村選手。優勝したPARANANG ORAWAN(タイ193位)選手に2-4で敗れベスト8。しかしながらトータル2敗は立派な結果です。

青木選手。予選1位通過もインドの表、アンチの選手に敗れベスト16。昨年からランクアップです。

岡崎選手。予選で、香港のLI CHING WAN(世界ランク146位)の選手とインドのアンチの選手に敗れ、予選3位。

女子監督、瓜生先生。見事な采配でした。

試合後、タイの選手たちと。

香港の選手たちと。

今年も連日、日本の選手たちに、たくさんの声援をいただきました。

本日よりゴールデンラケット大会開催です。

本日より、ホーチミン市においてゴールデンラケット大会がスタートしました。

日本チームは今年も高体連からの派遣で10回目の出場となります。

参加国は、日本、香港、インド、韓国、台湾、タイ、ベトナムです。

ユーチューブで試合をライブ配信しております。

https://www.youtube.com/channel/UCFNB1C8Fb5xrHtkfbtNRuCQ

午前中、日本男子とベトナムセメントチームBの試合が配信されました。

(最初の10秒くらい画面が縦ですがその後修正されております。)

ホーチミン市卓球連盟ホームページ(結果)

http://pingponghcm.org/

 

参加選手

団長 田中 正一(大垣工)

男子監督 藤井 健(都城商業)

女子監督 瓜生 勝己(福井商業)

男子選手

吉田 海斗(希望ヶ丘)、渡井 丈人士(静岡学園)、吉田 俊暢(専大北上)、岩永 宣久(帝京安積)

女子選手

梅村 優香(四天王寺)、三村 優果(明徳義塾)、岡崎 日和(川口総合)、青木 千佳(福井商業)

高校生、みな頑張っております。是非、ご覧ください。

 

練習会場で見た強豪国との差

今回の世界選手権、練習会場が一つだったため、多くのトップ選手の練習を見ることができました。

昨年のマレーシアは、第一会場と第二会場、練習場所が分かれていたため、練習している選手は第二カテゴリー以下の選手で、あまり強い選手はいませんでした。

試合期間前半と後半では、練習している選手たちの卓球が別物でした。大会期間後半はトップ選手しか残らなくなるため、球質や打点がより厳しいものでした。

皆いろいろな練習をしていましたが、基本的な練習が多く、特にフォア2本、バック2本の練習が全般的に多かったように思います。

オフチャロフ選手と荘智淵選手が二人でこの練習をしていましたが、スイングスピードが速すぎて振っているラケットが見えませんでした。当然コースや打点もすごかったです。質感が圧倒的にすごかったです。

今回感じたことは、トップ選手は準備運動、トレーニング、練習後のストレッチに時間をかけていることです。

日本の選手など練習前の準備にみっちり1時間近く時間を使っておりました。練習後も専門家の指示に従い、時間をかけて、しっかりと体をほぐしていました。

弱いベトナムはというと、5分も準備体操していない感じです。

練習後もそのまま何もせず。差は歴然です。

ベトナムの選手たちも、トップ選手の練習を見れたので、何か感じてくれると良いのですが。

 

 

世界選手権、ベトナム結果。

世界選手権が終わり、ようやく落ち着いてきました。

日本選手たちの活躍、おめでとうございます。

ベトナムの選手達は3日目、31日の午前中には皆負けてしまい、全日程が終了しましたので、毎日じっくりと、応援させていただきました。

初日から開催期間半ばまで使用されていた第2会場です。後半は配置を変えて観客が卓球を楽しめるスペースに変更されました。

日本ではあまり報道されることがありませんが、日本チームが登場するメイントーナメントの前に各種目、予選があります。シングルスは3人ないし4人でリーグ戦を行った後、本選出場トーナメントでもう1回勝たなければ、メイントーナメントに出場できません。

