月別アーカイブ: 4月 2018

明日からスウェーデンへ

コメントの返信もできておりません。すみません。

別冊卓球グッズの入稿、本誌のページ作りを終わらせてから、世界卓球へ出発しないといけないので、バタバタしております。

そうです。世界卓球です。明日から出発です。でも試合は29日からです笑

 

羽田からミュンヘンを経由で、イエテボリへ

17時間くらいだろうか。時差がヤバそうです。

 

スウェーデンがユーロ圏内ではないことに昨日気づきました。

去年のドイツ出張で余った100ユーロが机の中から見つかったので、ラケット1本ゲット!と思ったんですが、通貨はスウェーデン・クローナとか。

これは向こうで余らせたら危険。あと10年は使わない。

 

ブログの更新はできないと思うので、卓球王国の大会速報やTwitterで情報を発信してきます。

メーカーブースのライブストリーミングとかできたら楽しいんでしょうけど・・・・どうだろうねー。日本、夜中だし。

春製品を少しずつ

新製品を少しずつ打ってます。

ITCのパワーセルウルトラ

こちらは48度と45度があります。

バランスタイプのラバーで、押し引きがしっかりしています。

日本製らしいグリップ力がある一方で、ブロックの鈍感さが異常。

単板みたいな荒々しいラケットと合わせたほうがいいかもしれません。前に飛び出すパワーはラケットで補充したい。

 

パワーセルにはスペシャルバージョンというのがあります。

こっちのほうがグッとつかんで、ドカンと飛びます。

ノーマルがバランスタイプで、スペシャルが攻撃タイプ。スペシャルのほうが受けるかもしれませんね。

 

ITCは韓国メーカーなのですが、このラバーはすでに国内で大ヒットしてるようです。

なんでも2カ月で○万枚とか。恐るべし柳承敏ブランド。

 

 

続いて、

スーパーヴェンタス

良い意味でヴェンタスっぽくなくて、悪い意味でTSPっぽくない。

硬い打球感でグッと掴む。ボールも初速が速いわりに伸びも良い。

あれ、、、VICTASのラバーよりフィットする。

V15の凶暴な部分がなくなって、使いやすくて威力も出るラバーになってます。

ただ47.5度なので、ある程度のインパクトの強さは必要です。それを考えるとTSPっぽくない。

詳しくは今月号発売後のPICK UP動画を御覧ください。

 

 

さて、、、只今別冊グッズ2018の作業中で、忙しさMAXです。

入稿が終わり次第、スウェーデンへ飛びます!

という忙しい中、昨日は不思議な空間へお邪魔してきました。

誰に頼まれたわけでもないのに、卓球用具や情報のブログを更新している「卓球ブロガー」の皆さんとの練習会。ブロガーこんなにいるんかい!と思うくらいの人数。

練習ガッツリ、ビールもガッポリで、楽しかったです。思いの外、受け入れてくれました笑

今年のスティガはすごい

すっかり更新を忘れていました。

 

今日はスティガスポーツジャパンにお邪魔したので、スティガの展示会を今更ながら書きます。

 

まずは豪華な契約選手がドドンとお出迎え。

これだけでもインパクト大!

 

 

粒高が一気に4種類

バーティカルとホリゾンタル

それぞれ55と20があり、スポンジ硬度を示します。

バーティカル55、バーティカル20

ホリゾンタル55、ホリゾンタル20

OXもあります。

名前のとおり、縦目か横目のバリエーション

縦目粒高は珍しいですが、塩野くんは縦目のバーティカル55が一番のオススメとのこと。

硬くて縦目の粒高が一番切れるらしい。

 

ジェネシス2スピン

こちらも硬度でMとSあり。

弾む粘着ラバー

 

こちらは塩野くんの新しいカットラケット

ディフェンシブプロとディフェンシブクラシック

展示会ではレンズはまだ入っていないモデルでしたが、完成品はゴールドメダルのレンズが入る予定。

ディフェンシブプロはカーボン入り。塩野くんはこっちを使うとのこと。

 

女性をターゲットにしたアゼリア

左がアゼリアオールラウンド、右がアゼリアオフェンシブ

女性用っていうと少々チープなラケットが多いですが、

これ

 

すごい。

スティガが女性用を作るとこうなるのか。

恐れ入った。あっぱれなデザイン。上品です。

自分も使いたくなる。

 

新しい木材シリーズのノスタルジック

オールラウンド、オフェンシブ、Ⅶ

の3種類

5枚が2つに7枚が1つという感じの展開。

 

小物もカッコイイし、気合いを感じます。

 

 

今回、少し試打した中での弾み順(左から低→高)

 

アゼリアオールラウンド→ノスタルジックオールラウンド→アゼリアオフェンシブ→ノスタルジックオフェンシブ→ノスタルジックⅦ

の順で弾みました。

ぼくの好みはノスタルジックオールラウンド

球持ち良し、コントロール良し。ラバーを活かしてくれそうです。

 

他にも細いストレートのクラシックJPグリップ

 

細いペン、その名もペンエース

など、かゆいところに手が届くラインナップを揃えています。

 

 

いやー、今年のスティガは期待大です

 

ただ、この商品、全部6月発売なので、少々お待ちを。

今日は塩野くん、軽部くんと、新企画の打ち合わせをしました。

かなり面白くなりそうです。

乞うご期待!