第27回ホーチミン市ゴールデンラケット大会

9月11日から14日までホーチミン市において第27回ゴールデンラケット大会が開催されました。

日本チームは今年で6回連続出場です。

出場する日本選手は高体連で選抜された選手たちでここ数年は非常に良い成績を上げております。

日本以外に、香港、インド、韓国、マレーシア、シンガポール、タイ、ベトナムが出場しました。跳びぬけて強い有名な選手は出場しませんが世界ランク100位から200位くらいの選手が多数出場しております。

日本出場選手。河野団長(上宮)、今枝先生(愛工大名電)、藤崎先生(真岡女子)。男子、定松(希望が岡)、堀(明徳義塾)、下山(青森山田)、水谷(愛工大名電)。女子、鳥屋(明徳義塾)、加藤(県岐阜商)、明神(土佐女子)、小室(真岡女子)。

女子団体戦優勝。準決勝、香港3-1、決勝ペトロテスコホーチミン3-0。

女子3位。小室選手。タイのアニサラ選手と韓国選手を破り3位入賞。

女子シングルス優勝。加藤選手。シンガポールLIN YE(世界ランク92位)4-3。

今回もたくさんのお客さんが観戦に来てくれました。

詳しくは卓球王国に掲載いたします。

本日夜より、東京国体、展示会に合わせて帰国いたします。府中は実家から近いので試合楽しみです。

 

日越40周年記念事業、卓球講習会

本年度は日越国交樹立40周年の年に当たり、色々な行事が執り行われております。

日本でもTBSで日越合同のドラマが始まるようです。

卓球では9月11日から行われた、ゴールデンラケット大会(ホーチミン国際オープン)の前に、講習会及び合同練習会を行いました。

主催、ホーチミン卓球連盟、弊社。後援、在日本国総領事館、JICA、日本卓球協会、ホーチミン市スポーツ局で行われました。

テレビ局2社と、翌日の新聞4社に掲載されました。

講師は高体連卓球部、強化部長の河野先生。参加者は日本高体連選抜選手8名とホーチミン選抜選手20名。及びホーチミン市近郊コーチで100名ほどでした。

参加選手および来賓で記念写真。

練習見本を見せる、希望ヶ丘高校の定松選手。

詳しくは卓球王国に掲載されるので、読んでみてください。

最後に

私は余計でしたが、元全日本チャンピオン今枝先生と元ベトナムチャンピオンクオック選手。

たまには美味しいものも。

日本の外食レストランは多少なりとも、日本人の好みにあった、味付けがされていると思います。

ホーチミンで営業されている色々な国のレストランは、ベトナム人のお客さんより自国のお客さんが多いので、各国の好みにあった味付けがされていると思います。

イタリアン、フレンチ、中華、韓国料理など、よく食事に行きます。

 

北京ダック。これ一羽で3500円弱です。肉の部分もチャーハンや焼きそばにしてくれるので、人数が多い場合は非常にリーズナブルです。

ホーチミンの中心地にある5星のホテルのバーから見た景色です。

右下に見えるホテルは100年以上の歴史があり、ベトナム戦争の時には各国メディアの情報発信地となっていました。

ここのバーはカクテル等1杯1000円くらいするので、調子に乗って飲み過ぎると結構な金額になってしまいます。

ホーチミンは色々な国の料理が手ごろな価格で食べられるので、その点はとてもよいと思います。

食事風景

今回の宿泊先はホテルでなく、公安の出張者が宿泊する省の出張施設でした。

施設周辺にはレストラン等食事をするところがなく、毎日施設の食堂で食事です。

5チームくらい、その施設を使っていたので、食事時には結構な人数になります。

このような中国式のテーブルはベトナム料理ではあまり見かけませんが、隣が中国だからでしょうか。

毎回バランスよく5品くらい料理が出ます。ホーチミンがある南部地方とハノイなどのある北部地方では、ベトナム料理の味付けも少し違います。

南部の方が甘い味付けで、北部の方が私には美味しく感じられます。よくハノイの人が南部の料理は甘過ぎて食べられないなどと言っていますが、そこまで差がないような気もします。

