未来への遺産?その自信の現れか「レガシーカーボン」の正体

秋の新製品のさわり動画を少しずつだしていこうとした矢先、

そう言えば、春でまださわっていない製品、そして夏にヒョンと出た製品さわっていないな、と思いました。

しかもそういう用具に限って、いいものがあるんです。

 

ということで、今回はレガシーカーボンをチョイスしました

 

レガシー カーボン

楽天で購入

 

 

キャッチコピーは

未来への遺産

 

すごい。オラオラオラ!って感じですね

それだけ自信のある用具ってことです。

 

このラケットで導入された新しい試みは、特殊素材です。

12Kエナジーカーボン という新たなカーボンを使っています。

それにより

軽量でありながら反発し、スイートスポットが拡大

とのこと

合板構成は5+2のアウター。

上からリンバ・12kエナジーカーボン・パイン・アバチ(アユース)の構成

価格は23000円+税とお高めですが、

あれ?なんか似たような立ち位置の用具があったような・・・

 

 

ダイナスティカーボン

楽天で購入

 

ダイナスティカーボンです

許昕使用でヒットしたラケット

アウターにTextream+というカーボンを使用

このラケットも高反発・スイートスポット拡大を謳っていますが、レガシーと一体何が違うのか?

 

さっそく打ってみました(動画で確認)

 

大きな違いは弾道にありました。

ダイナスティ弧線です。もう許昕みたいな大きな弧線

レガシーはそれよりもやや直線です。樊振東みたいな決めに行く直線

そしてレガシーのほうが少し軽量。平均重量は87gです。(ダイナスティは95g

 

ダイナスティドライブに圧倒的な威力を出しますが、

レガシードライブとミートのどちらでも威力が高い

両打法を使う選手はもちろん、時間が間に合わなくてスイングできない選手はラリー中に当てるだけになってしまうこともあるでしょう。

手が出てしまうだけ、かけられなくて押してしまうだけ、バックは叩きたい

という選手にはレガシーカーボンのほうが合っていると思います。

 

自分個人で言うと、レガシーですね。ミート系を使うし、軽量のほうがありがたい(最近のラバーが重すぎるので)。

プラになってスマッシュもっと打ちたいなぁと考えていたので。

裏面も趙子豪みたいにミートでバチバチ打ちたい。

 

レガシーは直線的ですが、オーバーする感じはあまりなくて、収まる直線

あくまでダイナスティに比べると直線という表現です。スピン系裏ソフトと合わせるとバランスがとれます。「DNA PRO H」や「オメガ7 プロ」と合わせた時に好感触でした。

 

両ラケットの共通点であるスイートスポットの広さは本当にすごいと実感。

どこで当たっても安定します。あたり損ないが圧倒的に少ないラケットですね。

見た目も良いし、素晴らしいラケットです。

ただ、価格が・・・・23000円+税とお高めなので。

 

動画のラストに登場した新入社員・タドウさんですが、きっと来週には購入していると思います。笑

 

大きく曲がる・大きい弧線・うなるようなドライブの許昕イメージのダイナスティカーボン

 

刺さる・弾き返す・ドライブ速攻・カウンターの樊振東イメージのレガシーカーボン

 

中〜上級、そしてトップクラスが使いたくなるラケット、

そして高いレベルの性能で選べる2大ハイエンドラケットだと思います。

 

これからこの2本がスティガの顔になるんだろうなぁ・・・。だからレガシーなのか。

スポンサーリンク
 

未来への遺産?その自信の現れか「レガシーカーボン」の正体” への 4 件のコメント

  1. インナーフォースレイヤーZLFについて質問なのですが
    プラになって弾みがほしいと思うのですが板厚が薄くなり
    弾みが弱くなり5枚合板と変わらないくらいの弾み
    になってると思うのですがZLFのお陰でかなりお高くなっています。確かに掴むと思うのですが特殊素材としては弾みが
    弱すぎると思います、しかし値段は高め。
    このラケットはどの層向けなのでしょうか?
    ゆうさんの評価をお聞きしたいです。

  2. 動画を見ることの方が多いですがいつも参考にさせてもらっています。
    アルネイドの紹介動画のアサノさんとのやり取り好きです(笑)

    質問なのですがアウターカーボンのラケットを買おうと検討しています。
    過去にフライアットカーボンプロを少し使っていたのですが、飛びすぎて扱えず今はインナーですがゼバレートをメインで使ってます。
    ですがやはりアウターの威力が捨てきれずアウターに再チャレンジしようと思って候補として、アコースティックカーボン、リベルタシナジープラス、と多分値段的に厳しいですがレガシーカーボンも興味があります。
    フォアには粘着テンションを貼ろうと考えてます。
    戦型は前陣攻守バランス型です。
    よろしくお願いします!

    1. フライアットカーボンプロで駄目なのであれば、結構範囲はしぼられちゃいます。
      アウターを使っても、なんちゃってアウターで、インナーとあんまり変わんない!となる可能性が大です。

      インナーの中で弾みが高いものにしてもいいかもですね。張本ALCやカルテットVFC(これは4枚素材ですが)など

      1. 1週間くらい待つのかなと思っていたのですがすぐに回答されててびっくりしてます笑
        ありがとうございます!

        用具選び難しいですね。
        道具はどういう風に選べば良いのでしょうか?
        私はレビューサイト、YouTube等で気になったものを調べて買っています。
        自分に本当に合っているかどうかは正直打った感覚頼みです。

        ちなみに、フライアットカーボンプロはアウターカーボンの中では控えめな方ですか?
        弾む方ですか?それとも平均的なところなのでしょうか?
        今も持っているので1つの基準になればと思いまして。
        重ね重ねになってしまいますがよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です