卓球王国8月号 好評発売中!
サイト内検索

卓球用具レビュー

トップ卓球用具卓球用具レビュー

デュラングルスーパーインナー[ヤサカ]

●攻撃用ラケット
●木材5枚+カーボン2枚
●グリップ:FL・ST・CP

≫試打動画はこちら 試打動画アイコン

ここぞの場面で真価を見せる
1本に2つの顔を持つ
仕事人インナーカーボン

 「これ、入っている意味あるの…?」と不安になるほど、内側に搭載されたカーボン。インナー特殊素材のラケットは数多くあるが、ここまで内側に特殊素材を組み込んだラケットは珍しい。軽くフォア打ちをしてみると、弾み、打球感は木材合板ラケットそのものである。しかしそれは、このラケットの一面にしかすぎない。この『デュラングルスーパーインナー(以下スーパーインナー)』、はもうひとつ、別の顔を持っている。
 高い操作性かつ軽量で人気のインナーカーボンラケット『デュラングル』のカーボンポジションをさらに内側へ移したのがこの『スーパーインナー』。名前どおりの“超”インナーラケットである。今回、極端な合板構成をチョイスしたワケをヤサカ商品企画広報部マネージャーの秩父健太郎さんに聞いてみた。
 「『デュラングル』の、“軽打の際には木材ラケットのようなコントロール性能、強打時にはカーボンラケットのパワーを発揮する”という特長を強化したのが『スーパーインナー』です。さらに内側へとカーボンポジションを移動させることで、それぞれの特長がよりはっきりと際立だつようになり、1本のラケットで木材とカーボン、両方の特性を発揮する“二刀流”と呼べるラケットに仕上がりました」
 使用してみて特筆すべき点は、ドライブの打ち分けのしやすさ。ループドライブの際はガッチリとボールを持つ感覚があるが、チャンスボールに対して、決めに行くドライブの際にはしっかりとスピードが出せる。
 カーボンと言っても、薄めのものを使用しており、超インナー仕様のため、ボールのつかみも良く、扱いやすさも兼ね備える。柔剛織り交ぜた攻めを可能にしてくれる性能である。スピンテンション系を使うドライブマンはもちろん、「かける、弾く、止める」と何でもできる万能型ラケットなので、表ソフトや粒高を使用する選手にもマッチするだろう。
 普段は木材のようなフィーリングで安定重視の柔和な顔。しかし「ここぞ」の場面では内に秘めたカーボンでチャンスボールを仕留める、その性能はさながら“仕事人”のよう。1本に2つの顔を持つ『スーパーインナー』なら、攻めから守りまで、あなたの要求にビシッと応えてくれるはずだ。

カーボンポジションは極めて内側。板厚は5.6㎜と薄めに設計されている

担当:王国編集部