卓球王国 2022年11月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

「Tリーグ、選手会を作りませんか?」。吉村和弘(琉球アスティーダ)がTwitterの発信に込めた思いを聞いた

昨日、卓球王国のウェブサイト・今野の眼にて「Tリーグの灯を消すな」という記事を掲載した。そして、その後すぐにTリーグ理事長補佐の宮﨑義仁氏へのインタビューを掲載。2つの記事は大きな反響を生み、SNSにてTリーグについて様々な意見が出ている。

そして、本日午後に、Tリーグでプレーする吉村和弘(琉球アスティーダ)が自身のTwitterで「Tリーグ、選手会を作りませんか? もっともっと盛り上がるはず! 全力を尽くしませんか?」というツイートを発信。

すぐに本人にコンタクトを取り、インタビューを行った。発言の先にある吉村和弘の思いと危機感を聞いた。

 

聞き手=中川学(卓球王国編集長)

 

選手という立場から意見を出して、

Tリーグがファンの方にもっと愛されるように、

より良くしていきたい。

 

●Twitterでの吉村選手のツイートを見て、すぐに連絡させてもらいました。インタビューを快諾してくれて感謝します。

吉村選手の発言にある「選手会を」という思いについて聞かせてもらえますか。

 

吉村和弘(以下・和弘) 今シーズンは始まったばかりですが、ありがたいことにぼくは試合に出させてもらう機会が多くて、その時に会場での選手同士の会話の中で「今日はお客さんが少ないですね」と話すことがありました。チーム内の選手同士だけではなく、対戦チームの選手ともそういう会話をすることがありました。

 

そういう中で、ここ数日にSNSでTリーグについてファンの方々からいろいろな意見が出てきているのを見て、ファンの方がTリーグに対して強い思いを持っていることを感じていました。誤解を恐れずに言えば、Tリーグは5シーズン目に入って何も大きく変わっていませんし、会場の観客という面では減ってきていて、マイナスなイメージになってしまっている。これが現状なので、選手としてプレーに集中することはもちろんですが、これからTリーグをよりよくしていきたい、若い選手がこれからもプレーする場を作り続けたいという意味で、Twitterで「選手会を」と書かせてもらいました。

 

●確かに観客数という面を見れば、開幕戦からここまでの試合を見て、全てではないですが少ないのは否めません。新型コロナの影響もあるけれど、プロ野球やBリーグなどでは会場に多くのファンが足を運んでいます。

 

和弘 ファーストシーズンはすごく観客も多くて、盛り上がっていたんですが、2シーズン目から少しずつ減ってきて、途中新型コロナもあって減り続けてしまいました。今シーズンは出場している選手は男女とも日本のトップ選手がフル参戦していて、もっともっと観客を増やせると思っていました。そういう中でこのような観客数はぼくとしては悔しくて、またファンの方にも申し訳ないという気持ちがあります。5シーズン目にして何も変わっていないのが申し訳なくて、自分の中でそういう思いが出ているのに、何もしないのは良くないと思いました。

 

Tリーグには岡山リベッツと琉球アスティーダでプレーさせてもらっていますが、両チームとも岡山や沖縄でイベントなどをたくさん行っています。スポンサー企業さんにも足を運んでいて、チームとしての努力はしています。そういったチームとしての取り組みは、今シーズンも変わらずに行っていくと思います。

チームとしてのこれまでの活動はしっかりと続けながらも、ぼくたち選手という立場から、「選手目線」での意見やできることを行いたいというのが、選手会を立ち上げたいという発言の思いにあります。

選手会を立ち上げたいという理由は、選手にしかわからないスケジュール管理もあって、例えばTリーグのオフシーズンであれば、選手によっては時間を作って、地域にイベントなどで協力できることがあると思うんです。これまでよりもファンとの距離が近くなれるようなことを選手会として考えて、提案できればいいなと思ったからです。

会場に足を運んでくれたファンの方には真剣な試合を見てもらうだけではなく、どうやったらもっとファンの方が楽しめるのかということを選手会として話し合って、良いアイデアを実現していきたい。選手がプレー以外でどのようなことをすればファンの方が喜んでもらえるのか、そうしたことを知恵を出し合いたいですね。

早速、琉球アスティーダの早川オーナーに「選手会を作りたい」という思いを伝えたところ、応援していただけるという言葉をいただきました。選手がTリーグを盛り上げるようにしたい。そこからTリーグ本体と日本卓球協会が協力してくれるという流れを作ることができれば、とてもいいなと感じています。

 

もちろん、Tリーグ本体もやれることはやっているんだと思います。ただ、それでもファンの方からの厳しい意見や、観客数という面で厳しい状況が続いているのは事実としてあります。だから、ぼくたち選手からTリーグ側にも良くなるための提案をしていければと思います。変わらない状況を打破するためには、選手たちが率先して盛り上げていく必要があると強く感じました。

ぼくは26歳でTリーグの選手の中では年上も多いですが、年齢に関係なく、若い選手からもいろいろな意見が出せるようにしていきたいですね。

 

9月11日の開幕戦で琉球アスティーダは岡山リベッツと対戦した

 

関連する記事