卓球王国1月号 好評発売中!
Tリーグ応援サイトはこちらから!!
サイト内検索

卓球用具レビュー

トップ卓球用具卓球用具レビュー

ヨーラ マックス500[ヨーラ]

●種類:テンション系裏ソフトラバー
●厚さ:MAX、2.0mm

≫試打動画はこちら 試打動画アイコン

50度!? 無理無理!
というアナタこそ試すべし。
意外とつかむ
超硬派ラバー

 ぜひ〝50度〟を試してみてください」。今回『ヨーラマックス』の記事を掲載するにあたり、ヨーラジャパンからいただいたご提案に、編集部側は一瞬とまどった。
 ヨーラが誇る最新ハイエンドラバー『マックス』には、スポンジ硬度の違いによる3種類のバージョンがある。誌面で紹介するなら、中間硬度(45度)の『マックス450』か、あるいは軟らかめ(40度)の『マックス400』あたりが無難か、と考えていたのだ。
 結論から言えば、『500』は確かにハードでパワフルなラバーだったが、ひいき目に見て〝ミドルヒッター〟レベルの編集部員でも、ボールをしっかりとつかんで扱うことができたのだ。
 その理由は、トップシートの適度な柔軟性によるものだろう。これがハードスポンジと組み合わさった時に、独自の球持ちとパワーが実現される。これは同社の『ヨーラリズム375』と比較すると対照的だ(『リズム』は37・5度のソフトスポンジ+しっかりとした硬さのトップシート)。シートとスポンジを硬軟の組み合わせにすることで、バランスが取れるというわけだ。
 実際に編集部が試打したところ、次のような感想があがった。「引っかけて打つとしっかりとボールをつかみつつ、ボールがギュンと前に飛んでくれる。また、フラット系は軽打でもボールが気持ち良く飛んでくれるのに、ブロックで威力を殺すこともできる」等々。
 また、打球感は合わせるラケットの特性を色濃く反映する点も、このラバーの面白いポイントだ。落ち着いた弾みの木材ラケットや、特殊素材ならインナー系を合わせるのが王道だろう。
 この独自の一枚は、ミドルヒッターのアナタにこそ試してほしい。超ハードなラバーを意のままにコントロールする感覚は、実に新鮮だ。

担当:王国編集部