卓球王国11月号 9月19日発売!
サイト内検索

卓球用具レビュー

トップ卓球用具卓球用具レビュー

KA7 プラス[国際卓球]

●攻撃用ラケット(アンドロ製)
●木材7枚合板
●FL・ST・中国式ペン・日本式ペン

≫試打動画はこちら 試打動画アイコン

使いやすさに
プロショップならではの
“思いやり”をプラス!

 「極端に何がスゴいというラケットではないんです」。こう語るのは卓球専門店・国際卓球の鶴高寿さんだ。冒頭の言葉は、国際卓球がアンドロとのコラボレーションでリリースした『KA』シリーズのことを指さしたもの。この言葉だけ聞くと、なんとも普通のラケットのように思えてしまうが、そんなことはない。
 この言葉のワケを鶴さんは次のように語る。「もちろん性能には自信を持っています。でもこのラケットは『スピードが出る』とか『ものすごく弾む』というラケットを求めるトップ選手のために作ったわけではありません。一般の選手の方が、最終的に行き着く、『点数が取れる』という用具を目指し、使いやすさやコントロールにこだわって作ったラケットです」。
 なるほど、一般層のニーズを敏感に感じ取っている専門店ならではの視点で、使いやすさを追い求めた性能というのが言葉の真意である。
 『KA』シリーズは5枚合板の『KA5プラス』、7枚合板の『KA7プラス』、特殊素材を使用した『KA-スピード』の3種類。シェークと中国式ペンだけでなく、ラケットによっては日本式や反転式ペンも揃え、多くの選手に使ってほしいという心意気を感じる。そして開発にあたり、グリップの握りやすさには相当こだわったという。
 ショップでラケットを選ぶ際、多くの人はラケットを握ってグリップを確認するだろう。そこで違和感を感じるラケットは購入の選択肢から外されるケースが多い。そこに目をつけ、国際卓球全スタッフにサンプルを握ってもらい、最も好まれる「優等生」な形状のグリップを作りあげたというのだ。シェークのSTグリップを握ってみたが、確かに丸すぎず角張りすぎず、そして細からず太からずのちょうど良さを感じる形状。専門店の視点、恐るべし。
 今回紹介する『KA7プラス』のコンセプトは「軽量でもしっかり飛ぶ7枚合板」。一般的に弾む木材合板は重量が重くなりがちだが、平均85グラムという重量で、強打時には7枚合板らしいパワーが出せるラケットだ。また、現在主流のスピン系テンションラバーとの組み合わせを考慮し、重心をグリップ寄りにすることで、重量のあるラバーを貼ってもそこまで重さを感じないようにしている。
 『KA5プラス』は一般的な5枚合板の弾みをわずかにアップさせた性能、『KA-スピード』はアウターにKVLカーボンを使用し、スピードを持たせながらも板厚を薄くすることで扱いやすさを兼ね備えたラケットになっている。
 使いやすさに一般ユーザーに対する“思いやり”をプラスしたオリジナルラケット。一度お店に足を運んでみて、そのこだわりを確かめてみてはいかがだろうか。

板厚は6.8mmと7枚合板としては標準的な厚さ

担当:王国編集部