月別アーカイブ: 8月 2018

高性能好き

先日、伊藤条太さんが弊社にやってきて、いろいろ雑談をしていた。

当日夜には卓球ライター対決があり、

卓球ライター対決

 

↑詳しくはリンク先へ

 

翌日にはハンドソウ大会という世にも珍しい大会に行くという。

マニアにめっぽう目がない条太さんだが、本当のところは小馬鹿にしながらその動向を観察しているようにも見える。

実際に自分と話していても「お、どうなんだそれは。ほうほう。へー」とニヤニヤしながら聞いてくる。分析半分、小馬鹿半分だろうといつも思っている。

 

その条太さんがハンドソウの大会に行くというのに、大会に出ないということで、

「貸しますから出てください」

と渡したら、渋々参加を決めたようです。

 

ガッキー・瑛太が使用した俺のハンドソウは条太さんへ託されました。

 

 

 

その中で卓球マニアについての話題になった。

 

 

「ハンドソウはもう買えないが、そんなものを貸していいの?」と言われたので、

「買えないものにはあんまり興味がない」と返答。

 

 

ん?自分は用具は好きだが、分類としては何だろうな?と考えました。

 

卓球マニアにはいろいろな人がいて、

用具に関しては

コレクターとか、昔の用具好きだったり、マニアックなもの好きだったり、いろいろいますが、

自分を分析すると・・・新しいモノ、高性能マニアかもしれません。

 

あまり廃番品には興味がなくて、

もったいないから使えない、大事にとっておくというのもありません。

「このラケットすごく良いよ!」と言っても、他の人が買えないものを勧めてもあまり意味がない。

「あのラバーが良かった」と言っても、思い出補正かもしれない。過去の自分が今のラバーを打ったらもっと驚いていたかもしれない。

 

昔から家電が好きだったので、家電マニアと通じるところがあるかと思います。

家電は常に高性能を競っています。どれだけ便利になったか、どれだけ個性があるか、どれだけコスパがいいか。

どれだけ性能を突き詰めたのか。

 

 

イヤホンひとつ変わるだけで、音が変わってウキウキスキップ!

テレビひとつ変わるだけで、迫力&臨場感アップ!

洗濯機ひとつ変わるだけで、キレイ&時短!

やっぱり高性能が好きですね。

 

昔の煩わしさが良かったと言って、リモコンなしのダイヤル式テレビには戻れない。洗濯板には戻れない。

卓球用具に関しては意味のある高性能だったら良し!

常に新製品が発売される卓球用具を相手にする担当としてはプラスに働いていると思いたい。

 

秋にはビッグ用具も発売される予定ですし(残念ながら展示会はない)、新しいものに目を向けて頑張ろう。

ヘキサーもグリーンになったようで・・・

アンドロからニューラバーがリリースされます

 

一足お先に打ってみたので、率直な感想を載せたいと思います

 

ラバーはこの2種類

ヘキサーパワーグリップ

ヘキサーグリップ

 

 

当然、裏ソフトであり、

 

スポンジもグリーン

 

ヘキサーなのにグリーンです。アンドロは全体的にグリーン推しでいくようですね。

確かにグリーンのスポンジならば、「あ、アンドロのラバーだ」と一発でわかる。

 

しかしヘキサーもグリーンになるとは・・・。

 

ヘキサーパワーグリップ スポンジ硬度=47.5度 粒形状=太めの05系

ヘキサーグリップ スポンジ硬度=45度 粒形状=やや細めの80系

スポンジ&シートを含めた全体硬度ではパワーグリップのほうが4〜5度くらい硬めの数値が出ているが、実際の打球感は数字ほど違いはない

 

どれどれと打ってみました

 

 

ラバーの性能が一番わかりやすいオーソドックスで高性能な5枚合板アコースティックと合わせる

 

あれ??

あら??

