プラ対応用具がいち早く登場

地獄のような体調不良から片足だけ生還させて帰って参りました。

ただの夏風邪のようですが、20年ぶりに38.0度を超えて布団を汗だくにさせてやりました。ここまで悪化すると卓球打ちたいなんて思わなくなるものです。

 

インターハイが終わり、すぐに全中がやって参ります。

インターハイはおもしろかったです。用具?用具はつまんないですよ。

上は画一化されすぎてブログでは取り上げません。ベスト8の使用用具については来月号(9月発売)でご確認ください。

しかしその中でこのラバーを使う選手がいたので、XIOM新作紹介でも致しましょう。プラスチックボールの対応をうたっています。

 

まずは

オメガⅤのアジアとヨーロ

当初はふたつともスポンジ硬度45度で出すという話でしたが、プラスチックボール対応のためにかわりました。

①スポンジが変わった

硬度はアジアが50度、ヨーロが45度ですが、そもそもツアーとプロとスポンジ自体が変わった。硬度だけでなく、よりつかむスポンジに変更。

②シートは踏襲

アジアがプロのシート、ヨーロがツアーのシートを装着。

③ヨーロはちょっと女性を意識

実際に実物を見るとヨーロのパッケージは赤紫のような女性っぽい。男子のバックや女子のフォアに良いとのことで、女子でも使えるオメガをイメージ。実際にインターハイ使用選手は女子のフォアでした。中級男子にはフォアでも良いでしょう。

 

まとめると

こういうこと

アジアは柔らかいシートでつかんで、50度のスポンジで吹っ飛ばす。

ヨーロは硬めのシートで引っかけて、45度のスポンジで気持ち良くコントロール。

個人的にはヨーロかな。最近軟ラバブームが来ています。軟ラバのストックがたくさんあって、困っているくらいです。そのうち自腹買いで感想を載せますね。

 

 

ラケットはもっと種類がありますよ。

すごくおもしろい合板構成のヴェガツアー

現在、ヴェガプロとヨーロが発売されていますが、ツアーはおもしろい。

上板:桧/添芯:アユース/中芯:桂

そしてアウターにゼフィリウムエックスカーボン。

めちゃくちゃな合板です。しかし打球感は意外に軟らかくて、正直想像より飛ばないです。もっとガチガチかと思ったら、むしろコントロールが良い。

回転のかかり具合も良くて、弧線もしっかり。これ、おもしろいですよ。使いたくなるほど。

 

そして

ラケットのオメガシリーズ。

こちらもツアー/プロ/ヨーロ の3種類。

ラケットオメガは7枚合板シリーズです。

簡単に言うと、ツアー=黒檀。プロ=紫檀。ヨーロ=洋材 を使った7枚合板です。

ええ、あのシリーズが頭に浮かぶことでしょう。

そして他にも黒檀や紫檀を使ったラケットはあります。

ではどこに違いを出すのか。それは上板の作り方に秘密があるようです。

ヒントはブレードに書かれたジョイントレス

ハッキリ言って、これが卓球にどう良いのかはわかりませんよ。でも他との違いのひとつですね。

全部7枚合板ですし。

 

ラバーと違い、いまいちXIOMのラケットが認知されていないのは、名前が似ていて、しかも性能差がわからないということがあるでしょう。

一般的には

ツアー プロ ヨーロ

とあれば上から弾みが良いと思いますが、それも違う。

ヴェガは ヨーロ、プロ、ツアー

オメガは プロ、ツアー、ヨーロ の順で弾むようだし。

その辺をいったん整理する必要があるかもしれないですね。いくら性能が良くても理解しにくい物、よくわからない物だと手が出しづらいです。

これだけのスペックで4本とも15000円ですから、良心的な価格かと思います。見つけたもん勝ちのメーカー、用具はまだまだ埋まっています。

さあ、プラボールになりますよ。用具をもっと盛り上げていきましょう。

これからプラ対応用具がどんどん出てくることでしょう。

スポンサーリンク
 

プラ対応用具がいち早く登場” への 17 件のコメント

  1. 上が画一化されすぎているという事は水谷選手がブログで書いたようにやはり上のレベルでは特殊素材+テナジーじゃないと勝てないということなのでしょうか

    1. それは極論ですね。
      木材でも勝っている人もいるし、テナジーでなくても勝っている人もいます。
      現在日本のトップで勝っている結果がその傾向=それでないと勝てない
      というわけではないと思いますよ。

  2. なかなかKH5でしっくりくるラバーがありません。
    中軸の木がカチンコチン。
    オメガVプロも4アジアつかってます(・・;)
    なにかいい組合ありますか?

  3. この前祖父母の家の掃除をしていたら、TSPのスーパーブレイドというラケットが出てきました。
    ネオの方は使ったことがあるんですが、どのような感じのラケットか教えて頂けませんでしょうか?

    1. スーパーブレイドを愛用していた仲村錦治郎さんが進化させたのがネオです。
      普通のスーパーブレイドはたしか5枚合板だったような。少しおとなしくさせたバージョンみたいなものです

  4. プラになったら飛距離を出すためにインナーカーボンに変えたいと思っています。

    佳純スペシャルとインナーフォースZLCはどちらがやわらかく
    木材に近いでしょうか?
    七枚がいいんでしょうけど重くて…

    1. インナーフォースZLCのほうが木材に近いと思います。
      軽い7枚をお探しになってはどうでしょう。

      スワット、バウム、アクアブレード
      いろいろありますよ

  5. ニッタクのアルヘルグも発表がありましたね。
    カタログスペックがとんでもないことになっていましたけど、プラボールになったことで今後スペック基準値も見直されるんでしょうかね。

    1. それはないです。
      ボールが変わってスピンが落ちたとしても、用具全体で等しく下がるからです。

  6. 更新お疲れ様です。
    記事中のオメガVのアジアとヨーロがいつ頃日本で発売されるかご存知でしたらご教授ください。
    そういえばXIOM公式HPからVプロが消えてましたが、廃盤になってしまうのでしょうか・・・

    1. 確か10月くらいから発売の予定だったと思います。
      それが中旬なんか、下旬なのかは定かではないですが。

      プロが消えていたのは自分も気づきました。詳細わからないです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です