ラケット×ラバーの相性

良く聞かれますが、

 

そんなもの存在しないんですよ。

非常に難しいところで、一概には言えないのですが、

ラケット×ラバーに選手が絡まないと相性は存在しないと思います。

 

たとえば「打球感が良い」

と言っても、柔らかいのが好きな人、硬いのが好きな人、ちょっと硬いのが好きな人などいますね。

プリモラッツカーボンを使っている人が、ティモボルALCを使ったら、「柔らかい」と表現します。

でもコルベルを使っている人がティモボルALCを使ったら「硬い」と表現します。

 

同じように「相性」と呼ばれるものは、その人が「使いやすい」と思うほうに引っ張られてしまいます。

だからいきなり

「このラケットと相性が良いラバーは何ですか?」と聞かれてもありきたりの一般論しか答えられないですよと。

今何を使っているのか、今の用具をどう思っているのか、今の用具の何が良くて何が不満なのか、そこから用具をコレに変えようと思っているのだが何が変わるのか、変えてからコレが改善することを期待しているのだがそのためのラバーは何が良いのか

くらいは言ってもらいたいもんだ。

本当はその選手の打ち方を見られれば一番良い(練習ではなく試合のほうがいい)

 

特に初〜中級者は練習と試合が別人になる場合が多いので。

練習で調子が良い用具と試合に勝てる用具は必ずしもイコールにはならないことはみんな知っていることですね。

スポンサーリンク
 

ラケット×ラバーの相性” への 1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です