全日本団体でコスパを考える

全日本団体、もう少し見てみましょう。

愛工大の豪華メンツの中でも埋もれてません、藤村くん。

プレーはシャープ&豪快という感じですが、喋るとちょっと弱々しいところがまた魅力的です。頑張るキャプテンというイメージが名電時代ありました。

全日学でどこまでいけるか!楽しみです。ラケットは水谷隼。

高校時代から変わってないですね。

美しい両ハンドでお馴染みの上田君。

上田君の用具のこだわりは今月号をご覧あれ!

巻き込みサービスも上田君の得意技。これも今月号で(笑)

 

はい!宣伝終わり

 

使い込んだコルベルSTの天野さん。

5枚合板は多種多様ですね。コルベルのような回転重視もあれば、オプティマムシンクのような弾き重視の5枚合板もあります。

どちらかと言えば(5枚ならではの特長がある)回転重視系が売れているようですが、中間的性能のラケットが増えていますね。

かく言う私も「インテンシティNCT5」→「エバンホルツNCT5」に変更。

もう少し飛距離を出したかったので。

「インフィニティVPSⅤ」は、自分には飛びすぎました。しかし、編集部の他の人が打つと、「すごく良い!」「これにする」など、大絶賛でした。

中級の人は軟らかいラバーの人に合っていそうです。

カッコイイから使いたいんですが、

 

ドライブ時の弾み

エバン>インテンシティ>インフィニティ>ローズ

 

ミート時の弾み

インフィニティ>エバン>インテンシティ>ローズ

という感じになるんですよね。

ミート時にすごく弾むんです。だからフォアドライブ、バックミートのシェークにはすごく良いと思います。樊振東もバックは結構かけたり、弾いたりしますし。

エバンでだめならローズXOにしようかなと。XO買ってしまったら、スティガのハードウッドシリーズコンプリートです(笑)

そう思っていたらあるショップから

「ゆうさん、ローズXOの82.5gが1本ありますよ。最軽量ですよ! お安くしときますよ!」という営業メール(笑)が来ました。次の試合でダメだったら買いますとお約束しておきました。

 

戻りましょう。

アンドロパワーの濱川君。

ラザントのグリーンスポンジは遠目でもわかりますね。

そして金属音でもわかる。爽快そのものです。本当にラザント系とスーパーセルカーボンOFFとの相性は素晴らしい!!!

濱川セットで売り出しても良いくらいです!

もうひとりのラザントプレーヤー、徐潔さん。

全中国運動会の混合ダブルスでは馬琳と組んでいました。強すぎです。

ラザント(ターボ?)とスペクトルだから、9枚合板のハイブリッドNCTで振り回せるのかな。

強い強い、サンリツの彭雪さん。

両ハンドの鋭さ、別格です。昔、世界ジュニアでは丁寧とダブルスを組んでいました。

それにしても中国女子はこのインナーフォース・ZLFが好きですね。同じブレードの劉詩雯も人気です。

 

こちらはパワー系の中国女子、馬克さん。

中国男子仕様のビスカリア×キョウヒョウ×テナジーになっております。

 

藤井優子ちゃんが5枚合板のメイス・パフォーマンスになってました。

インナーフォースZLF時代が長かったですが、ゆらゆらっと、5枚合板に不時着!!!

そう思うと5800円なので、だいぶコスパはいいですね。しかも平均重量78gときたもんだ! これは初〜上級まで使える5枚合板と言ってもいいですね。

決勝三番では

美宇ちゃんとのコスパ対決!

オールラウンドエボリューションは5500円!!!

これも初〜上級まで使える5枚合板。

 

消費税も上がりますし、コスパを考えることも大事ですね。

ローズXOは諦めましょう(笑)

こちらもコスパ男、賢二君。

SK7、5800円。コスパ良しです。

それにしてもこの賢二君の写真、

太もも、太すぎやしませんか???

スポンサーリンク
 

全日本団体でコスパを考える” への 14 件のコメント

  1. アムルタートなどのかっとびラケットを使った賢二選手のプレーも見たいですね!

  2. 賢二の足、太いですね~!ww
    質問なんですがスウェーデンカーボンは木材5枚、7枚とどう違いますか?
    ところで伊藤条太さんがラケット占いをやれと編集部におっしゃってますが・・・

    1. スウェーデンカーボンは限りなく5枚です。
      ほんのり特殊素材が入っている程度の打球感ですよ。
      ボールは素直です。

      条太さんに書かれていましたが、どう見ても変人系のラバー使いに属する条太さんが「ヴェガヨーロッパってすごいな!回転かかるんだな!」とあまりに普通のラバーを選んでいたためダメだと思います(笑)

  3. ドリームマッチで見た実物の賢二選手はまるで上半身と下半身で別の人のようでした。

    1. つまり、上半身の鍛え方がまだまだ足りないということですね(笑)
      カラカセビッチのような上半身になればバランスが取れるのかな

    1. ミートの弾みだったら、コルベル>メイス>スワット>オルエボかと思います。でも限りなく近いところもあるので、個体差で逆転します

  4. 今月の卓球王国に乗っていたバタフライのタイペイペアの広告って…いや何でもないです。汗

  5. いつも楽しく拝見しております。
    彭雪選手の鉄壁のディフェンス力、凄いですよね。
    ラバーは何を使っておられるのか、ご存知でしたら、教えて下さい。
    マネをしてみたいです。。。

  6. インフィニティは特殊素材に近い感じなんでしょうか?
    イメージではインナーハードウッドでしたが、ちょっと違うような感じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です