月別アーカイブ: 1月 2018

そもそもボールが違う

最近、木材系もしくはインナー系からアウターに変えました。

時代はアウター・・・というわけじゃなくて、アウターも問題なく使えるようになったほうが今後の用具ページにも活かされるかなぁと。

 

木材でも十分弾むんですよ。木材で良いかなーと思うくらい。

でもトップ選手に話を聞くと、「いやー、カーボンじゃないときついっす」というのばかり。

 

あまりに感覚が違いすぎるのも変だと思っていたけど、この前少し理解できました。

 

単純にボールが違うから。

ぼくは現在東京でしか試合をしないので、9割くらいはニッタクボールで試合をします。

だから練習もニッタクボール。

 

でもトップ選手はワールドツアーが紅双喜、

18年世界選手権(選考会含む)はタマスのAボール

日本リーグはニッタク、

大学生、高校生はジャンケン

特に最近は同じメーカーのボールでもバージョンがあるので、感覚がぜんぜん違う。

インターハイではジャンケンでかなり有利不利が変わる。

他チームが使っていないということで、あえてTSPの一番古いボールを使うチームもありました。

 

 

ちなみに


T2は紅双喜のバージョン2

紅双喜はバージョン3まで出ており、17年のワールドツアーは韓国オープンからバージョン3を使用

 

と、年末にTSPのシームレスボールで試合があったので、いつもの用具で出たら、全然飛ばなくて、これならカーボンにしたいという願望が出たのです。むしろカーボンじゃないと無理ってくらい。

でもニッタクボールは飛ぶので木材でも十分。

悩ましいところ。

 

 

ということで、ちょっと整理します。

 

現在、国内の試合がほぼニッタク、TSP、バタフライで構成されているため、3社のみで紹介

 

バージョン1のボール(非常に柔らかくてイレギュラーする)

初期バタフライ、初期TSP

 

バージョン2のボール(やや固め)

バタフライGボール、TSPシームレス

 

バーション3のボール(固めで弾みが良く、イレギュラーしにくい)

バタフライAボール、TSPCP40+、ニッタク

 

と、大きく分けて3パターン

Gボールは他のボールとくらべても少々特殊でした。音、弾み、打球感、どのボールとも被らなかった。今度の世界選手権にはバタフライのAボールを採用していることで、今後はAを主力として販売していくのでしょう。

TSPはバージョン1・2のボールを廃番にして、バージョン3のCP40+の1種類に絞る。

どのボールもニッタクに近づいてきた感があります。

でもまだニッタクがどのボールよりも硬くて弾む感じがします。品質も良い!

そのため、海外組の中には「今の用具だと飛びすぎる」と言う人もいますね。

全日本はニッタクボールなので、海外組はやや用具調整をしているようです。

 

 

結論は

筋力や技術力などの基礎的な問題もあるが、

そもそも一般選手とトップ選手では基準となるボールが違うから用具選びも変わってしまう。

そういうことなのかなと。

2018年スタート

(喪中のため)

本年もよろしくお願いいたします

 

 

2018年は用具だけじゃなくて、いろいろと別角度から皆さんに記事をお届けできればと思っています。

今年も目指すのは、「ここでしか手に入らない情報を!」です。

昨年は朱世爀に用具の話をガッツリ聞けたことは本当に自分にとっても財産になりました。

公開するかどうかは迷いましたが、用具名を出さないというギリギリのところで踏ん張った。今年はこういう独自情報をもう少しやりたい。

 

世界選手権のコート脇、メディア席、ミックスゾーンにいて、

カメラを構え、ペン取材もする記者の中で、「誰が何を使っているか」という普通のスポーツ記者にとっては全然興味のない部分に注目している人間って、、、、たぶんいないんだろうなぁ。

いないからこそ、もう少し頑張ろうかなと思えますね。

 

応援の声をいただけるとうれしいです。人間ですので、褒められればやる気になります。

 

まずは全日本、、頑張ります!

そして今月発売から連載予定の「隠れた名品たち」のページを作っているのですが、新しい試みだからか新鮮な気持ちで作れています。

用具は出合う、出合わないは運ですから。そして使う理由がほしい。

そして情報は一方から見るのではなくて、多角的に見て、取捨選択をしてくださいね。

 

正月休みで充電したので、1月は突っ走ります!

 

そういえば、年末にブータンの選手団が来社しました

せっかくジュニアの精鋭たちが来たので、1ゲームずつ勝負!

 

 

4人と1ゲームずつだったのですが、

ぼくが初戦で1番手に勝ったのに、2番手に負けたことをコーチが納得いかなかったようで1番手と再勝負

 

キレキレのYGとバックドライブ!

 

ジュースに持ち込んだけど、相手が最後に隠していたバックサービスでフォア前にチョン

 

 

飛び込んでフリックしたが、鈍重な体が間に合わず、ネットミス

 

ショック!!!

ショックすぎて、そのままハリバウワーみたいにえびぞりを決めてしまった(無意識)。写真を見ると意外とそれてるからビックリ。

 

 

すでに汗だくのセーターとジーパンだが、楽しい交流戦でした。

また日本に来てね!