今回総合2位のホーチミンチーム。

総合3位のダラットチーム。

来年試合で会う時には、卓球上手くなって成長した姿を見せてくれると嬉しいものです。

ラオカイ体育館

ちょっと遅くなってしまいました。

今回行われたラオカイ市の体育館です。新しい体育館です。

現在街を新しく作っているようで、体育館、警察、軍隊など国の施設が集まっています。

しかしながら、まだ建設途中で周辺には何もありません。

ビールを飲みに行くのに街の中心までタクシーで7キロくらい距離があります。買い出し等非常に大変でした。

体育館自体まだきれいなのですがそれでも数か所雨漏りがあります。

開会式には必ず国歌斉唱があり、皆この時にはちゃんと並びます。

今回の試合は、子供の大会なので参加人数が多かったです。

ベトナムは学校制度が、5、4、3年と中学校へ通う期間が日本に比べ1年長いので、それに合わせて、小学生の部(11歳以下)、中学生前半の部12-13歳)、後半の部(14-15歳)、高校生の部と4つのカテゴリーに分かれ、団体、シングルと試合が開催されます。

先日、日本のインターハイの決勝戦をテレビで見ましたが、ベトナムとの違いを痛感しました。

ベトナムの男子決勝戦は、選手の身体能力は高いのですが、スタイルが古く、台上ストップから始まる展開がほとんどでした。

これはコーチの勉強不足、情報不足によるもので、今後いかに情報を共有して全体を底上げしていくか、非常に重要な課題です。

今回、連盟の方や各省のコーチと有意義に話し合いができたので来年の全国大会が楽しみです。

遠征での移動

17日から29日まで夏の全国大会で中国国境の街ラオカイという所に行ってきました。

場所的には雲南省の下にあたります。

この街は少数民族が多くトレッキング等で観光客が多い場所です。サパという名前のほうが有名です。

サパの市場。昔、観光に行った時の写真です。皆さん何年もかけて手縫い刺繍で、衣装を作ります。

17日に飛行機で2時間ハノイに移動し、18日ハノイチームの練習視察。19日にバスで350キロ、8時に出発で19時30分に現地に到着しました。

こんな道を走っていきます。

途中までは4車線の道でしたが、半分以上は山道です。

昔の日本の国道のようです。数年後には高速道路ができて4時間で行けるとのことですがいつになることやら。

手前はザボンです。美味しいです。

11時間バス。さすがに疲れました。

日本に帰国するときは飛行機で6時間、バスで2時間なのでそれ以上です。

帰りは朝6時出発。ハノイの空港に夕方5時に到着し、7時30分の飛行機でホーチミンに帰りました。

今週はたまった仕事と蓄積された疲れで、ぐったりしておりました。

ベトナムのブースター事情

今月号の王国さんの記事にフランスのブースター事情が載っていたので、ベトナム版を投稿しなければと思いつつ、月日が経ってしまいました。

現在有機溶剤が禁止されてからだいぶ経ちますが、ベトナムには中国から海夫のグルーが大量に輸入されています。最初は在庫処分かと思っていましたが、現在でも定期的に輸入されてくるので、製造を続けていると思います。

価格は日本円で250ML、350円くらいです。

ですので、王国さんの記事に乗っていたファルコン社のブースターも輸入されていますが値段が高すぎるので一般の人はほとんど使っていません。愛好者は未だにグルーを使っている人が多いです。

トップ選手はというと、北京オリンピック以降、ベトナム全国大会でラケット検査の担当をしていましたが、VOCを検査する機械は高すぎて購入できず。厚さを測る、デジタル測定器を導入していますが、4MMを超える選手が多いため、現在ではほとんど検査できない状況です。もうグルーを使う選手はいませんが、ブースターに関しては何の対応もできておりません。

ただし弊社で契約している選手たちは、ブースターを使っているのがわかれば契約を打ち切ると言っているので使用していません。

問題は、一般愛好者が、何も知らず今までと同じように最近のラバーにグルーイングしてしまい、不良品だと言って、弊社に問い合わせがあることです。

ノングルー対応ラバーが発売された初期のころ、私が扱っていないメーカーの商品で、なんの問題もないのにグルーイングをして使い、寿命が短いと噂になり、売れなくなった商品もありました。

