卓球王国11月号 9月19日発売!
サイト内検索

卓球用具レビュー

トップ卓球用具卓球用具レビュー

トレイバー FO OFF/S[アンドロ]

●攻撃用ラケット
●¥12,000+税
●木材5枚+TXLファイバー2枚
●グリップ:FL・ST・AN・中国式ペン

プラボールに合わせてアップデート!
弾丸ドライブ生み出す独自のフィーリング

イマドキの特殊素材ラケットには珍しい、板厚6.8mm。手に取った時の重厚な感触からも、ラケットの持つパワーが伝わってくる。
 この『トレイバー FO OFF/S(以下:FO)』は2019年1月の全日本選手権男子シングルスで初のランキング入りを果たした濵川明史さん(2月1日よりアンドロジャパンに入社)が使用している『トレイバー Z OFF(廃番・以下:Z)』の後継モデル。
 ともに「剛性と繊細さの両立」というコンセプトのアウター特殊素材だが、『Z』が発売されたのは2013年。そこからプラボールへの移行もあり、『FO』では潮流に合わせたアップデートがなされている。
 『Z』ではザイロン系特殊素材の「PBOファイバー」が搭載されていたが、『FO』では軟らかいフィーリングのガラス繊維と硬質なアルミニウムを蒸着させた「TXLファイバー」を搭載。現在主流となっている硬めのプラボールとの相性を考慮し、少し硬めの素材に変更している。
 また、上板も反発力の強い檜に変更。『Z』の上板よりも0.1mm厚くスライスして使うことで、反発力とボールに押し負けない強さを持たせ、球持ちも確保。飛距離が出にくいプラボールでも楽にボールを飛ばせる反発力、ボールスピードと繊細さを兼備させた。
 濵川さんに『FO』と『Z』を比較してもらったところ「『FO』のほうがしっかりとボールをつかむ感覚があって、コントロール、威力がアップしている」とのこと。ボールを打ってみると、弾みは抜群。TXLファイバーの特徴である柔らかな打球感もあってか、檜のマイルドで心地良い打球感が残されており、木材と特殊素材の調和が取れた仕上がりと言えよう。
 濵川さんのように裏ソフトを貼り、スピーディーなドライブでガンガン攻めたいプレイヤーだけでなく、スピードで押したい表ソフトユーザーにもオススメ。高い反発力はラージボールでのプレーでも光りそうだ。
 アウター特殊素材の主流となりつつある「薄めの板厚でしなってつかむ」ものとは違い、「厚めのブレードに食い込んでつかむ」ような打球感は独自のもの。繊細なフィーリングから放たれる、弾丸の破壊力を味わってみてはいかがだろうか。

アウターのTXLファイバー、厚めの中芯、上板の檜との組み合わせで抜群のスピードを実現