卓球王国11月号 9月19日発売!
サイト内検索

卓球用具レビュー

トップ卓球用具卓球用具レビュー

ヨーラ リズムP[ヨーラ]

●スピンテンション系裏ソフト
●厚さ:MAX・2.0・1.8mm

≫試打動画はこちら 試打動画アイコン

絶妙ハーモニーの
シート&スポンジで
勝利の凱歌を響かせろ!

 ヨーラから『マックスP』に続く、プラボール対応第2弾となるNEWラバーがリリースされた。そのラバーこそ、人気スピンテンション系『リズム』シリーズの最新作『リズムP』。
 先にリリースされたプラボール対応第1弾の『マックスP』は軟らかめのトップシートに、42.5度のスポンジを合わせた安定性重視のラバーであったのに対し、『リズムP』はやや硬めのトップシートに、45度のミディアムハードスポンジを搭載し、威力を重視したラバーとなっている。一見すると対照的なラバーのように思えるが、この2種類のラバーには共通のコンセプトがあるという。ヨーラのプラボール対応ラバーの開発コンセプトをヨーラジャパンの小川洋さんはこう語る。
 「『リズムP』『マックスP』ともに“意のままにプラボールを操る”をコンセプトに操作性の高さを重視しています。操作性を高めることで、プラボールへの移行による感覚のズレを補い、プレーの精度を高めることが狙いです。ともに“つかむ感覚=グリップ力”の強いラバーですが、『リズムP』のほうがコシの強いシートで、強打者のインパクトに応える性能となっています」。
 インパクトの強い選手層をターゲットにしたラバーではあるが、中硬度のスポンジのおかげで操作性は高く、中級者層にもフィットする。また、グリップ重視のトップシートとのバランスが絶妙で、しっかりと自分の感覚で回転をかけることができる。やや硬めのラバーでありながら、金属的な打球音もうれしい。
 これまでの『リズム』シリーズが高性能でありながらリーズナブルな価格だったことを考えると、5千円台という価格が少々高額に思えてしまうが、威力もありながら、高い操作性でコントロールの効く、「中級者層にとってのプラボール対応ラバーのスタンダード」といった印象のラバーだ。
 現在、“グリップ力”を謳ったプラボール対応ラバーが続々とリリースされ、まさに”グリップ力抗争時代”を迎えている。その競争を勝ち抜くためには、グリップ力+αの武器が必要となるだろう。
 この『リズムP』の「操作性の高さ」はユーザーにとって非常に頼もしい武器である。「使いやすくて威力も出る」、そんな欲張りなラバーを求めているアナタ。このラバーとともに勝利の凱歌を奏でてみてはいかがだろうか。

粒間隔が狭く、やや硬めのトップシートに、安定と威力のバランスを重視した45度のスポンジ

担当:王国編集部