春のメーカー展示会初日

今年もこの時期がやってきました。

みなさんお馴染みです。展示会です。

最近はショップの方々もSNSをやっている人が多いので、情報がかなり出ていると思います。

ということで、今回は自分なりの感想をさらりと載せます。

 

まずはバタフライ

突出したのは見た目

東京タワーの横にあるスターライズタワーの展示場で開催。

ヨーロッパ調の見せ方です。

今回はウェアが中心。残念ながらラケット&ラバーの新作はありません。

 

 

うへー天井からラケット!

凝ってます!

 

新作ウェア

 

普段使いにも良さそうな小バック

あとテナジーサイドテープがついに発売

でもこれってテナジー以外には貼れないよなーと。両面G-1にテナジーサイドテープは貼れない。

 

商談スペースにはバタフライクッキー

味は・・・・食べ損ねました。

 

全5色のレゾラインサル

アスリート系ではなくて、デザインも良いけど、機能もいいよ!というシューズ。

とても目立ちます。

 

看板ラケットと看板ラバーたちは中心で鎮座

このラケットたちはオーラがある。

 

むむむ強い!

 

続いて、場所を移動して渋谷へ

 

 

T4でVICTAS、TSP、XIOM、asicsの4ブランド

 

VICTASはラケットデザインが全部変わります。

これは新作のダイナ7。

7枚合板です。

 

T4は盛り上がってました

食事もフリーで振る舞われます。

昼飯助かった。

 

VICTASの新作は

丹羽孝希ウッド(丹羽孝希現在使用ラケット)

ダイナ7(燻製なしの7枚合板)

V>15スティフ(裏ソフト・45度)

VO>103(表ソフト・40度)

103のみ現物はありませんでした。8月上旬発売予定。

 

15スティフはなかなか良作。

今までの15に比べて尖った部分がなくて、完全にラリータイプなラバーでした。

できない技術は全然ない。でもビックリする特徴はない。超バランスタイプ。バック&裏面用に最適かもしれない。

使いこなしてやるぞ!というラバーじゃなくて、もう最初からフィットする。

 

TSPは

スーパーヴェンタス

 

スポンジの色がロゼ・・・、、いや桜色。

こちらは超弧線タイプ。スピードはヴェンタススピードのほうがでるかもしれないけど、アーチの作り方、ボールの飛び出し方が独特。

「江川のカーブです」

と今の子にはわからない表現が聞こえてきました。

 

 

1球160円のボールも推しです!

asicsは新シューズのドミネイトが目立つ。

もう発売中ですが、初期ロットは完売。

今お店にあるだけです。次回は4月とか。迷ってたらなくなります。

 

XIOMはヴェガツアーとヴェガDEF

ヴェガツアーはオメガ7に使われたサイクロイドの加工。

でもトップシート薄めのラバーの中では一番良いかも。弧線はオメガ5ツアーDFに近くて、飛距離も出る。

ヴェガDEFはカット用。57.5度とめちゃくちゃ硬い。

貼ってあったラケットが松下浩二スペシャルだったので、定かではありませんが、弾みすぎーってくらい弾む。

打つカットマン用とのことなので、中陣からのドライブで盛り返したいカットマン用でしょうね。

 

 

 

 

でも今回T4で一番盛り上がっていたのはこれかもしれません。

活性炭シート

 

いわゆる吸着シートなんですが、素材に活性炭が使われています。

その効果は・・・・

 

開発協力会社の方が丁寧に説明してくました。

つまり、湿度をコントロールしてくれるシートです。

写真下の箱は右は湿度86%、左は湿度25%。そこに活性炭シートを2枚ずつ入れています。

ラバーはゴムなので湿気は大敵。

ツルツルするし、ストレスに他ならない。

 

活性炭は表面積がとても広く、1gで50mプール以上になるらしいです。

その細かい穴の中に湿度や匂いを閉じ込めてしまう。

さらに優秀なのは、湿度が低いところでは、逆に50%に近づける働きをするとのこと。

 

箱の中の湿度が10分も経たずに

右86→64%

左25→52%

 

50%付近に調整されるのです。

この箱自体はラケットケースよりも遥かに大きいので、ケース内ではさらに性能を発揮するとか。

さらば湿気!という吸着シートなのです。

さらに匂いも取るというデモンストレーションも行われました。

酸っぱいお酢のような匂いが入ったビンに、活性炭シートを入れると。

2分程度で無臭に!

盛り上がりました。

 

え?匂いなんて関係ないじゃんとちょっと思いましたが、

 

ラケット型に丸く切ったあとの切れ端をシューズ袋に入れておけば、、、、これは使える!

 

 

本当に匂いが消えてました。カバンの中に入れておくだけでもいいかもしれません。

 

 

注意は水洗いは厳禁!

活性炭シートは水も吸っちゃうんです。

 

まだ試していませんが、TSPらしい面白いアイディア商品でした。

湿気のあるところで試したらまたレポします。

どれくらい保つのかとか、じゃあ台まで湿気ってたらどうなのかとか。

 

以上、本日はバタフライとVICTASの展示会を紹介しました。

スポンサーリンク
 

春のメーカー展示会初日” への 13 件のコメント

  1. 江川さんといえば天竜川のことが私は印象的です。まぁあくまで噂らしいですけどね笑

  2. いつもblogお疲れ様です。

    V>01スティフが勝手に弧線を描いてくれてバック側としてお気に入りだったので、V>15スティフ発売が楽しみです。

  3. 魅力的な製品ばかりですね!
    V15スティフとヴェガツアーは発売したら多分買います笑

  4. スーパーヴェンタスってなんか食い込みよさそうですね
    あとasicsがbasicsになってますよ

  5. ヴェガツアー、使ってみたいですが、ドイツ製ラバーズということで、重量が気になります。オメガvツアーdf と比較して、どちらが重いでしょうか?

  6. 丹羽選手のラケット、中身がスワットパワーっぽいなと思ったらやはり木材のみでしたか。
    メーカー展示会はワクワクしますね。

    1. 丹羽孝希ウッドは板厚が6.5mmらしいのでスワットパワーと同じという訳ではなさそうですね。VICTASさんには申し訳ないですが、新しいデザインは少しダ〇いような…

  7. 活性炭シートは斬新ですね
    プラボールになって湿度が高い環境では、ひっかかりが著しく落ちると感じていたので、そこにいい影響を与えてくれると期待してます
    シート自体に粘着力があるのかどうかも気になったり…

  8. 新製品の情報ありがとうございます!
    個人的にはヴェガツアーが気になってます。このラバーは、ゆうさんのイメージ的には今までのどのラバーに近いと感じられましたか?

  9. スーバーヴェンタスキタ━(゚∀゚)━!
    ていうかV15スティフが出るの知らなかったのでめっちゃ気になります笑
    丹羽孝希ウッドといい新7枚合番といい気になるものばっかりでお金が持ちそうにありません。
    最近のVICTASは勢いが凄いですね。

  10. いつも拝読しています。
    活性炭シート、なまら気になります。
    性能は魅力的ですが、価格と耐久性の問題ですね。
    一度は使ってみたい。
    いつもお勤めお疲れさまです。

  11. 今回はヤマト卓球が攻めてますね。V15の新作といいヴェガツアーといい興味をそそられます。ヴェガツアーはシートが薄いとのことで重量も重くはなさそうですね。バタフライはラケットやラバーのリリースをかなり吟味してからになった印象です。ただアパレルのデザインはそろそろ改革してほしいと思います。もう10年近く似たようなデザインが続いてるような気がします。ヴィクタスはユニホームもカッコ良くてブランドイメージが構築されていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です