各ダブルスはトーナメント形式ですが、3回ほど勝たなければメイントーナメントに出場できません。

また予選を抜けても大抵がランキング上位選手のシード下に入ります。

ベトナムのような国にとっては、メイントーナメントに出場することが一つの目標で、初日、2日目が勝負です。

チャン選手。シングルスは96シード中、第95シードでメイントーナメントからの出場でしたが、1回戦負け。ミックス、メイントーナメントでデンマークと中国の国際ペアに吹っ飛ばされました。まるで男子ダブルスのようでした。女子ダブルスはベルラーシとウクライナのカットペアに惜しくも逆転負けしメイントーナメントに出場ならず。最後は体力が続かなくなりましたが、ベトナム選手の中では、1番の結果でした。来年は試合前にサウナに通って減量しようと約束しました。

ガー選手。シングル、女子ダブルス、ミックスとすべて決定戦負け。上達はしているのですが、世界の壁は高いです。予選リーグでインドネシアのチャンピオンに勝ったので自信になったようです。

トゥー選手。各種目決定戦負けでした。男子シングルスの決定戦ではルクセンブルクの選手と当たりましたが、この選手、バックがアンチ。想像を超える変化でした。試合後トゥー選手、アンチと対戦するのは初めてのこと。頭が混乱して変化がわからなかったそうです。私も世界選手権の男子選手でアンチを使用している選手は初めて見ました。後ほどタマスの梅村さんにお聞きしたところ、才能のあまりない選手だったそうで、アンチに変えて頑張って結果を残しているそうです。メイントーナメント1回戦でも韓国の選手にセットオールまでもつれ、あともう少しで勝利でした。

リン選手。チャン選手と組んだミックスダブルスでメイントーナメントに出場しましたが、初対戦の相手になかなか対処できないのが問題です。国内では3年連続で国内チャンピオンになっているのですが、世界で勝つのはなかなか大変です。

ベトナム選手団。近い将来メイントーナメントで少しでも勝てるように、頑張っていきたいです。

 

 

2017年ベトナム全国大会

5月15日から23日までハノイの隣の省、ハイズン省で全国大会が開催されました。

参加人数は男子72名、女子52名、男子17チーム、女子14チームで行われました。

1週間で団体、各ダブルス、シングルスが行われますが、日本のように各都道府県の予選はなく、参加者は省などのチームから選ばれた選手が出場します。

そのため選手、関係者はほとんど顔見知りの為、毎年同じようなメンバーで開催されているのが実情です。

設置台は8台、朝8時、午後2時、夜7時とタイムテーブルが組まれています。

開幕戦後の団体戦、団体戦決勝、シングルス決勝と3回のテレビ中継が入りました。写真は男子決勝の様子です。連日沢山の客さんが見に来ていました。

チャン選手。2006年に初優勝して以来、女子シングルスで11回優勝しています。今年も団体戦、シングルス、女子ダブルスで優勝しました。

Quynh選手とTu選手。男子ダブルス優勝。二人とも以前行われた関東学生の合宿参加しています。

女子団体優勝のペトロセスコホーチミンと2位のホーチミンチーム。

10年以上、全国大会を観戦していますが、毎年レベルが下がっているような気がしてなりません。

試合内容も圧倒的にバック前やミドル前の短いサーブをストップしてからの展開が多く、世界選手権等の試合展開と全く違います。サーブも上手い選手があまりいません。

各チームのコーチたちと沢山話し合いをしましたが、卓球人口の減少とレベルの低下に悩んでいました。

スポーツ選手は給料が少ないから親が卓球をやらせないと。私はいつも、スポーツ選手はどの国も世界で結果を出せないとお金など入ってこないというのですが、難しいところです。

今週末からドイツの世界選手権です。

ベトナムからはおかげさまで、男女2名づつの選手が参加できることになりました。

予選を抜けて日本選手等出場するトーナメントまで勝ち上がることができると良いのですが。

現地で頑張ってサポートしたいと思います。

 

 

