卓球王国9月号 好評発売中!
Tリーグ応援サイト 開設 !!
サイト内検索

卓球用具レビュー

トップ卓球用具卓球用具レビュー

エルフラーク[ヤサカ]

●変化系表ソフト
●厚さ:厚・中・薄・極薄・超極薄・OX(一枚)

≫試打動画はこちら 試打動画アイコン

“裏のヤサカ”の超・変化球。
このピタ止め感、クセになる!

 「パワーや運動能力に自信がなくても戦えます!」。ラバーは変化系だが、キャッチコピーはズバリと直球。昨年10月にヤサカから発売された変化系表ソフト『エルフラーク』だ。
 ネーミングの由来は「妖精のイタズラ」。ボールに妖精がいたずらをして、意外なほどの変化が出る……という。安心と信頼のモノ作りがヤサカの企業イメージだが、時おり遊び心の枠を超えた「奇手」を打ってくるからたまらない。
 看板商品の『マークV』など裏ソフトの印象が強いヤサカだが、『ラクザPO』や『スピネイト』など表ソフトでも存在感を見せる。プラスチックボールの導入後、「表ソフトの変化が出なくなった」というユーザーからの声に応え、現在のラインナップにはない、変化系表ソフトの開発に着手した。女子ではトップ選手まで使用者がいるジャンルだ。
 小さめで高い粒を広い間隔で配置したトップシートは、いかにも変化系。一見すると扱いにくそうな印象を受けるが、ヤサカ・商品企画広報部の矢尾板駿さんが語る『エルフラーク』の特長は「使いやすさ」。「こだわったのは変化系の表ソフトでありながら使いやすいこと。まだ技術が発展途上の選手や、パワーのない選手でも、変化が出せて勝負できるラバーです」(矢尾板さん)。
 使いやすくて変化が出る。そんなうまい話はないだろうと思って試打してみると、驚いたのはブロックのやりやすさ。スポンジは硬めで反発力が低く、球威のあるドライブもピタッと止まる。粒高ラバーのような、少し角度が狂うとボールが大きく飛び出してしまう怖さがないのだ。それでいて変化のあるナックルボールが出しやすく、特にサイドスピンを入れて打球するとボールが揺れて、何ともいやらしいボールになる。
 ただし、反発力が低いぶん、強打のスピードはあまりない。台から下がると打ち抜くのは難しくなるので、無理に打ち合わず、カットでラリーをリセットするのがオススメ。シェークのバック面やペンの裏面に貼って、前陣では変化ブロック、中・後陣ではカットから前に出て反撃。そんな使い方も可能だろう。
 特にレディースや中高生の選手には、頼もしい秘密兵器となること請け合いのこの『エルフラーク』。いたずら好きの妖精の力を借りて、相手をきりきり舞いさせてみてはいかがだろうか。

粒形状は台形+円柱。スポンジ硬度は40~45°と硬めで、スポンジ厚は極薄(1.0mm)と超極薄(0.5mm)もある

担当:王国編集部