卓球王国12月号 好評発売中!
Tリーグ応援サイトはこちらから!!
サイト内検索

卓球用具レビュー

トップ卓球用具卓球用具レビュー

トレイバー CI OFF[アンドロ]

●攻撃用ラケット
●木材5枚+ケブラーカーボン2枚
●厚さ:6.1mm

≫試打動画はこちら 試打動画アイコン

かけたい! でも飛ばしたい?
死角のないインナーブレードが
ゼイタクな悩みに応こたえるぞ!

 見た目は、ひと言で言って「ポップ」である。
 ロゴを一新(いっしん)し、クラシック路線からポップ路線に舵(かじ)を切った感のあるアンドロ。新たなロゴとともに、特殊素材使用の攻撃ラケットだけでも7本がリリースされた。そのうちの一本が、今回紹介する『トレイバー CI OFF』(以下:『CI』)だ。
 ラケット名の『CI』の『C』はカーボン、『I』はインナーを意味しており、KVLカーボンを中芯寄りに配するインナーの合板構成になっている。KVLカーボンを上板(うわいた)のすぐ下に配する、アウターの『CO』も同時に発売された。
 もともとアンドロの特殊素材ラケットの看板商品だった『トレイバー』シリーズ。さらにアンドロジャパンの鶴高寿さんによれば、今回の発売に当たっては合板構成や形状、板厚なども全面的にリニューアル。より幅広く、多くのユーザーが使いやすいラケットを目指した。
 一例を挙げれば、『CI』はブレードの上板をわずかに厚くして台上でのコントロールを高め、飛んでこないボールに対しても回転がかけやすい性能を実現した。「ユーザーの方は回転をかけたいけど、ボールも飛ばしたいという矛盾(むじゅん)したふたつの欲求を持っている。その矛盾への、ひとつの回答となるラケットです」(鶴さん)。
 実際に打ってみると、果たしてそのとおり。板でボールをつかんで、素材で飛ばす。そのバランスが抜群に良く、切れたツッツキからナックル、ループドライブまで、相手のあらゆる球質に対応できて死角(しかく)がない。これには少々驚いた。
 興味深いのは、弾(はず)みが強いスピン系テンションと合わせてもラケットとラバーの打球感がバラバラにならず、一体感が感じられること。「ラバーがどんなに回転がかかっても、やはりラケットと組み合わせた時の性能が重要なんです。『ラケット+ラバー』で考えた時に、スピン系テンションの性能を最大限に引き出すラケットですね」と鶴さんは言う。
 ストレートグリップで試打してみたが、個人的にはグリップも好印象。やや細身で握った瞬間にしっくり馴(なじ)染み、どんな技術でも邪魔(じゃま)をしない。
 人間にたとえるなら、会ってすぐに「お前良いヤツだな!」と感じるタイプ。どこか粗(あら)を探したくなるくらいだが、どっこい芯の強い部分もある。グリップに汗が染み込んで、ポップな見た目に味が出てくるまで、じっくり付き合ってみたいラケットだ。

KVLカーボンをインナー(内側)に配する合板構成。板厚はやや厚めの6.1mm

担当:王国編集部