卓球王国 2021年11月20日 発売 vol.296
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

水谷隼、地元開催のTリーグで「卓球選手で良かった」。張本とのペアも実現

10月23日、静岡・袋井市のさわやかアリーナ(袋井市総合体育館)で行われた、Tリーグ男子の木下マイスター東京対T.T彩たま戦。地元・静岡県出身の水谷隼が今季2試合目のTリーグ出場となり、張本智和との「ドリームペア」が実現した。試合の結果は下記のとおり。

〈木下マイスター東京 3−2 T.T彩たま〉
水谷隼/張本智和 −8、8、−8 神巧也/篠塚大登○
○及川瑞基 8、9、−10、6 松平健太
松島輝空 −4、−5、−10 英田理志○
○張本智和 10、8、6 丹羽孝希
○及川瑞基 8 英田理志

「3カ月練習していなかったので、想像以上に体のキレがなかった。もう少し良いプレーができるかなと思っていたけど、想像とのギャップをものすごく感じた」と試合後に語った水谷。張本とのダブルスは今日、会場で30分ほど練習したのみという「ぶっつけ本番」に近い状態。体のキレだけでなく、相手のコースや球種を予測する「読み」の部分がなかなか戻らなかった。

それでも2ゲーム目は出足から水谷がチキータを2本連発し、そこからペースをつかんで11−8で取り返した水谷/張本ペア。張本は「水谷さんらしい勝負勘というか、その(チキータの)2本は本当に素晴らしかった」と試合後に称賛した。

6−6からスタートする3ゲーム目は相手に離されて勝利を逃したが、張本は「ふたりで力を合わせてプレーできたのは良い経験だった。水谷さんとプレーできることを幸せに思いながら試合をしました」とコメント。一方の水谷は「張本はこの先、いろんな選手とペアを組んでいくことになると思いますけど、自分とのペアが一番印象に残っていると言ってもらえたらうれしい」と語った。

2ゲーム目を奪うも惜敗した水谷(左)/張本ペア

試合はその後、一進一退の攻防。3番英田がサービスからの両ハンド攻撃を次々に決めて松島を破り、彩たまが勝利に王手をかけたが、4番で張本が丹羽との「東京五輪代表対決」にストレート勝ち。見るからに重い縦回転系のサービスから、強烈な両ハンドドライブを前陣で連打し、「東京オリンピックの団体戦のプレーより良かったかもしれない。こんなに早く良い状態に持ってこられるとは思わなかった」と充実感をにじませた。5番のビクトリーマッチは、木下の絶対的守護神・及川が英田を振り切り、チームは開幕から無傷の9連勝と絶好調だ。

木下の絶対的守護神になりつつある及川。英田を終盤の連続得点で突き放した

ビクトリーマッチは惜敗したものの、松島戦のプレーは素晴らしかった英田

地元の観客から大きな声援を受けた水谷は、試合後のリモート会見で次のようにコメントした。

 

 「Tリーグももう4年目になりますが、今日は同級生や関係者が一番見に来てくれたし、地元の力は大きいんだなと感じました。自分のタオルを持って応援してくれる人もたくさんいるし、応援してくださる方のために頑張りました。

 明日も試合は選手として出場します。その後は今のところ未定というか、自分の中では明日の試合がひと区切りと考えています。ただ、皆さんの前での試合は、確かに明日が最後かもしれませんが、自分のアスリートとしての試合はオリンピックが最後でした。オリンピックですべて出し尽くして、燃え尽きたというほうが合っている。

 悔いはまったくないですね。それは間違いなく言えます。27年間卓球をやってきて、集大成と決めていた東京オリンピックで最後、最高の結果を残すことができましたし、今日もたくさんのファンの方が応援してくださった。卓球選手で良かったですし、卓球でなかったら自分はここまで来られていなかった。

 まだやりたい気持ちはあるんですけど、目の影響もあるし、オリンピックから3カ月経ってここからまた戻していくのは相当努力が必要。自分の気持ちが追いついていかないというのもある。年齢的にも32歳なので、良い引き際なんじゃないかと思っています」(水谷)

 

本人は「引退試合」という表現はしないが、2戦連続でT.T彩たまと対戦する明日(24日)の袋井での試合が、水谷隼にとって競技人生のひとつの区切りとなる。最後に張本とのダブルスで有終の美を飾ってほしい。その他のTリーグ女子の結果は下記のとおり。

 〈トップおとめピンポンズ名古屋 3−1 九州アスティーダ〉
岡田琴菜/大川真実 9、−7、−8 塩見真希/出澤杏佳○
○杉田陽南 −3、−7、10、10、7 面田采已
○ハン・イン −8、10、9、−7、9 出澤杏佳
○安藤みなみ 10、6、8 横井咲桜

 〈日本ペイントマレッツ 3−1 木下アビエル神奈川〉
○馮天薇/シャン・シャオナ 6、4 三村優果/木村香純
○大藤沙月 2、4、6 谷岡あゆか
○芝田沙季 7、−4、−4、6、14 木原美悠
木村香純 8、4、−8、−7、8 馮天薇

木原とのゲームオール16−14の大激戦を制し、マレッツを勝利に導いた芝田

アビエル対マレッツのハーフタイムに、水谷隼(右)と倉嶋洋介監督のトークショーを実施

Tリーグ2試合が行われたさわやかアリーナ(袋井市総合体育館)。静岡県内では有名なハンバーグレストラン「さわやか」がネーミングライツを取得