ちょっと見ずらいですが、わが社では最近のラバーに「グルーを使わないでください。」というシールを貼っています。

それでも、海夫を使ったり、コロコロでラバーを伸ばし過ぎたり、などで、シートが切れて、不良品ではないか、と言ってくるお客さんがまだ居ます。

田舎の方では、自転車のゴムのりでラバーを張ったりしている人もいるようです。

最近の水溶性接着剤は非常に使いやすくなりましたが、ベトナム人にとってはまだ値段が高く、普及率はあまり高くありません。

ベトナムには10件くらい大きな専門店がありますが、水溶性接着剤でラバーを張っているお店は未だわが社だけの様です。

日本では考えられないことだと思いますが、ベトナムはこんな状況です。

電線2

数日前から、家の周りの電線が垂れさがってきて、我が家の前は、看板の下の方まで落ちてきたので、どうなる事かと見ていましたが、区間一帯を修理していたようです。

ちなみに梯子は竹製です。よいしなり具合です。

一応落っこちないように安全ベルトを巻いていました。

我が家の前はいまいちだったので、もう少しきれいにしてくれと頼んだところ、珍しくにこやかにやってくれました。

ありがとう!おかげですっきりしました。

作業前

やればできるではないか。ベトナム電力公社!

 

タイニン省遠征

ホーチミン選抜チームのコーチに誘われて、1泊2日で久しぶりに子供たちと遠征に行ってきました。

バスで1時間くらいだと言われたので、まあそれくらいだったら腰も痛くならないかと思い了承しましたが、結局片道3時間。途中で休憩を入れて、なんとかしのぎました。

試合はベトナム南部の選手たちを集めて2日間で行われました。カテゴリーは15歳以下の部と11歳以下の個人戦です。

参加選手は100人弱といったところでしょうか。

タイニン省チーム、全国大会には出場しないチームなのでどのような感じと場所なのか、仕事の参考になりました。

都市部と農村部では、卓球人口の差や情報量の差がまだまだ大きく開いているとつくづく感じた次第です。

ちなみにこの省はカンボジアの隣にあり、山で採れるものが特産品です。

今回は蝉の幼虫の唐揚げとヤモリの唐揚げを食べてきました。

ヤモリはシシャモみたいで美味しかったです。

 

ベトナムチャンピオン

さて試合開催地等色々紹介いたしましたが、今日は試合結果について。

ベトナムの全国大会は、団体戦、各ダブルス、シングルスを6日間で行います。団体に関してはリーグ戦後、トーナメント。ダブル、シングルは1発トーナメントです。

試合時間は朝8時から、午後2時から、夜7時からと時間が区切られています。朝は8時からスタートし、11時ころ終わるのでそれから昼食、お昼寝です。

仕事においてもそうですが、大体昼休みは長くお昼寝をするのが習慣です。昔はクーラーなどなく日中は暑くて効率が悪いため朝涼しいうちから働き暑い日中は働かなかったそうです。

普段私は昼寝をしないのですが、試合期間は昼寝をしています。というのも夜の試合が遅いと10時を回るのでそれから飲みに行くと遅くなる為、昼寝しないと体がもちません。

優勝したナム選手。26歳。インターハイチャンピオンですが、一般で優勝するまで時間がかかりました。でもトップの選手の中でも一番練習熱心だったので、私としてもうれしかったです。

2位、クオック選手。30歳後半ですが、経験豊富で相変わらず強いです。毎年新しい技術を披露してくれます。

 

女子シングル優勝、ミーチャン選手。相変わらず強いですが、試合後10キロの減量指示を出しました。今回はダブルスで早々に負けてしまったため体力は大丈夫でした。

2位、リン選手。ここ3年この2人の決勝戦です。現在19歳。この間のロンドンオリンピックアジア予選で韓国と北朝鮮の選手に勝ったカットマンです。今後が楽しみです。

おかげさまで今年も男女決勝戦はわが社で契約している選手同士でホッとしました。

また日中体育館の照明が明るく写真が取りやすかったのでうれしかったです。普段は照明が暗く、ぶれまくりです。

Page 10 of 12« 最初へ...89101112