20周年、おめでとうございます。

20周年おめでとうございます。

昨日、記念号ベトナムに届き、卓球界のビックニュース20、楽しみながら拝読させていただきました。

創刊号の表紙、懐かしかったです。まだ、卓球業界で働き始める直前で地元の専門店で購入して後輩たちとみんなで読んだのを、懐かしく思い出しました。

唐橋卓球に入社した後も、毎月届くのが楽しみで、仕事の上でも非常に参考にさせていただきました。

ベトナムでコーチとして赴任した2年間は、今のようにネットで動画などもなく(ダイヤル回線でした)、毎月子供たちと連続写真を参考に練習に励みました。

_DSC79672004年からですが、当時は郵便事情があまり良くなく、毎月ちゃんと届くかドキドキしながら待っておりました。今では、ちょっと郵便事情が良くなり届かないという心配はなくなりましたが時々心配になります。10年ちょっと、あっという間でしたが、ベトナムも昔に比べてだいぶ過ごしやすくなったなと感じた次第です。

やっぱり紙媒体の本は良いものです。

毎月少しづつ本棚が埋まっていくのを楽しみに眺めております。

今後も10年、20年と毎月楽しみにしております。

おめでとうございます。

ベトナムの海

もうすぐ世界ジュニア。日本の選手たちの活躍が今から楽しみです。

日本はだいぶ寒くなっているようですが、ホーチミンは毎日30度越え。しかし乾季に入ったのでだいぶ過ごしやすくなりました。

今年は2か所、きれいな海に遊びに行ったので、海の写真でも。

_DSC3959ニャチャンという、ベトナムのリゾートから車で1時間、さらにスピードボートで30分、干潮になると島が陸続きになります。

_DSC4028こちらはニャチャン。ベトナムで一番有名なリゾートです。ベトナムチャンピオンのクオック選手の地元で、いつもおいしいシーフード料理に連れていってくれます。

