ドニックはブルーで攻める

最近の流行は蒼い炎。

ドニック!!!

ブルーファイアは好調のようです。

自分の周りにも少しずつですが、増えてきています。

Mシリーズ、JPシリーズとありますが、やはり新しいJPシリーズのほうが人気があるということです。

自分も今、裏面にJP03を貼っています。使いやすいです。

フォアはオメガ5なので、ブラックスポンジとブルースポンジと、、、ブライスのようなホワイトスポンジが懐かしいです。

さて、さて、

ブルー病のドニックは

ブルーファイア専用?の新接着剤「ブルーコンタクト」を発売。かなりトロトロタイプなので、詰まりに気をつけてください!

スポンジがデカすぎやしませんか? 切って使うということかな。スポンジまでブルーなんて・・・と思っていたら

お徳用の1リットルタイプは、とんでもなく危ない薬品の様相です。中の接着剤までブルーなのか?? 部屋に置いておいたら間違いない、マッドサイエンティストである。

これは、、、

ドクターマリオのカプセルのようだ

最近では

人にぶつける武器になっているようです。

 

ブルー病に果たして効くか?

いや、投げまくって、むしろ侵食!!

 

今度はブルーラケット。

その名も「ブルーフィーリング」(8200円税抜き)

両面にブルーファイアを貼ると、なんとまあカッコイイ。

5枚合板で飛びすぎないので、両面に軟らかい「JP03」を貼ると良いかもしれないですね。

中〜高校生で何でも入るオールラウンド系になれるかも!というようなブレードでした。ごりごりの回転かけまくり5枚合板ではないですね。

 

むしろこっちの5枚のほうが

パキーンと飛んでくれる5枚合板でした。

オフチャロフセンゾーV2。

久々のV2です。こちらのほうが自分は好みです。

ブルーフィーリングは「どのラケットを選んだらいいのかわからないよ」というブルーファイア初級者が軟らかい「3」を貼ってカッコイイ爽やかな戦隊もののブルーのようなプレーをするというイメージ。

M1やM2、JP01を使う中〜上級者は自分の使いたいラケットはわかっているので、その人にむしろオススメなのがオフチャロフのほうですかね。チョイ硬い5枚です。

ドニックのブルー旋風はまだまだ続きそうです。

 

スポンサーリンク
 

ドニックはブルーで攻める” への 7 件のコメント

  1. 自分もブルー病の患者でしたがちょっと寿命が短いような…jpはそうでもないんですかね?

  2. ブルーファイアで最もカットマン向きなのはどれでしょうか?

    教えていただけるとありがたいです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です