プラスチックのラージ

ネットニュースになっていました、

ラージボール(44mm)のプラスチックボールの記者会見に行ってきました。ニッタクです。

 

ITTF的には来年の7月からなので、今急いでプラスチックボールを買い込む必要もないですが、メーカー的にはまずはラージから(牽制)!ということなのでしょうね。

新聞社、雑誌社、テレビ局など、たくさん来ていました。

この中で何人がラージボールを打ったことがあるのだろうか?とか思いながら、記者発表の後は試打です

1番手で私、打ちました。

「用具ならキミでしょ!」とか新聞社からの野次応援が聞こえながら、ジャケットのまま恥ずかしながら試打。(試打相手は鄭慧萍さん)

 

ハッキリ言って、、、

良い!と思います。

 

硬式選手が嫌がるボールの予期せぬ変化はあまりなく、ボールが丈夫になったおかげで、打球後の妙な変化が軽減されました。

ついでに継ぎ目の問題も軽減されて、より安定するようになっています。

しかし、、、、これだと硬式の強い人がそのままラージも勝つという図式がより強くなりそうですね。

発売は12月です。

 

 

そして、ついでに明日&明後日に行われる展示会を先駆けで見てきました。

 

プラスチックラージ用に新たに開発されたラージラバー。

『ジュエルラージ』

価格がジュエルレベル!

硬式の人はラージのラバーは頻繁に変えないので、いいのかな。自分もかなり貼りっぱなしです。

ラージをやる機会が年に2回くらいになってしまっています。

ルーティスよりも太いカーボン(ADカーボン)を入れた『ルーティスパワー』。

09年横浜大会の時に馬龍がルーティスを使っていた時、いろいろ一緒に開発したそうです。ブレードサイズがちょっと大きくなっています。

C7は超極薄が対応可能になったとか。

あくまで「対応」のようです。その背景には

剛力があるようです。

剛力は完全受注ですが、レギュラー商品になるようです。インターハイ優勝により、予想以上の受注が来ているらしいですよ。

作馬さんプロデュースの個性的ブレードです。

「ゆうさんには3年前くらいから言われてました、ようやくです」とアコースティックC。

国際卓球で限定発売していたものを1本買ってましたが、それが重すぎたので、発売したら軽量を探したいと思います。

 

アコースティックカーボンは予想通り

カンカンカン!!!と弾みますね。

ラバーを貼っていなくて、木だけで突いただけですが、硬かったです。

明日は他メーカーの展示会に行ってきます!

スポンサーリンク
 

プラスチックのラージ” への 7 件のコメント

  1. 卓球はじめて二年目の中学生です。ヴェガアジアとヴェンタススピンを使ってやわらかいシートにかたいスポンジが僕にあうと気づきました。いいラバーがあったら教えてください。

    1. シートが軟らかくて、自分が個人的に好きなラバーは、
      P7です。
      必殺技はかかっているようでかかっていないドライブでブロックミスを誘います(笑)

  2. 仕事がはやいっすね!さすがです!新しいラージボール、何となくイメージできました!(^-^)/ ありがとうございます!!

    1. 割と硬かったですが、すぐに気にならなくなりました。
      硬式プレーヤーだからかもしれないですが、本職ラージの方に受け入れられるといいんですけどね。
      来年の全国ラージは、、、プラかな?

  3. アルフォルグ?とかいうラバーは展示されてましたか?
    張選手好きなので気になってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です