_DSC5699今回初めて訪れたコンダオ島、ホーチミンからプロペラ機で1時間ほどです。戦時中は監獄として利用されていました。

_DSC5698毎日堤防に出て、釣りをしてきました。ベトナム人は皆イカを狙っていました。

_DSC5710部屋の前がすぐ海です。

コンダオ島はなにもありませんが、自然に囲まれておりのんびりできました。

日本のように、ホテルのサービスは良くありませんが、安くてよいリゾートがベトナムにはまだたくさんあります。

お勧めです。

ゴールデンラケット大会、私の新しい取り組み。

ちょっと時間が立ってしまいましたが。

ゴールデンラケット大会、毎年高体連チームのサポート係という大役がありますが、それ以外にもスポンサーとしての役割もしております。

今年で10回目、バタフライさんには卓球台回りの備品と大会使用球をスポンサーしていただいております。

毎年のことですが、今回もスポンサーがなかなか集まらず、ホーチミン卓球連盟の関係者と共にいつも頭を悩ませております。

低予算で何か見栄えの良いことができないかという事で、今回卓球台のスカートを作成しました。

台回り初期作成時

テレビ中継で使われるメインテーブルを作成しました。

タマスさんにデザインをお願いし、見栄えよく作成できました。

関係者の方々からもすごいきれいと、称賛の声を頂きました。

軽量のプラスチック素材の上からカッティングシートを貼り、マグネットで止めてあります。

ITTFプロツアー等、国際試合ではよく見かけますが、ベトナムでは初めての試みです。

しかしながら、選手からは不評で、フォア前等、踏み込んだ時に足が当たる為、2日目には選手たちが、勝手に正面の部分を取り外して試合を始めてしまいました。

スポンサーとしては大変困る事態ですが、選手が主役。

空き時間に改良を加えました。

台回り改良後

ピンクの部分を斜め45度、内側に折り込みました。

この改良で、足も当たることがなくなり、選手たちからもOKを頂きました。

今回、卓球台の足元ばかり見ていたので気が付いたのですが、足が当たる選手と、全く当たらない選手、はっきり分かれておりました。

日本、香港の選手たちが良く当たるのですが、それ以外の国の選手はあまり当たりません。女子も当たる選手が少なかったです。

今枝監督に聞いてみたところ、日本の選手たちは足を細かく動かして、ボールのそばまで体を持っていくからではないか、との事。

確かに日本の選手たちは足を細かく動かして、たくさん動いておりました。

また一つ勉強です。

次回の目標は、何とかフロアマットを入手することです。

やっぱり赤いマットがあると見栄えが全然違います。

第30回ゴールデンラケット大会、日本男子結果

本年度、男子も2チーム6名が参加しました。

男子Aチーム。監督、今枝 一郎(愛工大名電)、選手、沼村 斉弥(野田学園)、宮本 春樹、田中 佑汰(愛工大名電)。

男子Bチーム。監督、熊谷 勝明(帝京安積)、選手、小林 准也(松徳学院)、蛭田 龍(希望が丘)、渡井 丈人士(静岡学園)。

日本チーム以外には、インドネシア、韓国、タイ、マレーシア、香港、中国雲南省、ベトナム軍隊A、B、ベトナムハイズン省、ホーチミン市の7か国10チームが参加し、6チーム、2ブロックでリーグ戦の予選、その後準決勝、決勝が行われました。

日本Aチームはタイ、軍隊Bに3-0、ホーチミン市に3-1と順調に試合を進めましたが、インドネシアに2-3で敗れたため、最終戦、香港とリーグ2位通過をかけて、対戦しました。1番で田中選手、2番で沼村選手が勝ちリードしますが、3、4番で香港に取られ、ラスト勝負になりました。しかしラストで沼村選手が頑張り3-0で勝利し、何とか2位で通過することができました。

日本Bチームはマレーシア、軍隊Aに3-1、3-2で勝利するも、その後ハイズン省に2-3、韓国、雲南省に1-3で負け、予選リーグ5位で試合を終えました。

準決勝、日本Aは韓国と対戦しました。各選手頑張りましたが、韓国の実業団選手に勝てず、3-0と敗れてしまいました。特に沼村選手はセットオールジュースまで持ち込みましたが、最後は押し切られてしまいました。

もう一つの準決勝はベトナム軍隊Aとインドネシア。軍隊が地元の利を活かし3-2で勝利。決勝も韓国に2-3と迫りましたが、韓国の方が1枚上手でした。

mteamjapan

男子シングルスは45名出場。5名か6名でリーグ戦が行われました。

残念ながら入賞することができませんでしたが、各選手、頑張りました。

kobayashi

小林選手。予選、香港のエースに0-3で負けましたが、残り3試合を勝ち抜き2位でリーグ通過。決勝トーナメント、香港の2番手に4-3で頑張って勝利しましたが、準々決勝で優勝したQI JIA WEI(雲南省)に4-1で負けベスト8.

numamura

沼村選手。予選リーグで韓国、雲南省の選手と同セット率で三つ巴になり2位通過。決勝トーナメント1回戦で、3位に入賞した韓国のカットマンにセットオール6本と3-4で敗れ、ベスト16。

tanaka

田中選手。今回1年生での参加。インターハイも3位に入賞し好成績を期待しましたが、インドネシアと沼村選手が敗れた韓国のカットマンに敗れ、惜しくも3位で予選敗退。

miyamoto

宮本選手。予選で、優勝した雲南省の選手に0-3、インドネシアの選手にセットオールジュースで敗れ3位。予選通過にあと少しでした。

hiruta

蛭田選手。韓国とインドネシアの選手が通過し、6名中4位。

watai

渡井選手。香港の選手に勝利しましたが、それ以外は敗れ、6名中5位。

 

今回参加したメンバー、2年生5名と、1年生1名。そんな中で団体戦3位入賞は立派な成績だと思います。

シングルスにおいても全ての試合が接戦で簡単に勝てる相手はいませんでした。

男子の場合は特にパワーの差が大きく、いつもだったら抜けているボールがたびたび返球されていたので、良い経験になったことと思います。

来年、今回参加した6名の中から、また参加して、入賞してくれる選手が出ることを楽しみにしております。