卓球王国 2022年6月21日 発売 vol.303
バックナンバー 定期購読のお申し込み
卓球初心者ナビ

【初心者】卓球用具をそろえる5:用具選びのポイント3その他

「弾みすぎ」「弾みが悪すぎ」「重すぎ」に注意!

ラケットとラバーを組み合わせて作るマイラケット。そこでよくある失敗例が、「弾みすぎてしまう」「弾みが悪すぎる」「重すぎる」という3点。お店で店員さんと相談をしながら、『適度な弾みで重くなりすぎない』ラケットにしよう!

●弾みすぎ!!!

“ボールをかっ飛ばしたい!”と、良く弾むラケットにとても弾むラバーを組み合わせるとボールのコントロールが難しくなってしまいます。ビギナーには「やや弾みを抑えた組み合わせ」がオススメです!

●弾みが悪すぎ!!!

コントロールを重視するあまり、あまりにも弾まない組み合わせにしてしまうと、コントロールはできるがボールを飛ばすのに大きな力が必要になるし、ボールを打つ快感が半減してしまいます。

●重すぎる!!!

ラケットが重くなりすぎると思うように振れなくなります。時間が経つにつれてボールが入らなくなってしまったり、すばやいラケット操作が難しくなったり……特に、筋力のない子どもや女性は重量にも気を配りましょう。

●実力に合わせた用具が上達の早道だ!

卓球のラケット・ラバーは、お手頃価格のものから、1商品1万円以上もするものまで、幅広い価格で様々な種類の商品が売られてます。
ただ、「値段が高ければ何でもできる!」というものでもありません。高価格の商品はもちろん品質や性能も高いのですが、ビギナーには使いこなせない上級者向けのものもあります。奮発して最高級の組み合わせにしても「ラケットに振り回されてしまう」ハメに……。

楽しく卓球するためには、値段だけにこだわらずに、自分の実力に合わせた用具をチョイスしましょう。

 

次→打ってみる1:卓球はどこでできる?

前→卓球用具をそろえる5:用具選びのポイント3その他

関連する記事