 

うーむ、、、、

 

表現するならば

八方美人で友達多そうなやつ

 

でも話はあまり面白くないやつ

 

って感じでした。

打った時に強烈な個性は感じられませんでした。おお!っとなることはない。

むしろ丸い。

既視感すらある。

人懐っこいラバーだ。

 

 

ラザントパワーグリップ、ラザントグリップのようなラバーではありません。

もちろんラザンターのようなラバーでもない。

 

あのラバーの強烈な個性の角を取って、丸くさせたイメージです。

ちょっとやんちゃだったアイツが、10年ぶりに同窓会で会ったら、すげー丸くなってたようなラバー

 

 

こんな感じでしょうか。

すごく良いやつになってる。大人になったなラザント!って感じです。

 

 

具体的な評価だと

スピード、スピン、飛距離、扱いやすさなどなど、

全部が○なんです。

でも◎もありません。

 

個性がないところが個性なのかな。

トップシート薄めのラバーではないので、日本選手が好きなタイプのものですが、

「勝つための個性」というより、「万能な定番品」を狙うラバーでした。

 

ターゲットはヴェガやラクザってところでしょう。

 

ノーマルな5枚合板に合わせたからかな?と思って、

 

ティモボルALCにも貼ってみましたが、

 

感想はまったく同じ。ティモに合わせたからと言って、何かが◎になるわけではなく、○のままでティモの性能を活かす。

ある意味、ラバーの個性がないぶん、ラケットの性能が全面に出る。

 

あ、◎がひとつありました。

4500円という価格は◎だと思います

暑かった・熱かったインターハイ

いつになく、せわしないインターハイでした。

8月3日の朝に会社へ集合し、車で出発!!

途中少し渋滞はありましたが、概ね順調に走ります

ぼくも高速だけ少し運転。カメラマン江藤のPEUGEOT(プジョー)を初めて運転しましたが、ブレーキが重い。ぼくのAQUAに比べると暴れ馬だ

 

 

サービスエリアに寄って、昼ご飯を食し、パワー充電

 

この辺りから外の気温がいよいよヤバイことに・・・

 

お、おう

 

40℃かよ!!!

 

ツイッターに書いたら地元の人だろうか、「いつものことですよー」と諭されてしまったが、

名古屋では観測史上初なんじゃないか!!!

 

自然の手荒い歓迎を受けて、愛知に到着!

 

その後も連日の40℃超えに室内競技で本当に良かった。会場から歩けるホテルを取っておいて本当に良かったと思いました。

 

まわりに美味いものはありませんでしたが、その分、お酒も呑まずに仕事もできて、大会中にページも次々作って、

 

8日大会終わり、11日入稿というアホみたいなスケジュールで

 

できました。

ぜひ楽しみにしていただければと思います

 

インターハイベスト8の用具もおもしろいです。

以前は上から下までテナジーでしたが、男子でも半分程度(内1人はフォアだけ)で、女子ではテナジー使いがひとりしかいない。

 

女子優勝の野村さんは

 

フォアがオメガ7プロ

なんと、卓球王国のオメガ7のモニターキャンペーンに応募してた・・・

そして当選してた・・・。ちゃんとコメントも返信してた・・・。

ま、まさかそのラバー???

 

 

いろんなめぐり合わせがあるんですね。

 

 

そして中田さんの活躍により、ひとつの仮説が確信に変わりました。

そうです。

Q4です。

 

今大会、意外性カットマンなら相馬さんがNo.1ですが、

基本技術がしっかりしているカットマンなら中田さんがNo.1だと思います。

とにかく粘る、反撃チャンスを逃さない、勝負強い、躍動的!

 

今年も良いチームでした

 

 

うちわも保護者も・・・

神谷監督愛がすごいぜ

 

ぼくもひとついただきましたが、

「くれぐれもそのへんにポイっと捨てるのだけは勘弁してください!」と神谷さん本人に言われました笑

 

確かに電車のベンチに神谷うちわがニコっと置いてあったら・・・・。

大切にします。