卓球王国 2022年11月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

田㔟監督、成都を振り返る「ルーマニア戦の4番で集中力に問題があったように見えたので、張本に少しばかり怒りました」

ルーマニア戦での及川。本来のプレーが発揮できなかった

 

「O.イオネスクが開き直って打ってきた。

智和とラリーをせずにすぐに決めに

来るプレーで、それが全部入ってきた」

〈グループ3・第2戦〉 

    日本 3−2 ルーマニア

○張本               5、7、9                E.イオネスク 

○戸上 10、−7、9、−11、12   O.イオネスク

 及川   −6、−5、ー9            スッチ○

 張本       −8、−6、7、ー5              O.イオネスク○

○戸上              8、3、4       E.イオネスク 

 

●−2戦目のルーマニアには苦戦でした。

田勢 ルーマニアはO.イオネスクの2点取りと、3番のスッチで勝負してきたと感じました。2番の戸上はO.イオネスクに対してよく踏ん張ったとも言えますが、2−1リードの4ゲーム目の10−6だったかな、そこから逆転されて彼の大きな課題、不安な部分が出てしまった。5ゲーム目も6−1くらいでリードしていて、追いつかれてしまい、流れが相手にいってしまっていたので非常に苦しい試合だった。しかし、この勝利は非常に大きな1点でした。

 

●−3番の及川はスッチに完敗でした。

田勢 あの試合は及川がひとりでミスしているような試合でした。彼は国際試合になると、自分から攻撃しなきゃいけないんだと考え、すごくリスクをおかすときがあります。国内ではしっかりラリーをして得点をしているのに。突然プレースタイルや戦い方を変えるのは難しい。スッチ戦はひとりで仕掛けて、ひとりでミスをしている試合でした。完全に自分の卓球を見失っているような内容だった。

 

●−4番の張本で試合を終えると思いきや、O.イオネスクに1−3で負けてしまいます。

田勢 O.イオネスクが開き直ってプレーしてきた。智和とラリーをせずにすぐに決めに来るプレーで、それが全部入ってきて智和も「あれ、あれ」という感じで試合が終わってしまった。

 

●−2−2になって、相手を考えれば勝つと思っていてもラストに行くのは嫌ですね。

田勢 やっぱり怖いですよ。何が起きるかわからない。経験者なら別ですけど、戸上が初出場で2戦目にしてラストに回って来ましたから心配でした。

 

●−緊張する場面で、彼は落ち着いていました。

田勢 イラン戦から出来が良かったし、落ち着いたプレーでしたね。非常に頼もしかった。

 

ルーマニア戦ラストでしっかりと勝ちを収め、この対戦で2勝を挙げた戸上

「香港戦では及川のしつこさ、最後まで

諦めない気持ちがあの試合に出ましたね」

 

〈グループ3・第3戦〉 

   日本 3−1 香港

 戸上  −11、−4、−6    黃鎮廷○

○張本    5、7、4                林兆恒 

○及川  −5、7、−7、5、10          呉柏男 

○張本    4、9、3                黃鎮廷 

 

●−3戦目、香港戦です。どこがポイントでしたか?

田勢 3番です。3番は絶対勝ってほしかった。香港も3番は取りに来ていたと思うし、黃鎮廷(ウォン・チュンティン)が2点取る。もし黃鎮廷が2点取れなくても、ラストの戸上で勝負をかけると思っていたでしょう。

智和はルーマニア戦で負けたけど、この香港戦は別人になっていました。ルーマニア戦の4番で集中力に問題があったように見えたので、少しばかり怒りました。負けるにしても自分の卓球をしようと。19歳で日本のエースとして日の丸を背負うのは確かに大変なことではありますが、勝たなければいけないという気持ちを背負いこむことなく、「自分の卓球をしよう。自分の卓球をすれば絶対に勝てるから」という話をしました。彼が気持ちを引き締めて、本当に別人になってくれました。この香港戦で彼のエンジンがかかった。

 

●−トップは戸上が黃鎮廷に負けました。

田勢 戸上は黃鎮廷にアジア選手権のシングルスで勝っていたので、戸上が勝てば絶対的に有利だった。ただこの試合では黃鎮廷は台上が丁寧でうまかったし、うまく戸上のフォア前を攻められた。内容的に悪くなかったけど、細かな部分で戸上に少しミスが出てしまった。2番で智和はいつもどおりで集中できていたので、心配はなかった。

 

●−そして3番です。ほぼ負けている試合でした。

田勢 2−2の5ゲーム、1−7でリードされ、7−10で負けていたと思います。ぼくも香港の監督も考えは同じだと思う。2−1で4番に回したい。そういう中で及川のしつこさ、最後まで諦めない気持ちがあの試合には出ましたね。ビッグゲームになればなるほど、そういう気持ちが重要だし、そこが彼の長所の一つでもあります。

4番の智和に関しては細かく言う必要はなく、彼があのモードに入ってくれれば大丈夫だと思って見ていた。香港ベンチを見ても3番の負けでショックを受けているはわかった。その間に勝負をかけることができた。

 

●−この香港戦で1位通過が決まった?

田勢 予選通過は決まっていましたけど、最後の相手、ハンガリーも2勝1敗だったので、ハンガリーに負けると3勝1敗で3チームが並ぶ可能性もあったので、最後まで油断することはできなかった。

 

ルーマニア戦での敗戦で目が覚めたのか。香港戦では見違えるような試合を見せた張本

関連する記事